気まぐれ釣り師の、底抜け冒険譚!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Auld Lang Syne.

6月19日


日付が変わっちゃったから、昨日の晩。

利根川の直ぐ脇の「宮田ホタルの里」を訪れた。

JR上越線「敷島駅」の近くにある保養施設「ユートピア赤城」の駐車場を借りて、そこから徒歩3分程で現場に到着。

ここは地元有志が「ゲンジボタルとヘイケボタル」の保護、繁殖を手掛けていて、今年もようやくゲンジボタルが沢山飛び始めたので、2年ぶりにここに遊びに来たのだ。

ホタル乱舞

年々、その数が減少している「ホタル」だが、ここのスタッフと地元の方達が一生懸命彼らを守っています。

おかげで、こんなにも沢山の「ホタル」が訪れた人たちを楽しませ、癒してくれます。

ホタルの里

ホタルの里2

この日も沢山の家族連れや、恋人達、そして沢山の子供達が光の乱舞を楽しんでいました。

ホタル2

「あの~、ケミホタルじゃあないですから・・・」 本物のホタルです。僕の目の前のマコモの穂先に止まったホタル。こそこそ動くので光がぶれる。

手振れ補正なんて、全く役に立たない。 でも綺麗な光の筋は撮影できました。

ホタルの里11

僅か10日程で、彼らの一生は幕を閉じます。その間、パートナーを求めて、命の炎を燃やすように儚い光を放ち続けるんです。

そんな彼らの生命の営みを垣間見た夜でした。


「ゲンジボタル」は6月22、23日辺りがピークを迎えるだろうとの予測。それから7月に入ると「ヘイケボタル」が飛翔するそうです。 最も飛翔する時間帯はいずれも午後8時頃だそうですよ。

お時間がある方は、是非、彼らに会いに行ってあげてください。


おしまい

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

FlowerGarden  next.

6月13日

昨日の続き・・・


「赤沼茶屋」から低公害バスに乗り込み、「西ノ湖入り口」で下車。

僕の他にも10名程がここで降りる。 

「外山沢川」に架かる橋を渡り、ここから約30分程の道のりだ。

西ノ湖への道



しばらくは管理整備されているカラマツの植林地を歩く。ちょっと目を注ぐとあちこちに「クマハギ」の跡が見つけられる。いわゆる「熊が齧った跡」だ。 食糧難なんだねぇ、熊の世界も・・・

10分ほど歩いた所で、前方20m程先に林道を横切ろうとする物体が。

鹿がいたよ

日光名物「シカ」だ。 こちらを警戒しながらゆっくり歩いて、カメラを構えた僕に「カメラ目線」をくれました。 なんて言って、正しくはただ単にこちらの出方を警戒していただけ。
その後は、ピョンピョン跳ねながら林の奥へ・・・

数分の「金縛りゴッコ」の後、再び歩を進める。

「柳沢川」に架かるつり橋が、「西ノ湖-千手ヶ浜」の分岐。 
釣り橋を渡ると、今度は「カラマツ林」から「ミズナラ、ハルニレ」の巨木の林に一変する。まるで、原始の森の雰囲気。

そこから数分で、林の奥に青い湖面が見え隠れする。

西ノ湖3

「西ノ湖」 かつてここは「中禅寺湖」の一部だったそうで、川の増水などで土砂が流失し堰き止められて出来た湖だそうです。

ここにはもう何度も訪れているが、その度に水量が変化しています。この日はかなりの減水。

西ヶ浜

写真は「西ヶ浜」方面。 写真をちょっとジオラマ風にしてみました。
この「西ヶ浜」では、かつて2度ほどリアルテディに出逢っています。

再び来た道を戻り、今度は「千手ヶ浜」へ。
つり橋の手前で林道側の道と川沿いの道があるのだが、ここで道に迷っている4人の中年パーティーに声をかけられる。

「どっちに行けばいいの?」

「どちらでも行けますよ」

ってことで、このパーティーに同行。話をしていたら片方のご夫婦は僕と同郷とのこと。

「今鳴いているのは何?」

「エゾハルゼミです」

などと、いろいろ質問攻めに会う。 ついでだから、僕に知っている限りのことを話してあげた。

それから、どこの飯が美味いとか、「赤城の蕎麦屋、なんて言ったっけ?」とか、道中話で盛り上がる。


千手ヶ浜と男体山

釣りではもう2度と訪れる事は出来ないだろう、中禅寺湖の西の端「千手ヶ浜」 この辺りは「永年禁漁区」だからね。

随分前の話だが、ここでワカサギの群れが80cm位はあっただろうか巨大なレインボー2匹に追い回され水飛沫を上げて跳ね回っていた場面を見たことがあった。 この日は湖畔に大勢の観光客が居たので、そんなシーンには出会えなかったけどね。

