気まぐれ釣り師の、底抜け冒険譚!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Various Days Next.

昨日の続きだよ~ん。


8月24日。 この日は所用がありお出かけ。

昼にはお馴染みの店で食事。同行のK君も「旨いかも知れない・・・」だって。

勘助チャーシュー麺

暑い夏にはいつもこれ! ってか、「らーめん大好き!」だからね。 「チャーシュー麺」で汗だく!



午後、ひと通り用事を済ませて一息ついたのだが、呆れるほどの蒸し暑さに音を上げ、急遽プチ避暑地へ向かう。
K君と別れ、赤城山へ。

覚満淵

下界よりも3~5度気温が低いので、とても快適。この日も24℃だった。風はすっかり秋風。曇り空だったので尚更だったよね。標高1800mは伊達じゃあない。その為か平日にもかかわらず観光客でいっぱいだった。

まず向かったのが「覚満淵」。 鳥居峠の下。赤城大沼のすぐ近くにある「覚満淵」は、「小尾瀬」とも呼ばれ、沢山の高山植物を見ることが出来る。初夏にはミズバショウ、そのあとはニッコウキスゲなどとても綺麗な花が見れるんだ。

覚満淵2

奥に見えるのが「木道」その後ろには地蔵岳。 周囲1Kmの遊歩道が整備されているが、間違ってもハイヒールなんかで歩かないでね。 曇っていて景色はあまり芳しくはないが湿原を渡る風がとても心地良い。ハイキングには最適だね。

覚満淵3

時期が少し遅かったみたいで、大した花は確認できなかったけれど、それでもここの景色と雰囲気は大好きなんだぁ。

覚満淵カモ2

カモもご機嫌。エサ欲しさに足元まで寄ってくる。

頭上のナナカマドの木は、もう葉が赤く色付き始めていた。

アキアカネ

こいつらが里に下りてくれば本格的な「秋」になる。 で、足元の水面では、とても珍しいトンボが産卵行動をしていた。

ルリボシヤンマ♂

ルリボシヤンマ♀

「ルリボシヤンマ」  上が雄、下が雌。この時期くらいしかお目にかかれない貴重なトンボ。 コバルトブルーの複眼がとても美しいのが特徴。運が良かった。

しばらく歩くと、とっても可愛い花を発見。

ツリガネニンジン2

「ツリガネニンジン」 この花も好き。小さくて可愛い。 他にも数は少ないけれど「ワレモコウ」などもあるよ。

チャバネセセリ

「チャバネセセリ」



「覚満淵」を後にして、北面方面に向かう。

かつて、この場所に存在したのだが、今は絶えてしまった珍しい植物。 僕が最期に見たのはもう25年も前のこと。

赤城ヒカリゴケ

「砂川のヒカリゴケ」 今では「跡地」と命名されてしまった。夜、この場所には月明かりに薄ぼんやりと緑がかった光を発する苔を見ることが出来た。が、絶えてしまった原因は「温暖化」「排気ガス」などだろうと言われている。

赤城ヒカリゴケ2

上の写真の岩。左上辺りが一番光っていたと記憶しているが、もう見ることが出来なくなったと思うと何となく寂しい気分になる。 もう一度あの幻想的で神秘的な輝きを見てみたい。今の子供達にも見せてあげたいと思う。
残念だけれど叶わぬ夢かぁ・・・


それから山を下り、小沼側から「忠治温泉」方面に向かい、三夜沢の赤城神社で缶珈琲を購入。下界の暑さにウンザリしながら帰宅。


明日からまた仕事頑張らなくちゃ! 熱中症にはまだまだ油断できないけれどね。でも夕方は涼しくなってきた。
秋はもうすぐ。 渓流禁猟ももうすぐ。しばらく行ってないから今度の休みにでも川行こうかなぁ・・・


おしまい

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

Various Days.

