気まぐれ釣り師の、底抜け冒険譚!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

be in full swing! next.

昨日の続き・・・


夜も9時をまわった辺りで参加メンバーの殆どが集合した。

ゲストで神奈川から参加の女性も。

お稲荷さん

シマザキさんの差し入れの稲荷寿司。1つ頂いちゃった~! 素朴で大好き!

で、ここからが本格的でこの日のメインディッシュ。 僕のお気に入りのお蕎麦屋さん「うずら庵」のマスター“くらっち”さん提供の本格イタリアン。 ただ、料理名を何個か聞き忘れた。

きのこ

トマト

ブルスケッタ。カリカリのフランスパンにさっぱりトマトとコクのあるキノコが乗っかった前菜。
めちゃくちゃ美味いぃ~っ!

本格イタリア料理2

サクサクのスティックの生ハム巻き これも美味い。まさか深夜の渡良瀬で本格イタリアンを堪能できるとは思わなかったよ!

クラッチシェフ

料理盛り付け中のシェフ。

本格イタリア料理

お肉~

ポテトとガーリックのソテーとチキンロースト なんか「????」って料理名を聞いたような気がするんだけど、忘れた。

それとバターの香りが堪らんお肉料理。ボリューム満点。が、これは食べれなかったんだ。悔しいけれど今の僕には味が強すぎたんだ。残念。なので香りだけをたっぷり堪能。

コゴミとゴーヤ

ここでちょっと「箸休め」 ゴーヤの味噌炒めとコゴミの胡麻和え ちょっとだけ“和”を頂く。

リゾット

ニョッキ

「根曲がり竹とブロッコリーのリゾット」と「おじゃがのニョッキ」 お外でイタリアン 最高でした!

それから各テーブルで話に夢中になる。 僕はシマザキさん達と釣りの話やくだらない世間話でワイワイガヤガヤ大いに楽しんだ。

夜のお勉強

こちらのテーブルには「フライマンの教科書」 しかし寒みぃ~ぜっ! 雨が霙になってきた。どんどん気温が下がって行く中宴会はヒートアップ!

日付が変わったあたりで「御開き」となる。で、明日の為に各々帰宅する者や車中泊組に分かれ解散となった。


4月21日

今日は今年第二回目の「ボランティア成魚放流」を行った。

面子は昨日のメンバー。 朝からバケツリレーを決行。夕べから降り続いた冷たい雨の中、ヤマメを放流。

成魚放流1

成魚放流2

レンズに雨粒がくっ付いてなんかぼやけてるが、取り敢えず1時間程で元気なヤマメ君達が渡良瀬川に放たれた。

元気に泳げ

前回よりもサイズアップ君達を放流したよ。

この日は午後から雨も上がり、天気は回復。 早速試し釣りを敢行するメンバー達。僕は一旦帰宅。昨日の疲れが残っていたため仮眠を取るためさ!

で、午後川に行ってみたけれど、何か気合が入らないので1時間位竿を出したが、風が出てきたために終了。

赤城雪化粧

寒いわけだよね。 この季節には珍しい「赤城の雪化粧」 風が冷たかったものね。

最近はあまり無理な釣りはしないことにしているのね。

で、2日開けて今日、23日。イブニングを狙ってみた。

本年第1号

やっと出ました! 今年の第1号君。 全然釣りに出掛けなかったせいもあるけれど、今年の第1号君をGet!

さらに上流側へ移動。

渡良瀬ヤマメ2

わたらせヤマメ

昨年の5月以来のヤマメ君の顔。 約1年ぶりに見る精悍なヤマメ君「こんな顔してたんだぁ~」何気に忘れかけていたお馴染みの「キョトン顔」に笑みが毀れちゃった。

渡良瀬ヤマメ3

暗くなってきてフライが見えなくなってきたので今日はおしまい。 3匹だけだったけれどライズの嵐に出会えて久しぶりに興奮しちゃったよ。 楽しかった。


で、おまけ話。 昨日の晩、いつもの毛鉤作り中に首の後ろを“ ゾロゾロ~ッ”と這い回り物体! 「ゲッ!」っと思って手を伸ばしたらこいつが僕の部屋に忍び込んでいた。

ヒゲナガ君

ヒゲナガ君2

「ヒゲナガカワトビケラ」 ヒゲナガ君が訪ねてきた。 でもいきなり首に集るのは止めて欲しかったなぁ。感触が暫く残ったよ。

先週末から今日までの出来事でしたとさ。 めでたし、めでたし。

おしまい

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

be in full swing!

