気まぐれ釣り師の、底抜け冒険譚!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

a Fellows JFF.

2月26日 

毎年恒例の「JFFアニュアルミーティング」に参加してきた。

年に一度、全国から会員の方たちが集まり、楽しい時間を共有する一大イベント。


午前8時40分。 久しぶりの新宿はどんより曇り空。

新宿駅西口より、都庁方面へ歩く。

朝食を食べていなかったので、道すがら喫茶店へ立ち寄り、「モーニング」を注文。

モーニング食べたよ

「銀座ルノアール」にて 「ホットサンドと珈琲」をセットで注文。 

軽く腹ごしらえをし、再び都庁方面へ。

京王プラザと都庁


集合場所の「京王プラザホテル」まで来た時、

「やけに人が多いな?」

よく考えてみたら、この日は「東京マラソン」の開催日。 多いわけだよね。だからって「京王プラザ」の正面入り口が閉鎖はないだろう・・・ マラソンの参加者が多くて別の入り口に回されてしまった。


会場ではもうみんな集まっていて、受付を済ませ懐かしい顔ぶれとの再会。 気分は最高!

今年のオークション品

今年も沢山の「オークション品」が出品されていたよ。もちろん僕もお宝を出品!


総会が始まり、いつもの議題通り会は進む。

一通り終わると、これからがみんなが楽しみにしている「食事」の時間。

力水

先ずは“コレ”でしょ! ビール! いやいや「力水」!

みんなで「乾杯!!」 飲むは食うはで賑やかな時間! 

JFFに入会してからいつも思う事。 「釣り好きよりも酒好きが多い」クラブなんだなぁ・・・

それから、最後のイベント「恒例 オークション」の開催!

ロッドやリール、バイス、ウェアetc 沢山の品々が落札されてゆく。 

僕が出品した小物やマテリアル、そして目玉? の完成フライ。

ミッジBOX

写真は以前アップしたものだけれど、「実は2箱目のミッジBOX」 もう1つのは同じくらい巻いてあるけれど、とても見せられるような出来ではないので・・・

みんなのリクエスト??? ってかもう勢いで出品しちゃった「極小毛鉤」と「管釣り蛸毛鉤」

高額落札、ありがとうございます! 高知の巨匠Tさん、兵庫のフライウーマンTさんありがとうございます。
こうして落札していただけると言う事は、僕の作品がそれなりの評価をして頂いたと勝手に解釈して自己満足しています。 また来年出品しますね。もっと精進して更なるクオリティアップを目指します。

ただ、「釣れねぇ・・・」というクレームだけはちょっと・・・ でも本当にありがとうございました。

この日のオークションの売り上げは「東日本震災」の「宮古市の震災孤児の義援金」に当てられるそうです。


今年の総会も終わり、解散後、僕は名誉会長とiwana_mさん、kassyさん、Wさん、Yukiちゃんとでホテル内の喫茶店で「珈琲タイム」

じゅりんでまったり

ここの珈琲、旨いんだけれど「もう少しリーズナブル」ならもっと満足なんだけれど・・・

アップルパイでマッタリ

僕は大好きな「チーズケーキ」を注文したのだけれど、残念ながら完売ってことで、これも大好きな「アップルパイ」をオーダー。 美味いねぇ! 珈琲もオリジナルブレンドで申し分無し。 リーズナブルならばもっと申し分無しなんだけれどね・・・


でも、毎年だけれど楽しい時間を過ごせたなぁ。

この日帰宅したのが午後9時過ぎ。 

熊谷でちょっと遊んじゃったからね。 

・・・ん?  いえ、バッティングセンターで弾けていただけっすよ!


今年も出来るだけ沢山のイベント、ミーティングに参加できれば良いなぁ・・・


今週半ばから県内の河川も解禁だね。みんな待ち焦がれていたシーズンだね。


僕は・・・ ぼちぼち釣りますよ。


おしまい

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村

 
スポンサーサイト

in Next to no time.

