気まぐれ釣り師の、底抜け冒険譚!

Long time no see Next.

まぁ、いろいろと忙しいながらも冒険は続いていた訳で・・・


釣りはほとんど行けなかったなぁ。2017年のベストシーズン(僕にとっては夏)は、本当に悪天候だったからね。

休みの度に雨やら、その影響で大増水だったり。「行けるな?」なんて思ったら、組合のイベントが入っていたりね。

まぁそれなりには楽しめたけれど、2017年は正直に言うと不完全燃焼ってところかな?


でも、不完全燃焼でフラストレーション溜まりまくり、ストレスでモヤモヤしていた気分をスッキリと癒してくれた存在。

僕らの「Team Emii」のTeamleader。 シンガーソングライターの『Emii』ちゃん。
彼女の存在は僕にとっては「女神」と言っても過言ではないんだよね。

2017年はEmiiちゃんに7割くらいは密着していたんじゃあないだろうか?

akima9.jpg

これは「秋間梅林開花祭」の時のスナップ。 

春の花粉が飛散する中、素敵な歌声を聴かせてくれた。

akima2.jpg

そして可愛いオフショット。

akima13.jpg

やっぱ可愛いなぁ・・・


そしてこちらは・・・

akebono2.jpg

千葉県のチューリップ祭りの時のステージ。

この時は最後の最後で雨が降っちゃったんだよね。まぁすぐに止んだけれど・・・

akebono6.jpg

完全無欠の「晴れ女」のえみいちゃん。 彼女の歌声には神様もオマケをしてくれるようだね♡

akebono5.jpg

透き通る歌声があけぼの山に響き渡りました!

そして恒例のオフショット!

akebono8.jpg

光ってるね~ 魅力的です!


お次は・・・

kirafes4.jpg

「ふるさとキラキラフェスティバルin安中」でのステージ。

kirefes3.jpg

「安中大使」のえみいちゃん。 地元のステージは何度もあるけれど、この日のえみいちゃんは特に輝いていたよ!

kirafes6.jpg

離れていたけれど、見つかっちゃった! ステージの上からカメラ目線。 
この時に歌ってくれた、故・坂本九さんの「見上げてごらん夜の星を」は、胸が熱くなったね。

kirafes1.jpg

とっても可愛いオフショット♡


そして・・・ 嵐の横田基地。

yokota5.jpg

東京福生の横田基地でのライブ。

この日は台風が直撃したんだったね。 強風と真横に打ち付ける雨で傘などは全く役に立たなかったね。

そんな中、ハンガーの中のステージで、熱唱したえみいちゃん! 盛り上げてくれたオーディエンス。じっくりと聴き入るお客さん。
みんなが彼女の歌声に聴き入ってくれたね。

yokota8.jpg

まぁ見てください。 可愛く綺麗な群馬の歌姫「Emii」ちゃんです。

yokota13.jpg

yokota17.jpg

この日に歌った「Our Story」は、ハンガーの中にいた女性たちのハートをがっちり捉まえていたね。
僕の知る限りでは最高のウェディングソングだからね♡

yokota11.jpg

ステージの上から「ポーズ!」 しっかりと見つかっちゃってます! 離れているのに良く見つかっちゃうなぁ僕・・・

yokota2.jpg

ハ~イ! お待たせのオフショット! ステージが終わってからのファンサービスで、CDを買ってくれた方にサインを!
僕は、俄かスタッフでお手伝い。 もっともっとみんなに群馬の歌姫を知って欲しいね!

yokota.jpg

そういえば・・・この日はそ~っと会場に入って行ったんだけれど、えみいちゃんにはあっという間に見つかっちゃったんだったな。
結構離れていたのに、カメラ目線と(^^)vサインで「ここだよ~ 写真撮って!」のアピールを受けたんだったよ。
えみいちゃん、すげぇなぁ! ってか、僕って目立つのかな??


つづく・・・      


って、もう年明けてひと月だよ。暢気に更新継続中!