湖畔の道を右に進むと狭い釣り橋がある。「音次郎橋」この橋を渡ると、林の奥に「クリンソウ」の群生地がある。

千手ヶ浜のクリンソウ

サクラソウの仲間で、濃い赤紫やピンク、白など結構カラフルな花が6月の中旬に咲きます。で・・・

更紗模様のクリンソウ

今回の目的は、この「更紗模様のクリンソウ」を見つけるため。 こいつはまだ遅咲きだったみたい。でも見れて良かった。どうしても逢いたかったんだぁ。

仙人庵

「仙人庵」 かつて、ここには「故・伊藤音次郎」さんという方が住んでいました。この日光の守り神のような存在だった音次郎さんは「日光仙人」と呼ばれていて、俗世と離れた生活をしていたそうです。
この「クリンソウ」の群生地はこの仙人庵の庭にあります。恐らく音次郎さんがずっと守り続けていたのでしょうね。 この、音次郎さん(乙次郎さん)は、明治の頃、この千手ヶ浜にあった「東京カンツリー&アングリング倶楽部」の養魚場の管理もされていたとか。現在この「仙人庵」の裏手にある養漁場がそれです。「アングリング倶楽部」といえばフライフィッシャーならば知らない人はいないと思うが、明治の初め頃、ハンス・ハンターという紳士によって創立されたフライフィッシングの倶楽部で、当時の駐日外交官や政財界の重鎮達が鱒釣りを楽しむために作られた日本で始めての釣り倶楽部ですね。 もう、今から100年程前のことです。日本のフライフィッシングの歴史はここから始まったのですね。 
「100年前にも、僕のような鱒釣りの魅力に取り付かれたロマンチストが居たんだろうなぁ?」なんて、ここを訪れる度にノスタルジックな気分になります。

クリンソウ群生

クリンソウがいっぱい

とても綺麗な花畑に囲まれて、しばらくマッタリしてしまった。ちなみにこの目の前の沢には40cmクラスのレインボーが沢山泳いでいた。でも、釣っちゃダメだからね!

ここを訪れた際には、「音次郎橋」を渡ってすぐの小屋で「珈琲」を飲む事が出来ます。が、売店や自販機などの類は一切有りませんので、飲み物はキチッと持っていってください。あと、バス乗り場にトイレはありますが、他はないですから、「千手ヶ浜」に向かう時はこのバス乗り場のトイレに行ってからの方が良いと思います。

しばらく観賞したあと、バス乗り場に向かう。 時間が有れば「千手観音堂」から「俵石」まで中禅寺湖畔を歩きたかったのだが、今日は日曜日。帰りのバスのことを考えると、「今日はパス」の回答が・・・

バスに揺られ「赤沼茶屋」へ戻る。もちろん満車状態。僕などほぼ爪先立ちで、ケツが攣りそうになったよ。

また、今月末と来月に訪問します。 あっ、来月頭は予定があったんだ・・・


車に乗り込み、「アクエリアス」で一呼吸。運動の後のスポーツドリンクは旨い!

車を走らせ、中禅寺湖畔をのんびり。 梅雨の晴れ間の日曜日。すげぇ観光客と釣り人の数。

そして、お馴染みの「第一いろは坂」のウスノロ車に何度も停められながら坂を下る。まぁ、周りの景色を眺めながら下れたからいいのだけれどね。

時刻は1時過ぎ。この時間の国道122号は結構空いている。

で、帰りに良く立ち寄る店で、遅い昼食。

山菜とろろ蕎麦

「かみ村 六庵」にて、「山菜とろろ蕎麦」を注文。 

仕舞いに出てきた「蕎麦湯」を頂くと、腹が膨れるのだ。とろろだかんね!


