気まぐれ釣り師の、底抜け冒険譚!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Eternal.

12月31日。 2012年大晦日。

毎年必ずやってくる大晦日。 TVも毎年のスペシャル番組だらけで飽きた。

が、NHKの紅白歌合戦はしっかり観ていたりして。 ただ、もう何年も歌唱力のあるアイドルが少なくなった気がする。

AKBや、後何だっけ? なんかあったよね。アルファベット3文字のグループ。(興味無いから知らんのよ)

「いったい誰が歌上手いの?」なのだ。 誰が歌っているのか、ドサクサで歌サボってるのも居るかもしれない。

本当、つくづく思うのだが最近のアイドルって羨ましいよね。 息してりゃ儲かるんだから。 なんてここでぼやいても仕方がないか。



で、2012年最後の体力作り。

大好きな風景
 
この景色もいつも見ていると「お馴染み度」が増さなくなってくる。 ただの馴染みの景色。でも落ち着くんだよね。

今日はここから伊勢崎市の「国定駅」に向かったの。 結構距離あったなぁ・・・

途中トイレタイムに寄った場所。

忠治親分のお墓参り

伊勢崎市「養寿寺」

ここには上州の侠客 国定忠治 こと 長岡忠次郎親分の眠っているお寺。

 「赤城の山も今宵限り  生まれ故郷の国定村や、
   縄張りを捨て国を捨て  可愛い子分の手前たちとも
                   別れ別れになる首途だ」

講談の中での名台詞。 こんな台詞を親分が言ったかどうかは知らんけれど、天保の大飢饉の時私財を投げ打って民を救った群馬の英雄的存在だった国定忠治親分。 その反面、何人もの人間を葬ったおっかない小父さん。

 「国定忠治は鬼より怖い  ニッコリ笑って人を斬る」

とまで謳われている。

結局この小父さん、大戸の関所を2回「関所破り」をやらかして、磔獄門になっちゃったんだよね。 

あと、この「養寿寺」は、「源九郎義経」の伝説もあるんだ。

壇ノ浦の合戦の後、頼朝に追われた九郎が奥州に逃げる際にこのお寺に立ち寄り、当時の住職が茶を点てた。って伝承があるんだよね。

トイレタイムを済ませそれから国定駅へ向かう。

駅でお茶タイム。 10分ほど休んで次に藪塚温泉方面へ。

小泉稲荷大鳥居

途中、北関東自動車道を潜ったところで一休み。

「小泉稲荷」の大鳥居がずっと先に見える。 今夜から初詣で賑わうんだろうね。 稲荷様の境内も出店の準備で忙しそうだったよ。 

で、小泉稲荷を通り過ぎ、見慣れた道を進んでいたら僕が以前勤めていた会社の前だったのね。
そこで、偶然先輩に出くわす。 実に6年ぶりくらいに再会。 よく一緒に釣りに行った先輩。
「来年は一緒に釣り行こうぜ」って約束して別れる。 まぁ、先輩の家は僕の家から車で20分位の所だからいつでも会えるんだけどね。

荒船山艫岩

藪塚の農道から西の方角に、上毛三山の「妙義山」が薄っすら見えた。その隣に「荒船山」 艫岩も見えた。


そこから国道50号を渡り、競艇場を右に見ながら笠懸町へ。

良く立ち寄る酒屋の自販機で小休止。

一服中

お気に入りの「無糖珈琲」で一服。 時間は4時30分を回っている。

2012年最後の夕焼け

今年ももうすぐ終わりだ。 

夜が明ければまた新しい1年が始まる。

2013年はどんな1年になるのだろうか。 

今年も、こんなくだらない独り言にお付き合い頂きまして感謝します。

来年も気が向いたら、僕のおしゃべりにお付き合いください。

Thank you very much for everyone.

おしまい

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村    
スポンサーサイト

Retrace.

12月30日

今年も残り1日半ってところかな。 あっという間に過ぎて行った2012年。

いろいろあったなぁ・・・  今年一番の出来事は「入院騒動」だったな。

はっきり言って自分でもショックな出来事だった。 正に青天の霹靂だった。 まだ油断は出来ないんだがね。

今のところは調子好いから何ら問題は出ていない。 毎日の薬と体調管理、それと月1度の通院は欠かせないけど。


来年からは「自分の好きなこと」をやっていこうと思っている。 先ずは転職なんかいいかもね。今の仕事にも限界を感じているし、気に入らない同僚も居たりしてとても居心地の悪い職場だし。


まぁ、そんなことは来年考えればいいことだから今悩む必要はないことだ。 何とかなるさ!ってね。


で、今日はいつもと同じ時間に起床。 午前中に必要な買い物などを済ませ、昼飯にカレー風味雑炊を作り体がポカポカしたところでいつもの本屋に向かう。

先生の本と剣心

買い忘れていた樋口先生の新刊を購入。 何だか休みに入ってから本ばかり読んでいるような気がする。

先日買ってきたイギリスの釣りの本も読んじゃったし、これ読んだら何読もうかな?