にほんブログ村
スポンサーサイト

To encounter a Japanese primrose.



6月6日

今日は仕事がお休み。

忙しくてなかなか行けなかった場所へ、早起きして出掛ける。


IMGP2462.jpg

午前5時20分  予定よりも10分早くエンジンに喝を入れ、車をスタートさせた。 お気に入りの音楽をかけながらのんびりDrive❕


馴染みの国道を北に向かって愛車のポンコツ28号を只管走らせること約1時間。

IMGP2464.jpg

いつもの山が見えてきたよ。 日光男体山。 霧が少しかかっているのが少し気になるんだが・・・


第2いろは坂を登り、中禅寺湖を左に眺めながら(よそ見運転しちゃいかんよ) 戦場ヶ原を目指す。
平日にも拘らず、中禅寺FREAKのFishermanが大勢見えたよ。 デカいのが釣れるからね。

赤沼茶屋に到着したのは午前7時少し前。 お気に入りのリュックに朝食と飲み水を放り込み、トレッキングシューズのレースを締め直す。

P6066464.jpg

まぁ、いつものコースだからね。気楽な気分でウォーキング。高原の早朝の空気が爽やかすぎて、最高に気分が良い!

頭上からはハルゼミの大合唱。少々喧しいけれど心地よい蝉時雨の中、小田代ヶ原を目指す。

足元には四季折々の可愛らしい花達がひっそりと咲いている。

P6066459.jpg

「ツマトリソウ」 サクラソウの仲間。


P6066460.jpg

「マイヅルソウ」 ユリ科の花。葉脈の曲がり方が羽根を広げた鶴のイメージなんだって。


P6066462.jpg

「ミヤマニガイチゴ」  バラ科の落葉低木。 


戦場ヶ原エリアから鹿ゲートを潜り、小田代ヶ原エリアへ。

P6066466.jpg

新しくなった遊歩道。 とても歩きやすくなった。

P6066467.jpg

木道脇の枯葉の下にこんなのが咲いていた。

P6066458.jpg

「ギンリョウソウ」 一輪だけだったけれどね。湿り気のある場所に生える腐生植物。「ユウレイソウ」とか「ユウレイタケ」などとも呼ばれる。

P6066471.jpg

「ヘビイチゴ」 バラ科の花。 


小田代ヶ原の展望デッキに到着。

DSCN0354.jpg

取り敢えずは誰もいない。 が、すぐ後から追ってきた年配のご夫婦が10分足らずで到着。
僕はベンチで一休み&朝ごはんのクロワッサンとマイボトルに淹れて来た「コスタリカ」でマッタリ。

DSCN0356.jpg

目の前の「クマ出没云々・・・」の看板が気になるけれど、高原の朝の空気と、スペシャルティ珈琲を満喫する。

実はここに来る途中で、プーさんの足跡見ちゃったんだよね~  只、小さい足跡なので今年親離れした若熊のモノだと思うね。

DSCN0353.jpg

新緑のドレスを纏った「貴婦人」 いつ見ても美しい姿だ。

DSCN0352.jpg

よく1本だけ残ったものだよね。 この木だけは残したいものだ。小田代ヶ原のシンボルだものね。

此処から無公害バスに乗って千手ヶ浜を目指す。 が、来たバスが2台とも満車だとさ。
仕方がないので、次にバスを待つ。約30分くらいかな? その間、後到着のご夫婦と暫し閑談。

「今聞こえているのはカエルの声ですか?」  ??? 木の上から聞こえているんですけれど??