来月7月には、小田代に「アザミ」の花が一面に咲く。緑と赤紫の絨毯が広がります。
それから、戦場ヶ原に「ホザキシモツケ」っていう綺麗な花も咲く。

ここは自然の花畑。 釣りも出来るし、僕の一番好きなフィールドです。


おしまい

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村

Flower Garden.

6月12日

今日は、「トレッキング」を楽しんできた。

場所は「日光戦場ヶ原」  先月末に訪れた時は、まだあまり目立った花は咲いていなかったが、奥日光はこれからがいい季節。 今日はいろいろな花が見れました。


AM4:00起床。 支度をして、車を走らせる。この時間、さすがに車は少ない。

のんびり、ゆっくり安全かつ低燃費運転を心掛け、6:40戦場ヶ原到着。

長年愛用してきたリュックに着替え食料(と言ってもキャンディーと梅しばだけ)を詰め込んで出発!

戦場ヶ原 6月

6月の戦場ヶ原では、可愛らしい「ワタスゲ」の白い綿毛がフワフワ揺れています。

ワタスゲ見つけた

花は地味なんだけれど、この綿毛がこの花の売りだろうね。

戦場ヶ原の木道をてくてく進む。 嬉しい事に今朝は青空が見える。 神様がおまけしてくれた。

枯木

梅雨時だからあまり期待していなかったのだが、これはこれで嬉しい。立ち枯れが微妙な青空に映える。

ズミの花4

今日はまだ「満開」とまではいかなかったが、「ズミ」が8分咲きくらいかな? あと2~3日で満開になるだろうって情報センターのスタッフの人が言っていたけど。

ズミの花1

湯川沿いのズミ

僕は、この「ズミ」の花が大好き! ただ、「ズミ」は開花後3~4日で散ってしまうから、この時期を逃すと1年先送りになってしまうので、逃がしたくなかったんだよね。

湿原のズミ

日曜日だけあって、今日は釣り人が大勢来ていた。 湯川にもいっぱいブルックが泳いでいてお互い臨戦態勢。

今日の湯川

ちなみに、ここが僕の一番気に入っている湯川のビューポイント。 ここからの湯川の景色が好きなんだなぁ・・・

シラカンバの木道

それから、またてくてく木道を進む。 頭上では「エゾハルゼミ」の大合唱。
野鳥の声も掻き消される程の大音響。でも耳を澄ますとセミの声の違いがわかるんだよね。

ウマノアシガタ

木道の脇に小さな黄色い花を発見。 「ウマノアシガタ」 似ている花もあるんですけれど、これは花の内側がキラキラしているからわかりますね。「キンポウゲ」とも言うんだ。

それから、まだ戦場ヶ原には残っていた花。

トウゴクミツバツツジ

「トウゴクミツバツツジ」 先週くらいまで中禅寺湖周辺で見れた日光のシンボルの様な花。 ヤシオツツジに良く似てるね。

それから木道を湯滝方面から、光徳方面に進む。

小田代橋脇のクリンソウ

「湯滝-光徳」分岐の手前で湯川に架かる「小田代橋」を渡るのだけれど、その脇に「クリンソウ」が少しだけ咲いていた。

それから光徳方面へ進む。いわゆる「北戦場ヶ原」に突入! この辺りは「湿原の乾燥化」が深刻になっているらしい。

戦場ヶ原を横断して、国道方面へ。 その道中の木道脇で・・・

シロバナノヘビイチゴ

「シロバナノヘビイチゴ」 注意していなければ見過ごしてしまうくらい、ひっそりと湿原を彩る。

それから・・・

スミレ?

「スミレ」に見えちゃいそう。 小さくてとても可憐な花。

僕もはっきりと区別するのは難しいのだけれど、「スミレ」だろうと思う。 良く似ている花で「タツナミソウ」ってのがあるのだけれど、それにしてもソックリなんだよね。

それから、戦場ヶ原を抜けて、国道120号に出る。 そこから男体山を左手に眺めながら「赤沼茶屋」まで歩く。 時刻は9:00ちょっと前。

次は「低公害バス」に乗る。ここで、「文明の利器」に頼ってみる。

9:30発のバスに乗り、「小田代原」をパスし「西ノ湖」入り口で下車。

これより奥日光の更に奥。「日光の秘境」などと言われる「西ノ湖」を目指す。


続きは、また明日・・・
今日はここまで。


とりあえず、おしまい。

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村 

Painful.