それと注文しておいたDVDが届く。 「るろうに剣心」 今夜じっくり観ようかな? 


で、帰宅してから直ぐに机に向かう。

アカムシラーバ

管釣り用フライを巻く。 これは「アカムシ」をイメージしたお化けラーバ。 サイトフィッシング用の目立つ奴。 手前、足元でうろうろしている奴をこいつで口説き落とすの。


ソフトハックル#12

これは僕が以前いろいろとお世話になった埼玉のショップのオーナー直伝のソフトハックルフライ。

ボディには「バスタード」 ハックルには今貴重な存在になりつつある「クート」を使用している。 何故か釣れるの。 クートの柔らかさがいいアピールになっているのだろうね。これの各色を巻き捲る。

管釣り用 ミッジピューパ

これも管釣り用の「ミッジ」 基本ドライの釣り 細かく言うと「ミッジの釣り」が好きな僕には例え管釣りとは言え欠かせないフライ。 自然のフィールドではほぼありえないカラーの見やすいフライに拵えて有り、フックもヘビーワイヤーを使っているので大型レインボーなどとも十分にやり取りできるように仕上げているつもり。後は腕次第。

フォーム八兵衛

ここから来年のオークションに出品するフライ。 これはフォーム素材を使用した命名「八兵衛」 ワスプをイメージしたフロータント要らず。 真夏から秋にかけての山岳渓流で活躍している僕にとっては実績のあるフライなの。

今日はこれらの他にミッジを20本ばかり追加巻き。 BOXの空きを埋めてみた。


今夜も冷えるのかなぁ? 「剣心」観ながら毛鉤巻こう! 

ってなわけで、寒いから風呂だ風呂っ! あぁ~寒いよ~!


おしまい

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村   

The Remote.

12月24日

今日はXmas Eve。キリスト降誕日の前夜祭。

世間ではどちらかというと、こちらのEveの方が盛り上がる。

ちなみに僕はクリスマスはそれほど楽しいイベントとは思っていない。 キリストの誕生日を祝っても個人的には関係ない事だし、キリストの誕生日ならばキリスト自身にプレゼントを贈呈することが「祝う」ことなのに、何故、関係ない者にプレゼントを贈るのかが理解不能なんだよね。 子供や恋人が「クリスマスプレゼント」を強請るのは解るけれど、本当ならばキリストにこそ強請る権利が有るんじゃあないだろうか? 不思議だ・・・ 

サンタクロースだって、本来はキリスト教の司教「聖ニコラウス」がモデルとなった人物。

「貧しさのあまり娘を身売りしようとする教区の家に、真夜中、煙突から金貨を投げ入れる。 それが煙突の下に偶々有った靴下の中に入って、その家の娘と家族は助かった。」

というのが有名なエピソード。 で、「聖ニコラウス」が「サンタクロース」と呼ばれるようになった。

トナカイの橇に乗ってやってくるなんて、お伽話の中のこと。 まぁ夢はあるだろうけれどね。
現実は「SAGAWA急便のトラックがAMAZONの箱を持ってくる」なんて例じゃあないだろうかね?


結局は「キリスト教のお祭り」な訳で、宗旨が「仏教」の僕には関わり合いのない祭りなんだよね。 ガキの頃は楽しみなイベントだったけれど、高校生くらいから別に楽しみとは思わなくなったし、これまでお付き合いさせてもらった女性達にも、「僕はこういう考えを持ってる」と言い聞かせてきたもの。 プレゼントはあげたけれどね。


まぁ、そんなイベントで街は静かに盛り上がっている頃、今日の僕はのんびりとトレッキングを楽しんできた。

午前10時頃、自宅を出る。 お袋殿が来年、「恒例の旅行」で出雲方面に行くので体力作りをしたいってことで、お袋殿も連れて行く。

金山城址

隣町、太田市の金山に行ってきた。 ここは金山城址「大手虎口」。

のんびり歩いて金山散策。 膝があまり良くないお袋殿のペースに合わせてゆっくりとね。


休憩所の前が金山一番のビューポイント。

スカイツリー見えた

今日は、遥か彼方に「スカイツリー」が確認できた。 で、西の方角には雪を頂いた「富士山」も。

天気が良かった今日は、結構な登山客がいましたね。

それから、またのんびり歩きだす。

新田神社の鳥居

先日来たばかりの新田神社に参拝。


それから、旧、尾島町へ。

世良田東照宮

ここ、尾島町は「徳川氏発祥の地」 写真は「世良田東照宮」 東国禅文化の発祥の名刹で徳川の系譜の歴史を刻む場所。
上州の英雄。武人 新田義貞公を輩出した「新田の荘」は、ここを中心として整備されて行きました。

徳川氏祖先の菩提寺「長楽寺」の境内に、3代将軍徳川家光の時代に創建された「世良田東照宮」

世良田東照宮拝殿

こちらの拝殿は、2代将軍 秀忠公の命により、日光に創建された社殿を移築したもので、国の重要文化財になっています。 他にも、本殿や唐門が国指定重文になっているんだ。

今日は、正月の「初詣」の準備がされていて拝殿前までは行けなかった。 つまり「初詣に来てくれ」ってことなのかなぁ?