お盆も終わり、暦の上ではもう「秋」なのだけれど、まだまだ「残暑」で日本列島は灼熱状態。

でも、山間部ではそろそろ秋めいた涼しい風が吹き始めている。僕の好きな季節はもう直ぐそこだ。


8月21日。 隣町の笠懸町で祭りがあった。で、夜。自宅のベランダから見えた綺麗な大輪の花。

笠懸祭り

笠懸祭り3

打ち上げ数は少なかったけれど、綺麗でした。 ただ、やはり「蚊」の集中攻撃は回避できませんでした。田舎なものでね。


次の日。22日。午前5時頃。

大学時代の友人から呼び出し。 

「朝食、奢るから出てこないか?」  

「お前、今何時だと思ってるんだ?」

うっちゃりでかわすが、結局押し切られて付き合うことに・・・

山岡ねぎらーめん

「起き抜けで食うメニューか? これ?」

同じものでいいよと言ったのが間違いだった。奢ってくれるのは有難いけれど、僕ら「おっさん」の胃袋には少々Heavyな「とんこつらーめん」。 結構油が強かった。麺の太さはOKだったけれど。

案の定・・・ってか予想を上回る「胃もたれ」に、この後苦しめられることになった。出来れば昼間に食べたかったよね。

帰宅後、どうしても「珈琲」が飲みたくなってね・・・

エンペラードール

「エルサルバドル・スペシャルティQグレード・エンペラドール」
ナッツのような香ばしい風味とコク。そして、ほんのりと続く甘いアフターテイストが特徴のスペシャルティコーヒー。 COEに引けを取らない美味しさ。モーニングには最高ですね。胃が癒される思いだ・・・


朝から重たい食事をして、あまり出歩きたくなかったので、「管釣り用」の横着フライを巻いてみた。

名付けて「物臭兄貴の物好きな一品 By浮」

管釣りドライ

管釣りドライ2

管釣りドライ4

要するに、「フロータント要らず」フォーム材をたっぷり使っているので、面倒なフロータント処理が省ける。で、こう見えて丈夫に作ってあるので簡単にはクラッシュしないのだ。 あっ、サイズは#12と14。「管釣り」以外にも「盛夏から秋口の丸沼」でも実績あり。 それに色合いが可愛らしいので、ちょっぴり「遊び心」もね・・・

管釣りドライ8

こんな感じで・・・


続きは後ほど・・・

おしまい

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村

  

Midnight Chaser.

お盆休み

ご先祖様が帰ってくるというが、僕的には「なんのお構いも出来ません」ので。


あまり有り難くはない5連休。 「お盆は釣りはしない」と心に決めているので、毎日ゴロゴロしているわけだが、このところの「猛暑」はゴロゴロしていても「不快」を齎してくれる。実に暑い。

と言う事で、毎年6月から8月頃までの恒例としている「虫捕り」に精を出す。

だが、ここ5年くらいは「虫捕り」が「虫撮り」に変わってきている。魚と同じでCatch&Release。


8月12日深夜

カブトムシ♀

自宅近くの「心霊スポット」近くの橋の上。水銀灯の足元にはよく「虫たち」が遊びに来る。

時間は深夜1時過ぎ。人の気配がまるで無い。そんな中に懐中電灯1つでウロウロしているおっさんが1人。

結構「ゾクゾク」する。 で、この日最初のBeetle発見! 「女の子がこんな夜更けに1人じゃ危ないよ!」
排水溝の脇に隠れていました。なんか可愛い。

そこから10mほど離れたところに

ノコギリクワガタ♂

僕らの通称「棟梁」発見! 小型の「ノコギリクワガタ」でした。 こいつは体の小さい個体なので顎も可愛い。
この日ここでは、この2体だけでした。 やっぱり少ない。時間が遅すぎるせいかもしれないけどね。


翌13日は、友達が遊びに来たので出動無し。 

14日。 夕方に雨が降ったので、あまり期待が出来ないけれど一応出動。時間は10時過ぎ。場所はいつもの「心霊スポット」近く。 ここでは何度か目撃しているので慣れたもので、とくに「怖い」とかは無い。

この日最初の出会い。 4cm程の黒い物体。 「ん?」 やけに黒っぽくてお腹側に黄金色の産毛が生えているぞ!

