気まぐれ釣り師の、底抜け冒険譚!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Only one flower in the world Next!

昨日の続き~

山頂で朝ごはんを食べた後、仁田山から椚田峠方面のコースへ向かう。

第一展望台での景色を眺める。

DSCN8985.jpg

桐生市内から太田市方面の景観。 空気が澄んでいる真冬の早朝ならば、遥か東京新宿の高層ビル群や、茨城の霞ヶ浦まで確認出来たりもするんだ。

DSCN9000.jpg

こちらは第二展望台。 赤城山がとても壮大で美しく見える。 この日は幾分空が霞んでいたり、北方面には雲が湧いていたりしたので、空がクリアーって訳じゃあ無かったので、足尾山塊は眺めがよくなかったなぁ。澄んでいれば袈裟丸から皇海方面は綺麗に見えるんだけれどね。

それから、アカヤシオの群生する急勾配を木を伝って下って行き、約15分程で「椚田峠」の分岐へ出る。

足元に可愛い花を見つけた。

DSCN9004.jpg

ピンボケでゴメンm(__)m  「チゴユリ」が一輪咲いていたよ。


DSCN9021.jpg

ここを左へ進めば「赤芝登山口」 右へ下って行けば「コツナギ沢登山道」 直進すれば「座間峠」

コツナギ沢方面へ2分ほど下ると、本日の最大の目的地へ到着する。



『カッコソウ群生地』

DSCN9022 (1)

ここを降りる。


DSCN9018 (1)

『カッコソウ』

「勝紅草」 サクラソウ科の多年草。  
嘗ては普通に見ることの出来たこの花は、ここ鳴神山から足尾山塊に亘って、春には山をピンク色に染めるほど沢山咲いていたと伝わっていますが、現在ではそんな姿を見る事は叶わず、この地球上でここ「鳴神山 桐生市~みどり市」のみに分布しています。
平成24年度 『国内希少植物』 環境省第4レッドリストで『絶滅危惧ⅠA類』に指定されました。ということで無許可での採取・販売・譲渡は禁止されています。 

DSCN9005.jpg

しかし、現在でも「盗掘」が絶えなく続いていることは、とても残念な事であります。

ここでの自生種を持ち帰ったところで、満足に育つことは無いのですがね。 
自然の「カッコソウ」は標高800m以上の環境以外では育たないのに・・・

DSCN9006.jpg

え~、因みにですね、もし違反した場合にはペナルティとして「罰金500万円以下、懲役5年以下」の処罰。そして日本全国にメディアによる「姓名素性の公開」と「The 日本の恥」という称号がもれなく与えられますのでご理解の程を。

DSCN9019.jpg

この希少な花を地元の「保存会」の方達と、桐生市民の有志の皆さん、そして「鳴神山」を愛する僕たちで未来永劫、守り抜いて行かなければならないのです。 
大切な財産を、この地球上から葬り去ることは決して許されないのですから。


下山途中に、今年最初?の テフテフ!

DSCN9040.jpg

ひらひらと舞う姿を追いかけて、とらえたのがコイツ。

DSCN9067.jpg

「ウスバシロチョウ」  ちょっと暗かったかな? 胸の黄色いふさふさが類似種と区別できるポイントね。

DSCN9035.jpg

「ミヤマセセリ」  鳴神山には結構生息しているよ。

DSCN9077.jpg

「コミスジ」  こいつは普通にたくさんいる。

DSCN9114.jpg

「ヒメアカタテハ」 今年は早めに顔を出してくれたね。 いつもは6月になってから活発になるんだけれどね。


続きまして・・・

DSCN9054.jpg

「シジュウカラ」 胸の黒いネクタイが特徴の、森のピンポン玉!

DSCN9094.jpg

沢沿いに「カワガラス」が居たよ。


ってことで、久しぶりに「鳴神山巡礼」も無事に済ますことが出来ましたとさ!


そして、午後・・・

僕は高崎市に居ました。

最近オープンした「高崎OPA」  そちらに移った「ラジオ高崎 メディアスタジオ」

もうお判りでしょう。 そう、姫の生放送「Very Merry Emii」の放送日なのである!

1525604441374.jpg

OPAの大スクリーン! 