勾玉御守りストラップ

社務所で御守りを購入。 「勾玉のストラップ御守り」 何のご利益があることやら??? 

それから、東照宮の隣の「新田荘歴史資料館」へ。 

ここは「館内での写真撮影禁止」 写真は無し。 館内では中世新田氏荘園「新田荘」に関する史跡「新田荘遺跡」からの出土品や残された資料などが展示されています。

開館時間 午前9:30~午後5:00
休館日 月曜日(休日の場合翌日) 年末年始12月29日~1月3日
入館料 一般200円


帰宅後、自室で「毛鉤製作」の仕上げをする。


メイフライ完成

早春3月から4月下旬くらいまで対応のメイフライ群。 「フタバコカゲロウ」「エラブタマダラカゲロウ」「シロハラコカゲロウ」「アカマダラカゲロウ」などを巻きました。

夏フライその1完成

こちらは僕の大好きな「夏の山岳渓流」に対応させたフライ。  カーブドシャンクのフックに巻いたパラシュートパターン。 お勧めは「ブナムシパラシュート」 各3サイズ作ってみた。

夏フライその2完成

次に僕自身の必携パターン。 僕の愛用のフライBOXには必ずこちらのパターンが入っていて、僕自身の実績のあるフライ達。 こちらのパターンではオデコなしですね。

ニンフ完成

「ニンフ各種」 こちらはサブ的フライ。 ベストの中に忍ばせておいて、いざという時に出番が有るかも知れないフライかな?

フォームフライ完成

「フォームテレストリアル」 所謂「フロータント要らず」「不沈フライ」 僕はガンガン叩き上がるような釣りの場合にこのフォームフライを多用します。 フロータント処理は意外と時間を食うもの。その煩わしさを省くにはこういった沈まないフライは実に便利だよね。

管釣り用たまごっち未完成

最後に「管釣り用 たまごっち」 言わずと知れた「エッグ」だ。 素材は今人気の「エボレス」とよく似たものだが、「エボレス」ではない。 
この素材はそこらの釣具屋では扱ってはいないもので、「エボレス」って素材自体はここ数年で流行ったものだけれど、僕の仲間内では16~17年前から思い切り使っていたし、色も自分で色々と染めていたしね。なものだから「斬新さ」はなかったね。 これが出てきた時は「な~んだ・・・」ってな具合だったよ。
でも、「エボレス」が世に出回ったことで、みんなが沢山釣れる楽しい釣りが出来るってこと。 僕らだけ楽しんでいた約16年前は、本当に僕らばかりが独占的にいろんな管釣りで弾けていたしね。だから良かったと思うよ。「エボレス」が流行ってね。
因みに、この「たまごっち」と僕らは呼んでいるが、この素材は「エボレス」よりもソフトで吸い込みがいい素材なのね。まぁ、釣果にはそれほどの差はないと思うけれど。


最後に、今日「東照宮」で見かけた「寒桜」

寒桜咲いてたよ

鬼石の桜山公園の「寒桜」もいいけれど、このような“ポツン”とさり気無く咲いている花も風情があって好きなんだよね。


さて、「たまごっち」の追加製作しようかな? あと50~70本くらいは巻かないとね。BOXにいっぱいかな?


おしまい

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村



Happy Birthday dear Emperor & Jesus!

12月22日

昨日は天気予報で「全国的に荒れ模様」「北関東では積雪の恐れあり」などど予報されていたが、蓋を開けてみれば何てことはない。 北部では積雪はあったようだが、僕の住む街では「ただの雨」。 それも夜明け前にはすっかり上がり、時々パラパラと落ちてくる程度。 

てなわけで、土曜日は仕事。 のんびりと稼がせてもらった。


23日。

街はクリスマスムード。 今日は「天皇誕生日」 明後日、クリスマスはキリストの誕生日。

人の誕生日で、これほど盛り上がれるのだから日本は平和だよね。 ってか世界的に平和な日かぁ・・・
まぁ取りあえず、「お誕生日 おめでとうございます」


今日は館林の友人のお店「大島まんじゅう屋」に買い出し。

「大福」と「赤飯まんじゅう」を購入。ってか、半分サービスのようなもの。ありがとうございます。 
で、いつもの事ながら「お土産」まで頂いてしまった。 大島さんの息子さんのために置いてきた「タナゴ釣り」のアイテム。役に立てばいいなぁ。 釣り好きの少年にはどうしても力を貸してあげたくなっちゃうんだよね。 
いい釣りして、勉強もスポーツもしっかりやってくださいね。


館林の帰り道、道路がえらく混んでいた。 まぁ、日曜日なのだから仕方がないのだろうが、今日は格別に混んでいたなぁ。

で、道すがら立ち寄ったお店で買い出し。

材料調達してきたよ

新しいスタッカーとミッジフック。 これは僕が自分で使うやつ。

「NS」の新製品? を2つ仕入れる。イマージャーのダビング材。 どんなフライが完成するやら

その他いろいろ。 今夜は「平清盛」を視終わってから部屋に籠ろうかな?