2月23日

深夜から降り始めた雨。

午前5時30分。 雨音で目が覚めた。

居間に下りてパーコレーターに珈琲を沸かし、目覚めのブラック珈琲を飲みながらTVの天気予報に見入っていた。


残念ながら、今日は仕事になりそうもない。 この雨では風邪でもこじらせたら大変だしね。


と言う事で、今日は仕事を休み朝からバイスの前に座り込んだ。


もう間もなく。 来週はいよいよ県内の河川が一斉解禁になる。

もっとも、僕自身は解禁しても腰が重いので直ぐには川には立たない。

大体、毎年の事だが解禁2週間遅れでやっと、川を見に行くくらいなのだ。

だけれど、準備だけは毎年万全でシーズンを迎えている。 大体、次シーズンの為のフライは、シーズン中は巻かなくても済むくらいはオフシーズン中に巻き終えているし、後は追加巻き程度。 

困るのは、僕のフライを狙っている友達が数名居る事。 前以て「巻いてくれ」と言う注文なら要望に応えているのだが、「そろそろ巻いている頃だろう」と、妙なタイミングでフライをせびりに来る輩が数名居るのだ。

せっかく自分で使おうときっちり巻いたモノを持って行かれる事が良くあるので、自分が使うものは「とにかく手を抜いて、適当に巻き上げる」ようにしている。

で、今日は昨年の使用頻度が多く足らなくなったモノの巻き足し。 それから、今年の前半はどうやら「寒さ」のせいで水面よりも水中でのステージが鍵になりそうと予測したので、それ様のフライを巻いてみた。

ソフトハックル

「メイフライ・イマージャー」 ソフトハックルの定番。 そこそこ釣れるし巻くのも簡単だから良く使うの。

解禁当初は、ドライよりも結果が出せるフライ。


ソフトハックル3_edited-1

「カディス・イマージャー」のつもり。 適当に巻くので「テーマ」が無いフライ。カディスなのかメイフライなのか、かなり曖昧なステージで活躍してくれるヤツ。巻いた自分もよく解っていないので魚達も良く解っていないと僕は勝手に解釈している。


ソフトハックル2

「ソフトハックル・ウェット」 僕がお世話になっているプロショップのオーナーから伝授していただいたフライ。

もともと、#12以上のサイズで「中禅寺湖」で活躍しているパターンを、河川用にサイズダウンしたもの。
ボディに「バスタード」を使い、ハックルを「クート」を使っている。 これがかなりオールマイティで、川でも湖でも管釣りでも、場所を選ばず結果を出してくれるフライなんだ。

小型ウェット

見たまんま。「小型のフェザーウィング・ウェット」 ボディカラーで、あらゆる水棲昆虫に対応出来る。

今回は「カディス」のパターン。 ウィングは「グレーマラード」 テイルとレッグは「パートリッジ」 ボディがティムコの「ペレットダブ」 これも簡単に巻けるフライなので量産出来る。



沈むフライばかりを午前中に巻きまくっていて、気分まで沈んできそうだったので午後から浮くパターンを巻いた。


ガガンボ

巻き足し分の「ガガンボ」 春はこいつから魚達は反応するから去年の巻き足しでこいつを30本巻き巻き!


ストーンフライ

「ストーンフライ」 地元の山岳渓流では、こいつがパイロット的フライになるのでこいつも30本。


ここで、昼飯休憩と、本屋へちょっと出撃。

帰宅後、再びバイスの前に座る。 かなり気合が入ってきた。って言うより「タイヤーズ・ハイ」状態。

まだまだアドレナリン分泌中! 


