気まぐれ釣り師の、底抜け冒険譚!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AKR47 with TAKUchan.

今年もあと僅か。 

僕の方も昨日で仕事納め。で、これから年明けまで “暇” な訳だ。

特にすることも無く、筆不精の僕は年賀状も用意していなく、毎年たくさんの方達から頂くので、出さない僕はいつも恐縮しているわけだ。 いつも頂いている皆さん、出さなくて申し訳ありません。

ただ、思うのだが、「紙切れ一枚の挨拶」という概念が「まさに薄っぺらい」と感じてしまい、「そんな挨拶なんか真心も何も無い」 日本人ってつまんない伝統を大切にしたりするから面白いよね。そんな僕も曲がりなりにも日本人だったりするのである。


もう過ぎてしまったが、12月14日は日本人ならば大体は知っている「元禄赤穂事件」の起こった日。

1703年(元禄15年)12月14日深夜。赤穂藩士 大石内蔵助以下47名の武士が、君主 浅野内匠頭長矩の仇討ちの為、仇敵 吉良上野介義央邸に討ち入りをした事件ですね。所謂「忠臣蔵」の物語。

まぁ、そんな説明など、必要ないかも知れませんね。

で、東京の泉岳寺に彼らのお墓がありますが、この群馬にも「赤穂義士」の伝説が伝わっています。

こもれびの道入り口

安中市の山中にひっそりと安置されている「赤穂義士の石仏」

車を置いて杉林の中を歩く。 歩き始めてすぐ、見上げると今にも崩れてきそうな断崖の下に安置されている石仏群が見えてくる。

途中の石仏群

寂しい山中に、まるで忘れ去られたように佇むお地蔵様が数体。

そこからさらに数分、左手にそそり立つ断崖の真下に見えてくる石仏群。

元助遺跡

市指定の史跡「元助遺跡義士石像」です。

赤穂義士 片岡源五右衛門の下僕に「元助」という人物がいました。

吉良を討ち果たし、本懐を遂げて自刃や斬首となった義士たちの供養の為、元助は故郷の秋間村(現 安中市)の山中に20年の歳月をかけて、この石像を建立したと伝わっています。

赤穂四十七士の石仏

一体一体すべて違う石仏がずらりと49体。

赤穂義士と浅野内匠頭長矩とその奥方の石像もあり、合わせて49体あります。

静かな山中に本当にひっそりと並ぶ石仏群は、まさに霊験あらたかパワースポットのオーラがバリバリ来る。

赤穂四十七士の石仏2

地蔵菩薩の加護

元助は出家して僧になり、この石像を建立した後、二度と秋間村には戻ることは無かったそうです。

それから、諸国巡錫の旅をして、千葉は外房和田浦花園の黒滝不動の側に岩窟を掘り、その中に入り「、「予を念ずれば火難諸災難を除き、家内安全、五福壽を増長せしむ」と遺言を残し、石蓋を覆い21日間の入定にて、その後即身成仏されたそうです。享年53歳。 武士ではなかった人物でしたが、この元助という人こそ、誠の義士だと僕は感じています。

この場所に佇み、仏像の一体一体を見て回り、元助の忠義を肌に感じていると、無意識に合掌をしてしまう。
 
ここは、僕にとっての一番のパワースポットです。

山中にひっそりと

毎年、3月14日を元助の供養日と定め、 3月25日には、供養祭が行なわれています。

石仏群は、ネットで覆われていて見づらいですが、(盗難防止らしい) これらは安中市秋間の史跡保存会の有志の方達が管理されています。

見上げると・・・

崩れたら・・・

「ぅわぁ~あぶねぇ・・・ 落石なんかあったら、脳みそバーンだぜこりゃ・・・!」


年明けには、新春時代劇スペシャルで「忠臣蔵」が放送されます。

僕も「忠臣蔵」は大好きな物語で、 大石内蔵助、堀部安兵衛、 兵法の達人 中村勘助、弓の名手 早水藤左衛門、 密偵 倉橋伝助、吉田忠左衛門、吉良の首級を掲げた潮田又之丞、それから内蔵助の息子 大石主税 などなど憶えきれないが、皆の活躍が観れる。楽しみだ~!