こんな感じにスタジオの様子がOPAの入り口で観ることが出来る。
僕的にはあまり好きじゃあない。 距離感が遠すぎるんだよね。 公開放送って形を採るならば以前のサテライトスタジオの方が好ましいな! 
放送終了後の出待ち。 えみいちゃんといろいろと世間話や今後の予定などを話す。

DSCN9124 (4)


で、恒例のオフショット。 可愛いでしょ♡ 彼女は僕にとって『Only one flower in the world!』なのであります。

今日はこの後、姫は大分県まで大移動! 明日、九重でのライブがあるのです。
生憎、僕は参加する事は叶いませんが、勇気とパワーを送り、応援に徹していました。


それからは、高崎駅の構内で姫と別れ、姫は羽田空港へ。 僕は自宅へ。本当はこの後、僕も東京へ向かうはずだったのですが、流石に疲れていたのと、Uターンラッシュに巻き込まれるのが嫌だったのと、腹が減っていたので東京の仲間達(西東京だけれどね)に会いに行くのはキャンセルさせてもらった。

本当にバテていたんだよね。 帰宅後は2時間程爆睡していたものね。

明日は沼田市へ! その前に渡良瀬川に千葉からの仲間と、遥々関西からゲストが来てくれるので朝、顔を出してくる予定。

さぁ、GWも終わりだ! 週明けからまた仕事頑張らなきゃね!

おしまい


にほんブログ村






スポンサーサイト

Only one flower in the world!

昨年はいろいろと忙しくて訪れる事は叶わなかったのだが、今年は2年振りに登ってくることが出来た。

5月5日

本当は昨日予定していたのだが、事前情報で「悪天候」だって話で、考えていたんだよね。

で、結局は中止にしちゃったんだ。 鳴神山は雨天時はとんでもなく滑って、それこそアイゼンでも装着しなければ滑落の危険のある山なんよ。
雨上がりも然り。岩場と剥き出しの土は粘土質なのでかなりDangerous. オマケに急勾配と来たものだから、僕でも流石に敬遠しちゃいましたよ。 
なので、4日は館林の友人のところへお届け物を持って行き、それから帰宅後はフライタイイングに時間を費やしていた。

で、今朝、天気は上々。ってことで午前6時くらいから登頂開始! 場所は僕も子供の頃から良く登っていた「鳴神山」

DSCN8946.jpg

DSCN8941.jpg


駒形登山口から入山。ゆっくりと登って行く。 

登山開始から30分ほどで、「水場」に到着。

DSCN8955.jpg

登山道の左側から「湧水」が流れていて、竹の樋でルート脇まで伸びているんだ。

柄杓で掬って飲むことが出来る。結構旨いよ。 まぁ「赤城の御神水」には敵わないけれどね。

ここで、二人のオジサン登山者と出会い、「袖擦り合うも多生の縁」ってことで、雷神神社まで同行することになる。

DSCN8957.jpg

「肩の広場」手前が最も勾配のきつくなる「胸突き八丁」 でも、この周辺は山躑躅の群生があり、疲れた体を癒してくれる。

DSCN8969.jpg

「肩の広場」が見えてきたころ、視界の先に見慣れないものが・・・

DSCN8971.jpg

「あぁ、これが保存会の方達が言っていた鳴神小屋かぁ?」

最近、保存会の方達が立ち上げているHPに記載してあった「小屋完成!」って情報の元がコレだったのだ。

新しめの建物は、僕的にはちょっと馴染むには時間が欲しいけれど、みんな頑張ってんだなぁって思うよ。

「雷神神社」で、先の二人といったん別れ、僕は山頂に向かう。

DSCN8972.jpg

阿形。

DSCN8974.jpg

吽形。

「雷神神社」の「狛犬」。 実は「狛狼」が正解。 ここの神社の狛犬は「狼」なんだ。 かつてはこの山にもニホンオオカミが暮らしていたんだろうなぁ・・・

DSCN8975.jpg

この鳥居をくぐり山頂へ。  鳥居を抜けてすぐ、ルートの左斜面に「フモトスミレ」の小群生がある。

DSCN8978.jpg

スミレ好きの僕には、これもこの山へ訪れる理由の一つなんよ。

尾根に出ると、ルートは左右に分かれる。 右に進むと「桐生岳山頂」 左は「仁田山岳山頂」 鳴神山は双耳峰なのである。

先ずは左の「仁田山」へ。 山頂ではなくて、もう一つの目的地へ。

DSCN8989.jpg

「ヒメイワカガミ」の群生地。 この小さな白花が見たくてこのこの季節にここに登るんだ。

DSCN8991.jpg

イワウメ科の多年草。 10㎝程の高さ。花は白花か紅紫色が主。亜高山から高山までの湿り気の多い日陰に咲く。

鳴神山の北面から西面は、「ヒメイワカガミ」の大群生地なんだ。

それから、「桐生岳」へ。  

DSCN8999.jpg

「桐生岳山頂」 標高980m。  その昔から山岳信仰の山として、山頂には小さな祠があり、「日本武尊」が祀ってある。

とりあえずはここで一休み。今朝、ここに来る途中で買ってきた朝ごはんのおにぎりを頬張る。

DSCN8997.jpg

と、ここまで書き上げたけれど、今日は早朝から1日中動き回ってヘロヘロなんよ。
なので、続きはまた明日ね。

ひとまずおしまい。


にほんブログ村

Long time no see.