先週末と昨日の事。

4月19日。 相も変わらず午前6時起床。 庭の花たちの世話をする。といってもそんなには咲いていないけれど。
とりあえず雑草処理と水やりをしておく。

午前10時「満腹号」出動。 近くのホームセンターで自宅の水道回りの部品を調達。その足で太田市方面へ。

東毛少年自然の家

小学5年生の時に校外学習で訪れた「東毛少年自然の家」 いまだ健在であったことにちょびっと感動! あの時ここで何をやったかなんて、もうすっかり記憶の彼方に消えてしまっているが、ただ懐かしさだけは覚えている自分に感心したりもする。

東毛少年自然の家2

学校行事では初めての「お泊り」もここだったね。 微かに覚えているのは「キャンプファイヤー」だけかな?

まぁそんなことは今となってはどうでもいいことだけれど。記憶を辿るのは神経を使うから好きじゃあない。

そこから少し下がったところでこんな花を見つけた。

ミヤマオダマキ

「ミヤマオダマキ」 キンポウゲ科の花。 あまり見かけない花だけれどね。 赤城山の覚満淵周辺や日光戦場ヶ原にはこれの仲間の「ヤマオダマキ」が沢山あるけれど、これは本当に見かけないね。

ミヤマオダマキ咲いてた

花言葉は「あの人が気がかり」じゃなかったかな?

「自然の家」のある山腹から県道へ。 東武鉄道の線路際にこんな史跡がある。

伝・藪塚氏の墓

「史跡 伝・藪塚氏の墓」
この五輪塔は大正2年に「東武鉄道桐生線」の敷設工事の際、大字藪塚2167番地(旧字中原)付近の小さな塚を切崩したときに五輪塔が4基出土したと言われている。鎌倉時代のものとされていて、近くに元屋敷という地名があること、新田一族の中に「藪塚六郎朝兼」という人物がいることなどから朝兼ら三代の墓であろう推定された。そこで現在の所に保存工事をしたものなんだって。が、見た目、お墓にしては扱いが雑。犬小屋みたいだ。
で、被葬者の「藪塚氏」については推測の域を出ていないが、用材が凝灰岩であり、火輪部の稜線および軒端の反りが少ないことから鎌倉期のものと考えてもいいらしいんだ。また、伝承を加味すると、鎌倉中期以降のものとなるようなの。 が、ちょっと扱いがねぇ・・・ 人ン家の庭先だから(敷地内だった。犬には吠えられるし)見に行くにも気が引ける場所。

伝・藪塚氏の墓2

こんな感じの「五輪塔」が出てきたんだって。

それから今度は伊勢崎方面へ農道をジグザグに突っ走る。

小泉稲荷

「小泉稲荷」で10分位小休止。

ここは後で紹介するね。 まぁ取りあえず 祭神は「倉稲魂命 ウカノミタマノミコト」 倉稲魂命は古事記では素戔嗚尊(スサノオノミコト)と神大市比売命(カムオオイチヒメノミコト)との間に生まれた「穀物の神様」

休憩後に今度は赤城山方面へ北上。「早川」という小さな川沿いに遊歩道が在ってそこを只管登って行く。

早川遊歩道

汚い川だけれど、これでも「一級河川」 「一級河川??? これで???」 兎に角お世辞にも「一級」はないでしょうって位に綺麗では無い川はここ一体の農業用水として使われている。で、この川の水源は新里町の奥沢って所でみどり市に「早川貯水池」がある。 かつては釣りが盛んだった「早川貯水池」はいつの間にかブラックバスのゲリラ放流や釣り人のマナーの悪さ(ゴミの投げ捨てなど)が目立つことで現在は釣りは禁止らしいんだ。
釣り人の悪い癖でね「ホームグラウンド」と「自分の釣り場」を混同してしまうことが多々ある。決して自分の物ではないんだけれどね、ちょっと人よりも詳しくなったりすると「自分の物」的な意識が出てきてしまう。「遊ばせてもらっている」ってことを忘れちゃうんだよね。 同じ釣り人としてはこういう所はより謙虚でなければいけないと思うんだ。 人の家に遊びに行って散らかしほうだいでは嫌がられるものね。

まぁそんなことはどうでもいいけど。

矢車菊江戸小町

遊歩道脇にこんな花が目立つ「矢車菊」 これは自生じゃなく人の手によって植えられたものだと思う。園芸種の「江戸小町」って種類。 普通は青紫色の花で、この他に「白花」などもある。花言葉は「繊細な心」