「ハルゼミの蝉時雨ですよ」

とか、「この花はなんていう花なんですか?」と、撮影したデジカメの写真を見せられて・・・

「ツマトリソウって花ですよ」 とかね。

で、そんな時に、目の前をヒラヒラと優雅に舞う大型の蝶を発見! 目の前のバラス地に着陸で、「しめしめ」

DSCN0366.jpg

僕の希望としては、何かの花にとまって欲しかったんだけれど。

DSCN0367.jpg

シャッターを切る瞬間、動いちゃったのでこんな写真。

「アサギマダラ」 長旅の疲れを癒しているんだろうね。


バスが到着して、「さて乗り込もう」なんて思ったら、目の前の枝先にこんな奴。

DSCN0365.jpg

「ノビタキ」君。 こいつにはここまで来ないと会えなんだよね。特に僕の地元ではさぁ。 時々根本山辺りの広場に姿を現すけれど、根本山、暫く行ってねぇし。

バスに乗り込み、約15分弱。 終点「千手ヶ浜」に到着。これより「日光仙人音次郎さんち」に向かう。

久しぶりにいい景色だなぁ。

DSCN0368.jpg

男体山方面から押し寄せる“霧”が気になること以外はね。

DSCN0375.jpg

「ウスバシロチョウ」 実はコイツ、アゲハチョウの仲間なんだよ。 見た目はシロチョウ科の仲間みたいだけれど。


「音次郎橋」を渡り、大勢の観光客に混じって群生地へ。と、その前に、小屋でサービスの珈琲を一杯頂戴する。

DSCN0376.jpg

1人一杯のルール。みんなが飲めるようにって配慮なんだ。嬉しいサービスに感謝! ゴチですっ!

そして、群生地に入って行く。 やっぱ、綺麗だわ!

DSCN0377.jpg

DSCN0378.jpg

丁度見頃だった「クリンソウ」の自生地。 まぁスゲェ観光客とカメラマンの数。特にアマチュアカメラマンが囲いのロープの手前の一番良く見える場所に三脚立てて陣取っちゃうから、みんなが迷惑しているんだ。 僕はどうでもいいから気にしないけれどね。
文句言われたら「ここ、あんたんちの庭かい?」って言っちゃうから。 まだ言ったことは無いけれどね。カメラマンも解ってるからね。自分が迷惑かけていることにね。

DSCN0382.jpg

ガンガン割り込んで、三脚をよけながら、時には三脚の前にかぶせ気味で写真撮影。ひと声かければ文句は言われない。

DSCN0396a.jpg

この場所が僕のお気に入りのビューポイント。陽当りと、花の位置と、レインボーが泳いでいる姿が綺麗に撮れる場所なんだ。

DSCN0399.jpg

空がだんだんと曇ってきて陽当りが悪くなってくる。風も幾分湿り気が増した感じがする。 僕のSelf・AMEDASの雨男レーダーが反応する。「そろそろヤバいぞ!」

ってことで、ニコニコバイバイ!

最後に今日のお供をパチリ!

DSCN0404a.jpg

音次郎さん、また来年の見頃に来るからね!

DSCN0407.jpg


再びバスに乗り込み、小田代で下車する。

この続きはPARTⅡにて。
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村

Astronomical observation.

8月22日

この日は、僕の長年の趣味の1つ「天体観測」のイベントが、『県立ぐんま天文台』で行われた。

デジカメで「月の撮影」が出来るイベントだった。


昼過ぎにこのイベントへの参加を勧めてくれた僕の相方を連れて、とりあえずは群馬北部の高山村方面へ向かう。

観望会は夜からなので、先ずは軽く腹拵え。 相方が「ヤマメが好き」と言っていたので、僕が時々立ち寄る養魚場へ向かう。

吾妻町箱島にある「あづま養魚場」

ここは群馬県でも有名な「箱島湧水」のすぐ下にある養魚場で、僕はここの川魚料理を頂きに時々お邪魔するんだ。

で、この日はすぐ近くまで来たので、ここへ立ち寄って「ヤマメ」と、ぐんまブランドの「ギンヒカリ」を食べてもらおうと思い連れてきたんだ。

あずま養魚場で


早速注文!

ギンヒカリのたたき

「ギンヒカリのタタキ イワナのイクラ和え」

これが絶品なんだ!  これを食べさせたかったの!

