気まぐれ釣り師の、底抜け冒険譚!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Active Guys.

7月31日

午前3時30分起床。

身支度を整え、卵かけご飯でお粥を作り、ゆっくり食べてから4時20分に家を出る。

早朝の国道122号線は雨混じり。 県道62号線に入り赤城山の裏側を片品方面に進む。

老神温泉の手前辺りで国道120号線に合流。そのまま日光方面に標高を稼いで行く。

午前6時を少し回ったところ。 車は丸沼高原「丸沼」に到着。

僕は、早朝の「丸沼」が好きだ。 静かな湖面をのんびり眺め、朝の新鮮な空気を胸いっぱいに吸い込む。

「実に気持ちがいい」 湖面に一艘のボートが浮かび、ルアーマンがキャストを繰り返していた。

車に戻り、時間まで少々の休憩。シートを倒し横を流れる川の音に耳を澄ませる。


7時。 車を「丸沼」の上、「菅沼」に向け、走らせる。空には所々青空が覗いていた。

いい天気 朝はね

「いい感じかな?」

菅沼の駐車場には、メンバーでは僕が一番最初に到着。少し早過ぎたかな? 

他に車が十数台停まっていた。ふと先客の中に見知った顔がある。

「おはようございます」

「あれっ? 久しぶり!」

僕がちょくちょくお邪魔している埼玉県の嵐山町にあるプロショップのオーナーSさんだった。
たまたま今日がお店の大会なのだそうで、みんな準備に勤しんでいた。

しばらくしてnakajimanさんが到着。

それから、前日「湯川」に入ったメンバーも次々と到着。

受付を済ませ、みんなでボート乗り場へ向かう。

僕は東京のKashiwakuraさんと乗船。

いざ 出航!

でも、なんだか怪しげな空模様に変わってくる。まぁ、山の中だから予想はしていたけれどね・・・

右手の先には、nakajimanさん&Henryさんのバンブーロッドチームがキャストをしている。

バンブー組

僕らは更に先に進み、国道下のブレイクから岸際を攻めていく。

フライはエルクヘアカディス#8  小さなウグイが五月蝿いので大きめのフライでそいつらを避けていく。

湖畔林が被っている下をサイドキャストでかわし、岸際30cmにフライを捻じ込む。

数回キャストし、しばらく置いておくと、左手からヘッド&テールでフライを引っ手繰っていく。

菅沼レインボー1

40cm程の綺麗なレインボー。 型は小さいけれど、コンディションが抜群なので引きが強い。

しばらくのやり取りの後、ネットに納める事が出来た。

ここではレギュレーションで魚に直に触れないようにということなので、ニコパチはダメ。

菅沼レインボー2

スマートな魚体は泳ぐ力が強いから面白いよね。 ネットがでかいから魚が小さく見えるよ・・・

それからしばらくしてKashiwakuraさんのロッドが撓る。

Kさんヒット!

こちらも40cm Up! いい型。それに綺麗。

そのうち、霧雨みたいなのが降ってきて、徐々に雨粒が大きくなってくる。

その後、先程のと同サイズくらいのを追加。使用フライはフォームビートル#10。

2匹目レインボー

赤いホッペのおてもやんをキャッチ。 そこから移動を開始。

隣の沼へ移るも、反応は無し。

雨足はさらに強くなったり、時々やんだりを繰り返す。

しばらくして、日光白根山方面から恐ろしく白い霧が降りてくる。

完全にホワイトアウト。 後方に見えたボートが白い悪魔に飲まれ見えなくなる。

「嫌な予感・・・」

で、霧が晴れたと同時にさらに強い雨が降ってくる。

雨だぁ~~っ

自分のドライフライが確認できない。強烈な絨毯爆撃についにギブアップ。

帰りは、yabethさん&WILD CATさんペアに引っ張ってもらった。やっぱ、エレキは便利だなぁ。

僕もエレキ買おうかな?

その先に見えるのは、僕らをブッちぎって行ったnobuさん&iwana_mさんペア。待って・・・

結局、水が濁りだしたのでここで終了。

みんなで騒ぎ、山上湖の魚たちと遊んできた日曜日でした。

さて、帰ったら「エレキ」をネットで探そうかな? なんて考えながらビショビショのパンツのまま帰宅となりました。

おしまい

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村





スポンサーサイト

Flower Quest Next.

