気まぐれ釣り師の、底抜け冒険譚!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Count Down.

今年も残すところ24時間強ってところかね?

何だか今年はつまらない年だったなぁ・・・ 全然楽しくなかった気がする。充実してなかったって言うか、イマイチ満足できなかった1年だったよ。

病気のこともあったけれど、別にソレのせいにするつもりはないし、仕事のこともあったしね。

唯一、仲間たちと共に過ごした時間だけが心の支えになってくれた。凹んでいる時に仲間が居てくれるだけで気持ちにゆとりが持てたね。


12月30日

昨夜、遅かったのでかなりの朝寝坊。目が覚めたのが午前8時30分過ぎ。

寝惚けた頭に発破をかける様に部屋の窓を全開にして、冷たい朝の空気を浴びる。


朝食を摂り、身支度を整えて、TVの前に陣取る。夕べ録画しておいた番組を見てから外出。

今日の赤城

今日はいくらか空気が澄んでいるな。 上毛三山が見えるしね。

榛名山

妙義荒船

初詣は「妙義神社」にでも行ってこようかな? 来年は親戚の小僧が大学受験だから御守りでも受けてきてあげようかな?

いつものコース、の1つ上の道を西に向かってペダルを踏み込む。

かかし

今年最後の「気持ちワル~!」 
『案山子です・・・ 最近、カラスが平気で頭に集るとです・・・』 なんて自虐ネタ芸人がいたよね。

小菊の郷の丘に出て、赤城方面を眺める。

地蔵岳と銚子の伽藍

もう何年も行ってないなぁ・・・ この「銚子の伽藍」の下にある「不動大滝」 冬は氷瀑になって綺麗なんだ。
近くには「忠治の岩屋」もある。 かつて国定忠治親分がお尋ね者になった時に子分たちと身を隠した洞窟。
またその下には「瀧沢不動尊」のお社もある。ここは昔、上杉謙信も参拝したことがあるって伝わる場所なんだよね。僕には最高のパワースポットなんだ。

今日の袈裟丸

袈裟丸山も綺麗に見えたね。隣には男体山の頂きも。 来春、またトレッキングに行きたいな。釣りにも行ってみたいね。もう何年も湯川に竿を出していないからね。

牧場のにゃんこ

途中に在る牧場の前に、にゃんこが数匹。 ちょっとかまってみたら結構人懐こい。1匹かまっていたらいつの間にか5~6匹に囲まれていた。なかなか可愛い奴らだったね。

群馬用水

群馬用水の脇の道で一休み。

あぶないよ

利根川からの引き込み用水で、流れる水は透き通っていて綺麗。稀にヤマメなどが流れてきたりするんだ。だから、偶にだけれどライズが見れたりもする。が、基本的には立入禁止。釣りも禁止。泳ぐなんて以ての外。

宮城アングラーズビレッジの下を抜け、宮城小学校前に出てそこから大胡町方面へ下る。

大胡町に出て、今度は駅前通りを伊勢崎方面へ下って行く。 日が傾くとやはり寒い。


途中、こんな場所を覗いてみた。

乾谷沼

「乾谷沼 いぬいやつぬま」 ここで釣りをしている連中は「いぬやつ」なんて呼んでいる。
もともとここは養魚場だったって話だし、以前はニジマスが釣れる場所って話も聞いたけど、現在は「釣り禁止」の看板がある。これを破ると「警察に通報する」とも書いてある。 なんでも、ここはバス釣りの好フィールドみたいなんだけれど、その実は違法放流による身勝手なフィールド作りで名を馳せたらしいんだ。ダメだよねゲリラ放流は環境を激変させちまったり、生態系が崩れちゃうからね。

乾谷沼2

今はかなりの減水だけれど、こういう状態の湖沼って、泥に足を取られるから危険なんだよね。 今日も1人釣りしていたけれど、足元には気を付けて欲しいよね。


帰りにいつもの鹿ノ川沼に寄り道。

辺りはすっかり暗くなっちまったけれど、居ましたよ。いつもの面々。

闇夜の海老ノ介

今日は最後まで僕にくっついた来た海老クンの写真。 こいつ引っ掻きやがったんだ。右手の中指の甲はヒリヒリするよ。


暗くなってきた

今年最後のUpになるけれど、2013年、僕のくだらない独り言にお付き合いくださいましてありがとうございました!