というわけで、新春時代劇スペシャルに先駆けて、(偶然だけれど) 群馬の赤穂四十七士の伝説でした。

良いお年を!  おしまい。

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

a Ground Galaxy.

12月10日


今日は・・・ってか、日付が変わったから昨日。

仕事の帰りに上毛三山の1つ、榛名山に行ってきた。

9日から始まった、「榛名湖イルミネーションフェスタ2011」に寄って来たの。

榛名湖イルミ行ってきたよ

仕事帰りだったので、作業着がちと浮いていたかもね。

辺りは先日の初雪でツルツル滑って危なっかしかったけれど、居るは居るは、えれぇいっぱい居たよ。 人。

榛名湖イルミ寒かったよ

いや~ぁ寒かったねぇ・・・ ジャケット持って行って大正解だった。 

大駐車場に車を停めて、で、ここでも \500の駐車料金を徴収されてしまったが、もういいやって諦めた。
駐車場内は「凍って滑るから気をつけないとヤバイ」 場所によってはかなりデンジャラス!

それから、会場内に進む。

白いトンネルの脇をのんびり歩いて、写真を撮りながらブラブラする。

寒いのに人だらけ

「やっぱ、寒みぃなぁ・・・」 辺りに残る雪が寒さに拍車をかけている。でも、子供達は大喜びで「キャーキャー」元気一杯だったね。 イルミネーションのバラエティさは、太田以上だから僕はここは好きだね。

彩り豊かなイルミネーション

今日も茶目っ気でカメラにクロスフィルターを装着して、遊んでしまった。見辛いかな?

光源が多いと見辛くなるのだけれど、煌びやかさが引き立つので無理矢理使用する。で、こんな写真になります。

まるで天の川のよう

まるで「天の川」のような迫力のあるイルミネーションに、暫し見入ってしまう。正に「地上の銀河」。

途中、屋台が立ち並ぶコーナーで、ホットコーヒーを購入。 少し焼けてしまっていたが、美味しかった。偶には「レギュラーコーヒー」も飲んでみるものだね。ここ10年以上は「スペシャルティ」ばかり飲んでいたものだからさぁ・・・ 

クロスフィルターの効果

続いて、メインゲート前。 ここの下の地面にはスポットレーザーが照射されていて、子供達が下を向きながら走り回ってレーザーポインターを追い掛け回しているので、ここでは「子供の飛び出し注意!」です。

ステージでは、なんかあまり聞いたことのないシンガーがライブをやっていた。人気があるのか判らないけれど、寒い中、盛り上がっていたね。 あんまり上手じゃなかったけどさぁ・・・

レーザー光線

で、そのステージ目掛けて「レーザー」が照射されていたよ。 光源の方からはレーザーが、オーロラのように伸びていた。 結構幻想的!

銀河鉄道かな?

可愛らしい「汽車」があったり・・・

トナカイの馬車

「トナカイの馬車」もあった。 これは人が乗車できるみたい。

湖面のイルミ

そして、これが僕がいつも楽しみにしている「湖面に浮かぶイルミネーション」

光が湖面に反射して綺麗なんだ! 

綺麗だったよ

毎年、これを見るために訪れているようなもの。 いつ見ても「イイネ!」


青のトンネル

最後に「青のトンネル」をくぐって、会場を後にした。

帰りに「湯の花饅頭」でも買っていこうかな? なんて思っていたら「のろまな観光バス」の後ろについてしまって、下山に40分近くかかってしまい、お店は「本日の営業は終了しました」だってさぁ・・・ 路面になんか殆ど雪など無かったし、浪漫凍結もところどころ。でも、「冬用タイヤ」は履いていった方がいいですね。山の天気は判らんしね。天気予報など当てにならんし。まぁ、ブレーキ踏んづけたり、急にアクセル開けなけりゃ滑りはしないレベル程度だったよ。


帰宅したのが午後8時30分くらい。 食事もしていなかったので、先ず「お風呂」。 それから、24時間営業のスーパーに行き、食材を買って、1人ご飯。今夜は「砂肝の柚子塩ワンタン」と「ねぎとろ巻き」を作った。腹減っていたので写真を撮り忘れてしまった・・・残念。

で、今夜、もう1つのイベントを見物。

今夜の皆既月食

今夜は久しぶりの「皆既月食」だったのね。 僕的には「見飽きている」だけれど、まぁとりあえず一枚!

