気まぐれ釣り師の、底抜け冒険譚!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

the Practice of visiting a shrine or a temple during the New Year.

2017年開幕! 既に四日経っちゃってるけど、言っておく。開幕!!

さ~て、今年はどんな年になるんかいなぁ? 何かを勝ち取ることが出来るのか、全てを失うことになるのか、先のことは判らんし知りたくもないがね。

今日は早朝から赤城山に遊びに行ってきた。

山頂の覚満淵の駐車場から駒ヶ岳を目指す。 が、ここで決定的なポカをやらかす。
リュックにカメラやスマホなど、撮影機材を詰め忘れていた。既に尾根に出てしまっていたので今回の山頂写真は全く無い。
戻るのも面倒くさいし「まぁいっかぁ!」ってことでね。
で、駒ケ岳から黒檜山までの縦走。所々に雪が残っていて滑る滑る! 大タルミからは一面雪。 そして第2のポカ。
「あ~っ、アイゼン忘れた!」 やっちまったなぁ! 車の中だ。 
新年早々何をやっているんだか。 我ながら恥ずかしいばかりである。 まぁ誰にも迷惑かけてねぇし、いっかぁ!

その油断がこの後の悲劇に繋がるのね。 数人のハイカーに出会い、山頂の黒檜大神にお参り。それから来たルートを戻ったのね。
北登山口方面に行っても良かったんだけど、ルートが急なのとアイゼン無しではかなりデンジャラスなので、来たルートを引き返したの。
で、大タルミ手前の雪面で、超・豪快にぶっ飛んだ! 
駒ケ岳分岐から慎重に階段を下り、大タルミまでの緩い斜面を下っていたのね。
雪が残っていて、その上をゆっくり踏みしめながら駒ケ岳へ向かったのね。慣れたコースだったことで油断していたんだろうね。
少し滑ったのよ。ズズッって。  「おっとっ」 って思った瞬間、一気に2mくらい仰け反りながら滑って、ハーフ・イナバウアー気味でテイクオフ! 強烈な衝撃の一瞬前に綺麗な青空が見えた。 
抜群に丁度いい斜面と適度のスピード、加えて旨い具合に斜め30度くらいに跳ね上がった雪の斜面が、スキージャンプ台のような効果を発揮したんだろうね。 3m程のK点越えを記録。 着地は失敗だけど。
神様の悪戯なのか、着地点の雪が妙に少なかったこと。小さめの岩が数個顔を出していたこと、微妙に泥濘があったこと。
唯一の技術点はしっかり受け身が取れたこと。 総合点ではマイナス。
背中の痛みを堪えて何とか下山。最後の階段が辛かった。
自宅に帰るのも癪だったので、そのまま次の場所へ向かった。背中が痛い・・・



今年の干支は酉年。 僕は酉年生まれなんだよね。
ってことで、僕の生まれ干支の年に本尊である仏様に12年毎に新年は初詣に出掛けるんだ。

で、何処へ行くのかというと、僕の「護り本尊」であり、僕の大好きな昔の英雄所縁の古刹がある。

DSCN2858s.jpg

前橋市粕川町中ノ沢の山中にある、「瀧澤不動尊」  
12年毎に僕はここへ初詣に訪れているんだよね。

で、いつもはね、三夜沢の赤城神社境内裏からたっぷり時間をかけて登って行くんだけれど、事前調査で境内裏から「櫃石」までは行けるけれど、その先は殆ど人の行き来がないので遊歩道は荒れ放題で危険って事なんだ。

で、滝沢温泉から行こうと思ったら、そこからの遊歩道も途中の粕川沿いのルートが崩落しているって話。

「ありゃまぁ!」ってことで、今年は「前不動ルート」から入山することになった。
このコースからの入山は初めてだなぁ。 まぁ、行き着くところは同じだからいいかってことで、愛用のリュックを背負っていざ入山!

DSCN2913s.jpg

「何だとぉ⁉」
お不動様まで20分だって? そんなに楽なのかよ?

今までお不動様まで辿りつくのに1時間以上は確実にかかっていたのに、こんなにも楽チンなコースがあったなんて・・・
今までの苦労は? 深山に鎮座する秘仏って肩書は? 苦労した者だけが御利益にありつけるって話は?
って、今更のカミングアウトに消沈しながらゆっくり歩きだす。 軽く舌打ちが出たよ「チェッ・・・」


DSCN2912s.jpg

DSCN2911s.jpg

とりあえず、マップで確認した「前不動様」へお参り。 コレは地元の有志の方たちが奉納したモノみたい。新しいんだよね。 ささっお参りお参り!

元ルートに戻って、整備された? 道を進んで行く。上ったり下ったりだ。 以前はず~っと登りだったものなぁ。こりゃあ楽な筈だよ。

DSCN2862s.jpg

「延命猿水」 って書いてある祠。

DSCN2910s.jpg

中を覗くと~・・・ 「おさ~るさ~んだよ~♫」 
延命というのだから、「延命」なんだろうね。 長生きできるかは別として、あまり飲みたい雰囲気ではないな。
猿の足元から、清水が滾々と湧き出している。ってより、僕だけかな?「猿のお〇水」に見えてしまうんだよね。
顔は可愛いんだけれど、目がタニシみたいで些か不気味。

再び歩き出す。 法面に立てかけてある看板に「あと10分」とか書いてある。
まったく嫌になるぜっ! この山は散々遊びまわり、歩き回ったってのに、このコースだけはまだ未開拓だったんだよな。
まだまだ遊び尽くしていない赤城山だね。