前回の続き。


湯ノ湖を後にして、次は群馬県内へ・・・

金精峠を越えて、片品へ。

車は、菅沼、丸沼の脇を通り、吹割れの滝を過ぎ沼田市内へ入る。
気付いた事は、標高は下がるのに気温は反比例してグングン上昇している事。

「暑ちぃなぁ」

でもまぁ、これから向かう場所はまた標高を稼げるから、しばらくの夏を堪能。

玉原ラベンダーパーク

沼田市の奥座敷「玉原高原」
冬にはスキー・スノーボードのメッカになる「玉原高原」は、夏は花畑になる。
ここは、「たんばらラベンダーパーク」 毎年、6月から8月の季節限定で開園する。
関東でも最大級のラベンダーパークは都内からでも交通の便が良いので、車は県外ナンバーが殆ど。
約5万株のラベンダーが出迎えてくれる。

ラベンダーパーク

入場料を支払い、園内へ。 可愛い従業員のお嬢さんが笑顔でお出迎え。

園内は、人、人、ごった返してはいないが、結構な賑わいだ。

「儲かってんなぁ・・・」 なんて声に出しては言えないけどね・・・

ラベンダー咲いた

歩道が出来ていて、両脇にはラベンダーとサルビアなどの花が沢山。
でも、陽射しが強烈。犬連れの人も多くて、靴を履いていない犬には厳しい路面温度。

「犬もたまらんだろうに・・・」

歩道脇の沢で犬達も水浴びをしている。

リフトを利用すれば、楽なのだろうけれど、僕は歩いて登る。ペットボトルのスポーツドリンクがどんどん無くなる。標高は高いが気温は28℃くらいはあるだろうか。風も生暖かい。

上のレストハウスまで到着。早速ドリンクの補給。そして、

濃い紫ラベンダー

濃い紫ラベンダー沢山

メインのラベンダー畑。この日咲いていたのは「濃い紫」という種類。早咲きの品種で本番はこれかららしい。

濃い紫ラベンダー2

北海道富良野のラベンダーにも引けをとらない見応え。うゅ~ いいんでないかい?

売店で「ラベンダーソフト」を売っていたが、買って食べている人を見て

「やっぱ、やめた・・・」

買ったそばからダラダラ溶け出していて、手がベタベタに・・・ ありゃイケてねえよ・・・

ソフトクリームは諦めて、また園内をブラブラ。

ニッコウキスゲがいっぱい

「ニッコウキスゲ」の畑。 こういうのはどうだろうか・・・ 花畑だからいいか・・・

レディスマントル

こんな可愛い花も咲いている。「レディスマントル」

ニッコウキスゲとクロアゲハ

「クロアゲハ」も気分よさそうに吸蜜している。

いい天気

天気も最高! 

いい加減暑くてたまらんので、撤収!

健康には体を動かすのが一番! などとほざいている僕なのだが、翌日、えらい目にあってしまった。


7月17日

どうしても甘い物が食べたくなって、館林市へ向かう途中、突然!

「眩暈が・・・ 左手も痺れる・・・ なんだこれ?」

運転中、突然の眩暈に襲われた。 クラクラする。

訳もわからず、目的地の「大島まんじゅう屋」さんへ到着。が、立っているのも辛くお店で1時間以上も休憩させてもらってしまった。
いやはや、とんでもない事になった。 左手だけではなく顔面まで痺れが廻ってきた。
なんだかやばい事になっている気がしてきたが、休ませていただいたことと、大島さんのお母さんが作ってくれた「梅ドリンク」が結構癒してくれて、かなり楽になってきたので取りあえず帰宅。
食べたかった「水饅頭」も買えたしね。

かりんとう饅頭と水饅頭

欲しい物は手に入れたし、帰ってから食べよう。なんて考えていた。

が、やはり途中でダウン! 5時間近く車内で休んでいた。ってより、日が暮れて涼しくなってから帰ろうとしただけなんだけれどね。

帰宅後は、夕食も殆ど摂らず、本日3度目のダウン。試合ならばTKOだよね。

「熱中症のレベル2」だった。

で、連休最終日の今日。丸1日ダウン。 立ち上がってもまるで「酔拳」のようにフラフラしている。

皆さんも、水分補給と体温上昇には気をつけてください。

エアコン嫌いも場合によっては撤回する必要はありますね。


ということで、今日はこの辺で。まだ、頭が「酔拳」なもので・・・


おしまい

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村

Flower Quest.

