FC2ブログ

気まぐれ釣り師の、底抜け冒険譚!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Only one flower in the world Next!

昨日の続き~

山頂で朝ごはんを食べた後、仁田山から椚田峠方面のコースへ向かう。

第一展望台での景色を眺める。

DSCN8985.jpg

桐生市内から太田市方面の景観。 空気が澄んでいる真冬の早朝ならば、遥か東京新宿の高層ビル群や、茨城の霞ヶ浦まで確認出来たりもするんだ。

DSCN9000.jpg

こちらは第二展望台。 赤城山がとても壮大で美しく見える。 この日は幾分空が霞んでいたり、北方面には雲が湧いていたりしたので、空がクリアーって訳じゃあ無かったので、足尾山塊は眺めがよくなかったなぁ。澄んでいれば袈裟丸から皇海方面は綺麗に見えるんだけれどね。

それから、アカヤシオの群生する急勾配を木を伝って下って行き、約15分程で「椚田峠」の分岐へ出る。

足元に可愛い花を見つけた。

DSCN9004.jpg

ピンボケでゴメンm(__)m  「チゴユリ」が一輪咲いていたよ。


DSCN9021.jpg

ここを左へ進めば「赤芝登山口」 右へ下って行けば「コツナギ沢登山道」 直進すれば「座間峠」

コツナギ沢方面へ2分ほど下ると、本日の最大の目的地へ到着する。



『カッコソウ群生地』

DSCN9022 (1)

ここを降りる。


DSCN9018 (1)

『カッコソウ』

「勝紅草」 サクラソウ科の多年草。  
嘗ては普通に見ることの出来たこの花は、ここ鳴神山から足尾山塊に亘って、春には山をピンク色に染めるほど沢山咲いていたと伝わっていますが、現在ではそんな姿を見る事は叶わず、この地球上でここ「鳴神山 桐生市~みどり市」のみに分布しています。
平成24年度 『国内希少植物』 環境省第4レッドリストで『絶滅危惧ⅠA類』に指定されました。ということで無許可での採取・販売・譲渡は禁止されています。 

DSCN9005.jpg

しかし、現在でも「盗掘」が絶えなく続いていることは、とても残念な事であります。

ここでの自生種を持ち帰ったところで、満足に育つことは無いのですがね。 
自然の「カッコソウ」は標高800m以上の環境以外では育たないのに・・・

DSCN9006.jpg

え~、因みにですね、もし違反した場合にはペナルティとして「罰金500万円以下、懲役5年以下」の処罰。そして日本全国にメディアによる「姓名素性の公開」と「The 日本の恥」という称号がもれなく与えられますのでご理解の程を。

DSCN9019.jpg

この希少な花を地元の「保存会」の方達と、桐生市民の有志の皆さん、そして「鳴神山」を愛する僕たちで未来永劫、守り抜いて行かなければならないのです。 
大切な財産を、この地球上から葬り去ることは決して許されないのですから。


下山途中に、今年最初?の テフテフ!

DSCN9040.jpg

ひらひらと舞う姿を追いかけて、とらえたのがコイツ。

DSCN9067.jpg

「ウスバシロチョウ」  ちょっと暗かったかな? 胸の黄色いふさふさが類似種と区別できるポイントね。

DSCN9035.jpg

「ミヤマセセリ」  鳴神山には結構生息しているよ。

DSCN9077.jpg

「コミスジ」  こいつは普通にたくさんいる。

DSCN9114.jpg

「ヒメアカタテハ」 今年は早めに顔を出してくれたね。 いつもは6月になってから活発になるんだけれどね。


続きまして・・・

DSCN9054.jpg

「シジュウカラ」 胸の黒いネクタイが特徴の、森のピンポン玉!

DSCN9094.jpg

沢沿いに「カワガラス」が居たよ。


ってことで、久しぶりに「鳴神山巡礼」も無事に済ますことが出来ましたとさ!


