気まぐれ釣り師の、底抜け冒険譚!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HERO's.

11月27日 日曜日


午前7時起床。 朝食の「朝粥」を作り「あみの佃煮」と「ほうれん草とハムのソテー」で頂く。

身支度を整えて、出動。


宝珠寺山門

お隣、伊勢崎市にある「宝珠寺」というお寺。

ここには、伝説の武将「藤原秀郷公」の墓所がある。

「藤原秀郷公」 「俵藤太=田原藤太」とも言われ、天慶の乱で「平将門」を討ち取った伝説の武将ですね。

秀郷公墓所

本堂の裏手にある墓地内に秀郷公の墓所はあります。

こちらの五輪塔がそうだと伝わっています。

「藤原秀郷公  俵藤太」は、近江の国田原村の出身で、弓の名手として幼少より武勇の誉れ高い人物であると伝わっています。

瀬田の大橋の大蛇を踏みつけた伝説や、三上山の大ムカデ退治などの伝説がありますね。

秀郷公墓所2

三上山の大ムカデを退治した秀郷公は、約束により琵琶湖の竜王に招かれ「竜宮」にてもてなされ、竜王から黄金の鎧、これが「避雷矢」と伝わっています。 それから黄金の太刀、これが「毛抜形太刀」だとの説。そして黄金の鐘を贈られました。

ここ群馬にある、「俵藤太伝説」は、「赤城山の伝説」に繋がる所があって、調べているとかなり面白い繋がりに気付きますね。

「赤城の大ムカデと日光男体山の大蛇伝説」 

これも「大ムカデ」と「大蛇」が出てくるし、もしかしたらこの「赤城と男体山」の争いの話は、「秀郷公と日光の豪族」との戦いの話が着色されて出来たのでは? と解釈している学者もいます。僕もそう思っている人間です。

で、 秀郷公が行った「竜宮」 僕はこれが「赤城小沼(このが正式名称です)の竜女伝説」だと考えています。

伊勢崎市にはもう1つ「竜宮伝説」があり、地名にもなっていますね。


  
赤堀郷の長者で 赤堀道玄 という者が居り、16歳になる一人娘が居ました。

その娘が、赤城山に参拝に行きました。一行が山に登り始めると、黒雲が流れてきて辺りは嵐のように

荒れ模様になってきました。
  
と、娘が「水が飲みたい」と言って、小沼に差し掛かったとき

伴の者達を振り切り、沼に近付いたと思ったら、“ザブン”と沼に飛び込んでしまい姿を消したしまった。

お伴集が探し回ったが見つからず、そのうち辺りは荒れに荒れ、波立つ湖面から

「私は召され沼の主になります。両親によろしくお伝え下さい」という声が響いた。

娘はもともと小沼の主だった。

お伴の腰元たちは「このまま帰れない」と皆、小沼に入水してしまい「カニ」になってしまった。

このカニの事を「腰元ガ二」と呼んでいる。

赤堀の家ではその後、娘の命日に赤飯を炊いて重箱につめて沼に奉納することとなった。

奉納した重箱は波に引かれて沼の真ん中に流され、やがて空になって戻ってくる。その中には竜の鱗が一枚入っていると言う。
  
この事から、赤城山では16歳になる娘は登ってはならないという言い伝えがあり、登る時には
  
引き込まれないように小沼に身代わりとして鏡を投げ入れる。また、子ガニを巾着に入れて沼に放った。



という、言い伝えがあります。
 
他には、徳川家康の旗本に「小菅又三郎」と言う者が居て、その妻が赤城山に参拝に行くと、小沼の辺りで無数のムカデ襲われ沼に引き込まれた。その後沼の主「龍蛇」の姿になって現れた。

という伝説もあります。

で、ここが面白いのだが、 「小菅又三郎の妻」と言うのが「赤堀道玄の娘」である。ということ。と、「赤堀氏」が、「秀郷公の子孫」であるということ。

面白い繋がりなんですよね。


ここの宝珠寺の墓所には、その「赤堀道玄」と「小菅又三郎」のお墓もあります。


話が逸れましたが、秀郷公。

平安時代の武将で、朝廷の命を無視し自らを「新皇」と称し関東8ヶ国を荒らしまわった将門を、平貞盛公と合力し、下総の国 幸島で攻め滅ぼし、この功績により押領使(今で言う警察)から下野守を任され、武蔵守も兼任。従四位の下の官位を受けました。