7月16日

3連休の初日。

毎年、このくらいの季節に現れる「自然の神秘」の探索に出掛けた。


午前5時30分。 自宅を出発。 今日は朝御飯を食べてから出掛ける。

目指すはお馴染みの「奥日光」 今日は「湯ノ湖」へ直行。

湯ノ湖遊歩道

湯元の無料駐車場に車を停めて、「湯ノ湖周遊歩道」に向かう。

気温は少し高め。でも高原の風がひんやり清々しいので、体感温度はかなり快適。

カメラを抱え、のんびり探索。

クルマユリ

湖畔の薮の中に「クルマユリ」を見つけた。

更に進み、湯ノ湖西岸の山側歩道に。

山側歩道から湖面を見下ろすと、鴨の集団が暢気に漂っている。 ただ、先日の「震災」の被害で湯ノ湖では重油流失の重大な事故が起きたばかり。被害は大分改善してきてそれまでクローズ状態だった「釣り」も再開して今日は結構な賑わいだった。でも、湖岸の至る所には「オイルバリア」がまだ設置されている状況。完全復活にはまだしばらくかかりそうだ。

湯ノ湖2

更に歩を進める。。。 もうそろそろ現れるはずなんだけれど・・・・

ヒカリゴケ

「あった!」 ここでは以前よりはかなり少なくなったけれど、こいつを見ることが出来る。

「ヒカリゴケ」 三岳裏の「刈込湖」周辺にはこの「ヒカリゴケ」が多く見られる岩場があることは知られているけれど、「湯ノ湖周辺」でも確認できる事はあまり知られていないみたい。正に自然の神秘「ヒカリゴケ」です。

ヒカリゴケ2

「ヒカリゴケ」は、それ自体が発光しているのではなく、苔の中に在るレンズ状細胞が僅かな光を反射する事によって光って見えているらしいんだ。僕もあまり詳しくは無いんだけれどね。じっくり探してね。幻想的な輝きを観察できるから。

ヒカリゴケ3

「湯ノ湖西南側」の岩陰や木の根の抉れの下などに生えていて、ぼんやりと光っているのが判る。
月明かりの明るい日などには、暗闇でボーッと光って見えることもあるが、ナニブン発生率が少ないので・・・

ヒカリゴケ5

目線を変えて一番良く発光しているポイントを探す。 かつて観た映画「プレデター」の血のようにも見える。
山肌を良く見て、蛍光グリーンに見えるヤツが「ヒカリゴケ」です。 光って見えるのは夏から秋口までの「幼生期」だけ。それ以降はただの苔。 昔は「赤城山北面」にも自生地があったけれど、北面道路が開通してから車の排気ガスが原因で絶滅してしまった。それくらいデリケートな植物なんだよね。


湯ノ湖南岸より

気持ちのいい風の中、湖面には釣り船がプカプカ浮かび、レストハウス方面からは子供達の声が聞こえる。遠足かなにかだろう。

木漏れ日

心地良い木漏れ日を浴びて、またのんびりと歩き出す。 湯ノ湖の流れ出し辺りで・・・

コメツツジ

コメツツジ2

「コメツツジ」を見つけた。白い小さな花をつける低木。秋には紅葉する。ここ湯ノ湖には結構多い花です。

あきあかね

「アキアカネ」 結構な数が秋の訪れを涼しい高原で待っているんだね。

とんぼがいっぱい

「ミヤマサナエ」だったと思うんだ・・・ 名前忘れちゃったよ・・・

ノアザミ

レストハウス近くには「ノアザミ」がポツポツと咲いている。小田代ヶ原はもう間もなくだと思うんだ。

時間的には2時間くらい、じっくり歩き回って、次の目的地へ。


続きはまた明日。 

・・・これって、「釣りブログ」なんだけれど、僕、あまりガツガツ釣りしないもので・・・面目ない。


では、

おしまい

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村

 

Color scheme.