そして、午後・・・

僕は高崎市に居ました。

最近オープンした「高崎OPA」  そちらに移った「ラジオ高崎 メディアスタジオ」

もうお判りでしょう。 そう、姫の生放送「Very Merry Emii」の放送日なのである!

1525604441374.jpg

OPAの大スクリーン! 

こんな感じにスタジオの様子がOPAの入り口で観ることが出来る。
僕的にはあまり好きじゃあない。 距離感が遠すぎるんだよね。 公開放送って形を採るならば以前のサテライトスタジオの方が好ましいな! 
放送終了後の出待ち。 えみいちゃんといろいろと世間話や今後の予定などを話す。

DSCN9124 (4)


で、恒例のオフショット。 可愛いでしょ♡ 彼女は僕にとって『Only one flower in the world!』なのであります。

今日はこの後、姫は大分県まで大移動! 明日、九重でのライブがあるのです。
生憎、僕は参加する事は叶いませんが、勇気とパワーを送り、応援に徹していました。


それからは、高崎駅の構内で姫と別れ、姫は羽田空港へ。 僕は自宅へ。本当はこの後、僕も東京へ向かうはずだったのですが、流石に疲れていたのと、Uターンラッシュに巻き込まれるのが嫌だったのと、腹が減っていたので東京の仲間達(西東京だけれどね)に会いに行くのはキャンセルさせてもらった。

本当にバテていたんだよね。 帰宅後は2時間程爆睡していたものね。

明日は沼田市へ! その前に渡良瀬川に千葉からの仲間と、遥々関西からゲストが来てくれるので朝、顔を出してくる予定。

さぁ、GWも終わりだ! 週明けからまた仕事頑張らなきゃね!

おしまい


にほんブログ村






スポンサーサイト

Only one flower in the world!

昨年はいろいろと忙しくて訪れる事は叶わなかったのだが、今年は2年振りに登ってくることが出来た。

5月5日

本当は昨日予定していたのだが、事前情報で「悪天候」だって話で、考えていたんだよね。

で、結局は中止にしちゃったんだ。 鳴神山は雨天時はとんでもなく滑って、それこそアイゼンでも装着しなければ滑落の危険のある山なんよ。
雨上がりも然り。岩場と剥き出しの土は粘土質なのでかなりDangerous. オマケに急勾配と来たものだから、僕でも流石に敬遠しちゃいましたよ。 
なので、4日は館林の友人のところへお届け物を持って行き、それから帰宅後はフライタイイングに時間を費やしていた。