正月からまったくの放置状態だった僕の「独り言の間」

PCのトラブルに始まり、仕事やら何やらで全然手をつけていなかったね。

ということで、この空白の数か月、僕が一体なにをやらかしていたのか? 

まぁ、facebookの方でいろいろとアップしているので、特に変化はないと思うけどさ。


いわな

夏。 恒例の奥会津釣行。

僕の所属している『JFF ジャパンフライフィッシャーズ』の「奥会津ミーティング」に参加した時の写真。

美しい会津のイワナに会いに行ってきた!

イワナ

サイズ的には小型が多かったけれど、やはり綺麗だぁ~ 

釣ったぞ

この時は、久しぶりに自作のグラスロッドを引っ張り出したんだったなぁ。 栃木のWさんと釣りあがったんだっけ!

青ガエル君

湯ノ俣で遭遇した、自然の営み。 
「シュレーゲルアオガエル」 なんだろうね? でもこんな山間部になんで??

渓谷の岩の上で「産卵シーン」を目撃! なかなか見れないシーンに、ちょびっと感動!

ヒオドシチョウ

林道では、「ヒオドシチョウ」の歓迎を受けたりね。

yamayuki.jpg

いつもお世話になっている「ペンション やまゆきかわゆき」 

この日は、懐かしい顔ぶれにも出会ったんだったなぁ。

yo-yo.jpg

「やまゆきかわゆき」の看板犬、兼「奥会津高杖地区森林警備隊長」の 『曜々くん』の後ろ姿。可愛い♡

そんな感じで、夏は恒例の奥会津でも釣りへ・・・


花の季節・・・

僕の趣味の一つで低山トレッキング。 花巡りの徘徊・・・ 季節の花を追いかけるのも好きなのね。
で、ホームグラウンドの赤城山へ度々出かけている。

yanagiran.jpg

夏の花。「ヤナギラン」 

コレの天然群生は見事だよ。

waremokou.jpg

「ワレモコウ」

こう見えて、バラ科の花なんだ。

tsurigane.jpg

「ツリガネニンジン」

これも好きな花。

また日光へ行きたいな。

tsumaguro.jpg

蝶も僕の好きな昆虫なんだ。 見ていて綺麗だしね。
模様や色彩はまさに自然の神秘とでも言えるよね。

これは「ツマグロヒョウモン」の♀。 オスは後ろ翅の端が黒く縁どられている。

sakahachi2.jpg

これは「サカハチチョウ」

マツムシソウで吸蜜中。

daimyou.jpg

「ダイミョウセセリ」 小さくて可愛い。

まぁ、こんな感じで自然の中でまったりと戯れていたわけです。

つづく・・・

にほんブログ村

I began in 2017!

明けましておめでとうございます!

2017年 今年も更なるゆるゆるでお付き合いくださいませ!


・・・・と、新年の幕開けですが、私、な~んにもしていません。

まぁ所用は様々あったのですが、仕事や恒例行事、それと大切な仲間との交流以外は、全く何もしていません。

毎年、元日には馴染みの管釣りで「初釣り」を楽しむのですが、この正月は体調不良もあって水辺はNGって事にしました。
また後日、時間のある時にハッチャけてみようと思います。

昨年末の出来事を一挙公開! Facebookでも公開してッけどね~

2016年12月4日
この日は毎年恒例の「川越詣で」 僕の仲間が主催で開催している『サンスイ・トラウトフェスタ』に遊びに行ってきたんだっけ。

IMGP3427s.jpg

IMGP3436s.jpg

「Keyst」さんのブース。 こちらのボスのKさんは僕のFacebook仲間。 会えてうれしかった!

IMGP3441s.jpg
 
こちらは「テヅカ・アートクラフト」のブースの裏。僕の所属しているジャパンフライフィッシャーズのメンバーとミニミニミーティング中!

毎年この日には仲間が集まるんだぁ!

IMGP3446s.jpg

「男の鉄鍋会」のダッヂオーブン。 知人のNさんとHさん、Goriさんも頑張ってた!
美味しい焼き豚ご馳走になっちゃった!