ギンヒカリのたたき2

予想していたけど、かなり気に入ってくれたようだったよ。 酒のつまみにも最高だし、そのままでも熱々のご飯が欲しくなってくる。

ヤマメの塩焼き

そして、「ヤマメの塩焼き」

箱島の名水で育ったヤマメは、川魚独特の臭みも無く、身はふっくらとしてとても美味。

ヤマメの塩焼き2

釣った魚をこういったアングルで撮影したりするけれど、焼き魚は初めてだなぁ・・・

美味いんだこれ

大変おいしく頂きました。


それから、開館時間まで時間を潰し、天文台へ向かう。

「県立ぐんま天文台」は、行ったことがある人は判ると思うけれど、ここは駐車場から天文台までの道のりが軽く「山登り」なんだよね。

一休み

ゆっくり登り、時々休憩。 登山慣れしていないので、ゆっくりのんびり登って行く。

ぐんま天文台

到着!  早速中へ・・・

ぐんま天文台2

が、なんとこの日は空には厚い雲が・・・ 月の観望は中止になってしまったのだ < ;`∀´>マジっすヵ!!

で、その代わりに「星の勉強会」が開かれ、約30分、星についての講義を聞いて来たよ。

2人して「なんだか大学時代の講義を受講しているみたいだね」なんて懐かしさを感じていたよ。

それから、館内の展示品や写真を見て回り、ここの主役の巨大望遠鏡を見に行く。

150㎝望遠鏡2

ぐんま天文台が誇る「150㎝反射望遠鏡」  主鏡の直径が150㎝あり、目で直接覗くことが出来る望遠鏡では世界最大クラスの巨大反射望遠鏡。

ここの主任のH研究員の「星の話」がまた面白くて、とても勉強になる。立ち話で30分以上聴き入ってしまったよ。

相方に悪いことしちゃったな・・・ かなり疲れちゃったみたいだった。ゴメン m(_ _)mスマン

それから、150㎝主砲の隣のお台場、いやいや・・・ 主鏡の隣のドームへ!


65㎝望遠鏡

こちらは150㎝のサブスコープ的存在。「65㎝反射望遠鏡」

150㎝砲よりは集光力は小さいけれど、その分視野が広いので天体観測にはこちらの方が見やすいんだって。

僕的にはこっちの方が「星、観てるぞ」って気がするんだよね。望遠鏡らしい望遠鏡だなって。

65㎝望遠鏡2

この、長~いアイピースが「ワンダーアイ」と呼ばれる装置で、車椅子の人や背の低い人、また極端に背の高い人でも、角度が自由に変えられるので、観測が楽にできるんだ。

65㎝望遠鏡鏡筒内

主鏡の内部。 いや~、いいなぁ! カッコイイなぁ! ・・・・欲しいなぁ。

研究員のHさんと

研究員のHさんと望遠鏡談義。 この人もまたいろいろと教えてくれるんだよね。


結局、この日は僕らが最後まで残っていたんだ。 閉館時間が来てしまったので、また次の機会に星観ようって事になった。

本館を出たら外は雨・・・ マジか?

歩きなれていない相方のペースで、ゆっくりと滑りやすい歩道を下って行く。 

車に到着した頃は、二人ともびしょ濡れ。 苦笑いだったね。  



8月23日

昨日の天文台の不完全燃焼を軽く引き摺りながら、相方を迎えに行く。

今日は「癒しの日」

先ずは、リーズナブルでのんびり出来る居酒屋へ。

早速、珈琲をオーダーする。

取り敢えず珈琲

大して美味くない珈琲を啜りながら、くだらない話をして、それから相方の身体のマッサージ。

凝りやすいのでね。 時間をかけてゆっくりと「揉み返し」を起こさない様に解して行く。


たっぷり2時間以上かけて、マッサージ。 僕にとってもいい運動になる。結構汗かくんだよね。

ノンアルコールだよ

一汗かいたところで、喉が渇いたので僕は「グレープフルーツ・ジュース」 相方は「カフェ・オレ」を。
序でに小腹がすいたので、「シーフードとアボカドのドリア」と「マルゲリータ・ピザ」をオーダー。