7月8日

毎度の事だが、おかしな天気は仕事に影響する。

仕事が出来ない日は、どうにかして時間潰しを考えるのだが、下界は暑いしさぁ・・・

さて、どうしようかなぁ?  ってことで、避暑地を目指す。


小田代までの遊歩道

奥日光戦場ヶ原は、まぁ、僕にとって庭園みたいなもの。年中訪れているのでもう慣れっこだ。

歩き出して感じる事は「やっぱ、涼しい」 日向は呆れるほど暑いけれど、日陰に入ればそこは天然クーラーの恩恵に肖れる。

ミヤマクワガタ♀

目の前をゆっくりと飛び回り、僕のシャツにペトッと張り付いた物体。手にとってみたら今年最初の出会い。
「ミヤマさん家の娘さん」 ミヤマクワガタの女の子でした。

ニガナ咲いてた

亜高山では良く見かける「ニガナ」も咲いていた。 小さくて可愛い花。

小田代原に入って木道を歩いていると、脇に「ヤマオダマキ」が沢山咲いていた。

で、展望台へ。

貴婦人と小田代原

どんな季節でも「貴婦人」は美しい。いつも思うこと。間もなくここには「アザミ」の花の絨毯が現れる。これも綺麗なんだ。

今日は、ある花が沢山咲いているので、ここでは時間を潰さず、西側の木道を進む。

サワギク

ニッコウアザミ咲いてた

「サワギク」と「ニッコウアザミ」 ここからは花の遊歩道となる。


カラマツソウ咲いてた

足元に「カラマツソウ」が咲いていた。

イブキトラノオとミヤマチャバネセセリ

次は「イブキトラノオ」 おまけの「ミヤマチャバネセセリ」が可愛い。 一生懸命に蜜を吸っていた。

ハクサンフウロ

少し湿った場所に咲く「ハクサンフウロ」 これも可愛くて綺麗な花なんだよね。これから8月にかけてが見頃の花。

ニッコウキスゲと仲間

中央に「ニッコウキスゲ」と「アヤメ」「ノハナショウブ」手前に「イブキトラノオ」と「ニッコウアザミ」の競演。実に綺麗な光景だ。

そして、今日の目的。

アヤメがいっぱい

小田代原の北側にいつも沢山咲く「アヤメ」の群落。
青紫色の絨毯は毎年癒されているなぁ。

アヤメ群とキスゲ

これに会いに来たのだ。
疲れが吹き飛ぶね!

見返り美人

小田代原の北側から見える「貴婦人」の後ろ姿。 通称「見返り美人」 いいねぇ どこから見ても美しい姿だなぁ・・・

シオカラトンボいた

木道で「シオカラトンボ」を見つけた。素早い彼らを写真に残すのは結構骨の折れる作業なんだ。忍び足で近付きなんとか撮れました。

ギンボシヒョウモン見つけた

小田代原を一回りした結果になり、再び林道へ出る。そこに、素早い動きの「タテハ」系の蝶がヒラヒラ。
「ギンボシヒョウモン」 ヒョウモン系はそっくりさんが多いので、近付いて確認する必要がある。大変だ。

アスファルトの上、一際素早い蝶を確認。早速追いかける。
で、地面に降りたそいつを忍び足で目視確認。

クジャクチョウ撮ったどぉぉ

やっと出逢えた憧れの蝶。「クジャクチョウ」 写真撮りたかったんだ、こいつ。

半日ほどだったけれど、今日はいろいろな花や昆虫に出逢えたよ。


もう、眠くなったので、今日はここまで。

おしまい

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村


Summering.