栃木県佐野市にある 唐沢山城址。 ここには秀郷公が作った唐沢山城がありました。 今は、唐沢山神社となり、将門の乱を平定した秀郷公が祭られています。で、ここに黄金の鎧「避雷矢」の一部分が残されています。

「避雷矢」の鎧には、桐生市梅田地区に残された伝説で、「忠綱明神」に繋がっていまして、この「忠綱」が、伝説の猛将「足利忠綱公」で、忠綱公が使用していた鎧が「避雷矢」だとされています。

歴史伝説って面白いですよね。


次に、これは僕が歴史上の人物で一番好きな武将。

「源九朗義経」の伝説が残されている場所。

以前にも紹介したことがありますが、群馬にはまだまだ残されているんですよ。 「義経伝説」

今日は、その中で2つ紹介します。

伊勢崎市内に残されている場所で、「弁慶の掛矢清水」と言うのがあります。

弁慶の矢掛清水の地

現在は、その場所の指定しかされては居りませんが、ここに残されている伝説です。

義経一行が奥州に下る時、この付近で「喉が渇いた。水場を探すように」と命を受けた弁慶が、天に念じると

「立っている場所を叩いてみよ」というお告げがあり、七つ道具の一つの「掛矢」で地面を叩くと見る見る清水が湧いて出てきた。

と言う伝説が伝わっています。

今では、湧き水というより、「汚ねぇ用水路」が流れていますが・・・ 

郊外の静かな畑の中に、ここは在ります。


次に、掛矢清水の近くに在るのですが、「酒盛り地蔵」と言うのがあります。

これ、気をつけないと通り過ぎてしまいそうな、何の変哲も無い地味~な場所なのです。

酒盛り地蔵

ここには、ブロック塀で囲まれた中に、小さなお地蔵様が安置されていまして、ここに残されている伝説と言うのが

義経一行がやはり奥州に下る時に、地元の人々が一行を歓待する為、宴の席を設けました。 するとそこに一人の僧侶が現れ、一行と村人と一緒に宴に混ざり義経の前途を祝した。というもの。で、その僧侶と言うのが、化身した「勝軍地蔵菩薩」だったと伝わっています。

と言う事で、ここに地蔵菩薩を安置し奉ったということらしいですね。

酒盛り地蔵2

中を覗くと、ちょっと整頓が足りない気がするけども、正面に薀蓄の看板。その下に古くなりすぎて顔がハッキリ判らなくなった小さなお地蔵様が祀られていました。


まだ、この付近にはいくつかの「義経伝説」が残されています。

五目牛町の「牛石」や 正観寺の「馬殿塔」など。

また、機会があったら紹介します。


歴史伝説を追いかけるのは、実に面白いです。 

これからもどんどん行動範囲を広げて、追いかけてみようと思っています。

おしまい

 にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村 

スポンサーサイト

Glitter hillside.

11月26日

先日より始まった、恒例の「太田イルミネーション」 

行って参りました、今年も懲りずに・・・ 

太田イルミ2011

昨年よりも早めの出撃だったので、寒さもそれ程は堪えることは無かったが、人の多さに暫しウンザリしてきましたよ。

で、これも毎回思うのだが、「どうして入場無料で、駐車料金500円なの?」

損したのか、得したのか、どうしても腑に落ちないのだ。 逆ならばとりあえずは「まぁそれくらいはいいだろう」って、納得することも吝かではないのだけどね。 でも、両方徴収されるよりはまだマシだ。

ってことで、今年もブラブラしてきましたよ。 寒さと人の多さに文句を言いながら・・・


太田イルミ2011 その2

昨年から比べると、規模が縮小された、「太田イルミネーション2011」だが、毎度の事ながら子供達は大騒ぎ! 「ワーワーキャーキャー」すげぇ元気一杯にすっ飛びまわっていた。 この暗さの中で走り回るから、迷子が多かったね。 彼方此方で「ママー? パパー?」って声が聞こえていたよ。 

僕だって全く知らない子に「パパ知らない?」って声かけられて、結局俄か迷子係りやってきたしね。
「リードで繋いでおけよ」なんて、どんでも無く失礼な事を考えながら(我ながら不謹慎でした 反省)そのおチビちゃんの両親を発見!  で、間もなくカメラを構えている僕に「ママが居ないの・・・ヒック ヒック オェッ」って泣きながら今にも吐きそうな女の子が・・・ 
「どうなってんの、今年は」 って言うか「最近の若いご両親は危機感ってものを持ち合わせておらんのか!」

目を凝らして、子供の居ない場所を探しながらカメラポジションを探し回っていた。

太田イルミ2011 その3

太田イルミ2011 その4

今年、新たに追加された「白鳥」のオブジェ。 僕には「ガチョウ」の見えているのだけど・・・ 白鳥の嘴って赤かっただろうか???