ミッジ巻こ~っと

今日は「ミッジ #32」の他、「スパークル・ダン」「コンパラ・ダン」を巻くつもり。

何本巻くかは気分次第だけれどもね。


明日はお袋殿が「太田金山」に連れて行け。と言っていたが、歩けるのかなぁ? 


おしまい

 にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村

Dizziness!

12月21日

冬至。  太陽暦の師走22日頃のこと。暦の上では「冬の気配を感じた日」からの15日間を指す。我が日本のある北半球では、1年で最も昼が短く夜が長くなる。
各家庭では、風習で「柚子湯」を楽しみ、風邪などの予防をする。

因みに僕は「冬至」よりも「杜氏」の方が好きだけれどね。 ここ何年も日本酒飲んでないなぁ・・・


実は今日、午前6時に起きたものの、「強烈な眩暈」に襲われ仕事を休んでしまった。

退院後は体力回復に精魂費やし、ようやく社会復帰に至ったので「極力仕事は休まない」と決めていたのに、なんともまぁこの体たらくである。 以前ならばこの程度では無茶をしたものだが、やはり「病み上がり」の人間なものだし、場所が場所だけに慎重になっているのだろう。 大事をとって休ませてもらった。 本当、情けないなぁ・・・


なもので、午前中は炬燵でグロッキー状態。蝉の抜け殻のようにピクリともせず、ただ時間が過ぎるのをじっと待っていた。

午後2時過ぎになって血圧も安定し、耳鳴りもやや治まり少し楽になってきた。 で、「ボーっとしていても」ってことで、することと言ったら「毛鉤製作」くらいしか浮かばなかったものだから、取りあえず作業机に向かった。

そこへ、「郵便」がやってくる。

さて、巻くぞっ!

先日、「お試し」で発注したフライフックが代引きで届く。

僕の釣り友が「使ってみたけど結構いいよっ」って紹介してくれた「MARUTO」のフック。

かなり格安。 年間7000本程巻く僕にとっては心強い!

先ずは初めて使う物なので「ドライ用 #20と#18」それから「管釣り用 #12」を注文してみたんだ。

さっそくチェックする。 

各フックとも、不良品はゼロ。 こういったフックにはお決まりの「エラー」が何本かは紛れ込んでいるものだが今のところ全くのゼロ。これは期待できる。

次に強度テスト。

各フックとも5Xのティペットを結び、バイスにフックをセットし、ティペットを引っ張りバイスを持ち上げる。

すると、#20 #18は負荷がかかって伸びるようにベントが開くが、強度に問題はなし。

渓流魚相手なら十分すぎる強さだ。 これならば使えそうだね。 #12のカーブドシャンクの方は全く問題なしだ。

大量生産するときはお世話になっちゃうかもね。 僕個人としては「TIEMCO」と「BUYAN」のフックが信頼しているのだが、これはこれで使えそうだね。 まぁ、まだ実際に使っていないのでまだどうこう言えないんだけれどね。今回は釣り友のY君の顔を立ててみよう。

連休は「毛鉤製作」に専念するつもり。 

「スパダン」と「コンパラダン」 それからY君の同僚の初心者(女の子)が使う管釣りフライ「たまごっち」を巻く。 教えてくれたお礼だ。日曜日に使いたいんだってさ。


ってなわけで、今日はここまで。


おしまい

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村

Polling Day.

12月16日。

今日は衆院選の投票日。

あまり期待は出来ないんだけれど、取り敢えず「日本が変わる」ことを細やかに期待して午前9時に投票に行く。


帰宅後、お袋殿の希望で「BOOK-OFF」に行ってきた。

国道50号脇にあるお店は自宅から車で7~8分のところ。

店内をぐるぐる回り物色して行く。

本買ったの

左は、昨日埼玉のプロショップに行ったときに店主のシライシさんが執筆されたアウトドア本。 で、右のが今日見つけてきた本。

J・Rハートリー作のフライフィッシングの本「イギリスの釣り休暇」って本。 これ、訳者が芦澤一洋さん。我等がJFFの創設者。だから買っちゃったの。 まだ、いろいろと忙しいから、正月休みになったらドップリ浸かるほど読んでやるんだぁ!