DSCN2863s.jpg

見上げると地蔵岳のマイクロ回線中継アンテナ。 「またあそこに登ろうかな?」

緩い下りの先に見えて来る、親分所縁の場所。

DSCN2864s.jpg

DSCN2865s.jpg

「忠治の見張り岩」

群馬の英雄? まぁその辺は置いておくことにして、「国定忠治」所縁の場所。
今から120年程昔になるのかな? 関所破りなどでお尋ね者になっていた「長岡忠次郎」後の『国定忠治』親分が、八州見回り役人たちの追手から逃れて、この赤城山の山中に隠れていたんだよね。 此処の更に奥には「忠治の岩屋」ってのがあって、そこに3ヶ月近くも隠れ住んでいたって話だ。で、ここは、「見張り岩」 恐らく子分に見張りでもさせていたんだろう。そんなところが残っている。

そこからすぐ先にまた「忠治親分」が居た。

DSCN2874s.jpg

DSCN2902s.jpg

「瀧見所」 ここから不動大滝がちょこっと見えるんだ。で、そこに「忠治親分」が居る。 居るけれど「顔なし」 ジブリじゃないけど。

で、こんなの作って使う人居るのかね? 忠治親分は確かに有名人だけれど正式には「犯罪者」だかんねぇ。
色落ちしちゃってるし。
この先の岩屋での名セリフ。
《赤城の山も今宵限り、生まれ育った国定村や縄張りを捨て国を捨て・・・・》なんてセリフ言うんかねぇ。
じゃ、ちらっと見える刀らしき絵は忠治親分の生涯の相棒「小松五郎義兼」なのかな? 田舎臭くていいなぁこういうの。

DSCN2903s.jpg

写真中央辺りに、白い筋が確認できるかな?

DSCN2907s.jpg

で、ここから遥か先に見えるのが「不動大滝」 木々の隙間から見えるよ。
今日はここに行くつもり。  だったのだけれど、入山した時の気になる看板道ちゃったんだよね。「大滝方面通行止め」がどうした・・・ってやつが。

で、またさらに進む。もうすぐ近くだ。

DSCN2878s.jpg

気を利かせてこういう階段を設置してくれているんだろうけれど、ハッキリ言って歩き辛い。歩幅は人それぞれ。こういう間隔は足並が乱れるからかえって疲れるのね。それに土が流れると蹴上げが高くなるから年配者には拷問になる。もう少し工夫が必要だね。

で、大嫌いな杉林の先に屋根が見えて来る。

僕の足で18分(寄り道を入れて)で到着。 

DSCN2879s.jpg

最後の坂を下り、境内の右脇から到着です。

DSCN2880s.jpg

「瀧澤不動尊」に到着です。 

DSCN2895s.jpg

「瀧澤不動堂 (瀧澤不動尊)」
応永13年(1406年)に、邑楽町佐貫村(現在の明和町)の豪族 庄司又太郎 藤原沙弥道慶が野州佐野(現栃木県佐野市)の仏師に作らせて奉納したものが瀧澤不動の始まりと伝わっている。
このお不動様は右腕と両足は台座から無く、不動明王の象徴の火焔までも無い。
なので、「片腕不動」とも呼ばれている。
失われた右腕は、戦国時代、越後の長尾景虎(上杉謙信)が鎌倉北条攻めの折、ここを訪れて祈祷し、戦守りとして右腕を切り取った。しかし『不動明王の持っていると戦は負ける』と神のお告げがあったため、途中、武蔵野国手計村(現埼玉県深谷市)の下手計鹿島神社の不動明王の体内に手厚く奉納したと伝わっている。
で、両足と台座は、新里村関(現桐生市新里町関地区)にある龍興寺の住職が、度重なる火災に見舞われた瀧澤不動尊を守るため台座を分離し、龍興寺に移した。現在も龍興寺本堂に祀られている。
で、「失われた火焔」の方だが、こちらは榛名町室田の大福寺に「火焔不動」として祀られているというのだが結構怪しいらしい。
僕も行っては見たことあるけれど、確認できていない。

DSCN2881s.jpg

山門を潜り境内へ。

境内って言ってもそれほど広くはないんだけれどね。 いや~実に久しぶりだ。12年ぶりの再訪。

DSCN2883s.jpg

岩壁に空いた窟にまるで押し込まれたように本堂が建っている。 僕は「群馬の投げ入れ堂」って呼んでるけれどね。

手水舎でお清め。それから拝殿にお参りです。 このお社の中に足無し片腕火焔無しの不動明王が祀られていますが、撮影はしません。守り本尊はお参りするのみにしていますし、暗くて写らないってのもありますからね。

境内にはその他にも沢山の石仏が祀られていますよ。

お参りの後は次の場所へ。 境内の向かって左側に「不動大滝」へのルートがある。そちらへ進む。
このルートは粕川を何度か渡ったりするので、濡れることを覚悟して行かなければならない。 まぁ川ではそんなヘマはやらかさんけれどね。

急な階段を下りて河原へ。

DSCN2898s.jpg

DSCN2896s.jpg

渓相はこの上なく最良である。魚が居たらだけどね。 流石にここでは今までに魚影を確認したことは無い。 探せばいるんだろうけど、別にどうでもいい。ってか、御本尊のお膝元で殺生・虐待に似たようなことは出来ないし、釣りなんて以ての外だ。

左岸側を上流へ進む。 

看板に「右岸側は危険なので歩かないように」と書いてあるけれど、コレは間違いね。実際は左岸側。
河川の右岸左岸は上流から下流方面を見て「右岸左岸」なのよね。表記の間違いは登山者に危険を及ぼしかねない。
この看板を書いた奴、ドエライ勘違いしてるぜ! みんな気を付けてね! 危ないのは左岸側だからね!