忠治親分のお墓

忠治親分のお墓の裏を通りそこから約一時間後に自宅到着。のんびりと3時間程のライディング。

この日は総距離で25km。ふらふらと放浪して新天地を探してきた。


4月20日

午後6時30分。 渡良瀬川に架かる「錦桜橋」の下に集まる。 天気は最悪の雨。しかも4月中旬とは思えない寒さの中、WNAのメンバーと「夜通し親睦会」

親睦会1

僕が到着した時は数名のメンバーが準備というよりもう始めていた。

それから順次メンバーが集まりお酒と料理で寒い中盛り上がる。

親睦会2

僕はお気に入りの「スペシャルティ珈琲」を沸かす。

珈琲淹れたよ

この日の珈琲は、友達が買ってきてくれたお土産の「ホンジュラス」 寒かったので味よりも暖かさの方が有難かったね。

オードブル

オードブル2

オードブルは揚げ物が多かったけれどタップリ。 

蝦夷鹿焼肉

Tさん提供の「蝦夷鹿肉の焼肉」

お刺身盛り合わせ

魚屋さんのSさん提供「お刺身盛り合わせ」 マグロと鰹の土佐作り。

親睦会3
 
野菜スティックも新鮮。

親睦会4

Iさん手作り出汁巻き卵も美味かった! 鳥皮の唐揚げも最高!

あ~キリがないから続きは明日ってことで。

おしまい

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村

a Carp Streamer.

4月18日 昨日の事。

朝はちょっとした新しい仕事の打ち合わせ。 そろそろ腰を上げようと思っている。

まぁ、これからやろうとしている事もどんな結果を迎えるのか分からんけれどね。自分の好きなことだから何があっても文句は言わないけれど。 ぼちぼちとやって行こうと思っている。

で、この日は朝からとても暖かい陽気だったのでいつもの体力作りだ。この日は新しいコースを見つけるために「放浪」を慣行。

午前9時30分出動。
国道50号線を前橋方面へ。 伊勢崎市赤堀町西久保の交差点を伊勢崎市街地方面へ向かう。

赤堀南小学校のすぐ横を流れている「粕川」の土手に設けられているサイクリングロード。毎年この季節にはここの土手にこれが優雅に泳ぎ回る。

粕川サイクリングロード

鯉幟。 もうすぐ端午の節句。 数は少ないけれど散歩をしている地域に人たち子供たちには結構人気がある。

粕川の鯉幟

館林市の「鯉幟の里祭り」のは到底敵わないけれどね。あっちは世界記録認定の鯉幟だからね。

サイクリングロードの道端には小さな花壇が所々に造られている。

花壇に花いっぱい

こんな感じに、軽く目の保養になってくれているんだ。

「シバザクラ」は思いっきり目立つから、遠目で見るとピンク色の絨毯。埼玉県の秩父市や群馬の箕郷町には大きな公園があるよね。 花言葉は「臆病な心」

パンジーとビオラ

花壇の定番となっている「パンジー」「ビオラ」のごった煮。 もう少し株を分けて植えれば管理も楽なんだけれどね。これらは品種改良が盛んで、いっぱい種類があるので僕にも良く解らん。

所謂「三色菫」 「ビオラ」は「パンジー」よりもやや小さめの花が着くと思ったけれど。「Viora」紫の…って意味なんだってさ。 花言葉は「平穏」「私を想ってください」「物思い」などなど。この「物思い」のフランス語「パンセ」から来ているんだって。

チューリップ

これは品種改良種の百合咲きと言う種類だね。チューリップも矢鱈と弄繰り回している花だから、どんどん新しい種類が出てくる。 名前の由来はトルコの「チュルバン」という被り物から来ているんだって。

その昔、ペルシャのファルハド王子が、「愛する娘が殺された」というでっち上げに騙され、絶望の末に自らの胸を剣で切り裂いた。その血から赤いチューリップが生まれたという伝説がある。
花言葉は「思いやり」「魅惑」など。 花の色によって別の花言葉があるから面白いんだ。

カモミール

「カモミール」 これは「ハーブ」でも名が知れているよね。不眠、イライラ、疲労回復にいいって話。
花言葉は「苦難に耐える」 今の僕にピッタリ! これのハーブティーでも飲むかぁ…

スノーフレーク

「スノーフレーク」 日本名では「オオマツユキソウ」「スズランスイセン」 「スズラン」に似ているので同じ仲間と思うけれど「スズラン」はユリ科の植物。「スノーフレーク」はヒガンバナ科。 まぁ「そっくりさん」って事で。 花言葉は「穢れなき心」

ここから華蔵寺公園方面へ進む。

北関東自動車道の高架を潜り、右手前方に華蔵寺公園の大観覧車が見えてくる。

華蔵寺公園の観覧車と粕川

粕川の河原には菜の花とハナダイコンが咲いていて意外と綺麗な彩になっていた。 足元の土手の斜面には、

菜の花と長実雛罌粟

「ナガミヒナゲシ」これって帰化植物なんだよね。ロングヘッドポピー。 漢字で「長実雛罌粟」僕は面倒なので全部ひっくるめて「虞美人草」で通しちゃっているけれどね。
花言葉は「七色の愛」「慰め」「乙女らしさ」「感謝」などなど。

虞美人草の向こうの水面が荒れていたので目を向けると、鯉が遊んでいた。

鯉最強!