で、今朝、天気は上々。ってことで午前6時くらいから登頂開始! 場所は僕も子供の頃から良く登っていた「鳴神山」

DSCN8946.jpg

DSCN8941.jpg


駒形登山口から入山。ゆっくりと登って行く。 

登山開始から30分ほどで、「水場」に到着。

DSCN8955.jpg

登山道の左側から「湧水」が流れていて、竹の樋でルート脇まで伸びているんだ。

柄杓で掬って飲むことが出来る。結構旨いよ。 まぁ「赤城の御神水」には敵わないけれどね。

ここで、二人のオジサン登山者と出会い、「袖擦り合うも多生の縁」ってことで、雷神神社まで同行することになる。

DSCN8957.jpg

「肩の広場」手前が最も勾配のきつくなる「胸突き八丁」 でも、この周辺は山躑躅の群生があり、疲れた体を癒してくれる。

DSCN8969.jpg

「肩の広場」が見えてきたころ、視界の先に見慣れないものが・・・

DSCN8971.jpg

「あぁ、これが保存会の方達が言っていた鳴神小屋かぁ?」

最近、保存会の方達が立ち上げているHPに記載してあった「小屋完成!」って情報の元がコレだったのだ。

新しめの建物は、僕的にはちょっと馴染むには時間が欲しいけれど、みんな頑張ってんだなぁって思うよ。

「雷神神社」で、先の二人といったん別れ、僕は山頂に向かう。

DSCN8972.jpg

阿形。

DSCN8974.jpg

吽形。

「雷神神社」の「狛犬」。 実は「狛狼」が正解。 ここの神社の狛犬は「狼」なんだ。 かつてはこの山にもニホンオオカミが暮らしていたんだろうなぁ・・・

DSCN8975.jpg

この鳥居をくぐり山頂へ。  鳥居を抜けてすぐ、ルートの左斜面に「フモトスミレ」の小群生がある。

DSCN8978.jpg

スミレ好きの僕には、これもこの山へ訪れる理由の一つなんよ。

尾根に出ると、ルートは左右に分かれる。 右に進むと「桐生岳山頂」 左は「仁田山岳山頂」 鳴神山は双耳峰なのである。

先ずは左の「仁田山」へ。 山頂ではなくて、もう一つの目的地へ。

DSCN8989.jpg

「ヒメイワカガミ」の群生地。 この小さな白花が見たくてこのこの季節にここに登るんだ。

DSCN8991.jpg

イワウメ科の多年草。 10㎝程の高さ。花は白花か紅紫色が主。亜高山から高山までの湿り気の多い日陰に咲く。

鳴神山の北面から西面は、「ヒメイワカガミ」の大群生地なんだ。

それから、「桐生岳」へ。  

DSCN8999.jpg

「桐生岳山頂」 標高980m。  その昔から山岳信仰の山として、山頂には小さな祠があり、「日本武尊」が祀ってある。

とりあえずはここで一休み。今朝、ここに来る途中で買ってきた朝ごはんのおにぎりを頬張る。

DSCN8997.jpg

と、ここまで書き上げたけれど、今日は早朝から1日中動き回ってヘロヘロなんよ。
なので、続きはまた明日ね。

ひとまずおしまい。


にほんブログ村

Highway Star!

4月28日

この日は、関越自動車道赤城高原SA(上り線)の「リニューアルオープン記念イベント」に行ってきたんだ。


ここの施設の運営が安中市の「並木」さんで、その関係でオープニングイベントの大取りを、我らがTeamleader えみいちゃんが〆ることになっている。 そりゃあ彼女は「安中市観光大使」であり「群馬県観光特使」なんだからね!

DSCN8627 (3)

実はこの日もなかなかの陽射し! 
晴れ女のえみいちゃんのパワー炸裂!って感じで、ドピーカン! 暑いくらいだった。

しかもステージはもろに逆光。 フォーカス調整に手古摺ってしまった。

DSCN8650 (1)

やっぱ、超・可愛いぃ! 歌は極上! こんなにも魅力的な女性が群馬に居たなんて・・・・ 今更ながらカミングアウト。

DSCN8689 (2)

DSCN8719.jpg

彼女のお気に入りCoversong「Part of Your World」

この曲を歌う瞬間だけは、えみいちゃんは『Ariell』に変身する。

DSCN8867 (3)

えみいちゃんの笑顔に会いたくて、イベントに参加させて頂いているし、この日も体一杯癒されてしまった!

DSCN8737.jpg

OriginalSong「Reborn」 この曲好きなんだぁ!

DSCN8852.jpg

この日も最高のステージでした! いつもありがとうね えみいちゃん♡ 毎回パワー注入させて貰ってます。


ステージの後、こんな連中が登場!

DSCN8919 (2)

群馬のマスコットキャラクター お馴染みの「ぐんまちゃん」そして、NEXCO東日本のHEARTFUL HIGHWAY Characterの「マナーティ」が出てきて、会場に来ていたお客様と記念撮影。

えみいちゃんも当然一緒に撮影です!

・・・・真ん中が一番可愛い~♡♡♡
  

そして、恒例のオフショットです。

DSCN8926 (1)

時にはSeriousmode.
そして~

1524913660615a.jpg

このショットが一番キレイ~♡ 
日本一美人のSingersong writer Emiiちゃんでした!