ミヤマクワガタ♀

久しぶりの出会いですね。「ミヤマ家のお嬢さん」

ミヤマクワガタ♀2

最近、地元ではめっきり少なくなった「ミヤマクワガタ」の女の子。 男の子の方は最近は全く見ていないなぁ。

それから、南に車を走らせて、隣町の雑木林に向かう。 が、ここではムシキングは発見出来なかった。が、そんなことよりも、ここではちょっとショッキングな出来事がありました。

どうしてこんな事するのか、全く理解できない。もちろん人間の勝手なのだろうけれど、それでも「尊い命」なのだから。飼っているやつだけで精一杯だというならば「去勢」処置するなり手段はあるはず。

雑木林の脇に、恐らく産まれて数日程の「子猫」が数匹。親猫が見当たらないので99%捨て猫。この熱帯夜の真っ暗な道端で短すぎる生涯を終わらせていました。 可哀想に。目も開いていない小さな体を横たえて・・・ 蒸し暑い空気の中、冷たくなっていました。 雑木林の松の根元に埋めてあげて、簡単だけれど埋葬してあげました。 写真は、あまりにも惨たらしいので無しです。 お盆なのに、酷い事する飼い主がいるものです。とても残念で涙が出てきました。気分が黒くなってきたのでこの日は帰宅。

15日日曜日。12時を回ったので16日。

この日は、いつもの「心霊スポット」にはでっかい「モスラ」ばかりで「ムシキング」は皆無。

で、車を走らせ、僕の実績のあるポイントを回るけれどもまるで見当たらず。諦めて帰宅するが、その途中、喉が渇いたので道端の酒屋の自販機に立ち寄る。

珈琲を購入。ふと足元に見慣れた赤黒い物体が蠢いている。

ノコギリクワガタ♀

「あれっ? 棟梁の女将さんかな?」

ノコギリクワガタ♀2

「あっ やっぱり・・・」 連休最終日に出会えたCharmingなお嬢さん。 ちょっとポッチャリしたノコギリクワガタの女の子。 地面を這っていたので近くの桜の木にたけてあげてお家に帰りました。

帰宅して、少し小腹が空いたので、珈琲を抽出。「グアテマラ・エルファロ」 スペシャルティQグレード。ボディがどっしりとしていて、アフターフレーバーがとても良い一品。それと、前日の昼間買って、残しておいた「シュークリーム」と「ベイクドチーズケーキ」

お楽しみのおやつ

・・・後の祭りとはこのこと。 よせばよかった。夜明け前の甘い物。

胸焼けが・・・・


おしまい

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村

Ma・I・Woo!!

8月9日


今日の昼飯・・・

伊勢崎市「ラーメン しんどう」で。

手打ちしょうゆラーメン。 これが旨いのだ!

心道ラーメン

暑い夏には「熱々ラーメン」。 冷たいものばかりじゃあ、胃がへたってくるものね。

こちらはメニューも豊富で、平日昼間は「半ライス」のサービスもある。

油控えめ、さっぱりなので、女性にも人気。でもってコクもしっかり。正に僕好み。

とっても美味しかったです。ご馳走様でした。


おしまい

 にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村

Meltdown.

こう毎日毎日暑い日が続くと、「もうどうにでもなれ!」ってな具合に「諦めモード」になってくるし、僕的には「慣れ」というのだろう。苦にも感じなくなってくる。

「夏が暑いのは誰の責任でもない」

まぁ、そう考えていればいい。そのうち「涼しくなるさ」ってね!