2014年も僕、Jokerの底抜け冒険譚は続きます! 大した冒険じゃないって話も聞こえるけれど・・・

皆様、良いお年をお迎えください!

おしまい

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

The wind is against.

12月24日

クリスマスイブ。 キリストの誕生日の前夜を祝うお祭りだね。

もっとも、実際のキリストの誕生日ってはっきりしていないって話は有名だけれどね。
4世紀半ばに、コンスタンティヌス帝統治下のローマでキリストの誕生が12月25日に定められたって話だしね。
僕個人としてはかつて「ディスカバリーチャンネル」でやっていた「キリスト誕生日4月17日説」の方が面白いと思うんだけれどね。永遠の謎の人物イエス・キリスト。2000年にわたり人々から信仰されてきた聖人の誕生日。
お祝いもせず僕は赤城颪の吹き荒ぶ中を直走る。

田中橋方面

渡良瀬川の土手の上。 いつものサイクリングロードは赤城山から吹き降ろす名物「赤城颪」が絶好調!
「行きは良い良い帰りは怖い」がこの季節のサイクリングロードなのだ。
その通りで、行きは追い風なのでスイスイとクランクも軽快に回る。

遠くに筑波山

川崎橋の手前、進行方向の遥か先には筑波の山も見えてきた。あの山に行ったのも何年前になるかなぁ? そのうちまた遊びに行きたいな。

富士山も寒そう

西の方角には世界遺産の姿も。 やっぱ寒そうだなぁ・・・

橋の向こうは佐野市

渡良瀬川大橋に到着。ここは館林市瑞穂野町。対岸は栃木県佐野市。

水が旨い

一休み。風は冷たかったけれど、冷たいミネラルウォーターは丁度いい。

問題はここからだ。

追い風で楽したツケを払うか、市街地方面に逃げて信号のオンパレードの中をダラダラ戻るか・・・

悩んだ時間5秒。「向かい風上等!」 来た道を戻ることにした。この選択が正解だったのか間違いだったのかは想像に任せます。

赤城に怪しい雲

「こりゃぁ堪えるワイ!」久々に味わう赤城颪の洗礼。 今日のはまだまだ軽い方だけれど、自転車が煽られる。ギアを1つ落としても一番重いギアで走っているような感覚。

福猿橋で横風を受けてコケそうになった。アブナイアブナイ!

鯉泳いでた

橋の上から水面を眺めたら大きな鯉が5匹くらいかな? 泳いでいたよ。ここからならばフライで遊べそうだね。あっ、僕、この辺りの漁業券持ってないや。

赤城がやばい事に

松田川の合流点付近。 遠くに眺める赤城山がどんどんヤバい風になってきている。
「あの雲はいただけないんだよなぁ・・・」
足工大のハイブリット発電の風車も音を立てて回転しているし、風がどんどん強くなってきている。

「えぇいっ! ヤライデカッ!」

一気に自宅まで突っ走ってやった。 

今日の走行距離61.3㎞。 風が無けりゃもちっと楽だったかもね。

帰宅後、冷えた体を風呂で温め、それから毛鉤製作。

裏ハッチ・ダン

これも僕の切り札フライ。 渡良瀬名物「裏ハッチ」対応フライ。 この後はソラックスパターンを巻いてみようかな。


おしまい

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村

Feel so nice!

12月11日のこと。

地元クラブ「わたらせネイチャリングアクト」の会長のお誘いで足利市までひとっ走り!

「行ってみたいお店があるんだ」ってことでお付き合い。

で、聞いてみたら、僕が以前良く行ったお店だったのね。

ラリグラスで一服

足利市葉鹿町で結構昔からやっている喫茶店「ラリグラス」 ネパールの言葉で「石楠花」のこと。

店のマスターが登山好きで、昔はアンナプルナとか登っているらしい。店内に写真が飾ってあるよ。

この日は「深入りブレンド」で一服。

帰りに渡良瀬川でこんな場面を目撃!