決して綺麗とはお世辞でも言えない粕川の中下流域のこの辺りでも、逞しく泳ぎ回る鯉。流石にラインを浮かべたいとは思わなかったね。 「鯉フライ」も面白いけれどね。

華蔵寺公園を右手に見ながら、今度は東の方角に進路変更。上植木町へ。

こんな場所を訪れる

「上植木 廃寺跡」 ここに廃寺が在った訳ではなくて、ここの辺りに大昔にあった寺院の名残がここにある。
7世紀後半「白鳳時代」と呼ばれていた頃に建てられた寺院跡で、県内では最も古い寺院の1つ。
昭和57年から行われた発掘調査では、「金堂」「講堂」「中門」などの存在が判明し、整った伽藍を伴った大規模な寺院であった事が判ったんだって。 今はその寺院は跡形も無いけれど、当時の寺院の柱を支えていた礎石が数個残っている。ここは、その寺院があった場所から約300mほど離れている場所。で、ここも隣にはこんな文化財もある。

上植木建長石仏

「上植木建長石仏」
上植木廃寺の西南300m程の字新屋敷の膳家裏に、トタン葺きの覆い屋を設けてその中に保存されていて、正面高さ61㎝、幅34㎝、厚さ31.8㎝の凝灰岩製の石に、像高37㎝で頭光を背負い、蓮座の上に立つ正面向きの阿弥陀立像と、その右下に像高21㎝の座って合掌する人物を陽刻する来迎石仏。石の側面に「建長三年霜口」の銘が刻んである。
その右に同じような一石があり、高さ71㎝、上幅43㎝、下幅45㎝、右側の厚さ20cmの凝灰岩で出来ていて、頭部が尖り将棋の駒形みたいになっている。いくつにも割れたものを接合修復していて、端座して合掌する人物が45㎝の大きさ、厚さ9㎝で彫り出す。その両側に薄く立像が彫られるが形跡を留める程度で詳細はハッキリしない。左側面から見ると厚さ17㎝程、右側面20㎝で、それぞれ一体ずつ立像が彫られ(右側面は像高35㎝)、背面左寄りに「口長三年霜月五日」(後刻でその下に元の銘があるという)と刻む。市指定文化財のなっている。

まぁ、取り敢えず合掌・・・ してみた。何のご利益があるのかは全く不明! 何かあることを期待してここを後にする。

自宅には午後12時50分頃到着。 

庭に植えてある「石楠花」が今年も花を付けた。 結構前に、鹿沼市の石楠花園で買ってきた奴だけれど、毎年咲いてくれるのでそれなりに楽しめている。

石楠花咲いた

内側に株分けした奴もあるけど、これもいい花が咲いたよ。因みに花言葉は「荘厳」


昼飯を食って、注文品の仕上げに掛かる。

ライトケイヒル天唐

鷹羽天唐

デザインの注文から受けた「天唐」60本。巻き巻き終了。 伝承毛鉤ならば、昔ならではの巻き方で仕上げることも可能だけれど、あのやり方では時間がかかりすぎる(バイスを使わずに手仕上げ)ので、今回はバイスを存分に使わせてもらった。ただ、「雉の剣羽」が手に入らなかったのは残念だったけれど。お客さんには言い訳・・・
でも、喜んで貰えたみたいだから良かった良かった!

最近は海の向こうで「テンカラ」が流行っているらしい。 いいよね、お互いの国の毛鉤釣りで文化交流なんて最高じゃない。
因みに、注文してくれた方は半分アメリカ人の方。毎度あり!


飾付け完了

先日の「トキシンのおいしい沖縄展」でトキシンさんに頂いたポスターを飾り付けてみた。
安物の額だけれど、結構いい感じ。紐はフライラインだよ。
部屋が暗いのは“節電”しているものでね。何事も節約。必要以上の電気は使わなくても差支えないからね。


さて、明日はクラブの集まりだからその準備をしなければ。でも、どうやら雨みたいだなぁ・・・


おしまい

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
 

Ⅰfound a small spring.