この他に「里見八犬伝」の本も購入。

帰宅後、お昼ご飯を仕込む。 今日のお昼はキャベツとタマネギを沢山入れた鳥蕎麦。味付けは超・薄味。その代わりに出汁を十分利かせたので風味が良くなっているの。 それと、シメジと鳥の笹身肉の炊き込みご飯。

食後1時間程休憩した後、体力作りへ。

袈裟丸見えた

ひまわり畑の細道から北の方角に、今日は「袈裟丸山」がとてもよく見えた。

足尾山塊の南端の山で、袈裟丸山(前袈裟丸)が標高1878m。季節になると石楠花や八潮躑躅などが綺麗なんだ。
僕らはこの山の下を流れる小中川に釣りに行くんだけれど、最近めっきり魚が少なくなったし、セシウムの問題もあって釣り客も少ないらしい。

いつもの坂道を上ると、遠くに「八ヶ岳連峰」も見えた。

遠くに八ヶ岳

この辺りだと、ここが一番綺麗に見えるかな? 千曲川に遊びに行きたいなぁ・・・

赤城の鍋割山

赤城山の鍋割山。この山から延びる裾野が一番好きなんだよね。 群馬のシンボルだからさぁ。

来年の春にはまた赤城散策に出かけられるだろうか? それまでには体を治しておかなくちゃね。

上越国境の山見えた

で、赤城山と榛名山の向こうに上越国境の手前の山々が聳える。綺麗だなぁ・・・ この辺りは多分、高山村辺りだろうか? その向こうに見えた真っ白の雪を被っているのが上越国境ね。


浅間見えた

綺麗な浅間山を眺めてから再び出発。 笠懸山の峠を下り農道を抜け県道293号線に出る。

県道を伊勢崎市方面に下り、途中を左折。大正用水に沿った道を東に向かう。 

大正用水

伊勢崎の大正用水

用水の分岐で一休み。 5分ほど休憩の後、今度は県道291号線に出て再び北上。いつもの八王子山へ。

いつもの八王子山

林道を抜け、いつもの鉄塔で休憩。30分くらいここでバードウォッチングして遊んでた。

ここへ来る途中、「祭囃子の笛の音」が聴こえたのね。 「どこかで祭か?」と思っていたら初老の男性と中年女性が練習していたのね。「八木節」の笛の音。 今日はいくらか暖かかったから、外での練習には良かったみたい。

四十雀や山雀の囀りを聴きながら、登り口の神社前で買ってきたお茶でマッタリ。

それから、再発進! 山を下り、先ほど上ってきた坂道を今度は下り、岡登緑道を経由して自宅へ。
今日は軽く10kmくらい走ったかな。


帰宅後は自室に籠り、毛鉤製作。

コカゲロウ#18

来年のオークションに出品するフライの数々。 こちらは「コカゲロウ 裏ハッチ仕様#18」


スパークル・ダン

「スパークル・ダン」 僕の好みで少しだけファットボディに仕上げてあるんだ。何故かこの方が良く釣れる。
このカールヘアーも僕の好み。ピンピンしているよりも、こっちの方がよりリアルに見える、と、今日までそう信じて使ってきたんだ。

ヘアーウィングパラシュート

「ヘアーウィング・パラシュート」 これはオオクママダラカゲロウに対応したパターン。良く見えて良く浮いて良く釣れる・・・といいんだけれどね。 稀にツボにハマるんだ。

CDCダン

大量生産型「CDCダン」 スレッドボディ仕様なので、マテリアルが少なくとても簡単に巻けるので量産に向いている。

トビケラ#18

で、僕の隠し玉的フライ。「パートリッジカディス」 ちょっと見づらいフライなんだけれどもね。これは良く釣れるので常にBOXに入っているパターン。



話は変わって、先日、体力作りに出かけた際に立ち寄った神社があったんだけれども、以前、っても高校時代だけれど、クラスの友達に連れてきてもらった覚えがあったのね。
20年振りくらいに寄ってきたんだよね。

火雷神社

群馬名物の雷様である「火雷神」を祀ってある「火雷神社 からいじんじゃ」の分社でしょうね。 本社は玉村町にあります。

ここに昔来たことがあったんだよね。ここに来るまで気が付かなかったってか忘れていたんだ。

摩利支天

拝殿の脇にある「摩利支天」

ここの摩利支天尊の由来を少々。
開運の神、摩利支天尊は、元は火雷神社の裏にあったが、勝負に負けず嫌いの強い神として信仰され、参拝者が多いので、火雷神社境内の西方、社前の現在地へ遷した。
昔、柔道の先生高柳伝四郎氏は東京へ試合に行く時、丑の刻参りを行ったと伝えられる。
現在では進学、就学、選挙、又は勝負に関する事が非常に多彩なので、特に参拝者が多く、願が成就した時は木の木刀を作って御礼参りに行くのである。
現在でも年中新しい木の木刀が奉納してある。
摩利支天は梵名マリーチの音訳で訳すと、威光とか陽焔となるこれは陽炎の事を考えればよい。かげろうの神格化されたもので、日天の前にいつも疾走して阿修羅の軍を調伏する神とされている。

たしか、東京上野のアメ横にもあったような記憶がある。以前参拝したのが「摩利支天」だったような・・・

八坂神社

その隣には「八坂神社」 素戔嗚尊を祀っている武運の神様。

結構信仰深いんだよね群馬県民って。そういう僕も「不動信仰」の気があるんだけれどね。 そんなにのめり込んじゃあいない。 9月生まれの酉年なものでね。


と、今回はここまで。 フライ巻かなきゃね。

おしまい

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村

My Favorite Shop.