暫く進んで、一度川を渡る。で、間もなく通行止めのロープが張ってあった。

「ありゃま! あの看板合っていたんだ」 やはり通行止めだった。
 
ここからおよそ15分程で「忠治の岩屋」に。さらに10分足らずで「不動大滝」だった筈なのに、道が通れなかった。残念・・・

まぁ今回、いつもよりも楽なコースを知ったので、大滝はいつでも来れるね。


車に戻り、早朝コケた泥汚れを叩く。少しは乾いたので汚れは結構落ちたよ。
着替えを持ってこなかったのは失敗だった。 それから御守りを受けに向かう。

前不動の駐車場から滝沢温泉に向かう林道を経て、三夜沢赤城神社へ。

正月四日でも、かなりの人出。駐車場は満車状態。

取り敢えず車を停められたので境内へ。 
手水舎でお清めして、拝殿へ。

IMGP3550s.jpg

旨い具合に見切りを避けられたよ。 赤城神社の「拝殿」だよ。

特に強くかける願は無いけれど、「今年も何事も無く平穏に・・・」ってことで、初詣完了!

IMGP3551s.jpg

今日の昼間の予定、無事終了。考えてみたら、朝からな~んにも食ってなかった。弁当すら持ってこなかったからね。

泥だらけの服を着替えにいったん帰宅し、いつものお店に行くとしよう!


おしまい

にほんブログ村
スポンサーサイト

I began in 2017!

明けましておめでとうございます!

2017年 今年も更なるゆるゆるでお付き合いくださいませ!


・・・・と、新年の幕開けですが、私、な~んにもしていません。

まぁ所用は様々あったのですが、仕事や恒例行事、それと大切な仲間との交流以外は、全く何もしていません。

毎年、元日には馴染みの管釣りで「初釣り」を楽しむのですが、この正月は体調不良もあって水辺はNGって事にしました。
また後日、時間のある時にハッチャけてみようと思います。

昨年末の出来事を一挙公開! Facebookでも公開してッけどね~

2016年12月4日
この日は毎年恒例の「川越詣で」 僕の仲間が主催で開催している『サンスイ・トラウトフェスタ』に遊びに行ってきたんだっけ。

IMGP3427s.jpg

IMGP3436s.jpg

「Keyst」さんのブース。 こちらのボスのKさんは僕のFacebook仲間。 会えてうれしかった!

IMGP3441s.jpg
 
こちらは「テヅカ・アートクラフト」のブースの裏。僕の所属しているジャパンフライフィッシャーズのメンバーとミニミニミーティング中!

毎年この日には仲間が集まるんだぁ!

IMGP3446s.jpg

「男の鉄鍋会」のダッヂオーブン。 知人のNさんとHさん、Goriさんも頑張ってた!
美味しい焼き豚ご馳走になっちゃった!

IMGP3457s.jpg

うちの組合長夫妻とつり人社のデジタルコンテンツグループマネージャーのTさん。彼も僕のFacebook友達。
結局この日は暗くなるまで会場に居たんだったな。

12月23日 天皇誕生日だったね。
この日は久しぶり(実に20年振りくらい)に横浜桜木町へ出掛けたんだったな。 学生の頃や社会人になってから暫くだけれど、この界隈で遊びまくってたからね。みなとみらいから馬車道辺りまでは若い頃の遊び場だった。しかし、この日久しぶりに野毛界隈を歩いて回ったらすっかり道を忘れていたよ。

IMGP3483s.jpg

「日本丸」もここまで近くで見たのは久しぶり。毎年パシフィコには出掛けてるから日本丸のマストは見えるんだよね。
型も僕の好きなバークだしね。 今年は総帆展帆の日に来てみたいね。 

DSCN2797s.jpg

去年は彼女のライブを一番見たね。 僕のお気に入りのシンガーソングライターEmiiちゃん。

DSCN2773s.jpg

DSCN2826s.jpg

DSCN2716s.jpg

ほゞ、追っかけ(昭和風にね)だね。 歌は素晴らしいし、声は癒し系で可愛いし、心の優しい子だしね。
全国にファン急増中! ってもっとなって欲しいんだ。


12月24日 クリスマスイブ

この日は年内最後の歌姫の生歌が聴ける日。 いつものJR高崎駅 ラジオ高崎サテライトスタジオ前にTeam Emiiが集結。

IMGP3499s.jpg

歌姫の番組「Very Merry Emii」 いつものように楽しい生放送が始まる。

毎月1度、スタジオライブで1曲披露してくれるんだけれど、この日は彼女の大好きなChristmasってことで、3曲うたってくれたんだったね。

IMGP3523s.jpg

スタジオブース前には大勢の人が足を止めてくれたね。

IMGP3542s.jpg

放送終了後は、いつものように井戸端会議~ じゃなくて、雑談で盛り上がるんだよね!

IMGP3543s.jpg

因みに、僕の頭の上に乗っかっているモノ。 昨日のみなとみらいライブで姫が頭に着けていた小さな帽子だよ♡


そして、2016年最後を飾ったのは・・・・


やっぱり素敵な歌姫~(⋈◍>◡<◍)。✧♡

DSCN2837s.jpg

2016年の大晦日が今年最後の生放送! 実にTimelyなSurprise! 最高のお年玉になった気分だね。

DSCN2838s.jpg

Team Emiiも集結! この日はえみいちゃんの親友の可愛い子も来てくれたんだったね。

DSCN2831s.jpg
 
DSCN2835s.jpg

1年の締めくくりには最高の生放送だったね。

DSCN2843s.jpg

1年間、お疲れ様でした。とても楽しかったよ! 
しかも・・・

DSCN2849s.jpg

翌日1月1日、元日は歌姫のお誕生日! おめでとう🎊

DSCN2852s.jpg

来年からも頑張って行こうね! 僕も応援するからね♡

DSCN2854s.jpg

姫からお年玉貰った。 アガト~!!