IMGP3457s.jpg

うちの組合長夫妻とつり人社のデジタルコンテンツグループマネージャーのTさん。彼も僕のFacebook友達。
結局この日は暗くなるまで会場に居たんだったな。

12月23日 天皇誕生日だったね。
この日は久しぶり(実に20年振りくらい)に横浜桜木町へ出掛けたんだったな。 学生の頃や社会人になってから暫くだけれど、この界隈で遊びまくってたからね。みなとみらいから馬車道辺りまでは若い頃の遊び場だった。しかし、この日久しぶりに野毛界隈を歩いて回ったらすっかり道を忘れていたよ。

IMGP3483s.jpg

「日本丸」もここまで近くで見たのは久しぶり。毎年パシフィコには出掛けてるから日本丸のマストは見えるんだよね。
型も僕の好きなバークだしね。 今年は総帆展帆の日に来てみたいね。 

DSCN2797s.jpg

去年は彼女のライブを一番見たね。 僕のお気に入りのシンガーソングライターEmiiちゃん。

DSCN2773s.jpg

DSCN2826s.jpg

DSCN2716s.jpg

ほゞ、追っかけ(昭和風にね)だね。 歌は素晴らしいし、声は癒し系で可愛いし、心の優しい子だしね。
全国にファン急増中! ってもっとなって欲しいんだ。


12月24日 クリスマスイブ

この日は年内最後の歌姫の生歌が聴ける日。 いつものJR高崎駅 ラジオ高崎サテライトスタジオ前にTeam Emiiが集結。

IMGP3499s.jpg

歌姫の番組「Very Merry Emii」 いつものように楽しい生放送が始まる。

毎月1度、スタジオライブで1曲披露してくれるんだけれど、この日は彼女の大好きなChristmasってことで、3曲うたってくれたんだったね。

IMGP3523s.jpg

スタジオブース前には大勢の人が足を止めてくれたね。

IMGP3542s.jpg

放送終了後は、いつものように井戸端会議~ じゃなくて、雑談で盛り上がるんだよね!

IMGP3543s.jpg

因みに、僕の頭の上に乗っかっているモノ。 昨日のみなとみらいライブで姫が頭に着けていた小さな帽子だよ♡


そして、2016年最後を飾ったのは・・・・


やっぱり素敵な歌姫~(⋈◍>◡<◍)。✧♡

DSCN2837s.jpg

2016年の大晦日が今年最後の生放送! 実にTimelyなSurprise! 最高のお年玉になった気分だね。

DSCN2838s.jpg

Team Emiiも集結! この日はえみいちゃんの親友の可愛い子も来てくれたんだったね。

DSCN2831s.jpg
 
DSCN2835s.jpg

1年の締めくくりには最高の生放送だったね。

DSCN2843s.jpg

1年間、お疲れ様でした。とても楽しかったよ! 
しかも・・・

DSCN2849s.jpg

翌日1月1日、元日は歌姫のお誕生日! おめでとう🎊

DSCN2852s.jpg

来年からも頑張って行こうね! 僕も応援するからね♡

DSCN2854s.jpg

姫からお年玉貰った。 アガト~!!


と、僕の2016年は歌姫で締めくくりました。 また来年からも応援兼俄カメラマンで追いかけちゃいましょう!



そして・・・ また新たな1年が始まった。
2017年開幕!                    ・・・・・・・・・!

新年早々にお袋殿から「風邪」のお年玉を貰った。 インフルではないが、のどが痛い。

咳も少し出る。熱は無いけれど油断できない。 新年早々、引き篭もりです。


仕方がないので、頼まれ仕事を片付け、僕の遊び道具を作り、今年のクラブオークションの品を少しづつ製作してる。

レポートも仕上げなくちゃ。今使っているこのノートPC  の調子があまり良くなくてね。WordとExcelが使えない状態だったのよ。
漸く復帰させたんだけれど、まだ幾分調子が戻らない。使っている最中に駄々を捏ねるのよ。反抗期って奴かな?


まぁ、調子は万全ではないけれど、新年は迎えられましたとさ!

また今年もゆる~くお付き合いください。 お付き合いしてくれる人が居ればね( ^ω^)・・・


おしまい

にほんブログ村

Looking for a traveler.