キール・カディス

「キール・カディス」 僕のフライBOX の「エルクヘア・カディス」は7割方はこの「キール」タイプ。

フックポイントが水面下に干渉しないので、魚の出方が圧倒的に良いのでこればっかりなの。


キール・ヘアーウィング・ダン

「キール・ヘアウィング・ダン」 もう1つキールタイプ。 ヘアウィング・ダンを巻き巻き。 アカマダラやオオクママダラのハッチがピークになったときに威力を発揮する僕の5月の切り札! ボディには「R・I・R」を使い、虫っぽく見せているが、魚がこれを「虫っぽい」と理解できるかは全くの別問題。 釣れれば「虫に見えたんだなぁ」とほくそ笑んでみたりする。


ヘアーウィング・パラ

今日最後に巻いたのが、「ヘアウィング・パラシュート」

このタイプのパラシュート巻くのは多いなぁ・・・  特にメイフライは。

これはボディは「ファインダブ」使ってるけれど、大概は「グース・バイオット」使うので見た目はかなりリアルになるのだけれど、今日はここまで来て集中力が切れてきてしまい戦闘力がダウン。 目も疲れて、これを巻いた時点でギブアップ。

巻くも巻いたり 全部で・・・ 沢山! 恐らく150本くらい。 巻き終えて、自分で呆れている。 まぁ、臨時休業になってやること無かったし、ずっとTV に齧りついているよりは良いと思ったしね。

マジでエコノミー症候群になりそうだよ。

作業終了、午後6時。ほぼ12時間巻き捲っていた。 仕事でもこんなに力入れないのだけれどね。

で最後に、僕の所属している「渡良瀬ネイチャリング・アクト」の定例会が先日の夜あってね、そこで会員の方から格安で譲っていただいた「毛皮」の感触で「気分転換」

NZオポッサム

「ニュージーランド・オポッサム」のボディ・スキン。 なんでもNZでは爆発的に増殖しているらしく、駆除対象になっているらしいのだけれど、 なんか可愛そう・・・ とか言って、こいつを使って魚釣ろうってんだから、僕も偉そうなこと言えないんだけれどね。 感触がいいので「癒し」を体感! フライマンって結構病的な程、マテリアルフリークって居るんだよね。 僕もそうだったりして。


ってことで、今シーズンの使うフライは「早春から秋口用」まで、ほぼ巻き終えた事になる。

ミッジBOX

これは、僕のミッジボックス。 

・・・・

・・・・もう、当分巻かんぞ!


おしまい

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村

Sweet.

2月11日


久しぶりに、「甘いもの 食いてぇ・・・」

で、お袋殿までも「甘いもの 買ってきて」


と言う事で、暫らくぶりに「大島まんじゅう屋」に出撃!


午前11時少し前、館林市に向かい車を走らせる。

昨年、伺ってから結構間が空いてしまったが、本当、久しぶりの「甘いもの」

この日は「田舎まんじゅう」「草餅」「スイートポテト」を購入。

大島さん家の和スィーツ

我が家では、大島さん家の和菓子がお気に入り。ってか、僕がお気に入りにさせてしまったのだが、僕が買ってくると、瞬く間に胃袋に納まり、気をつけないと食べそびれたりもするくらい好評なんだ。

今回、買ってきた「田舎まんじゅう」は、お袋殿のリクエスト。 この人、これに目が無いんです。

田舎まんじゅう

あんこたっぷりで、甘さが丁度良いので何個でもいけちゃう。

で、僕はやはり大好きなこれ。

きなこの草餅

この日は「あんこ入り」と「あんこ無し」を購入してきたのだが、僕は「あんこ無し」で「きな粉」で食べる草餅が大好きなの。

そして、スイートポテト。

草餅とスイートポテト

これが、珈琲に抜群に合うんだ。今日の珈琲は「イエメン・ホワイトキャメル」 これ、かなり高級な珈琲。

通常買っている豆の価格の倍の値段。ちょっと奮発したスペシャルティコーヒー。 COEよりも高級なヤツ。

で、W・キャメルを飲みながら、しっとりホクホクのスイートポテトでマッタリ。 幸せじゃぁ! たまらんのぉ!