と、僕の2016年は歌姫で締めくくりました。 また来年からも応援兼俄カメラマンで追いかけちゃいましょう!



そして・・・ また新たな1年が始まった。
2017年開幕!                    ・・・・・・・・・!

新年早々にお袋殿から「風邪」のお年玉を貰った。 インフルではないが、のどが痛い。

咳も少し出る。熱は無いけれど油断できない。 新年早々、引き篭もりです。


仕方がないので、頼まれ仕事を片付け、僕の遊び道具を作り、今年のクラブオークションの品を少しづつ製作してる。

レポートも仕上げなくちゃ。今使っているこのノートPC  の調子があまり良くなくてね。WordとExcelが使えない状態だったのよ。
漸く復帰させたんだけれど、まだ幾分調子が戻らない。使っている最中に駄々を捏ねるのよ。反抗期って奴かな?


まぁ、調子は万全ではないけれど、新年は迎えられましたとさ!

また今年もゆる~くお付き合いください。 お付き合いしてくれる人が居ればね( ^ω^)・・・


おしまい

にほんブログ村

Let's enjoy fishing together!

11月20日

午前3時20分。
携帯電話からのコールで目が覚める! 
僕が所属している漁業組合の組合長からの℡。
うっかり寝入ってしまって、集合時間に遅れてしまったのだ。もう、歳なのかなぁ?

40分近く遅刻で現場の桐生川ダムに到着!

DSCN2513.jpg

現場はまだ真っ暗で、照明が無ければ何も見えない状況。おまけに濃霧発生で、ここまで来るのが怖いくらいだった。

DSCN2491.jpg

今日、11月20日は「第3回 梅田湖わかさぎ釣り大会」の開催日。 僕は裏方スタッフとしての参加なのだ。にも拘らず転寝をして遅刻というポカをやらかしてしまった! 本当に情けないこの為体。面目ない・・・

気を取り直して、前日に会場のセッティングは済ませておいたので、後は備品や、景品の準備。
それから受付の準備やら、キッチンのセッティングなど、みんなで手分けをしながら準備を進める。

DSCN2494.jpg
 

準備を大体済ませ、ダムの入場ゲートを開放。すでに上の県道で待機している参加者を迎え入れる。 今日の競技参加者は101名。 

DSCN2510.jpg

それから受付。 暗いうちからどんどん集まって来る。

DSCN2505.jpg

受付を済ませた参加者はボートに道具等を運び込んでいる。 僕は・・・

DSCN2496.jpg

DSCN2500.jpg

今日の参加景品の準備。 今回の目玉商品は「エレキモーター」 協賛釣具店のオーナーKさん! 太っ腹すぎ!

DSCN2504.jpg

参加者の注目を集める。「みんな狙ってるぞ~!」

DSCN2520.jpg

明るくなってきて、いよいよ開会式。 組合長の挨拶から、協賛いただいている皆さんの挨拶。そして大会ルールの説明を終え、間もなく競技開始。今日はドローンでの撮影もしていただきました。

PB200273.jpg

スタート直前の様子。 そして陸上では、

PB200289.jpg

ドローン出動!

号砲と同時に競技スタート! エレキ搭載船は目的のポイントへ向かって全速力で進んで行く。

PB200277.jpg

僕はスタートラインのロープを回収中に足を滑らせて、危うくダムにダイブするところだった。あっぶねぇ~!

PB200278.jpg

ドローン隊のスタッフさんもスッテンやらかしてた。 前日は雨だったし、今朝も濃霧で朝露が悲惨なほどだったから仕方がないよね。


DSCN2551.jpg

DSCN2546.jpg

DSCN2537.jpg

競技開始! みんな楽しく真剣にわかさぎに挑みます! 頑張ってね~

そして僕の方は、「青空キッチン」にて、今日のおもてなし「豚汁」の仕込みに入る。

厨房スタッフは組合事務のKさん、理事のAさん、そして僕。 僕は「豚汁特攻隊長」

DSCN2532.jpg

約120人前くらいの豚汁の仕込み。 

DSCN2545.jpg

久しぶりの大人数の仕込み。五徳が低かったから腰と背中が痛い。 まぁ無事に仕込みは完了。味もまぁイケてるんでないかい?
この後はコトコト煮込んで、煮えれば完成。 お茶で小休止。
後は競技終了まで雑務と、後はマッタリ。


DSCN2560.jpg

桐生市のガイドパンフレット。 この篠原のポスターも最近は騒がなくなったなぁ。うちにも在るけどさぁ・・・

DSCN2592.jpg
今年の優勝カップと景品などなど。

競技終了まで残り30分に迫った頃で検量の準備。

早目に納竿されて戻って来た選手の検量もボチボチ始まった。

DSCN2571.jpg

DSCN2570.jpg

競技終了の正午。続々と検量に戻ってきました。

DSCN2584.jpg

今回参加してくれた、ガールズバンド「LoVendoЯ」のボーカルのオカマリこと『岡田万里奈ちゃん』も戻ってきました。

DSCN2583.jpg

今日の釣果だそうです! 彼女はこう見えてフライフィッシャーなんだ。今年も桐生川でフライを楽しんでもらったんだよ。

DSCN2576.jpg

青空キッチンでは「豚汁」の提供が始まります。 少々自惚れ・・・ この豚汁は僕の会心の出来だぜ! 

検量を済ませたみんなが昼食と一緒に豚汁を求めて集まってきます。配膳もなかなか忙しくなってきたよ!


給仕も大体終わり、僕らも昼飯!