おしまい


にほんブログ村




 

I am a contracted photography captain of the little thing!

いろいろと忙しいのよ!

んなもんで、ブログの更新が疎かになってしまっている。
まぁ僕の独り言だし、「待っている人たち」なんて者も居ないことだし・・・

どうでもいいんだけれどね。

ってなことで、ひっさしぶりの更新ですわ!


4月21日

この日は県北中之条町へ!

「花フェスタ2018」に参加してきた。 もちろん僕らの姫のステージがメインだよ。

DSCN8258 (1)

場所は「中之条ガーデンズ」 昔の「花の駅 美野原」ね。

この日は4月とは思えないほどの好天で、初夏の陽気。 半袖で充分なくらいだったよ。

DSCN8261 (2)

会場までの道のりで知人のOさんを拾って、いざ会場へ。
で、木陰で休憩中の姫を発見。 ステージ前の腹拵え中。 僕は挨拶の後、軽く花の撮影に。

歩き回れば、もっとたくさんの花を見ることが出来るんだけれどね~
今日は目的が違いますから!

DSCN8264 (2)

Singersong WriterのEmiiちゃん。 僕ら「Team Emii」のリーダー!
陽射しが強いから日焼けしちゃわないか心配だけれど・・・ いつもの癒しの笑顔で迎えてくれます。


そしてステージです。

DSCN8270.jpg

オリジナルソング「Single lady」からスタートです。

彼女の歌声を聴くと、何故かホッとするんだよね。 響き渡るっていうか、沁み渡ってくるっていうか、安心できるんだよね。
本物の癒し系の歌声!

DSCN8269 (2)

そして次の曲へ・・・ オリジナルソングからDisneyのCoverまで、短い時間ですがえみいちゃんの透き通る歌声が、会場内から近隣の野山まで響き渡ってゆきます!

DSCN8376 (2)

DSCN8509.jpg


仲間から「釣りに行かねぇのかい?」とか聞かれるんだ。 そういえば今年はまだ解禁してないんだからね。

県内の渓流が解禁してからすでに3か月目に突入。なのにまだ僕は川にすら入っていないんだからね。

だってさぁ、『天秤にかけられないもん!』 どっちを取るの?って聞かれれば、『歌姫』に決まってるじゃん!


それに、釣りだったらいつだって行けるし、いつだって釣り上げる自信はある。
でも、姫のステージは同じステージは「次」は無いんだからね。 それに可愛いし♡

DSCN8541.jpg

ステージ終了後に、姫からお弁当貰った! ありがとうえみいちゃん!!


その後は、会場の上の方。陶芸館があるのね。 そちらで陶芸教室。

これは完璧に姫のプライベートにお邪魔したのね。 でも、陶芸教室の先生は僕も存じている人で、快く出迎えてくれました。

DSCN8552.jpg

エントランスには様々な作品が! どれも素敵な作品ばかり。 あっ、こう見えて僕、芸術系の見学って大好きなんよ。
良く美術館やギャラリーなんか覗きに行って、マッタリしてるよ。

で、まずはお茶をご馳走になった。

器はもちろん陶芸作品。 

DSCN8555 (1)

この「花豆の蜜漬け」めちゃくちゃ旨い! 地元群馬県産の花豆。 僕、花豆大好きなんだ!

それから、僕は姫の作業を密着撮影!