7月5日

朝から降りだした雨のおかげで、仕事が出来ずにふて腐れていた。

退屈は嫌い。暇は好き。

優柔不断は時には許せるけれど、今日はなんだか苛ついている。

午前中、車のメンテを行い、サマータイヤを買い換える。

新品タイヤのシェイクダウンに軽くドライブ。

午後、退屈だし、暑いし、一昨日の志賀高原が恋しくなってきた。
ってことで、群馬の避暑地「赤城山 山頂」を目指した。

鳥居峠から覚満淵

折角来たのだから、「歩こう」ってことで、「覚満淵」へ向かう。

赤城山 山頂にある湿原、「覚満淵」 小尾瀬などとも呼ばれている。

今日は、あまり花は咲いていなかったけれどね。

覚満淵への木道

大沼側の駐車スペースに車を停めて、林の中を進むと木道が現れる。更に進むと3~4分で覚満淵が見えてくる。

木道は覚満淵の南側に伸びており、とても歩きやすい。

鴨がいた

涼しい風が吹く中、鴨たちものんびりゆったり泳いでいる。

ケンカやめれ

と、僕の足元がなにやら騒がしい。
「こりゃ~! 喧嘩するんじゃねぇてば!」

上州の鴨は血の気が多いからねぇ・・・ 羽根の毟り合いをしてやがった。

ニッコウキスゲ

たった一輪だけど、「ニッコウキスゲ」が咲いていたよ。

淵の反対側に向かう。

ニガナ見つけた

足元に「ニガナ」が咲いていた。こいつももうそろそろお終いだなぁ・・・

更に進む。対岸の奥に見える「地蔵岳」が雄大。

地蔵岳方面

新緑の頃はもっと綺麗なんだぁ! 

アキアカネ見つけた

木道の脇には、「アキアカネ」が早くも秋に向けて、里に下りる準備をしていた。まだ先の事だけれど。

アカタテハがいた

蝶も沢山居た。写真は「アカタテハ」が、逆光で収めたので「クロタテハ」になってしまった。ヤマオダマキ見つけた

「ヤマオダマキ」も咲いていた。この花は面白い形しているんだよね。僕は好き。

初夏の覚満淵

清々しい空気を満喫したので、これにて退散。

真夏の酷暑の時でも、ここでは下界よりも気温が低く、木陰に入れば天然のクーラーを堪能できるんだぁ!

冷房大嫌いの僕の「涼」体感できるスポットです。

おまけ。

赤城にも在るのよ

別に、心霊スポットって訳ではないけれど、赤城山中にはこんな場所もあります。
近くには「血の池」なんて所もありますので、違う意味で「涼」を求める事も出来るのではないだろうか?

うらめし・・・

おしまい

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村

JFF Meeting in NAGANO. 2011.

7月2、3日

僕の所属しているJFFの長野ミーティングに参加してきた。

いつもの奥志賀 雑魚川に到着すると、今回の参加者全員、もう臨戦態勢。
やる気満々で準備を進めていた。

僕も早速、ウェーダーに履き替え、タックルのセッティングにかかる。

今回のタックルは

Rod  ACROPOLIS Model M 7'6" #3/4のクロス
Reel  Halcyon Millennium BabyTrout

初夏の雑魚川

雑魚川橋より入渓。 が、先行者が有った為、橋の真下からつり始める。

で、橋下流側の木が被っているところにピンポイントでフライを捻じ込む。

で、今年の一発目!

雑魚川イワナ2

小さいけれど、嬉しい今年の第1号。 体長制限に届かないサイズだけれどね。

それからは、後続に追いつかれ、面倒なので先を譲り、僕は橋の上流50mほどで引き返す。

その間に2尾目をゲット。 が、こいつも体長が・・・

今年は型が小さいのかなぁ?

雑魚川イワナ

パラシュートアント#16に飛び出した可愛いイワナ。

魚は沢山見えるけれど、やはり今日は入渓者が多いせいか反応がいまいち。

それから一匹の魚に30分以上構って、それでも無視され続けるなんて事を堪能していた。

橋の下流側で、今回の参加者のYさん御夫妻に会って、一旦退渓。

僕は少し遅い昼飯。 Yさん御夫妻は上流へ場所移動。

腹ごしらえを済ませ、食休み。 標高が高い為陽射しは強いけれど心地良い風が吹いている。
まったりしたあと、なんだか釣る気持ちが失せてしまい、橋の上から川の流れを眺めていた。

橋の脇で、「アカタテハ」を見つけた。

アカタテハ見つけた

こいつ、素早いのでシャッターチャンスが少ないんだ。今日はラッキー!

で、橋の下でこんなヤツも。

キベリタテハ見つけた

「キベリタテハ」 これもあまり見かけないなぁ。 色合いが少しボケてるけれどね・・・


橋の上で声をかけてくれた人物。 地元長野県の方で、話をしているうちに意気投合。

長野の川の情報を沢山教えてくれた。かわりに僕は渓流での魚の見つけ方を伝授。
なんだかんだ、1時間以上話しこんでしまった。 川での出逢いはいろいろな事があるので楽しい。

午後4時過ぎ。 お宿へ向かう。

お馴染みの「スタートライン」

到着後、シャワーを借りてさっぱりキレイキレイ。

風呂上りでリラックスモード。 そこへ参加者の皆さんが到着。

で、早速「ビール」で宴会モードに突入! 今日は僕も久しぶりのビールを頂く。

晩御飯うまっ

晩御飯。 毎回思うこと。「スタートラインのご飯は旨い!」 うゅ~ たまらん!