面白かったのが、暗闇の中から「○○ちゃんのトイレと同じぃ~!」って子供の声がしたの。

「えぇ~? まだそのタイプが存在してんのかよ?」 僕の家にも同じものがあった。僕がトイレを覚えたのがそのタイプだったと、お袋殿が懐かしげに言っていたし、それからモデルチェンジもなくそのままの形で平成の世に受け継がれていたとは、まさにサバイバー! 

太田イルミ2011 その5
  
太田イルミ2011 その8

軽く1時間ぶらぶらして、立ち止まっては写真に収め、いい加減腹が減ってきたのでそろそろ退散しますか・・・?

で、最後に僕が気に入っているこの場所。

太田イルミ2011 その9

Red Steps (赤い階段) これ、気に入っているんだよねぇ。何故か記憶に残るようなってか、子供の頃の記憶に残っているのね。 「ガキの頃、これとそっくりな階段を見た記憶がある」 とても印象的で、懐かしい感覚を憶えるんだ。 どうしても思い出せないのだけれどね。

結構寒くなってきたので、これにて退散。 来月からは、「榛名湖畔」と「伊勢崎」でイルミがあるからね。

楽しみ・・・ ヘッヘッヘッ!


帰宅後、やっと晩御飯・・・ でも、何食おう?

で、今日の昼間、スーパーのくじ引きで貰ったこいつで済ますことにした。

今日の晩飯

それと、一緒に買ってきた「コロッケ」

カレーとコロッケ

時には、こんなもので済ますこともあるのね。 まぁ、今日は特別! 

明日は、朝早くから出動です! 場所はナイショね!


おしまい

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村

Emotion.

これと言って具体的に感謝されるような事をした憶えはないのだが、国が勝手に決めた労働者諸君の為の休日だった昨日

ぼくの所属している渡良瀬ネイチャリングアクトが主催の「実釣の会」が、 11月23日 勤労感謝の日に開催された。

会場になった地元管理釣り場の「HOOK」  オーナーのKさんと僕ら会員はとても親しく、みんなKさんのことが大好き!

お馴染みのHOOK

午前11時に集合し、会員と先日の教室の生徒さん数人がそれぞれの場所に入り、実釣開始となった。

HOOKには、上池、下池が在り、上池は初心者向けの比較的釣りやすい魚が沢山入っている。

そして下池には、型は大きめだが、オモイッキシ難しい兵が揃っている。特にこの時期は更に偏屈具合に磨きがかかるのだ。

ニジマス釣れた

この日のヒットフライは、ブラウン系のソフトハックルで、サイズが#16~18くらいが、結構コンスタントに釣れていたが、とにかく掛かりが浅いので、彼方此方でバラシが続出していた。

僕はこの日は、ドライフライにとことん拘り、#18くらいから最終的に#26までサイズダウンして釣果につなげる事が出来た。

相変わらずここの魚はビューテホー! 型は並でもヒレピンだから引きが強いの。やっぱりトラウトゲームはレインボーが一番楽しいなぁ! 

しかし、この日は午後から風が出てきて、気温が一気に下がり状況が変わってしまい、渋さが加速してしまった。

Uさんの後ろ姿

僕の右隣で釣っていたバンブーロッドビルダーの巨匠 Nさんもかなり苦戦していた。 必殺のシマザキコイルもやや沈黙気味。手強いですなぁ・・・ でも、元気一杯のNさん。

ニジマス釣れた2

細身だけれどパワフリャなニジ君が遊んでくれます。 でも手強いよ! 恐らく、赤城界隈では最も難しい管釣りだと思う。でもその代わりスキルアップには最高の場所なの。僕はオフシーズンのミッジトレーニングに利用しているんだ。


僕の左隣で釣っていたSさんとTさんが面白いことをやっていた。

ダブルすれヒット

一匹の魚に“ダブルすれ掛り” これは珍しい! こんなことあるんだね。面白いなぁ!