DSCN8581 (1)

「師弟コンビ」 
「えみいちゃんの創作に的確なアドバイスをするM先生」の図。 

DSCN8576.jpg

こういった作業をしているえみいちゃんを見るのは初めてだった。 真剣に取り組んでいる姿は、見ている僕も緊張してしまう。
まさに、息を呑む瞬間。

DSCN8584 (2)

でも・・・そこは可愛いえみいちゃん♡ ひっさしぶりに「本日のお茶目~♡」 

しかし、作品は見事! 初期の頃からの作品を知っているから、今年はさらなるレベルアップをしているえみいちゃん! 
綺麗な皿が出来上がりました。 まぁ完成までにはまだまだ掛かりますがね。

DSCN8604 (1)

1つの粘土から3つの作品を丁寧に作り上げたえみいちゃんでした。 今年の秋の作品展にて購入させてもらお~っと!

その後、僕は馴染みのお店へお邪魔して、時間ギリギリで買い物をさせてもらったよ。

また次回も、えみいちゃんの専属カメラマンを引き受けさせていただきますね!

おしまい


にほんブログ村

It is another February with an early thing.

そうこうしているうちに・・・・

ってか、暢気に過ごしているうちに早くも新年を迎え、1月ももう終わりと来た。

時間の経つのは早いって言うけれど、暢気に忙しくせかせかと日々を暮していると、またそのうちに2018年もあっという間なんだろうね。


ってことで、前回の続き・・・  


昨年の春にPCが故障して約3か月の間、何もできない状況に陥り、ブログの更新も、fbも、メールの確認すら出来なくなり、

「あ~、もう面倒くせぇ」 なんて心境だったのね。 結局は専門家に見てもらい修理して無事に復帰した訳だけれど、ブログの方は2017年の春から、ま~っっったくの手付かず。放置。サボり。って言うよりも、fbばかりやっていいたのでね。

「そろそろ更新しねぇとなぁ」なんて、気まぐれブロガーを決め込んでいたけれど、これじゃブロガーなんて烏滸がましいよな。


とまぁ、言い訳なんて言っても仕方がないのでボチボチと続けていきますよ!



odamaki.jpg

昨年の夏、仲間たちと恒例の「山上湖のマス釣り」に行ってきた時の写真ね。

僕の所属する釣りクラブ「JFF ジャパンフライフィッシャーズ」のアクティブメンバーと「片品 菅沼」へ出掛けて来たんだ。

dokan2017.jpg

この時のキャプテンはYさん。 

出船して間もなくYさんにヒット! 50㎝クラスのGoodsize!

dokan2017-2.jpg

この時の僕には釣りの女神の前に、笑いの貧乏神が舞い降りてきたようで、午後までノーヒット。正確にはバラシまくりでノーキャッチだったのね。

HSboat.jpg

隣のSさん&Hさん号では、HさんがGoodsizeをヒット! みんなすごいよなぁ!

nakama.jpg

お昼休憩でみんなで上陸。ごはんタイム。

hotaruika.jpg

買ってきたおにぎりを頬張っていると、参加してくれたAさんがお土産をお裾分けしてくれた。

「ホタルイカの干物」 これねぇ、旨いのよ! ちょこち~っとしょっぱいけれど日本酒が飲みたくなる。

午後の部。セカンドステージ開始!

今度は沼の中央部へ。

岸際はイブニングにかけるとして、レインボーのライズを探して出船。


ストラクチャーなど見当たらない場所で、ライズが数発。 そこへ#16のフライングアントを直撃させる。
で、しばらく待っていると・・・・

rainbow.jpg

30㎝くらいの可愛いレインボーベビーが飛びついてくる。 で、生意気に#5のロッドを結構な勢いで絞り込みやがるんだ。
やっぱ、棲んでいる環境で野性味が増すのかねぇ? 小さい割になかなか楽しませてくれたよ。

rainbow2.jpg

結局、型では惨敗だったけれど、数ではみんなに追いついたかな? 楽しかったなぁ!

帰りに、メンバー数名と沼田市内にある旨いラーメンやで冷えた体を温める。
写真撮る前に食っちゃったから、No photo。


昨年の最後の釣行になってしまった思い出だよ。 みんなが居たからすっげぇ楽しかったよ!

おしまい


にほんブログ村
  次のページ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。