6月7日


い・・・痛い!・・・

先週土曜日に、仕事中、少々無茶をしてしまい、

左肘の筋を痛めてしまった。

昨日は痛みに堪えながら、って言うか、無理矢理動かして1日頑張ってしまったが、

流石に今朝は辛かった。 何より肘が曲がらない状況。伸ばしたままで、曲げると首筋まで痛みが走りとてもじゃあないが仕事には出られない状態で、仕方なく病院にかかることになった。

結果、左肘の内側の靭帯を痛めているとのこと。 参った・・・ 

湿布

こんなのを貰ってきた。 なんかクセェ・・・ でも仕方ないから貼っておこう。


診察の帰りに腹ごしらえ。

大金ちゃーしゅーめん

病院から車で15分程。 前橋市の「大金」

たまに行く店。 今日は「ちゃーしゅーめん」  

美味しかったよ!


今日は、もう腕が痛いから、休みます。

また今度ね。

おしまい

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村


Don't think.

6月5日


今日は・・・

な~んも考えずに・・・

ただ、ボケ~っと過ごしていた。

昨夜は、なんだか良く寝付けずに、うつらうつらしながら

明け方まで、なんとなくテレビの深夜放送を眺めていた。

寝付いたのは午前5時頃。 で、3時間ほど寝た。


「題名のない・・・」を観ながら、起抜けのタイイング。

フォームフライ

夏用に「フォームフライ」を巻き足す。 丸こいのはsako姐さんの「フローティングたまご」 管釣りで面白いように魚が飛び出す、楽しいフライ。

フォームフライ2

こちらは「なんちゃってアント」と「なんとなくワスプ」 何故、こんなフライなのかというと・・・

面倒臭いから。 フロータント塗ったくるのが・・・ 

ジェルフロータント、暑くなると溶け出すから。

これだとほぼ、沈まんから・・・ 楽だから。

フォームフライ3

こっちは「チェンジビートル」と「たぶんホッパー」 夏はさぁ、こんなでっかいのを浮かべて、のんびりおおらかに釣っていたんだよねぇ! 釣れても釣れなくてもいいからさぁ・・・

で、こんな工作をしていたら、時間もいい時間を過ぎちゃった。

兄貴のHさんに℡。 「今、いつもの場所」

腹が減っていたので 「めし、行きましょ」

ってことで、渡良瀬に迎えに行く。 現場にはHさんと、WNAのメンバーの方が居り、3人で馴染みの店へ向かった。

WNA代表のお店 「深川屋」さん

深川屋みそらーめん

3人揃って「みそら~めん!」 今日は少し蒸し暑かったけれど、「みそらーめん」熱々ウマウマ!

それから、代表のフライ四方山話で盛り上がった!


腹ごしらえを済ませ、次はHさんのお使い物に付き合う。

僕にとっては、子供の頃からの馴染みのケーキ屋さん。地元の人ならば知らない人はあまり居ないんじゃあないだろうか? 
老舗ケーキ屋さんの「Patisserie UCHIYAMA ウチヤマ洋菓子店」

ウチヤマシュークリーム

ここの看板商品「シュークリーム」 一番人気のシュークリームは子供の頃から良く食べていたので、僕にはいつもの味。

今日はその他に

ウチヤマケーキ

お袋殿に「モンブラン」 愚弟に「イチゴショート」 僕は「アップルパイ」を購入。

僕的にはもう少し「シナモン」が利いているほうが好きかな? リンゴの食感がいい。味も文句なし。
でも、「アップルパイ」ならば、「Rucche」さんの「アップルパイ」の方が僕好み。甘さが丁度いいんだよねぇ。

今日の珈琲は「ハワイアンコナ・エクストラ・ファンシー」 が、ここでトラブル発生! 手が滑ってサーバーにヒビを入れてしまった。 明日、買ってこなくちゃ・・・

太田焼きそばマップ

来週の休日は、奥日光へ写真撮影。 6月の花がいい頃合でしょうね。
撮影は午前中には終わるだろうから、その後は久しぶりに太田市へ「焼きそば」でも食べに行ってみようかな?
2軒くらい梯子してもいいなぁ・・・ まぁ、それ程深く考えてはいないけれどね。

今日はここいらへんで。

おしまい。

 
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。