それから、僕は超シブチンのお魚相手に悪戦苦闘! 結局ティペットを8X(これより細いものを忘れたの)まで落とし、フライを#26のミッジピューパに替えて釣るのだが、ここの魚はティペットがたとえ10Xでも視界に先に入ってしまうと見切ります。なので、狙った魚の目の前にフライ先行で落としてあげなければ、9割方「無視」されちゃうのだ。 腹が立つほど賢いよ~

かわいい目のニジ君

サイズを落とせば、こうやってヒットの繋がるのだけれど、それでもこの日は口の皮一枚か二枚程度。無茶苦茶渋いのだ。

細身だけれどパワフリャ

体の割には尾びれが大きい魚が多いので、#3ロッドだとロッドの曲がりが見れて楽しいのだ。

小さい毛鉤を必死に眼で追いかけていたので、この日は非常に眼にくる釣だった。 でも、久しぶりだったので思い切り堪能できたよ。

目が可愛い

参加してくれた生徒さんも、それなりに釣果に繋がった様でえがったえがった! これで、みんなハマるなぁ・・・

ここ「HOOK」は フライマンにとっては「道場」だと、僕は思っている。 投げれば何でも釣れてしまう場所が多い中、ここではキャスティングからプレゼン、フライ選択からセッティングまで考える事の出来る管理釣り場だ。試行錯誤の出来る釣り場って、僕らフライマンには最高の管釣りだと思うよ。
出鱈目に釣りまくったって、飽きちゃうものね。 

本当、この季節はここ「HOOK」はトレーニングにはお薦めだよ! また時間が出来たら行ってみよう!

結局、この日は暗くなるまで、お邪魔していた。ってか、オーナーと駄弁っていたのだけれどね。


この日で、本年度の渡良瀬ネイチャリングアクトの行事は終了となります。 また来年、面白企画を用意してお待ちしております。 皆さんお疲れ様でした。

でも、管釣りシーズンはこれからです。 みんな寒いけれど、バッチリ楽しみましょうね!


 では、おしまい

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村



a Cradle.

11月13日

今日は、僕が所属しているジャパンフライフィッシャーズの活動の1つ、「ヤマメ発眼卵放流」のお手伝いに行って来た。

場所は東京あきる野市に在る「養沢毛鉤専用釣り場」。

TPT.jpg

JFFでは「トラウト・プロジェクト・チーム」 TPTとしてオフシーズンの活動を各地にて行っています。

で、今日は東京での発眼卵放流に参加です。

みんなで作業開始

相変わらず、みんなしてガヤガヤと和気藹々と賑やかに行動開始です。


組み立てて行きます

TPTの発眼卵放流では「ウィットロックバイバートボックス」を使用しています。
これを消毒して、それから組み立てていきます。

数を数えて

次に、発眼卵を同数になるように数えます。
で、それを・・・

発眼卵を投入

ボックスの狭い方のコンパートメントに納めます。

こんな感じで

これで蓋をしっかりとロックしてセット完了。

小砂利を詰めて

それから、埋設場所に移動して、今度はボックスを更に大きな籠の中に納めて、周りに小砂利を敷き詰めてボックスを固定してゆく。この籠がチビヤマメ達のゆりかご「クレイドル」と言うのね。

準備完了

完了したのがこんな感じです。 これを河川内の水通しの良い場所に納め、大きめの石などで流失しないように固定して行くのね。しかも、隙間が大きくならないようにね。でないと、カジカやサワガニが、卵の中から稚魚が飛び出た時に流れ出る匂いの元に寄って来てしまうから、それらが入り込めないように、そして、孵った稚魚が外に出てゆける程度の隙間を作って、固定するのね。 けっこうコツがいるんだよ!

その証拠に、発眼卵を分けている間に匂いに誘われて集まってきた奴ら!

卵の匂いを嗅ぎつけて

レインボー君も登場

「あぶない! あぶない!」 水の中には危険がいっぱい! 来春、WVBの中から出てきたチビヤマメ君達には試練が沢山待っているんだね。 頑張って大きくなって僕らに逢いにおいで!



川を変えて埋設

今度は、別の川にみんなで移動して、今日最後の埋設作業。

この砂利を取り分ける作業が一仕事なのだ。 でも、みんなで力を合わせてひと踏ん張り!

本日最後の埋設完了

そして、最高の場所を見つけて、クレイドルを沈める。で、この上にリレーで石を積み重ねて作業終了!