鮭の遡上

鮭ペアリング

もう、遡上は終わったと思っていたんだけれど、まだ居残り組が居たんだね。

こんな間近でこんな場面を見ることは、地元に住んでいる僕でもそう度々はない事で、この日は30分位かけてじっくり観察していた。


12月13日

常連さんからの注文フライ(管釣り用)を届ける序でに体力作り。

隣町の前橋市粕川町新屋って所まで。途中でまたこいつのある道を通るんだけれど。

アンパンマン

どー見ても「アンパンマン」には見えないんだよね~。 逆さに見ると結構際どいけれどね。

農道を直走り、地元の酒蔵の脇で一休み。

八坂神社

「柳澤酒造」は明治10年創業の酒造会社。 ここの看板商品の「桂川」は甘口のお酒で口当たりが良く飲みやすい日本酒なんだ。2005年に関信越国税局酒類鑑評会で「大吟醸桂川」が優秀賞受賞している。僕は甘口の日本酒も好きだけれどね。まぁ最近はお酒は断っているけれど。

で、そのお隣の八坂神社にお参りしてみた。

八坂神社鳥居

八坂神社拝殿

ちょこっとお参りをしてから、そこから直ぐ近くのお客さんの家へ毛鉤を届ける。それから大室公園へ向かった。

大室公園遊歩道

北門から園内に入り、満腹号を押して歩く。園内は自転車走行禁止だかんね!

風が冷たいし、だんだん強くなってきた。

大室公園

夕陽が綺麗。


帰りにはいつものコース。で、いつもの鹿の川沼で一休み。

権ノ介坂さん

この日最初にやって来たのは「権ノ介坂君」

満腹号の下で座り込みを敢行している。「おやつくれなきゃ、動かねぇ!」って背中が語っている。
生憎だけれど「マタタビ」しか持ってないんだよねぇ。

で、ちょいと見回すと桜の木の陰からミョ~な視線を感じる。

市原さん

ここの新顔の「市原さん」 通称刑事さん。 まだ馴染めていないようでちょっとビビり気味。

な~んかいつも「家政婦は見た!」風な登場の仕方をするんだ。なので市原さんと呼ぶ。

で、いつものこいつだ。 いつの間にか足元にやってくる神出鬼没な金剛寺君。

暇な人

こういう登場の仕方好きねぇ君は! まぁ愛嬌があっていいけれどね。


12月14日

今日は僕の所属しているジャパンフライフィッシャーズのメンバーの方達と「釣り納め」

場所は、僕にとっては今回で3回連続の「発光路の森フィッシングエリア」

僕は午前9時過ぎに到着。

券を買ってさっそくみんなと合流。で、釣り開始。 気になるのは前回から比べて気温も水温もかなり低いこと。
水が冷た過ぎて、おまけにドピーカン! 嫌な予感! 取り敢えず釣り開始だ。

釣り開始

が、予想通りの展開。 最初、ミッジピューパ♯22を結んで魚の頭上をピンポイントで狙ってみたが、全く水面に興味を示さない。 僕が到着する以前にNさんがドライで60㎝程の奴を仕留めているんだが、あっという間に状況が変わってしまい、ドライに反応なし。 仕方がないのでビーズヘッドニンフ♯18を結び直してサイトで構ってみる。

最初は反応するけれど、口を使ってくれない。

四苦八苦するうちに、1度だけ掛かったんだけれど、掛が浅くナチュラルリリースをしてしまった。
「う~ん、今日は結構手強いみたいだぞ!」
おまけに強い風が吹き始め、谷あいに在る釣り場では風が回ってしまい在らぬ方向から突然強風が吹きつけてくる。「釣り辛い」状況が続く。相変わらずノーフィッシュ。おかしなこともあるもんだなぁ?