この後出てきた「山野草の天婦羅」も「肉巻きフライ」も、めちゃウマッ!

で、みんな程良く良いが回ったところで、毎回のお楽しみ企画。

みんなの第5回「JFF長野 金魚すくい選手権」

金魚すくいに夢中

今回の参加者は 千葉のOさん、富山のYさん、神奈川のYさん御夫妻と、僕。少人数だけれど、これが結構白熱するのだ。

で、結果、優勝はYさんの奥様。女性は強し! お見事! 参りました。


翌日、午前6時50分に目が覚める。昨夜のビールが効いたみたい。良く寝た。

で、僕の一番の楽しみ。 朝ごはんだよ~ん!

朝ごはんうまうまっ

この「朝粥」が、たまらんのよ! とっても美味しい! いつもこの時に思うこと

「帰るのやだ・・・」

玄関先で記念写真。

2日目は、やはり雑魚川へ向かう。

Yさん御夫妻は 用事があるということで帰宅された。で、僕とOさんとYさんで、再び奥志賀へ向かう。

が、僕はこの日は違う目的。

雑魚川遊歩道のトレッキング。

お2人と別れて、雑魚川を下流方面へ下る。

奥志賀から栄村に入り、とても見たかった「名瀑 大滝」へ。

車を停めて、カメラに三脚をセットし、遊歩道へ歩を進める。

大滝入り口

行きは下りが続く。木漏れ日が気持ちいい。

昨夜、少し雨が降ったみたいで足元が少しだけ滑る。

ふと、歩道の脇にこんな花が咲いていた。

ハナニガナ見つけた

「ハナニガナ」 黄色い花が一本の茎に7個以上咲くのが特徴。季節柄もう直ぐ終わりの花ですね。

それから

レンゲツツジ見つけた

「レンゲツツジ」これも御馴染み。 赤城山や那須高原、戦場ヶ原も有名スポット。これも鮮やかなオレンジが綺麗なんだよね。

途中、小さい沢を渡り、少しだけ昇り、また再び下りが続く。

山肌からジメッとした水が染み出ている場所で

ギンリョウソウ見つけた

「ギンリョウソウ」を見つけた。 地味な花だからつい見落としてしまいそうになる小さい花。
これももう直ぐお終いの花ですね。

「ギンリョウソウ」で満足した瞬間。目の前を“ヒラッ ヒラッ”と飛ぶ物体。
気が付いたときはカメラの電源を落とした直後で、間に合わずに写真は撮ることが出来なかった。

「あぁ~あ! 行っちゃったよアサギマダラ・・・」

それから、最後の下り。ロープのついた梯子を降りると、目の前に現れる巨大な滝。

大滝

二段で落ちる圧倒的な水量。 青々と広がる大きな滝壺。写真だと小さく見えるが、実物は飲み込まれそうなほどでかいぜっ!

「名瀑 大滝」 「だいぜん」って読むらしいよ。

やってきたぜ! 今回のミーティング参加の理由の半分はこれを見るため。

写真撮りまくって、30分近く眺めていただろうか・・・

最高に気持ちがいい! マイナスイオンをいっぱい浴びて。滝見台を後にする。

車を停めた所で、偶然だが、今回僕が使用したロッドを提供しているショップのお客様で、元JFFの会員の方と出逢った。 いろいろと話をして、少しだけ盛り上がり、お互いに別れて僕は奥志賀を後にした。


帰りに良く立ち寄るらーめん屋さんに寄って遅い昼飯。

宮口軒のらーめん

藤岡にある「宮口軒」で、いつものらーめん「おまかせ羅阿麺」

疲れた体に染み渡る少し酸味の効いたスープが旨い。


いつもながら本当に楽しい2日間。大満足の長野ミーティングでした。

疲れたから今日はもう寝ます。

おしまい

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。