IMGP3357.jpg

群馬のソウルフード「鳥めし」 やっぱこれが最高! 写真が汚いのは、実はこの直前に器をひっくり返してしまって、盛り付けたお肉が裏返しになっているからでね。幸い地べたには落とさず包み紙の上に上手い具合に落ちたので、鳥めし弁当が鳥めし定食に一瞬なっただけ。アブナイアブナイ。危うく昼抜きになるとこだった・・・


昼食休憩が終わり、いよいよ表彰式が始まります。

匹数とグラム数で、10位からの発表です。

DSCN2596.jpg

DSCN2599.jpg

次々に表彰が進みます。 やはり上位入賞をしている人はポイントを熟知し、釣り方も上手なベテランが多いです。
わかさぎ釣りは、ポイント選びと手返しが決め手。後はわかさぎの群れに当たるという運だろうね。
梅田湖はわかさぎの魚影は濃いから、回遊群にぶつかる場所選びが出来るかで釣果が変わる。ベテラン勢はその辺のコツを抑えているからね。

そして、今回のチャンピオン! 長野県から参加して頂いた小山さん。

DSCN2614.jpg

優勝おめでとう! 彼は今大会初参加、しかも梅田湖は初めてというから驚き。 それでもポイントの選び方と群れを掴んで釣ることが出来るから結果を残せるんだよね! お見事でした!

DSCN2622.jpg

今大会の上位入賞者及びジュニアチャンピオンとレディース部チャンピオンです。皆さんおめでとうございます!! 拍手ぅ~

続いて大抽選会! 事前にお渡しした抽選チケットの番号で景品が貰えます。 くじ引きと番号の発表を万里ちゃんにやっていただきました。

DSCN2624.jpg

よろしくお願いしま~す!

次々に当選者の発表が進んでいきます。

DSCN2628.jpg

コレは僕が欲しかったなぁ・・・

DSCN2640.jpg

DSCN2630.jpg

DSCN2632.jpg

協賛各社より提供いただいたアイテムは、すぐにでも使える便利な物ばかり。中にはかなりレアなものまで。来年は僕も参加しちゃおうかなぁ??

もちろん、お子様にもラッキーアイテムは当たります! 後ろ姿は組合長夫人。失礼しました( ^ω^)・・・

DSCN2653.jpg

大抽選会が終わり、いよいよ最後のラッキーチャンス! じゃんけん大会。
「Y.banbooわかさぎロッド」、「ダイワさんからの提供の最新わかさぎロッドとDVD」、そして「オジーズさん提供のエレキモーター」は誰の手に??

ダイワのわかさぎロッドは、本日の優勝者(実はダイワのスタッフの方)にジャンケンしてもらいましょ!

DSCN2676.jpg

続きまして、DVDもダイワのスタッフの方に!

DSCN2686.jpg

実はこの方、ダイワのインストラクター。 このDVDにはワカサギ釣りの秘訣が詰まっているんだって。(本人談)

次に「Y.banbooわかさぎロッド」 本数は13本だったかな?

IMGP3358.jpg

僕の幼馴染の親父さんのお手製。この方バンブーロッドビルダーに方で、すごく丁寧な仕事をされる方なんだ。僕もガキの頃から知っている方で、ガキの頃僕にヘラブナ釣りを指導してくれた師匠でもある。 で、このわかさぎロッドも世界でここでしか、しかもこの梅田湖の大会でしか手に入れることは出来ないんだ。 だもの、めちゃくちゃレアな一品だよね。みんな欲しがるわけだ!

DSCN2671.jpg

ジャンケンに勝った方はとてもラッキーだよ! そして、いよいよ今日の目玉~

ジャンケンは提供してくれたオジーズ店長で、今大会の影の立役者Kさんにお願いいたしましょう!

DSCN2687.jpg

そして勝ち残ったのはこちらの方。 本当におめでとうございました! 来年はこのエレキで挑戦してくださいね。お待ちしております!

DSCN2690.jpg

最後に全員で記念撮影! 本当にお疲れ様でした! 来年も是非参加して下さい!


DSCN2701.jpg

そして協賛していただいた各社の皆さん、本当のご協力感謝いたします。

DSCN2702.jpg

それから、大会を盛り上げてくれた万里奈ちゃんとスタッフの皆さん、ありがとうございました! また参加して下さいね!

DSCN2708.jpg


大会終了後、後片付けを済ませ、恒例の反省会~

1479639701809.jpg

1479639665028.jpg

いつもの「ペーパームーン」で、晩飯と大反省会。 次回に向けてあれこれと改善する部分を話し合い、それから雑談で盛り上がる。でも、みんな殆ど寝ていないからだんだんと睡魔が襲ってきているよね。

兎に角、無事に大会を終えることが出来てホッとしました。 怪我もなくみんなが楽しんでくれたようですしね!

お疲れ様でした! 僕もかえってからすぐに寝ちゃいましたよ!

毎度ながら写真ばかりのブログで面目ないっす

おしまい

にほんブログ村

The World excellent cars to the next next.

続きの続き~


懐かしきボンネットバスに乗り込み、本町2丁目の「有鄰館」へ!