ここ最近、天体望遠鏡を出していないなぁ、でもあれ、重たいからなぁ・・・ まぁ月食程度では出番の無い望遠鏡。 そのうち、何かの天体ショーがあった時に出そうと思っている。

で、やっぱり寒いのでそそくさと退散。 部屋で暖かいココアを飲みながら「チューボーですよ!」を観る。


「榛名湖イルミネーション」は、クリスマスあたりまでやっているみたい。で、日によって「打ち上げ花火」などもあるから、まだまだ楽しめそうです。 僕はもういいけれど、皆さんもお暇ならば是非行ってみてください。

結構、楽しめますよ。 でも、クソ寒みぃけどね!


おしまい

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村

in Strong Wind.

12月4日

ここ数日はおかしな天気で、昨日は夜半から関東地方は「強風注意報」が発令された。

案の定、夜明けは風の音で目が覚めて、電線は悲鳴を上げている。

そんな中、今日は僕の地元の仲間で、同じJFFの会員の H君と E君と僕とで、川越市の水上公園に行ってきた。

東京の釣具屋さんの「サンスイ」のイベント「トラウトフェスタ」に顔を出してきたのだ。

会場に到着したのが午前9時少し回ったところで、先ず「サンスイ」のブースへ。

サンスイのブース

JFFの会員のSさん御夫妻に挨拶。Sさんの奥様とは入場口でお会いしまして、2回目の挨拶。

ここではこの後「ネックウォーマー」を格安で購入。お袋殿の土産になった。

とりあえず、一旦解散してそれぞれ好みのブースへ向かう。

続いて「TIMCO」のブースへ向かう。

TIMCOブースだよ

ここでは、知人で「TIMCO」の社員でもあるSさんと再会。 先日、豊島園のイベントでお会いして以来。

といっても僅か1月ほどのことだけれどね。

で、「Sさん、新製品は?」

「これ! いいでしょ!」

展示してあった渋いカラーのフライロッドを指差してくれた。

TIMCOブースで発見

「MWとのコラボで作ったグラスロッドなんだけど・・・」

と、ニヤニヤしながらSさんが・・・

「MW! って 値段が高そうなんだけど!?」 ってやっぱり高額だった。

流石に直ぐには手が出せない価格に驚いたよ。 だって、ウジニッキじゃあネームバリューで既に手が出せないよ!

気が付いたのだけれども、今年は、今、流行りのDHがとても多く出展してあった事。スカジットだとかT・スペイだとか、シングル派の僕にとってはハッキリ言って無縁なアイテムなんだよね。

あの喧しく水を切り裂く音がどうしても好きになれないんだよね。 でも、あの飛距離は魅力的だけれど・・・

まぁ、僕のメインフィールドは「渓流」だから、DHは全く必要ないし・・・

しかし、いっぱいあったよ。ダブルハンドの格安ロッド。 そんなにいいのかなぁ・・・? 僕には判らん!


お次は、僕がいろいろとお世話になっている方のブースへ。

TACのブース

「TAC テヅカ・アートアンドクラフト」のブース。

オーナーのTさんはJFFでお世話になっている方。 いろいろと僕の主催のイベントに協力していただいている、面白くてとっても優しい小父さん。 で、今日はご家族での参加。

格安でお馴染みのフィッシュレプリカやバンブーロッドが展示即売。 

お馴染みの焼き魚


TACのターポン発見 

こ~んな「ターポン」のレプリカなどもあった。 で、今日は本当に持ち合わせが無くてね。 知っていたら用意してきたのに~ 失敗だった。

かなり格安で「ランディングネット」があったのだけれど・・・残念! 今日は他のお客様に販売してあげてください。僕は後ほど直電入れますので、その時に・・・


続いて、

リトプレのブース

「リトルプレゼンツ」のブース。

ここではメチャクチャ破格の「フライベスト」を購入。 破格な訳だよね。
だって「欠陥商品」だもの。 でも、直せば全く問題無しのもの。ただ、ポケットのベルクロテープが無いだけだったりだから、手を加えてあげれば新品同様のベストだからね。

この価格で出してくれるのは実にありがたいことだ。 直せば使える欠陥ベストを¥1000でお買い上げ! 超ラッキー!