少々早めの昼ご飯を摂ることにする。

いつもの山菜うどん

Yさん、Nさん、Sさんはカレーをオーダー。僕はいつもの山菜うどん。ってか、ここで食べられるものと言ったらこれしかないから仕方がないだけのことなんだ。食事制限は外食ではかなり面倒臭い。

昼飯を食べ終わって、午後の部の前に珈琲タイム。

珈琲タイム

今回の珈琲は僕の馴染みのお店「伊東屋珈琲」さんの「Xmasブレンド」 

珈琲淹れてます

今日のマスターはYさん。 周囲に珈琲のいい香りが漂う。

苦みが少なく、まろやかでいてコクがある。とってもおいしい珈琲だ。


午後の部。 僕は1号池をちょこっと突いてみた。

風がそれほど当たらない場所を見つけて、ビーズヘッドニンフを魚の鼻面に沈めてサイトフィッシング。
が、イマイチ活性が低い。掛かることは掛かるのだが、威勢がない。もうちょっと元気よく引っ手繰って欲しいものだ。

虹鱒釣れた

最初は小型のレインボーが釣れた。続いて釣れたのが、

岩魚釣れた

ここのイワナは色が綺麗なんだよね。 イワナ君です。

それから、サイトエリアへ移動。

そこで連発!

綺麗なヤマメが釣れたよ

やまめ釣れた

ヤマメ君。こいつらもとっても綺麗な魚体。でも、だんだん冬が本格的になって来たみたいだね。幾らかサビが出始めているよ。

サイトエリアの対岸際に、一回り大きな魚体が見えたのでそいつを構ってみたら一発で食ついてきた。
やはりちょっぴり大きな魚体。ティペットを8Xにしていたのでやり取りは慎重に。幸いエリアには動き回れる通路が出来ているので久しぶりにお魚と追いかけっこを楽しむ。

40㎝位かな

大体40㎝位はあるレインボー君。太いから寄せるのに手間取ったけれど、今日1番のでっかいやつ!

それから、その隣のポンドで銀色に光る目立つ奴を見つける。サクラマスだろうね。

そいつの鼻っ面に必殺フライを沈ませてやると、シメシメ! あっという間に食ついてくる。

サクラマス釣れたよ

銀ピカのサクラマス。 小型だけれどね。これで3種類。動き回るからピンボケになっちゃう。

ヤマメだよ

本日のラストはヤマメ君。 川は禁漁だけれど、こういう場所でこいつらに会えるのは嬉しい。

タイムリミットの3時になったので、僕だけ先に上がらせてもらった。

帰りは粕尾峠越えで帰宅。 朝は路面凍結したんだろう。峠の足尾側には塩カルがぶちまけてあった。

粕尾峠から日光方面

日光方面は寒そうな雲が湧いていた。

男体山

男体山山頂には雪が残っていたよ。 
「あの様子じゃあ戦場ヶ原は真っ白なんじゃあないだろうか?」 なんて思いながら国道122号線で帰路に着いたよ。
僕の場合、釣りは単独が多いんだけれど、仲間と賑やかに釣りを楽しむってのもいいものだよね。
また遊びに来たいな。

おしまい

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村

KO・BA・NA・SHI.

12月13日


今夜はフライを巻ながらホームシアターでレイトショー! 

DVD.jpg


ホームシアターって言っても、ただの自室! そ~んないい部屋あるわけないっしょ!

新作もあるしじっくりと観るとしよう!


おしまい

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村

a Shivery winter day.

12月9日。


午前7時20分。 自宅を出る。

元春聴きながら

今朝は「元春」を聴きながら峠を越えよう!

今日は年末の「釣り納め・その1」 栃木県鹿沼市にある「発光路の森」へ向かう。

午前9時から始めましょうって事で、現地集合だったのだが、国道122号線で大型トレーラーを含むトラック4台の行列の後についてしまった為に15分の遅刻。 粕尾峠では所々路面凍結の場所もあった。

今朝の発光路

今日の同行は、饅頭フライマンさんとbb-manさん。前回のリベンジを決行する!

冬季限定券を購入。 早速釣り開始。

自作#4グラスロッドに5Ⅹリーダー、ティペットを8Ⅹにフローティングミッジピューパ#26をセットし表層近くをウロウロしている奴を突っつくが、まだ水温が低いためか反応なし。ライズも殆どない。

なので、#22のビーズヘッドニンフを結び直しサイトで狙うといきなりバイト!