4月14日


今朝は少々朝寝坊。つい2度寝しちゃって起きたのは午前7時30分頃。

朝食に昨晩の残り物の筍御飯を温め直し、野菜サラダを冷蔵庫から引っ張り出す。(夕べ作っておいたのね)

午前9時頃、近くのスーパーマーケットへ買い出し。 湯豆腐の材料を仕入れる。


帰宅後、「満腹号」のメンテナンス。 11時少し前に出動。 いつもの体力作りだ。

国道50号線を笠懸町阿左美方面へ。 県道68号線を阿左美駅前のアンダーパスを潜って越える。

笠懸東小学校脇から一般農道を太田市方面へ直走る。

菜の花畑

いつも通る山側の一般道脇に菜の花畑が現れた。 ここまで花が咲いちゃうと煮ても焼いても食えないだろうが、鑑賞には目の保養になるよね。春は黄色い花から始まるから。
因みに菜の花「アブラナ」の花言葉は「快活」

ヤグルマギク

足元には「ヤグルマギク」が一輪だけ咲いていた。「ヤグルマソウ」とも呼ばれるヨーロッパ原産の花。花言葉は「繊細」

藪塚温泉の手前で小休止。

休憩中

あっ、水を持ってくるのを忘れた!  ここは日本一の案山子の公園。

広場の際には水仙が植わっている。で、その反対側の土手際に、

オオイヌノフグリ

「オオイヌノフグリ」 春の原っぱや道の際に沢山咲いている青っぽい小さな花。 可愛らしい花なんだけれど、ネーミングが少々卑猥。「オオイヌノフグリ」つまり「わんこのタ〇タ〇」って意味。 しかし、「ベロニカ」って言う別名もあるんだ。花言葉は「神聖」 なんか意味ありげな花言葉。

ノミノツヅリ

これ、確か「ノミノツヅリ」って花だったと思うんだ。まぁ、区分的には雑草の分野なんだろうけれど、これも土手などに白い小さな花を付けているね。 流石にこいつの花言葉は僕も知らん。 あるのかなぁ?

コウゾリナ

「コウゾリナ」でいいと思った。 暖かいから咲いちゃったみたいだね。大概は5月頃咲くんだけれど、何か知らんが今年は季節が不安定だからね。道端に咲いている茎に棘のあるキク科の花。

ナミテントウ

「ナミテントウ」がフラフラッと飛んできて目の前の「カラスノエンドウ」の葉の上に。

カラスノエンドウ

これが「カラスノエンドウ」 花言葉は「絆」 これはいい花言葉だよね。でも雑草扱いって、ぜんぜん評価されてないじゃん!

カタバミ2

「カタバミ」で良かったと思う・・・ 花言葉は「母の優しさ・心の輝き」これって薬草になるんだって。目の薬になるって聞いたことがある。

セイヨウタンポポ

これぞ「キング・オブ・ポピュラー」 「セイヨウタンポポ」 これこそ全く評価されない、ハッキリ言って邪魔者扱いの雑草の大将! 花は可憐なんだけれど、全く見向きもされない厄介者。 僕は好きなんだけれどね。
花言葉は「目敏い」 別名は「クレピス」

休憩を終え、今度は北関東自動車道沿いに足利市方面へ。

太田イルミネーションを開催する公園では「シバザクラ」が見頃を迎え観光客で賑わっている。僕はそこには目もくれず、ってかシバザクラはもう見飽きているのでここはスルー!

国道50号線に向かって進む。

途中わき道に逸れる。

民家の花壇にチューリップを発見。ちょっと失礼させて頂いてパチリッ!

チューリップ(赤)

「チューリップ(赤)」 花言葉は「恋の告白」彼女にプロポーズするときはこれを1輪! それですべて伝わるよ! もっとも相手が花言葉を知っていればの話・・・

ヤマザクラ

「山桜」が咲いている。 僕はこの花は大好き。ソメイヨシノより好きかな?
新撰組の隊士「山南敬助」が局を脱走した罪で切腹したとき、その死を惜しんで伊東甲子太郎が詠じた4首の歌。

 「吹く風に 萎まんよりも 山桜 散りて後なき 花ぞ勇まし」
 「雨風に よしさらすとも 厭うべき つねに涙の 袖を絞れば」
 「皇の 守りともなれ 黒髪の 乱れたる世に 死ぬ身なれば」
 「春風に 吹き誘われて 山桜 散りてぞ人に 惜しまるるかな」