12月14日

月に一度の検診の為、前橋市の心臓血管センターへ。

採血と診察。 午前9時30分からの診察だった為、めちゃ混み! 待っている時間だけで1時間以上。診察が終わり会計で1時間近く待たされる。で、病院を出たのが正午近く。

診察の方は平行線。 ただ、中性脂肪が平均以下の数値に。コレステロールや血糖値などは普段から正常値なんだけれど、中性脂肪が少し高めだったのね。それが今は少ないくらいの数値になっちゃったの。
「もう少し栄養価のある食事をしなさい」と医者に釘を刺された。


それから高崎市のアウトドアショップと釣具屋へ立ち寄り、アウトドア雑誌と地元のお店ではなかなか手に入らないマテリアルを購入。



12月15日


午前中、自宅近くのホームセンターに買い出し。 ハンガーとトイレットペーパーを購入。

その足で隣のスーパーマーケットへ。 食材、殆ど野菜ばかりだけれど買い足してから、今度は踏切手前のドラッグストアへ。 グラニュー糖を2袋購入。

実は近所のおばちゃんに、柚子をいっぱい頂いちゃって、それで「柚子のマーマレード」を作ることにしたの。
手間はかかるけれど、これからもっと寒くなるから風邪予防にもなるかもね。


お昼ご飯に、昨夜から仕込んでおいた「びんちょうマグロのカルパッチョ+野菜たっぷり」を食べて、一休みしてから自宅を再び出る。


昨年の夏、片品の「菅沼」にJFFのアクティブメンバーのみんなと釣りに行ったとき、偶然居合わせた僕の行きつけのプロショップのオーナー、シライシさん。

あれ以来、体調を崩していたため全く行けなかったお店に、実に1年振りに行ってきた。

久しぶりにお店に行くと、弟さんのユージさんが迎えてくれた。 

「こういうわけで死にかけた」と伝える。 会って早々心配をおかけしてしまいすみませんでした。

それからお店の奥からケンさんが顔を出し、同じことを伝える。 本当に心配をおかけしました。

で、お店で久しぶりに釣り談義。 

シライシさんが書いた本と、マテリアルを購入。

シライシさんちでおかいもの

写真のロッドは、10年くらい前に購入したもので、遠征釣行のお供。 

マテリアル「レッド・ビショップのコンプリート」「アイビス・クイル」コウノトリの羽根だよね。それから「CDC」と「変わった色のラビット・スキン」「ミラージュ・フラッシャブー」を購入。そして、タイイングニードルも購入。これ、とても持ちやすいんだよ。

で、サービスで「コンドル・マラブー」を貰っちゃった! ありがとうシライシさん!

やっぱり行き付けのお店はいいなぁ。ホッとするというか、落ち着く感じがしてまた釣りの意欲が湧いてくるんだね。 考えてみれば、僕のフライフィッシングを最初に指導して下さったのがシライシさん。僕のフライの先生なんだよなぁ。 この人に会わなければ、僕はフライを辞めていたかもしれないんだ。それまでは殆ど釣れなかったからね。


帰りにコンビニでブラックコーヒーを買って、のんびりドライブ。


帰宅後、風呂に入って、それから晩御飯。湯豆腐と鳥レバーと青梗菜の炒め物を作る。空芯菜があればもっと美味しかったのだけれどね。青梗菜は水分が多いからさぁ・・・


レッドビショップ購入

晩飯後、机に向かって今日購入したマテリアルを何となく眺めてみる。

もう、あまり見かけなくなった「レッド・ビショップ」 こんな可愛い小鳥を毛鉤の材料にしようというのだから、フライマンって残酷だよなぁ・・・って、思えちゃうのよぉ! 
こいつの頭のオレンジ色は、パラシュートのポストに使うと、良く見えるんだよね。 翼は超小型のウェットフライになるし、ブレストフェザーはニンフや小型ウェットのハックルに使える。で、こんなことをやっているうちにこの可愛いビショップ君は哀れな姿に・・・  やっぱり酷いよなぁ・・・

アイビス・クイル購入

「コウノトリ」のクイル。 僕はこれをドライフライのボディに使うの。

かつて地元の渡良瀬川で、これのイマージャーとアダルトで面白い釣りが出来たことがあったのね。 友人に何本か渡した時も「尺オーバー」が釣れたし、初心者にくっ付けてやったら見事第1号ゲットにも繋がった。

僕のお気に入りのマテリアル。ただ、これももう殆ど入荷しなくなってきたらしい。 買っておいて良かった。それにまだ使いかけと未使用の在庫もあるしね。


さて、明日は選挙だなぁ。 期待していいのかな? 取りあえず投票には出かけてくるけどさぁ、また僕らの足枷が増えるような政策じゃあ困るんだよね。 本当に我々国民の為に頑張ってくれている政治家が現れるといいんだけどね。 
取りあえずは各政党が一致団結して欲しいな。で、拉致事件の解決と国内の財政を整えて欲しいね。雇用状勢ももっと良い方向に向けて欲しいよね。

期待していいのかなぁ・・・・?