乙彼~! いい汗かいたよ~っ! お疲れ様でした~!!

最後に、今日の記念写真を撮って解散となりました。


JFFでは、釣るだけではなく、こういったシーズンオフに魚たちを増やす為のフィールドワークを定期的に行っているんだ。 魚が居なくなってしまったらFFどころではないものね。

久々の養沢での発眼卵放流だったけれど、気持ちのいい疲れを堪能したよ。

最後に、今日の養沢の様子です。

秋の養沢

秋の養沢2

じゃあまたね!

おしまい

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村

Survivor.

11月5日

昨日は2週間に1回通っている整形外科に通院する日で、右膝に出鱈目に痛ぇ注射を打ってきた。

痛みには慣れているつもりだが、こればかりは歯を喰いしばる程なのであまり気に入ってはいない。

まぁ、とりあえずひと通り診察を済ませ、コンビニで朝食のサラダとヨーグルトを購入し帰宅。

午後、痛みが治まり、まぁ普通に歩ける程度になったので、軽く運動することに。これをしないと患部が固まるので欠かさずやっているんだ。

小菊の里5

隣町にある「あかぼり 小菊の里」 ここももうすぐ今年も閉園になるので、散歩がてらお袋殿と遊びに行ってきた。

小菊の里2

あるのは小菊ばかりだけれど、数色の小菊が小高い丘に沢山咲いている。

小菊の里6

小菊の里7

新里町の清掃センターの西側に小菊の里はあります。今年は11月13日まで開園らしいです。
小菊の販売もしていますよ。 僕も買っちゃった。あずき色の小菊。大事に育てよう。


11月6日

本当は、今日は埼玉県川越市に「フィッシング祭り」に行く予定だったのだけれど、天気も良くなく、参加予定のみんなの都合が合わなかったので、今年は見合わせ。

で、僕は、今日が最終日の「桐生ファッションウィーク」のイベント

「クラッシックカーフェスティバル」に行って来た。 場所は群馬大学工学部桐生キャンパス。

まっ、とりあえず僕が気に入った車を一通り紹介!

ギャランGTO

「三菱 ギャランGTO」 奥に見えるのは「いすず べレットGT」

セリカGTV

「トヨタ セリカGTV」

トヨタ2000GT_edited-1

「トヨタ 2000GT」これは名車中の名車だと僕は思う。カッコイイ!

マツダ コスモスポーツ

「マツダ コスモスポーツ」 僕にとっては「マットビハイクル」 あの馬鹿でかいヘルメットを被って、よくもまぁこの低い天井の車に乗り込めたものだ。と感心する。 でも、ウルトラマンは好きだったからね。

トヨタS800

「ヨタハチ」こと「トヨタ S800」カッコイイのだけれど「非力」なところが魅力で欠点な名車。

ダットサンフェアレディ

「ダットサン フェアレディ」

スバル360

「スバル360」 ジャパニーズビートル ってか、「こがねむし」って感じ。かわいい。

ダイハツミゼット

「ダイハツ ミゼット」 これは映画「稲村ジェーン」で一躍有名になった三輪車。これもかわいい。

ランチアストラトスGr.4

「ランチア ストラトスGr4」僕らスーパーカー世代には、思いっきりシビレル車。僕はこれと「デトマソ・パンテーラ」が大好きだったなぁ・・・ こいつもあの伝説のデザイナー「マルチェロ・ガンディーニ」がデザインしたんだよね。

アバルト595SS

「アバルト」こいつは意外とキビキビ走る生意気なやつ。ルパンが乗っていそうな車。

フェラーリ246GTディーノ

「フェラーリ246GT」通称「ディーノ」 創始者エンツォの息子の名前を冠した名車。こいつだけ「フェラーリ」のエンブレム「イタリアン・スタリオン」が付いていないんだよね。

FMRメッサーシュミット

これ、車?ッて思っちゃうほどユニークなドイツの名車「メッサーシュミット」 これ走るの?


シムカ1200Sクーペ

「シムカ1200 Sクーペ」 

アルファロメオジュリアGTV

「アルファロメオ ジュリア」 

ポルシェ906 カレラ6

「ポルシェ 906」通称「カレラ6」 こいつは本格的なレーシングマシン。

トライアンフ ビステ

「トライアンフ ビステ」 こいつシブいぜ。エンジン音がシビレル!