アボカドとシーフードのドリア

マルゲリータ

価格も価格なので、クオリティは低いけど、それなりの腹ごしらえにはなったよ。 最近は僕も量を食べれなくなってきているのでこれ位で丁度いい感じ。


腹ごしらえを済ませ、店を出て、話をしながらのんびりドライブ。


実は、前の日完徹だったのでなかなかハードだったけれど、相方が元気をくれるのでスゲェ助かっているんだ。

また、次の機会に星を観に行こうね! 美味しい魚もね!


おしまい
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村


To a rainy summer resort.

8月20日

今日は、少々のろけ話・・・

僕の一番大切なあの子とドライブデート。 雨模様の軽井沢へ繰り出してきた。

お盆休みの残りの為か、平日の軽井沢銀座は人だらけ。 比較的空いている旧軽井沢方面の裏街道にある駐車場に車を停め、

彼女の手を取り、旧軽井沢銀座のお目当てのお店へ向かう。 間もなく車内にデジカメを忘れてきたことに気が付く。まぁいいか・・・

ゆっくり歩いて、お目当てのお店の前に・・・  

「今期の営業は終了いたしました」の張り紙が・・・ あらまぁ・・・  

前以て下調べをしてこなかった僕のせいだ・・・ m(__)m

彼女の体調を考慮して、すぐ近くの喫茶店へ突入!

「茜屋珈琲店 旧道店」

元々は神戸の珈琲屋さんで、ここのお店は出店してもう40年程になるとかで・・・

軽井沢茜屋珈琲でマッタリ

カメラを忘れた僕の代わりに、彼女が携帯で撮ってくれました。

温かい珈琲と、僕はチョコレートのケーキ。 彼女はさくらんぼのジャムがトッピングされた濃厚チーズケーキを。

茜屋珈琲でマッタリ

マッタリ・・・ 美味しい珈琲と、美味しいお菓子に満足! 店の雰囲気も悪くないし、マスターも人柄も紳士的でいいね。

店を出て、ポツポツと小雨が降ってきたので車へ。 短い滞在だったけれど、久しぶりの軽井沢の雰囲気を楽しめたよ。

次回は中軽井沢の友達のお店へ行ってみよう。

碓氷峠を下り、途中、旧道方面へ。

坂本宿を抜けて、僕の馴染みのお店へ立ち寄る。

玉屋さんで力餅買う

霧積温泉の入り口にある「玉屋ドライブイン」にて、馴染みの「峠の力餅」を購入。

まだ食べた事が無いと言うので、試食してもらった。 どうやら気に入ってもらえたようだ。


その後、車内で温泉の話になり、温泉饅頭の話題で盛り上がり、お互いの意見の一致で伊香保へ向かう。

伊香保清芳亭で名物の「湯の花饅頭」を購入。 それから、あちこち走り回り夕食は地元のレストランへ。


みどり市にある「ダンベーナ」という本格イタリアンのお店。 僕も時々おじゃましたことのある店。

法蓮草と鮭の自家製手打ちクリームパスタ

僕は「ホウレン草とサーモンのトマトクリーム・タリアテッレ」

帆立と生ウニのクリームパスタ

彼女は「帆立と生ウニのクリームパスタ」をオーダー。

最近はあまり量を食べられなくなってきたので、これくらいで丁度いいんだよね~

地元のイタリアンレストランで夕食

相変わらずこの地域ではトップクラスのクオリティ。 本格的なイタリアンのお店で、コース料理や、ワインのおつまみ系のメニューも沢山あるんだ。

互いに半分くらいをシェアして、美味しく頂きました。 で、この後出て来る一品が本当の目当てのモノ!

ゴルゴンゾーラのアイス

ここに来たら、最後の〆は特製のドルチェでしょう! 