おしまい

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村

a Grown-up!

12月9日。


前夜、NHKの「ケータイ大喜利」を観ていたので少々朝寝坊してしまった。

今月の3日から、ようやく仕事復帰をして毎日を頑張っている。結構しんどい。

何しろこれまで使っていなかった筋肉をいきなり使ったので全身筋肉痛に襲われている始末。 まぁ、この病気をする以前は全開で使っていたものなので直ぐに慣れてくるとは思うのだが、それでもキツイことこの上ない。


午前7時に目が覚めるも、寒くて布団から出られず横になったままDVDを観ていた。 で、8時頃朝食を摂りに台所へ降りて行く。 前夜の残り物と玉子丼、キャベツを加えたオニオンサラダを作る。

9時30分、自宅近くのスーパーマーケットに買い出しに出かけ、帰宅後はTVを見て過ごす。 まったくここまで退屈な日曜日は久しぶりだ。 いつもなら何かと理由をつけては外出して過ごしていた筈なのに、その気力が出てこない。 全くどうしたものやら。などと考えているが、それはきっと歳のせいなのだろう。顕著に「おっさん化現象」が表れているのだ。 ・・・・やれやれ。


昼過ぎ。 自宅から直ぐ近くに住んでいる従姉妹の姉さんの娘が久しぶりに我が家に訪れて来た。それも綺麗な着物姿で。

成人式おめでとう

ついこの間まで僕の膝の上で遊んでいた子が、来春成人式を迎える。 年が明けるとスタジオが混雑するので早めに記念写真を撮ってきたらしい。 チビスケだった女の子が綺麗に成長したものです。 就職先も決まったとのことなので、親戚中もひと安心。 今後の人生を楽しく生きて欲しいものです。 頑張れ我が妹よ!


午後2時過ぎ。いつもの体力作りの為、出動する。

養護学校の横で休憩

お馴染みの心臓破りの坂道を突破し、坂の上で一休み。 南東の方角にいつものコース鹿田山が見える。

今日は、昨日程ではないが強い風が吹き付けていたので、結構な負荷がかかっていた。きつめのライドでいい汗をかいてしまった。

坂の上からの街並み

坂の上からの街並み。これはみどり市の風景。 ちっぽけだけれど夜景も楽しめる。

赤城と榛名と田園風景

自宅近くでは、ここからの景色が一番気に入っている。右が赤城山の裾野。左の雲に覆われているのが榛名山。あの雲は「雪」が降っているかもね。

「田舎だなぁ・・・」としみじみ感じるのだが、この景色が何故か好きなんだなぁ。 懐かしいと言うか。たぶんよく言う「心の故郷」ってのがここにはあるんだろうね。

再び走り出す。 峠を下り、隣町の新里町を抜け伊勢崎市方面へ。

蚕影神社

峠を下ったところで街の鎮守様にお参り。 よくわからんけれど、寺社名からして「養蚕の神様」なのだろう。

縁も所縁もありゃしないが、何となくお参り。まぁ何かしらのご利益を期待してみた。

そこから、県道291号線を一気に下り、県道68号線の交差点へ。

更に南下し、流通団地手前から太田市方面へ少し走り、県道315号線を再び北上。 北関東自動車道の藪塚桐生ICを通り過ぎ再度、県道68号線を越え国道50号線へ出る。

で、いつもの農道まで来てから一休み。

いつもの農道と赤城山

馴染みの八王子山とその向こうに聳える赤城山を眺めながら、熱いお茶で一服・・・と行きたかったのに、寒さの為かとてもリアクションの取りづらい温度に冷めてしまった緑茶に一人悪態を吐きながらぬるいお茶を啜る。

低血糖予防にポケットに突っこんできた黒飴を一粒口の中に放り込み、再びペダルを漕ぎ出す。

走行距離20㎞以上。 頑張ったけれど、苦では無くなってきたね。 少しずつ体力が戻って来たことを感じている。目標は40㎞走破。 まだまだ体力が足らない。

帰宅後、整理体操をし運動後の血圧などを測る。 毎日のVital checkは欠かせないのが今の僕の生活なんだよね。結構面倒くさい。


今週は仕事が忙しくて、ブログネタがあまり無いけれど、 今日は妹の(親子ほどの年齢差だけど)可愛い着物姿が見れてちょっと嬉しかったよ。

まぁ、今回はこんなところでしょうか? 