DSCN2393.jpg

以前にも乗ったことがあるこのバス。
「いや~懐かしいね~」 僕の記憶にあるボンネットバスは県内のず~っと田舎の方だったよなぁ? 色までは覚えてないけれど記憶の片隅に存在しているんだよね~ 
そんなレトロなボンネットバス。 なんでも、この後エンジンが止まっちゃって“押しがけ”したらしい。 押した人の話では「そんなにも重くはなかった」そうだ。

DSCN2397.jpg

10分程で「有鄰館」へ到着。 ここは僕ら地元民には「矢野商店」で通るのね。 

今年もこちらのブースは在りました。 桐生市のソウルフード「子供洋食&ぎゅうてん」
ピンとこないネーミングの食べ物。
「子供洋食」は、茹でたジャガイモをもやしやネギなどの野菜と炒めソースを絡めたモノ。 焼き上がりにあおさ海苔をたっぷりかけて熱々を頂くんだ! 安くて腹持ちが良く、名前は子供でも大人の晩酌のアテに最高のおやつ。 ビールにピッタリ合うんだ!
僕も子供の頃から大好きなおやつで、お袋殿が良く作ってくれたなぁ・・・
そして「ぎゅうてん」ね。 名前に「ぎゅう」って入っているけれど、牛肉が入っている訳じゃなく、これも昔懐かしの桐生のソウルフードの1つ。 小麦粉を溶いて干しエビや刻みネギを入れて鉄板で焼いたもの。見た目は「貧乏なお好み焼き」って感じだけれど、焼き上げる時に鏝で「ギュ~」っと押し付けて焼くので名前が「ぎゅうてん」なのよね! そして、子供洋食と同じソースで味を付けて頂くんだ。 何故かこいつも普通に美味い。ガキの頃に良く集まった駄菓子屋のおばちゃんが焼いてくれたっけ。「お玉一杯で10円」とかの子供に優しい価格設定でね。よく2杯とか3杯とかで焼いてもらってたなぁ・・・

流石に今日は頂かなかったけれどね、まぁコレはいつでも作れるし、コレの美味しいお店は市内にいくつか在るしね。

で、僕は目的のブースへ!

DSCN2401.jpg
 
我が桐生市が誇る「世界の松井ニット技研」の、毎年このファッションウィークの時だけ催される年に一度だけの激安即売会!

以前のモデル、廃版モデルなどを通常価格よりもさらにお安く購入できるんだよね~

で、待ち合わせの時間通り、やって来ましたよ! 「スィーツ娘」が! 塩蔵の前で「焼きまんじゅう」食ってやがって『コイツ、いつでも食ってる』

ダチの娘。来年受験だってのにこんなところでマッタリしていていいのかねぇ? まぁ約束しちゃったからなぁ・・・

DSCN2399.jpg
 
女の子の買い物はやたらと長いこと! アレやコレや選びまくって、「どっちがいいかなぁ??」が延々1時間以上・・・😥だぜ!

結局3本に絞り、「ねぇ? どれが似合うかなぁ??」 
知るかそんなこと! 似合う似合わんは自分の匙加減だっつうの! 大体、こういうことは自分の親父に強請れってんだ!
親父の幼馴染のオジサンに強請ってどうするのよ? まぁ、この娘が生まれたころから知ってるからねぇ、結局は根負けして3本買わされる羽目になっちゃったんだけれどね。 あ~あ、財布の風通しが良いことったら・・・

それから、15歳の小娘と暫くデート。 また何か強請られるんじゃあないかとビクビクしながら振り回される羽目に・・・
煉瓦蔵へ!
DSCN2403.jpg

「上毛かるたのお煎餅」 美味しそうだったので1つ買ってみた。 コレは僕のモノね!

DSCN2404.jpg

「クッキーとかスコーン」 コレは買わされた。 後でお前の親父に請求してやる! 

DSCN2405.jpg

コレは綺麗だったなぁ。 まぁ毎年、いろいろな物や食べ物とかが出展される有鄰館のイベント。

奥の塩蔵で、以前お世話になった工務店の出店。 親方と久しぶりに会ったりね、市内のイベントでは知り合いが多くてバッタリ出会うなんてことが或るんだよね。

有鄰館で約2時間程、小娘とデートして彼女はその後自転車で帰って行った。 僕は今度は歩いて僕の生まれ育った街を散策。
気付けばあの小娘に¥15000近く貢いでしまった。 今日はそんなに持ち合わせないんだから・・・ まぁいいか、僕にとっても娘みたいな子だしね。やれやれ・・・

DSCN2406.jpg

有鄰館脇の「酒屋小路」を通り裏道へ。 僕が18歳までこの道は良く利用したものだ。 この先の交差点を右に行った先に
僕が通っていた柔道場がある。 週に3回はその道場で夜9時ころまで稽古に打ち込んでいたんだっけ・・・

その交差点を左に、僕が生まれた家のあった方角へ歩き出す。 
現在は僕に生まれた家は広い駐車場になっていて、ご近所の人たちも殆どが引っ越されている。
思い出の地を見学? して後、再び表の本町通に! 因みにこの桐生市のメインストリート「本町通り」は主要地方道66号線。
つまり「Route66」なんだよね~ なんかいい響き~!

先程、飛び乗ったボンネットバス。 その時に車窓から眺めた街並みで、バスに手を振ってくれた着物の女性が居たのね。で、その女性が居た家屋で「一店一作家」のお店がオープンしていたんだ。気になっていたのでちょっと寄ってみた。

DSCN2407.jpg

手作りの「手ぬぐい」とか「風呂敷」とかを売ってたの。 あと、「アクセサリー」とかいろいろね。 僕、こういうお店って結構好きなのね。なぜかというと、僕も同じような商売をしているものでね。

で、ここで手ぬぐいFREAKの僕のツボの商品を購入。 ハンカチがヨレヨレだったので手ぬぐい生地のハンカチを2枚購入しちゃった。 結構いい感じ。

DSCN2409.jpg

DSCN2410.jpg

可愛い形のバードコールがあった!
店の奥には「ウッドクラフト」と・・・???奇妙なな試験管がある。コレは何でしょうね?

DSCN2414.jpg

DSCN2413.jpg

「コレは何ですの?」と、僕に手を振り返してくれた着物のお嬢さんに聞いてみたら
「お天気がわかる試験管です♡」だって。 中身は「樟脳」で出来ているらしい。あとは企業秘密だってさ!