少し前になるが、8月1日。

僕の住む町で毎年開催される「夏祭り」があった。地元の子供達が小さな山車を引きながら、町内を練り歩く。

夏祭り

夏祭り2

この時、僕は仕事で腰を痛めていたのだが、子供達の元気な姿を見ていたら「痛さ吹っ飛ぶ」付き添いの大人たちの方が参っていたようだ。

この後、町外れの神社にて、子供達のためにお楽しみの「金魚すくい」や「お好み焼き」などの出店が待っているのだ。僕は腰が痛いので自宅謹慎・・・


翌2日。

あまりにも腰の痛みが引けないので、久々の「鍼治療」の出掛ける。

掛かりつけの「鍼灸院」にて、鍼治療。経絡秘孔に鍼を刺し痛みを緩和させるのだ。

「プチ北斗神拳」を堪能し、空腹を満たすべく馴染みの「麺処」へ・・・

勘助手延べらーめん

飽きもせず「勘助」にて昼食。この日は腰にダメージを与えないようにテーブル席へ。

「ラーメンはカウンター」というのが僕の美学なんだけれどね。まぁ仕方がない。しかし、偶にはテーブルもいいもんだなぁ。


8月6日

この日は都合で仕事は休み。 友達の父上の弔いのため埼玉県へ・・・

そういえばこの日から「桐生八木節祭り」開催だったなぁ。まぁ、人ごみは苦手だから行かないけれどね・・・

用を済ませ、晩飯に気になっていたお店に向かう。

麺屋 誠

伊勢崎市に在る「麺屋 誠」  店の屋号の「誠」の字の如く、店主は「新撰組」の大ファンだという。 店内には「近藤勇局長」や「鬼の土方歳三」の額があったり、新撰組グッズが沢山。 僕も「新撰組」ファンなので、とても居心地の良い店だ。因みに僕は「山南敬助」と「斉藤一」のファン。 で、肝心のラーメンもサッパリの中にコクが有って、麺の咽喉越しもいい。僕には少し柔らかめの麺だけれど縮れ具合がとても良くしっかりとスープを持ち上げてくれる。具も控えめで丁度良く、柔らかめの麺を具の水菜のシャキシャキ感がしっかりと補っている。
とっても美味しく頂きました。 僕の「お気に入り店」にエントリー決定!

その後自宅に帰り、DVD観賞。

武道家DVD

我が「心の師」李振藩師父 ブルース・リーという名の方が解り易いかな? やっぱり何時観ても「格好良い」

特に僕が好きなのは「燃えよドラゴン」かな。 「Don't think Feel!」(考えるな 感じ取れ!)あれは名言だなぁ。釣りの世界では「感じ取る」間にしてやられる方が多いかな・・・

この映画には若かりし頃の「サモハン」や「ジャッキー」「ユンピョウ」が出ているんだよね。まさに功夫映画のオールキャストって感じ!

それから「マッハ!!!」と「トムヤムクン」 主演の「トニー・ジャー」が繰り出す「古式ムエタイ」の技の凄まじさと、無謀なアクションが見どころ。僕、こういう無鉄砲でハチャメチャな映画って好きなんだよね・・・


8月8日 今日の事。

僕の兄貴分のHさんのお誘いで、久しぶりの「HOOK」に行ってきた。

HOOK.jpg
気温が高く、水温まで上昇し魚達はちょっとばかり元気がない。 でも、しっかりとドライに反応してくる奴もいる。 

ドライと言っても・・・

ヒットフライ

こんなの・・・  

こんなヤツにしか反応してくれない。 いや、反応はするのだけれど喰ってこないのだ。結局、ティペット8Ⅹ、フックサイズを#26にまで落としてようやく喰わせる事が出来る。かなりシビアな釣りを堪能してきた。

先生

「HOOK」在住の「カリン様」もバテ気味だ。で、僕の後ろで釣った魚の上前をはねようと虎視眈々・・・

ニジ君

この日最後の1匹。

それから道具を片付けて、オーナーのKさんと少しお話をする。クラブハウスには、とっても人懐こいわんこが居ります。

新しい友達

僕の新しい友達の「くぅ太君」です。 また遊びに来るからね。あま噛みはやめようね。

帰宅後、「マッキー」に変身! 夏用フライを追加巻きする。

夏フライ第2弾

軽く5時間。午後5時から10時まで、晩飯を食いながら巻き続ける。 正直疲れた。部屋にエアコンが無いのでそろそろ溶け出しそう。 エアコン苦手だから仕方が無いけれどね。 後は風呂入って寝ます。


ということで、おしまい。

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。