久しぶりに大島さん家に伺い、なんだかんだ1時間程お喋りしてしまった。もちろん釣りの話は欠かせません。

帰りに、葱と白菜を頂いちゃった。ありがとうございました。 

帰宅後、白菜の葉を一枚ガブリ。甘みが有り「漬物」にしようと思ったのだが、味が良いので「漬物」には勿体無いので、4つ割にし半日干してから「すき焼き」や「鍋物」にしよう。

で、葱はシャキシャキ感があるので、早速料理することに。

惣菜作り

太くてシャッキリした葱は、これが旨いのだ。 葱は豪快に3cm位にぶつ切り。 少量を荒みじん切りにする。

ボウルに 味噌を大さじ2 みりん大さじ2 砂糖小さじ1 醤油小さじ1 酒小さじ1 を混ぜておく。

今日はさんまの水煮の缶詰を加える。 それと匂い消しに根生姜の荒みじん切りも加える。

惣菜作り2

フライパンに油を少量。 葱の太い部分から焼いていく。 表面に焦げ目がついたら根生姜を加えて生姜の香りがしてきたら秋刀魚を身が崩れないように気をつけて投入。

葱に火が通ったら火を弱め味噌タレと葱のみじん切りを加える。

再び強火にして3~4度フライパンを煽ったら出来上がり。

葱の味噌炒め

見た目は悪いけれど、熱々のご飯に乗せて食べると、他のおかずは要らないくらい“しゃすでりぃ”なのだ。

ご馳走様でした。


翌 12日。

今日は地元で「マラソン大会」があり、メインストリートが通行止めの日。

まぁ、そんな事はどうでもいいのだが・・・

今朝は午前4時に起床。 近所を自転車で一回りして、ついでにコンビニで朝食のおにぎりを購入。

軽く1時間走って、帰宅後風呂に入って汗を流す。

午前中はテレビを観ながらのんびり。

昼飯に焼きうどんを作って、午後からはタイイング。

またもや友達からの注文で、季節外れのモノを巻き巻き。

と、その前に、自分が使うクロウラーニンフを30本程巻いた。

ヒラタカゲロウ

「ヒラタカゲロウ・ニンフ」 所謂「カメチョロ」 僕の地元では「ゾロ」と呼びます。これは「ヒメヒラタカゲロウ」に対応したニンフ。

シロタニガワ・ニンフ

「シロタニガワカゲロウ・ニンフ」 僕の地元の渓流で最も多いカゲロウのニンフ。 テールにレアなマテリアル「グレイアンダーソン・フェザント」を使っているの。これがこのカゲロウのテールを忠実に再現してくれるのでこのパターンを巻くときには欠かさず使うんだ。ただ、このマテリアル「高価」過ぎるのよ・・・

マダラカゲロウ・ニンフ

「マダラカゲロウ・ニンフ」 これは、サイズを変えるだけで「アカマダラ」や「オオクママダラ」にも対応するパターンなの。 結構釣れるんだ。


それから、何を考えているのか解らんのだけれど、とりあえず受注したフライを巻いてみた。

バス・バグ レッド

バス・バグ グリーン

バス・バグ ブラック

「まだ時期じゃあないでしょう?」 って言っても「とにかく巻いてくれ」とのことだったので、指定されたレシピ通りに巻いてあげたのがこの3パターン。

バスバグは「暖かくなってから」のイメージが強いけれどね。 何を釣るのか知らんが、この季節に出番有るのだろうか? 

でもまぁ、彼が楽しい釣りが出来るならば、僕はそれで満足なんですがね。 

結局、この2日間もセコセコ動き回っていて、それなりに充実した週末になりましたよ。

明日からまた、なんか天気が下り坂らしいみたいだけれど、頑張って仕事します。


おしまい

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村

 



Ache!!