その日の湿度や天気で、中身の樟脳の形が変わるらしい。 部屋のインテリアの1つに加えると面白いんだって。

それから、僕の子供の頃の遊び場だった「桐生市天満宮」の境内へ。

DSCN2420.jpg

僕の生まれた家はここのすぐ近所で、ここはいつもの遊び場だった。 保育園の友達たちとここで走り回ったり、缶蹴りしたり、拝殿の裏の林で探検ごっこしたり、微かな記憶の思い出がいっぱい詰まっている。

DSCN2421.jpg

この神社の『御神木』 成長しているのかはよく判んないけれど、変わらずここに立っている大銀杏。 もうすぐ真っ黄色に紅葉するだろう。

DSCN2423.jpg

現在は「滑って危険」なので立ち入り禁止になっている「太鼓橋」 本来はここを渡って神様の鎮座するエリアに入らせて頂く。
ってのが習わしらしいのだが、なんでも、この太鼓橋から落っこちた馬鹿ガキが居たらしいとか、太鼓橋の上で足を滑らせて怪我をしたお年寄りが居たとか。なので、現在は立ち入り禁止なんだって話に聞いた。 どちらにしても、どこぞのおっちょこちょいのせいで入れなくなったって話。

 
DSCN2440.jpg

この日、ここで掛ける願い事は無かったので(誓願成就の目的が違うので)天満宮(地元では天神様と呼んでいる)を後にして、道路反対側のここへ立ち寄る。 
「桐生自動車博物館」  馴染みの「伊香保自動車博物館」と被り気味だが、ちょっと寄ってみた。 館と表記しているが完全にオープンスペースなので、どちらかというと青空市場的。

でも、看板には「KIRYU Route66」の表記! この看板、すごく懐かしい! 20代の頃に旅に出掛けたニューメキシコのRoute66を思い出すね~

DSCN2424.jpg

先ず目に入ったのはコレ!  今年、何度か目撃している「メッサーシュミットKR200」
この車、今年のスプレンドーレ前橋でも見ているし、一昨年のクラシックカーフェスタでも見ている。 2ストローク 200㏄のエンジンはとっても可愛い音を響かせるんだ。でも速度は100㎞は出るそうだよ。

DSCN2425.jpg

「BMW イセッタ600」  この時代のバブルカーって見た目も可愛いから好きなんだよね。 僕的には「トロージャン」がお気に入りなんだけど、中々見られないんだよね~ 嘗て横浜の赤レンガ倉庫でのクラシックカーの展示会で見ただけ。

DSCN2426.jpg

運転席にはフロント部から乗り込むんだ。 面白いよね。 でも、第2次世界大戦後にはこういったバブルカーが結構流行ったんだってさ。

DSCN2430.jpg

国産車。昔の360㏄時代のね。 コレは「スズキ フロンテ クーペ」じゃあ無かったかなぁ? コレ以前のモデルは僕の親父殿が最初に乗った車だった。確か「フロンテSSS」

DSCN2434.jpg

これも懐かしいね~ 「スバル サンバー」 これは2代目の「ニューサンバー」の方だね。1966年モデル。

DSCN2438.jpg

これも懐かしいね~ 「ホンダ バモス TN360」 ガキの頃にTVで見ていた特撮番組「ジャンボーグA」に出ていたなぁ あと「ウルトラマンタロウ」にもね。 これって僅か3年くらいで製造中止になっちゃったんだったね。 僕の先輩も1台所有していたけれど、今はどうなっているのやら? 乗せてもらうの怖かったもんなぁ~

DSCN2432.jpg

ホンダ車多いなぁ・・ コイツは「ライフ ピックアップ」

DSCN2431.jpg

続いてコイツ。
イタリアの「ピアジア ベスパカー」という50㏄の車もどき。 こういった感じの車とバイクのハイブリットのようなものって一時期流行ったんだよね。 車道を走っているとものすげぇ邪魔な存在だった。

DSCN2439.jpg

これも同じような車というかバイクというか? 「ベスパカー」 これは「アペ」とか言ったなぁ? 50㏄のドンガメ。

イタリアのベスパってバイクに屋根をくっ付けて3輪車仕様にしたものだね。

ここで、以前の仕事仲間のKさんに出会う。 先程、有鄰館で出会った工務店で働いている大工さん。しばらく話をして、僕は珈琲がまた飲みたくなったので群大キャンパスへ戻る。

「伊東屋珈琲」さんのデリバンに行き、珈琲を一杯もらう。で、隣の「シェフ ハヤカワ」さんのテントで「アップルパイ」を購入。
「シェフ ハヤカワ」は桐生市役所近くの欧風料理のお店。 こちらのコース料理は絶品でね。僕も時々食べに行ってる。

DSCN2445.jpg

やっぱ、伊東さんちの珈琲は旨いや! 後で本店にスコーン買いに行こ~っと!

群大を後にする。 来た時と同じように無料臨時バスに乗り込む。

が、 この時に僕の隣に座った若いお母さん。見た目からまだ20代の可愛らしいママさんが座ったのね。その人が抱っこしていた2才くらいの可愛い坊や。 僕のすぐ隣で、バスに乗った時から何やら歌っていた。
「ペンポンペンポン ペンペンポン・・・・」 それもすご~く楽しそうに足をパタパタしながら「ペンポンペンポン・・・」

『何を歌っているのかなぁ・・・ なんか楽しそうだな』 小さな子供だからね、なんか楽しいツボにハマっていたのだろうと思ってた。
が、そのすぐ後にママさんが突っ込みを入れたんだ!
「そうじゃないでしょ~💛 ペンパイナッポーアッポーペンでしょ~💛」

『マジか~』 
顔を横に向けて窓の外を眺めた。 そのやり取りと坊やの「ペンポン」がもうおっかしくてさぁ! 笑いをこらえるのが大変だったよ。
その後も「ペンポンペンポン」言い続けてるし、可笑しくて可笑しくて、でも笑っちゃいけないと思ってグッと堪えていたんだ。
しかし、我慢すればするほど益々可笑しくなっちゃって。『この坊主、ピコ太郎より面白ぇぇぇ~(笑)』 腹筋が痛くなるほど笑いを堪えた地獄の15分間だった。


帰宅後は買ってきたコイツ等でマッタリおやつ! 