ヒーレースプライトMk1

そして、毎年のイベントで参加車のラリー。群大正門に帰ってきた「ヒーレー スプライト」

まだまだ沢山あって紹介しきれない。きりが無いので今年はこれくらいで。


無料送迎タクシーに乗り込み、臨時駐車場へ変える。で、腹が減ったので昼飯。

きょうの昼飯

お馴染みの「深川屋」へ。 で、今日は「オムライス」をオーダー。

お肉ゴロゴロで、めちゃうま! ご馳走様でした!


帰宅後は、珈琲で一服。今日は「キリマンジャロ・エーデルワイス」をチョイス。いつも僕の冷蔵庫には3種類の珈琲が大体1月分保存されている。で、気分で飲み分けているんだよね。

で、珈琲を飲みながらDVDを観賞。 

今日は「アンストッパブル」と「マッハ3」


で、今日はこれから・・・・ 寝ます。

眠くなってきちゃった。

今日は写真ばかりでしたね。多すぎたかな?


では! おしまい

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村


A Grow eggs.

11月3日 文化の日

と言っても、あまり文化的なことは実感できないのだが・・・

僕の地元、桐生市では10月28日より毎年恒例の「桐生ファッションウィーク」が始まっている。
今年のキーワードは「このまち浪漫」だそうだ。 

僕の方は、風邪をひいてしまったので、少し調子が良くない。

キノピーフラッグ

昔は「西の西陣、東の桐生」と言われ、桐生市は織物の街として全国的に名を馳せていたのだが、戦後は織物、着物の文化が廃れ、西洋文化が入ってきたお蔭で、僕達の生活が一変した事は言わずと知れた事。

織物の街が「ユニクロパワー」に押されつつあるのだ。少しずつ、伝承的文化を取り戻そうという活動が増えつつあるのだが、まだまだ一部の人たちだけの世界のような気がする。

僕的には「懐古随想」っていう感覚も時には良いものだと思うけどね。


それはさておき・・・

本日、僕の所属するWNA(渡良瀬ネイチャリングアクト)で、毎年恒例の「やまめ発眼卵配布」が行われた。

WNA.jpg

午前6時30分。 桐生市役所前にて準備に取り掛かる。

今年は約5000粒の発眼卵を提供していただき(と言っても有料ですが) 早朝7時より配布を開始。

発眼卵配布

発眼卵配布2

朝早くから集まっていただいた市民の皆さん25名程の方たちに配布されました。

小さなお子さんから年配の常連さんまで、皆さんに配られた発眼卵は、皆さんの希望する分だけ、また、使用される水槽の大きさに合わせて配布される。

ヤマメ発眼卵

お願いですから、醤油漬け及びオン・ザ・ライスは勘弁してください・・・

大事に育ててね

来春まで、大切に育ててあげて下さい。 で、大きく育ったら皆で渡良瀬に放してあげましょうね。


約、20分足らずで5000粒が完売! まいどありぃ!!

で、一仕事終えて、代表のHさん提供の「とん汁」と、Sさん提供の「コーヒー」で一服。

とん汁まいう~

お疲れ様でした。 


で、僕は帰宅後、シャワーを浴びて一休み。

正午、腹が減ったので昼飯調達に向かう。

お馴染みのパン屋さんへ。

マグかつステーキサンド

隣町の「Rucche」にて、一番のお気に入りをゲット! 「まぐろステーキカツサンド」 これが美味いんだ!

それと、

カツカレーパン

「カツカレーパン」 これも抜群に美味い! カレーが結構スパイシーなので食欲が増すの。

つぶあんパン

「つぶあんパン」 これは僕のプロテイン。 あんこが無いと生きて行けません・・・

ってな具合に、朝から忙しかった祝日でした。

一昨日は風邪をひいてしまって病院にかかり、でけぇ注射をブッ刺されたばかり。冷えは禁物ですからね。

因みに、一昨日食った飯はこちら

勘助でらーめん食った

病院の帰りに、熱でボーっとした頭抱えてらーめん啜ってきた。風邪のせいでなんだか判らん味だった。ただ、温かい炭水化物を食ってきたみたい。 皆さんも風邪にはご用心です。

今夜は「水炊き」を作ります。  しかし、今日はかなりカロリー摂取したような気がするので、明日はガンガン動き回らなくちゃならんような・・・ 風邪のせいでまだ少し調子が戻らんけれどね!


おしまい

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。