このあと、会場で同じJFF会員の Oさん と Nさんと再会。 Oさんとは昨年もお会いしたし、Nさんとは先日のTPPの発眼卵放流で一緒に作業したばかり。

で、一緒に行ったHさんは、DHのデモを見に行きついでにデモンストレーターの個人レッスンを受けていた。

「この人のデモ、どうしても見たい」って言っていたしね。よかったね。個人レッスンまで受けられて、いいサプライズだったじゃない!

 この後は、彼方此方をフラフラと見物。

ダイワのブース

「ダイワ」のブースでは、元JFF会員だった方とキャスティングの事や、中禅寺湖の話、そして僕がこの世で一番好きなフライロッド「アルトモア」ブランドの復活希望をお願いしてきた。 まぁ無理だろうけれどね・・・
でも、とりあえずは言ってみただけ・・・ 復刻版で出たら嬉しいな!

次に、

JCAのキャスティングレッスン

「JCA」のキャスティングレッスンを見物。 子供達に丁寧に指導するトーナメンターの人達。

ダッヂオーブンやってた

匂いに誘われて・・・って、僕は犬じゃあないけれど! とてもいい匂いがしたので行ってみたら、やっていましたよ、「ダッヂオーブン」

トマトソースのいい匂いが・・・ 腹が減ってくるから、すぐさまここを後にした。


ハーディのブース

「ハーディ」のブース。 新型のリールが展示してあった。 僕的にはオールドタイプの方が好きなのだけれど、最近はラージアーバーの軽量なヤツが気に入られているみたい。


パタゴニアのブース

「パタゴニア」のブース。
防水タイプのバッグや、ベストなどが展示してあった。
「パタゴニア」の製品は、フィッシングアイテムよりもアウトドア総合アイテムの方がアイテムが豊富だから、僕はそちらの方で釣り用にしてるけれどね。多分皆、そうなのじゃないだろうか? レトロXはお気に入りだし。


CNDブース

最後に立ち寄ったのが、「CND」のブース。 スペイキャストの巨匠Nさんのとこ。

展示してあったフライラインはまるで電気のコードのように太く重たいものばかり。

「こりゃあ、ブッ飛ぶ筈だよ・・・」 

それに、テーブルに置いてあった「アトランティックサーモン」の写真に感動! いつか釣ってみたい魚だからね。

そして、可愛いお嬢さん・・・ ってのは変かな? ブースに居た綺麗なお嬢さん。いろいろと商品の説明をしてくれました。

CNDブースのお嬢さん

日差しが強かったからちょっと眩しかったかな? お疲れ様でした。また遊びに来ます。


大体、午前中で大まかな見物は出来たので、3人で話し合いの結果「撤収!」

で、川越を後にする。


群馬に帰り、その足で腹ごしらえに向かう。

お馴染みの「深川屋」へ。

今日は H君の奢りで・・・

今日の僕らの昼飯

E君は「カツカレー」 H君は「カツ丼」 僕は「チャーハン」をオーダー。 「マスターばらばらでごめんね」

深川屋チャーハン

ボリューム満点! 味は抜群! もう大満足。 2人をここへ連れてきて大正解だった。

で、お昼の部が終了後も、マスターのHさんとフライ談義で軽く1時間。


お店を後にして、これにて解散となりました。 

E君を送っていって、で、僕の自宅へ。 H君と「またね!」ってことで、今日の予定を完遂。


風呂入ってまったり。と、なりました。


おしまい

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。