DSCN2446.jpg

久しぶりに楽しめた休日でした!
心残りは、自分の分のニットマフラーを購入できなかったこと。 娘に買ってあげて、自分の分を忘れた。また来年かな? お小遣いを取っておいて気に入ったものを買う事にしよう。 まぁまた来年、「オジサン、また買ってぇ~💛」って来るんだろうけれど・・・
ダチの娘だけれど、可愛いからつい負けちゃうんだよなぁ。 そうだ、来年は奴から金を預かっておくとするかな?


おしまい

にほんブログ村

The World excellent cars Next!

昨日の続き~

ぐんまちゃんのけつを見た後は、国産車を見物に行く。 先ずは「技術の日産」から。

DSCN2349.jpg

ご存知「ハコスカ」こと「ニッサン スカイラインGT-R」  チンスポイラー付きはレーシーに見えるからいいよね。


DSCN2336.jpg

「シルビア 1600クーペ」 ガキの頃、この車のミニカーが大好きだったなぁ・・・ 今でも持っていたら値打ちがあったかもね。


DSCN2341.jpg

えらく昔の「ダットサントラック」 フロント部に見えるクランク・バーが時代を物語っているよ。


DSCN2343.jpg

「チェリー X1-R」 初代チェリーはかなり希少な車だね。 これはオーバーフェンダーが付いているから「1200クーペ」か。
僕の親父殿が昔乗ってたのは2代目の「F-Ⅱ GLクーペ」だったな。 この車から「パルサー」に発展していったんだったな。


DSCN2344.jpg

「ダットサン サニー1000クーペ」 もう、ネーミングがもろに昭和! 

もう一つ行こうか。

DSCN2347.jpg

「プリンス グロリアスーパー6」 昭和39年頃に出た車じゃあ無かったかな? S-40は?


続いてファミリーカーのトヨタ!


DSCN2361.jpg

DSCN2359.jpg


とてもファミリーカーと呼ぶには程遠い存在の名車中の名車!
「トヨタ 2000GT」 国産車でこの車以上にカッコいい車は存在しない!って言えるくらいカッコいい2000GT! 
今でもそのオーラは失われてませんね。

DSCN2360.jpg

あだ名は「ヨタハチ」 というよりコードネームって呼びたいね。
「トヨタ スポーツ800」 中身はパプリカなんだけれどね。 空力性能は抜群だったね。 ただし非力で有名。

DSCN2364.jpg

「トヨペット コロナ1500DX」 これも懐かしい。


お次は・・・

DSCN2363.jpg

「技術革新のマツダ」「車の主流を変えるロータリーのマツダ」 のマツダ。
因みに過去、マツダの営業マンだった僕。 あの時は社名が「アンフィニ」だったな。

で、そのロータリーの代名詞的名車「コスモスポーツ」 まるで宇宙船のようなフォルムは大好きだったね。
僕の世代は「マットビハイクル」でも解る人多いんでないかい?

DSCN2353.jpg

「キャロル」 エンブレムが昔のマツダのモノだものね。 リアが可愛いんだよな、コイツ。軽自動車が360㏄時代は可愛い奴が多かったなぁ。


DSCN2356.jpg

「ポーター トラック」 昔の働く車。 軽トラックではポーターは好きだったね。スピードが出なくてさ、それでも楽しい車だったよね。


続いて「新しい世界を創る」本田技研工業 

DSCN2354.jpg

「TN360 スノーラ」 こやつも働く車。

DSCN2350.jpg

こっちは「ライフ ピックアップ」 これも可愛いんだよね~

続いては 三菱 ダイハツなどを!

DSCN2365.jpg

三菱「ギャラン FTO1400SL5」 これ、懐かしい~

DSCN2357.jpg

レトロカーの代名詞 ダイハツ「ミゼット」 ご存知オート三輪。 コイツはMP4だね。


DSCN2369.jpg

散々見て回って喉が渇いたので、ちょっと珈琲ブレイク。
「ミラノ」さんのデリバリーカーで「伊東屋珈琲」さんちのブレンド珈琲を」頂く。 で、後から気が付いたんだけれど、「伊東屋」さんのデリカーあったんだよね~ 

DSCN2445.jpg

こっちね。 この日は僕の大好物の「スコーン」が置いてなかったんだ。後で本店に言って買ってこよう。伊東さんちのスコーンは美味しいからね。 因みにこちらのデリカーで来ていたスタッフの子、知ってる子だった。まぁ僕的にはRegularCustomerですから。

珈琲でマッタリしたのち、バイクをちょっとだけ見物。

DSCN2339.jpg

手前が「クライドラー VanVeen」 奥が「HONDA CB93R」

DSCN2338.jpg

「シルバーピションC25」 奥の黒いのが「メグロZ7」 一番奥のが「モトグッチ ファルコーネスポルト」


一旦、キャンパスを後にして、ボンネットバスに乗って有鄰館へ向かう。

DSCN2391.jpg


まだまだ長くなるので、続きはまたUpするね。

一旦おしまい

にほんブログ村
  次のページ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。