2月2日

木曜日の午前中。

仕事中にアクシデント。

僕の立っていた土手というか崖というか、足元が崩れ約2m下へ滑り落ちた。

瞬間、体を反転させて、斜面に手を着く形になり落下を防ごうとする。

幸いなことに、下も土の地面だったのだが、僕が見てしまったモノ・・・

右足首が、普段では在りえない方向に曲がる様を・・・


「捻挫」


骨には異常は無かったが、右足の外側の踝付近が赤紫状に腫上がり、激痛が走る。

曲がってはいけない方向にグネッた右足に、体重が追い討ちをかけたのだから当然だが、しばらくは動けなかった。

それでもその日は、我慢で仕事を終えたが、翌日は更に腫上がり結果、病院送り。

当然、週末の「管釣り行き」は断念。 車にも乗れず、不便の極致。

することといったら、TVを観ているか、本に齧り付くか、フライを巻いているくらい。

約束していた友人の娘に「釣りを教える」も、延期。

まぁ、ある意味では「ホッ」っとしていたりもする。 あの喧しい小娘にじゃれ付かれることを考えたら・・・



金曜日の午後に釣り仲間から、フライのオーダーが来る。

今回は「ニンフ」を巻いて欲しいとのこと。 もちろん無料だが、「後で飯奢れ」だ。

F・T ニンフ

「フェザントテールニンフ」 ウィングケースにピーコックを使っていて、見た目が綺麗。サイズは#16。

釣れるかどうかは別。

F・T ニンフ 2

「フェザントテールニンフ」のブラウン系のやつ。 

こっちの方が釣れる。 僕が使った限りでは。 これは僕のBOXの中にも常に入っているパターン。

手詰まりになったときに出撃する、ピンチヒッター的存在。 が、あまり出撃する機会は無かったりする。

A・P F・ニンフ

「A・P フローティングニンフ」 カディスピューパとしても代用できるオールパーパスニンフ。

CDCを付けてフローティングタイプにしてある。 

F・ニンフ

「フローティングニンフ」 これは、僕の「早春の渡良瀬必殺フライ」 勝率8割の頼りになるヤツ。

通称「イチロー」 釣れない状況でも、とりあえず何とかしてくれる好打者!

F・ニンフ グレー

「フローティングニンフ」 これが今回、友人からのオーダー品。 大体、レシピ通りに出来た。

彼が言うには、「ヒメフタオ」に対応しているらしい。 サイズは#18。


ありがたい事に時間を有効に使うことが出来たので、彼には感謝だ。 どうもジッとしていられない性格なものでね。 気合で合計100本。各20本づつ巻き上げた。痛みが走るので集中し辛かったけれどね。 

で、土曜の夜、彼から飯の誘い。 「鰻」をご馳走になった。 が、カメラ忘れた。

「鰻」を食べた後、馴染みの喫茶店で「珈琲」を頂く。 

マスターが「どうしたの足?」ってお馴染みの青髭面で聞いて来る。

「アジャ・コングに喧嘩売ったの」と冗談を言った。 本気にするから面白いんだここのマスター。

足は痛いんだけれど、こんな具合に退屈な僕に元気を分けてくれる仲間の存在はとてもありがたい。

ただ、けが人を容赦なく引きずり回すのはチョッとね。 少しはいたわれ!


前後するけれど、土曜日の朝、皮肉もこれが届く。

愛車

僕の新しい相棒!  前のヤツは金属疲労で引退。12年間ご苦労様。

これからはこいつが僕の第二の機動力になってくれる。宜しくね!

まだ、オプションを装着していなくて、これから加装していくんだ。ライトとかGPSとかね。防犯登録もしなくちゃ。

ただ、右足が治ってからだけれど。早く転がしてぇなぁ・・・


明日は、痛い足引き摺っても仕事に行くぞ! 気合で乗りきるぜっ!


まだ、陽が高いのでフライの追加巻きします。

おしまい

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村






  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。