僕と彼女の好みは一緒で「ゴルゴンゾーラ・ジェラート」

バニラの甘味と、ゴルゴンゾーラチーズの風味と濃厚な味と塩味が絶妙なドルチェ。 

ゴルゴンゾーラのアイス2

これ、大好きなんだ~  彼女曰く、「売り切れが多くてなかなか食べれない」とのこと。今日はラッキーだったね♡

ゴルゴンゾーラのアイス3

写真撮るのに真剣な御嬢さん。 

これと、ホット珈琲をラストオーダー。 大変おいしく頂きました。

「またどこかへ出かけたいな」 

OK! いつでもどこへでも連れていくよ~! 

雨男だけれど、その辺は大目に見てくれ~


おしまい
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村 

Heavens corridor.

7月8日

午前5時に起床。
今日は親父がゴルフに行ったらしく、この時間にバタバタやらかすものだから、半強制的に起こされてしまった。

で、珈琲を淹れてTVの気象予報を確認。

あとは支度やら何やらを片付けて、家を出たのは午前8時頃。

3週間前に訪れた時は濃霧の中、視界ゼロに近い状況でな~んにも見えなかったけれど、今日はどうやら午前中の雨の心配は無さそうだったので運動がてら再訪してみたんだ。

霧降高原キスゲ平園地

「霧降高原キスゲ平園地」  随分前(ガキの頃だな)に訪れた時にはリフトがあって、それに乗ってキスゲを見に行った記憶があるけど、現在はリフトは廃止になっているそうだ。で、代わりに「天空回廊」なる見ているだけでもウンザリしそうな階段が設置されている。

園地の鹿避けゲートをくぐり、先ずは遊歩道を登って行く。いきなり階段にアタックすると後半に苦労することを知っているからね。

アカバナシモツケ

それに階段を進んじゃうと、途中で出会える花を見逃すことになるんだ。 こんな奴らをね。

「アカバナシモツケ」

カラマツソウ

「カラマツソウ」

アヤメ

「アヤメ」 

ウラジャノメ

遊歩道のデッキの所に「ウラジャノメ」が仲良く並んでた。

コバギボウシ

「コバギボウシ」

暫く進んで、いよいよ悪夢の回廊にアタックを開始する!

天空回廊

歩きやすい分勘違いしそうなのだが、階段って想像以上に“足”に負担が来るものなんだよね。

まぁ、仕方がないからゆっくりとマイペースで昇り始める。

避難小屋の少し手前から一気に視界が開けて、今がピークの「ニッコウキスゲ」の花畑が目の前に現れる!

キスゲ平

「いや~、気持ちがいいねぇ!」 標高が高いから風が涼しい。16℃位かな? 

でも、脇に見えるのが「天空回廊」 名前はカッコいいんだけれどさぁ・・・ ちなみに、レストハウス前から1445段のまるで荒行のような階段なんだ。

日光市街地

後ろを振り返ると日光市街が見下ろせる。

空気がうまい

気分爽快! 空気が澄んでいてとても気持ちがいい。

少し脇道に逸れて花の会いに行く。

コメツツジ

「コメツツジ」

コオニユリ

「コオニユリ」

シシウド

「シシウド」


階段に戻って、気合を入れ直し只管挑んで行く!


400段目

「400段目」 残り1000段ちょい。 はぁ~・・・

暫くすると、勾配が一気に早くなる。 もともとはスキー場でこの辺りは上級者コースだったらしいから、傾斜角度が凄いんだよね。

キスゲ平2

で、この辺りが最もキスゲが綺麗に見渡せる所なんだ。 

でも、この有り様・・・

まだまだあるよ

ワイルドだろぅ? な~んて暢気なこと言っている場合じゃねぇって。

キスゲ平3

後はこんな感じ。 いい眺めだ! 