話は逸れるが、僕の大好きな新選組隊士の一人「山南敬助」 新撰組副長で北辰一刀流免許皆伝の剣豪だった人物。 慶応元年に新撰組を脱走して、局注法度の掟に従い切腹した。介錯は沖田総司。

この伊東が詠んだ和歌にも「山桜」が詠われていて、山南をグッとイメージしているんだ。


国道50号線のすぐ脇に、小さな森がある。

諏訪神社

「諏訪神社」の分社。 ここは古くからある場所で、実はこのお社の裏が「古墳」になっているんだ。 遠い昔からここにある歴史的にも重要視されるべき処なのね。 狭い境内には「ドウダンツツジ」が白い花を沢山咲かせていた。

諏訪神社古墳

ドウダンツツジ

それから、一旦国道に出る。

今度は桐生市街地に向けてペダルを踏み込む。

国道50号線

眺めていると飽きてくる一直線の道を只管ペダルを踏み込む。 広沢町で松原橋方面へ。 渡良瀬川を渡り境野町側のサイクリングロードに出る。

で、昭和橋で再び川を渡り、自宅までノンストップで突っ走る。 途中、爺さんの車に跳ねられそうになった。
「右見て、右見て、右見て、発進!」 勘弁してくれよ! 左側から接近していた僕は、この爺さんの行動をしっかり観ていたよ。嫌な予感はしていたけれど、案の定やらかしやがった! あぶねえ運転しやがって、いつか怪我人出すよあの爺さん。見た目の齢80位のシワシワ爺ちゃんだった。

午後2時ちょい過ぎに自宅到着。 この後は、TV観て、それから「エースコンバット5」して時間潰し。

4時頃から、注文されていた「天唐」製作を仕上げた。


これからもっと、僕の大好きな花の季節に突入してくるから毎週楽しみだ。 釣りもぼちぼちやって行こうと思っているけれど、なんかイマイチ気合が入らない。 もう飽きてきたのかなぁ? そんなことはないと思うけれど、どうもイマイチな春なんだよね。どうしちゃったんだろ?

そろそろ新しい仕事にも取り掛からなくちゃならないけれど、もう少し時間を空けようと思う。


最後に、昨日の「おいしい沖縄展」でのスナップ。

トキシンさんを囲んで

大宮TAKASHIMAYAのお菓子屋さん「アルピーノ」の喫茶ルームでトキシンさんと一緒に。また機会があったら一緒に釣りしたいね。


おしまい

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村

Exhibition in OHMIYA.

4月13日

午前6時起床。 軽く体操をしてから朝食を摂る。

身支度を整えてから暫くのんびりとTVを観る。また関西で大きな地震があったようだ。大丈夫だろうか?


7時45分自宅を出る。

埼玉県熊谷駅に8時50分に到着。 9時10分発の上り湘南新宿ラインに乗り込み大宮駅まで50分程電車に揺られる。

大宮駅

ここに来るのも本当に久しぶりだな。 

改札を出て東口へ。 駅前の「TAKASHIMAYA」へ。

大宮TAKASHIMAYA

今日は、ここで開催されている個展へ行ってきた。

僕の友人で釣り仲間のイラストレーター “トキシン” こと時川真一さんの「おいしい沖縄展」

おいしい沖縄展

沖縄の出版社から出版されている「OKINAWA100シリーズ」の「トキシンの漁港めし魚めし」の原画展だ。

個展が催されているTAKASHIMAYA B-1「お菓子屋さんアルピーノ」のCafeSpace。僕が到着すると既にお客様が居りました。その中に懐かしい方が。 何年振りでしょうかね? 久しぶりにお会いできました。

おいしい沖縄展2

原画を観ながら先ずは一息。 珈琲タイム。

アルピーノで珈琲タイム

そこへ、トキシンさんの大学時代の友人の方がみえて、三人で釣り談義。田舎の釣りから沖縄の釣りまで楽しい会話にウキウキしていた僕! 

それから、ここ「アルピーノ」のSさんと娘さんが到着。 Sさんとは「銀花ギャラリー」で以前お会いしている。この方とも久しぶり。 次にトキシンさんの知人の「美人の音楽の先生」も到着。盛り上がったなぁ!

おいしい沖縄展3

おいしい沖縄展4

もっと見たい方は4月20日までやっているそうだよ。ぜひ行ってみてね。 さらに、沖縄の「近代美術」って言う出版社からもネットで通販してもらえる。送料サービスだったかな? ケータイからも購入できる。

おいしい沖縄展5

2009年に池袋で開催された「東京あんこ案内原画展」もそうだったけれど、トキシンさんの原画展はお腹が減る。それくらい美味しそうなイラスト。 僕も絵の勉強しようかな? 