9月9日

毎年季節ごとに訪れる馴染みのスポット「赤城自然園」
今日は初秋の開園初日。 早速行ってきました。

午前中、お客様(僕のダチ)の所へ頼まれていた品物を届けに行き、その足で自然園へ向かう。
時間は昼を30分ほど回ったところだ。

入場ゲートでパスを提示して早速場内へ。 入ってすぐにFF界の巨匠Sさんにバッタリ出会う。
あまりお話はしたことは無いのだが、共通の知人が多いのと、嘗て参加した上野村のヤマメ産卵床造成作業で御一緒したこともあり、今日は数年ぶりの再会だった。fbではお馴染みなんだけれどね。

DSCN1158.jpg

「ミドリヒョウモン」かな?
季節柄、蝶が多いことを想定していたけれど、まぁヒョウモンチョウが多いこと! 8割近くがヒョウモンチョウばかり。

DSCN1166.jpg


散策の小径から芝生広場へ。 ナナフシ橋を渡り自然生態園へ入る。

三角点が在るので先ずは其処に向かう。

DSCN1191.jpg

IMGP2963.jpg

ここの三角点の脇には「マツムシソウ」の花畑があるんだよね~ そこを見に行く。

DSCN1192.jpg


足元には「ツマグロヒョウモン」の♀が居たんだけれど、どうもかなり弱っている模様。 羽ばたきもしないで動きも悪い。
恐らく昨夜の雨の影響で、呼吸器官に水が入ってしまったのだろう。 そんなツマグロちゃんに、♂のツマグロやヒョウモンチョウが求愛を迫っている。 どこの世界も男ってヤツは・・・節操のない奴らめ。 軽く蹴散らしてやった。傷つかない程度にね。

広場の脇にはこんな奴が。

DSCN1193.jpg

コイツは「キタテハ」みたいだね。フジバカマで吸蜜中。

そこからコナラの林を抜け昆虫広場へ向かう。

その途中でこんな奴に出会う。

IMGP2965.jpg

「アカボシゴマダラ」君。 コイツは外来種なんだよね。

DSCN1213.jpg

「ダイミョウセセリ」

昆虫広場の先、レンゲショウマの苑でSさんと再び出会い、Sさんがジッとファインダーを覗いている。
目の前に今日のお目当てが休んでいました。

Sさんの撮影後、被写体を譲っていただきました。ありがとうございます。

DSCN1207.jpg

「アサギマダラ」君。 シラネセンキュウの花に居ました。
日本本土から南西諸島や台湾への渡りを行い、また初夏から夏にその逆のコースで北上の渡りの旅をする蝶なのね。

DSCN1206.jpg

まだまだ個体数は少ないけれど、これからどんどん増えていくだろうね。

Sさんと別れ、苑の下側で撮影。

何頭か居た中で、「・・・?」ってやつを見つけた。

DSCN1232.jpg

「?? 翅に何か変な模様がある」 

DSCN1241.jpg

マーキング(ナンバリング)個体だった。 嘗てどこかで捕獲されて調査の為にマーキングされた個体だったね。

「8月28日 デコ」って見える。 調べた結果、8月28日に福島県裏磐梯のグランデコ・スノーリゾートで捕獲された個体だった。

このマーキングした個体が、捕獲・放蝶されて再び捕獲された場所や日時で、何日で何 km移動したか、または同所で捕獲した場合何日そこに居たか調査する機関があるんだ。「アサギマダラの渡り」はまだ謎だらけ。更なる研究が続けられているんだ。

それからまた移動。 そろそろ腹が減って来た。よく考えたら昼飯食ってなかったよ。

DSCN1273.jpg

「サラシナショウマ」

IMGP3015.jpg

「ヤマトリカブト」の実。 食べたらアカ~ン!

IMGP3027.jpg

なんだコレ?「ツリガネニンジン」か? なんか違うような気がするけど・・・

IMGP2987.jpg

「カリガネソウ」

IMGP3033.jpg

「レンゲショウマ」がたった一輪だけ残っていたよ。

DSCN1173.jpg

「ベンケイソウ」 on the キタテハ

DSCN1186.jpg

「ヤマシャクヤク」の実。 見た目かなり毒々しいね。

DSCN1229.jpg

「レイジンソウ」

DSCN1252.jpg

「ツリフネソウ」 

こんな花ばかり見ていると、奥日光が恋しくなってくるよ。 来週当たり時間作って行ってみようかな? 菅平にも行きたいんだよなぁ・・・ フィールド好きの僕には目の保養の反面、精神衛生上、非常に好ましくない光景だな。

DSCN1230.jpg

DSCN1276.jpg

多くの花と、沢山の昆虫たちに癒されて、今日は空腹に負けて撤収。

帰りの車の中で・・・

IMGP3058.jpg

お気に入りの歌姫の歌声に癒されながら、のんびり帰宅。 昼飯買うの忘れて・・・・


おしまい。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村


  次のページ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。