さて、フライ巻こ~っと!

おしまい

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村

around the clock

12月2日。


午前6時30分起床。

8時に自宅を出る。 行く先は埼玉県川越市。

川越市には以前仕事で週3回は訪れていて、細かい路地までは大体頭に入っているので、僕には馴染みの街だ。


のんびりと関越自動車道をひた走る。 今日は曇り空の為か雲をかぶった富士山が僅かながら白く聳えていた。


サンスイトラウトフェスタ

会場の「川越水城公園」

会場に到着した時は青空が見え出し、それでも風はひんやり。 この日っていうより毎回なのだが、同じ会場で何かしらのイベントが同時に開催されていて、広々とした駐車場があっという間に満車状態。
なんとか駐車できるスペースを見つけていざ場内へ。

入り口で「ダッチオーブン料理の優待整理券」なるモノをいただくが、今の僕は「節制」を余儀なくされているので自主的に辞退。

今回は一人で訪れたのだが、会場ではJFFの会員の方達にお会いすることができた。

実は今回、あまり写真は撮っていない。ってか、取り忘れたのだが・・・・

「テヅカアートクラフト」のブースで、新潟のテヅカさんにお会いする。

バンブーロッドとランディングネット、で、お馴染みの焼き魚を拝見する。本当はランディングネットが欲しかったのだけれど、財布に現金を入れ忘れてしまい、まぁ、後日ってことで・・・

主催の「サンスイ」のブースでSさんご夫妻にご挨拶。 ここで「ハット」を一つ購入。サイズは丁度良かった。来シーズンはこれを使おう。

「TMC」のブースでS崎さんと久しぶりにお会いする。 FBの方では何かとご心配いただいていたので、お礼のご挨拶。

で、前日の「アンダーハンドキャスティング講習会」でお世話になった近藤さんのデモをちょっとだけ見学。

その後、我が地元の漁協の組合長と「Patagonia」のブースで鉢合わせ。「どうもどうも!」ってな具合。

JFF会員のOさんとはこの会場で良く会う。 少しの時間だけれどご一緒させていただいて、それから今年の長野ミーティングで一緒だったYさんとNさんも会ったし、みんな釣りに関するイベントは好きなんだなぁ。僕もそうだけどね。

午前中で今年は撤収。特に欲しい物も無かったし、持ち合わせが無かったからね。まぁ、来年もあると思うしね。


自宅に帰ってから昼飯がまだだったのと、寒かったので「雑炊」を作って食べる。

食休みの後いつものトレーニングに出かける。

いつもの坂道

いつもの坂道。 なんだかどんよりとした空になってきた。 崩れるかもね。

登り坂は結構汗ばむくらいなのだが、下り坂は今日は最悪。 寒いこと! 汗を少しかいているから冷たい。っていうか痛い。 
そう、群馬の冬は「痛い」のだ。学生時代の友達(北海道出身)にそう言われたことがあったなぁ。

明日から、仕事に復帰。また頑張らなくちゃね。無理をしない程度に。

さて、フライ巻こ~っと!


おしまい

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村

Learn!

12月1日。

今日は僕が所属している「渡良瀬ネイチャリングアクト」主催のキャスティング講習会が渡良瀬川河川敷で行われた。
催されたのは、「アンダーハンドキャスティング」  講師は「近藤雅之 先生」 

UHキャスティング講習

一般参加の受講生と僕ら会員、合わせて20名程の講習。

最新の理論と解りやすい解説と実技を暗くなるまでじっくりと教えていただいた。

UHキャスティング講習2

「どうしてこうなるのか?」「何故、この投げ方が有効なのか?」など、ホワイトボードで解説しながら実際に投げて、簡潔で、しかも奥が深い内容の授業が進められた。


UHキャスティング講習3

今までで、幾つかのDHの講習は見学させてもらったことはあるが、ここまで静かな水面を荒らさないキャスティングは見たことがなかったので、シングル派の僕にとっては実に新鮮な技術だ。 正直に言うと「またDH欲しくなってきちゃった。」だ。 マジで買おうかなぁ・・・

UHキャスティング講習4

実は、講義の初めにSHのキャスティングの講義があったので、これはマスターすれば技術の引き出しが増えるなぁと思ったね。 ロールキャストだけじゃ対応出来ない場面なんていっぱいあるものね。

UHキャスティング講習5

秋の夕暮は釣瓶落としと言うけれど、あっというまに辺りは暗くなってきて、それでも受講者のみんなは真剣そのもの。
僕は今日はロッドは振らなかったけれど、それでもこの講習会は自分にとってプラスになったこと間違いなし!

しかし、秋の水辺は寒みぃたらないね。 手が冷てぇこと。


明日は、埼玉の川越で開催されるトラウトフェスタに顔を出してみようと思う。


おしまい

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。