2時間足らずの短い時間だったけれど、懐かしい友人と会えて元気を貰いました。 

で、こちらもトキシンさんからのお土産。 頂いちゃった!

おみやげ貰っちった。
 
「もずく佃煮」と「イラスト入りトート」 そして、僕がおねだりしちゃった「万座ビーチのポスター」 明日、額を買って来ようっと!


自宅に到着したのが午後3時頃。 帰宅後は前に注文を受けていた「日本式毛鉤 天唐」を巻く。

おやつを頂きながら。 実は前日に館林の「大島まんじゅう屋」さんに行ってきて、おやつを仕入れて来ていて、その残りを食べながら天唐を巻き巻き。

おやつその2

ほうじ茶とどら焼きは僕にとっては「黄金コンビ」 

ご注文の天唐

あと5種類。30本程巻きます。 今日は少し燥ぎ過ぎたのか、もう眠いや・・・


おしまい

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村

Shriek.

4月8日 

我慢してきたのだが、もう限界。 仕事を辞めた。

現在フリー。 体が持たない。 頑張って来たのだけれど、体の調子が殆ど良くなっていない。

食事や栄養面、生活習慣などはかなりナーバスになっていたのだが、精神面で参ってしまった。

毎日のように言われ続ける「嫌味」、関係ないのに僕の身内に対する「批判」 完全に「いじめ」と一緒。

それも、かなり目上の爺さんに毎朝毎日言われ続け、「反論」すれば「ああ言えばこう言う」などと「口を塞げ」的なことを言われ、黙っていれば「むっつり」だの「つまんねぇ奴だ」などと言われる。
僕に対する悪口なんかだったら完全に無視なのだが、僕の身内に対する侮辱だけは絶対に許せない。
挙句には「体臭が臭い」などと言い出す始末。それも毎朝だ。真冬にも「臭いから窓を開けろ」 開けたら開けたで「寒くて風邪ひいちまう」と我が儘言い放題。 本当によく我慢してきたなと思う。 よく手が出なかった。っていうか手を出すと僕がヤバいことになる。これでも「黒帯 有段者」なので出しちゃうと「凶器使用」扱いになっちまう。っていうより、あのままでいたらいずれブチのめしちゃいそうだったしね。自分でも解っているんだ。「僕は怒っちゃいけない」人間なんだって。

大体わかっていたことなのだが、あの爺さんが来た時に本人が言っていたのだが「お前の叔父貴の会社には恨みがある」 なんでも「クビ」になったらしい。 で、甥の僕に矛先を向けたようなのだ。

何度もブチ切れたこともあったけれど、それでも自分を落ち着かせ我慢してきたんだよね。年寄り虐めちゃ悪いと思ったから。 でも、あそこまで調子に乗られちゃもう付き合っていくことも嫌になり、最後にはもう呆れて、近付くのも嫌になった。 

相当に頭に来ていたし、体がついて行かなくなってきたこともあったし、「もういいかな?」って、それで仕事を辞めた。 もううんざりだった。

で、今は失業中。 暫くは体の静養に努めるつもり。 

今現在の雇用情勢はハッキリ言って最悪だけれど、それでもあんな奴の顔を見ながら、嫌味を聞かされながら仕事しているよりは全然マシだ。 嫌なストレスから解放されてこれからは、自分の為に日々を暮していこうと思う。


僕にとっての心の静養は、自然の中に身を置くこと。 釣りも良し、トレッキングも良し、花見も良し。

4月10日 今日は午後から花見に行ってきた。

場所は「わたらせ渓谷鉄道 神戸駅」

神戸駅舎

わたらせ渓谷鉄道「神戸駅」 「神戸」と書いて「ごうど」と読む。 ここの駅舎は国指定登録有形文化財になっている。 かつては「国鉄 足尾線」と呼ばれ、足尾銅山から銅鉱石が運ばれていた。SLが走っていたんだ。

神戸駅2

この季節は「花の名所」となり、駅構内には桜や花桃が沢山植樹されていて、観光客の目の保養になっている。

駅は無人駅だが、構内には電車の車両を利用した「列車の清流レストラン」があり、「舞茸ご飯定食」や「トロッコ弁当」「やまと豚弁当」などの名物もある。確かこれは「要予約」だったと思ったなぁ。 結構美味いよ。

お薦めはレストランで売っている「トロッコサブレー」珈琲のお茶請けにすごく合うんだよね。

神戸駅

以前にも紹介したことあったけれど、「グリコ プリッツ」のCM撮影で女優の川島海荷ちゃんや「アサヒビール」のCMでウルフルズのトータス松本さんも来たこともあったね。

綺麗だぞ!