ニッコウキスゲ2

ニッコウキスゲ

「日光黄菅 ニッコウキスゲ」 ユリ科の花で、禅庭花とも言うのね。

ここまでで、かなりの疲労感があったね。

レストハウス方面

回廊の途中に設けられている展望テラスよりレストハウスを見下ろす。 帰りに珈琲でも飲んで行こう・・・


1000段目

・・・・・・うるせぇよ

ダラダラと歩を進め、それでもマイペースを維持して昇って行くと・・・

到着

着いた・・・ ハァ~しんどかった。  おめでとうって、それほど嬉しくも無いけどね。まぁ取り敢えずは到着です。

階段を昇り切ってすぐ横に展望台があるのだけれど、先着した人達で溢れかえっている。仕方がないので脇の遊歩道を登り丸山登山道方面へ向かう。

小丸山方面

丸山まで登ろうかと思ったけれど、前日までの雨で登山道がぬかるんでいた事と、今日の装備ではちょっと不安だったので、また次の機会にでも行ってみよう。

ここまで来ると風がひんやりしていてとても気持ちがいい。汗がスゥーっと引いていく感じがいいね。

30分位のんびりしてから、戻ることにする。

帰る

ここを訪れる度にいつも思うんだけれど、「なんで直線の階段にしたのかなぁ?」

ジグザグに緩い勾配で階段を作れば、少しは昇りやすいと思うのだけれどなぁ。

しかし凄い勾配だこと。 下りは膝にくるからゆっくりと下りて行く。


避難小屋まで下りて、少しだけ遊歩道側を歩く。

歩道に沿って張ってあるロープに可愛い奴がいたよ。

ミヤマクワガタ

ミヤマクワガタ君。 久しぶりに出会ったねぇ。 最近は僕の地元にはクワガタ自体が居なくなっちゃったからね。

少しだけスキンシップ。

ミヤマクワガタ2

ガキの頃を思い出すね。 あの頃はコイツを飼っていることが自慢だったからね。もっとも、飼い方を知らない奴はすぐにダメにしちゃっていたけれどね。 指先に乗せてみる。何だか懐かしい思い出が脳裏を過る思いだ。

ヒカゲチョウ

「ヒカゲチョウ」

フキバッタ

「フキバッタ」 なんだか昆虫モードに入ってきたぞ。

ヒメキマダラセセリ

「ヒメキマダラセセリ」

タケカレハの幼虫

出ました! ケムシ男にはたまらん存在!(誰がケムシ男だって?)
「タケカレハ」のモスラ。 

ヒナバッタ

「ヒナバッタ」

虫たちも気持ちいいんだろうね。元気に動き回っていたよ。
実は、この直ぐ後に目の前を「アサギマダラ」が飛び抜けて行ったんだ。早朝で翅が湿っている状態だったら写真に収められたんだけれどね。流石に飛んでいる状況と、場所が場所だけに追いかけることは出来なかったよ。

天気が良ければ

天気が良ければもっと景色がいいんだけれどなぁ。梅雨時は仕方がないな。

ヤマキマダラヒカゲ

「ヤマキマダラヒカゲ」

漸く回廊を制覇して、レストハウスに到着 ・・・・・腹減ったなぁ。

珈琲を飲もうとしていたのだけれど、ここまで来たらお腹が空いていることに気が付く。時間を見たら間もなく正午だったので、早めの昼食を頂くことにした。

寒ざらし蕎麦

今日は「日光名物 寒晒し蕎麦」を頂く。

これがまた美味しいんだ!

お昼ご飯

ぶっかけ蕎麦なんだけれど、僕は濃い味が苦手なので蕎麦つゆはほんの少し。 そば自体の甘味が強いから何もつけなくても美味しい。 じっくりと堪能しましたよ!

そば茶

で、そば茶でマッタリ。 ゴチでした!

さてと、帰ろ・・・ 雨も降ってきちゃったしね。

次に来た時には、丸山から八平ヶ原方面を歩きたいね。

おしまい
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村


 

  次のページ >>