ハナモモ

今は「ハナモモ」が綺麗に咲き誇っている。 尤も、今日は平日。人気のない駅構内に寂しそうに咲いていたね。

花桃

バラ科サクラ属の花。 花言葉は「恋の虜」 乙女チックな花言葉は正に「桃の節句」にピッタリだよね。

花桃咲いた

ソメイヨシノもそろそろ終わる頃。 この辺りでは、町よりも若干遅れ気味で桜の花見が出来る。標高高いからね。

駅に下りるアプローチの脇には小さな花壇が造られている。

駅前の花畑

チューリップはもうすぐ開花を迎えるだろう。 蕾は白いチューリップ 花言葉は「失われた愛」 黄色が「望みのない恋」 もう少しポジティブな色を植えればいいのに。 右端の紫は「永遠の愛」 女性にプレゼントをするならば「赤、紫、桃 黒」などがいい花言葉を持っているからお薦めだね。あとは改良種で「フレーミングパーロット」や「アンジェリーク」などがいいよ!

それと、お馴染みの「ムスカリ」 ムスクっぽい香りがするので「ムスカリ」なんだとさ。花言葉は「失望」

あと、手前の白い花、名前が出てこない。ド忘れしちまった。なんだったっけ???

ずっと後ろに咲いているのは「ハナダイコン」 アブラナ科の雑草扱い。花言葉は「競争」

ムスカリとスイセン

「水仙」も少しだけ咲いてたよ。 この「水仙」って花もやたらと改良種があるので憶えきれない。「日本水仙」は馴染みあるけれど、ここにあるのは「テイタテイト」って品種かもね。ハッキリ判らんけれど。因みに黄色い水仙の花言葉は「私の愛に応えて」「気高さ」 僕の好きな水仙は「オーレウス」って言う黄色い花が沢山付くやつと「ディックセシル」って言ういい香りのするやつ。

帰りに渡良瀬川の支流を見に行ってきた。 小さいけれどヤマメがいっぱい泳いでいた。ありゃ稚魚放流したやつだな。 色が綺麗だしまだ15㎝位の型揃いだからね。 来年には遊べるんじゃないだろうか?


帰宅後は自宅の庭に咲いている花にも目を向けてやる。 って言っても、半分は僕が栽培している奴らだからね。

ハナニラ咲いた

今年も沢山咲いたよ。「ハナニラ」名前はダサいけれど綺麗な花。 花は綺麗だけれど花言葉は何とも切ない「悲しい別れ」 贈り物には絶対お勧めできない。

シバザクラ咲いた

「シバザクラ」もいつの間にか咲いていたね。僕は好きじゃない花。 って言うか、植え方を間違えているんだよね。これ植えたのは僕の親父殿。ガーデニングを取り違えている人なのでどうにも・・・・

だらしなく柵の下から延びていて外の道路にまで届きそうになっているのは、どうにも「だらしない」 こういう植え方をするなら小さなプランターに植えてフェンスに引っ掛けて置くべき。地に這わせるならば敷地内に這わせるべきなんだけどね。 まぁ孰れ僕が植え替えてやるつもり。
花言葉は「臆病な心」

ハルジオン

あと、これはもう雑草の部類なんだけれど、珍しい濃いピンク色の「ハルジオン」 一本だけここに咲くんだよね。毎年。なもので僕が手をかけてやっているって訳。 昔は観賞用に園芸種としての地位があったみたいだけれど現在では完全無欠の雑草扱い。なんだか可哀想な「ハルジオン」 
「ヒメジョオン」と似ているけれど、咲き始める時期が違って、「ヒメジョオン」の方が遅咲き。で、見た目の区別は「ハルジオン」は全体に毛が多く生えていて蕾が項垂れている。「ヒメジョオン」は全体的に細めで葉っぱの基部が細いから判る。 で、どうしても区別がつかない場合は茎を折ってみる。中が空洞なのが「ハルジオン」詰まっていれば「ヒメジョオン」 
キク科の花で花言葉は「追想の愛」

花を覚える時に同時に花言葉も覚えておくと、何気に役立つときがあるんだ。 特に花の贈り物の時とかね。
知っておいて損はしないと思う。まぁ、僕もまだまだ勉強中だし・・・

明日は頼まれ仕事の「テンカラ」毛鉤の大量生産。 半日以上は机に向かっているようだな。


おしまい

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。