釣れたよ

今日入ったポンドは1号池。ヤマメ・イワナがメインの池で大きさも尺前後がアベレージ。今日1匹目は小ぶりのヤマメ君。

ヤマメ釣れた

相変わらずここのヤマメは色がきれい。 季節外れのヤマメは小さくても嬉しいぞ!

10時頃まではコンスタントにニンフで誘う釣り。

陽が上がってからライズも目立つようになり、魚の視線も水面に向き始めた。

フライを再び#26のフローティングミッジピューパに替え、ライズを突く。

イワナ釣れた

ヤマメ

イワナもヤマメも綺麗。今日はレインボーが顔を出さないぞ!

そうこうしている内にお昼になっちゃったので、ご飯にする。

昼飯

饅頭フライマンさんとbb-manさんはカレーライス。

僕の昼飯

僕は山菜うどんをオーダー。 暖かくて美味しい。ちょっと僕にはしょっぱかったけどね。出し汁は全部残しです。

隣のテーブルにはこの子の指定席なんだろうね。

今日のキキちゃん

看板ネコの「キキちゃん」 ペチカストーブの前で気持ち良さそうに寝てる。


後半戦に突入!

午後からは下の3号池へ。 こっちには70㎝程の大型も入っている。

で、饅頭フライマンさんが大型のヤシオマスを釣り上げる。

ヤシオ釣ったぞ

これはお刺身で行けるでしょう! お見事です!

続いてbb-manさんがめちゃくちゃ綺麗なヤマメをヒット!

綺麗なヤマメ釣ったぞ

まさにチェリートラウトって感じだよね。ピンクの桜色に染まった超ビューテホーなヤマメ!

で僕はというと・・・

状況が変わったのか、ドライでの反応が全く無くなってしまい仕方がないので再びビーズヘッドのニンフに切り替えて、魚の頭の前に落としフォーリングで反応する奴を敷きずり出す作戦で連続ヒット!

ピンボケヤマメ

いわな釣れたよ

綺麗なイワナ

今日のノルマのハタチに到達。 全部ヤマメとイワナだけだった。

今日の仲間

時間的にはイブニングが面白いけれど、今日は午後3時で納竿。 短い時間だったけれど楽しかったね。

また遊びに来ましょう。お疲れ様でした。

おしまい

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村

Trout Festa in KAWAGOE.

毎年恒例になりつつある、年末の川越詣で。

12月8日。 日の出の頃には関越自動車道に都内方面へ走らせていた。

もう10年以上前になるけれど、仕事の関係で川越市にはほぼ毎日のように通っていたので、多少の様変わりはあるものの土地勘は備えている訳で、この町に来ることも特に苦とは思わず、そして遠いとも感じる事もない。

午前8時10分。 川越水上公園の大駐車場に到着。今日は東京の釣具屋さん「サンスイ」さんが主宰する「トラウトフェスタ」がここで開催された。ってか、毎年ここでやっているみたいなんだけれどね。

会場に向かうといつもの入場ゲートが封鎖されている。「???」 
今年は、大駐車場側のゲートからの入場になっていた。気が付かづに前のゲートに向かってしまったので、序でに公園の散歩コースを一回り歩いてから本来のゲートから場内へ!

サンスイ・トラフェス2013


既に大勢の釣り好き達が並んでいる。 入場ゲートで、僕が所属しているジャパンフライフィッシャーズの会員のYさんご夫妻にバッタリ出会う。ご夫婦で同じ趣味のフライフィッシングを嗜まれる方達。本当に素敵なご夫婦なんです。

10分前に開場となり、本部ブースでサンスイ新宿店店長に会う。

Sさんもご夫婦でフライを嗜まれておられる。「ご夫婦で同じ趣味って本当に素敵だなぁ」

Sさんと何時もの社交辞令になりつつあるようなご挨拶をし(年に何度も会わないからかな?)次に今日の目的のブースへ向かう。

テヅカさん

青いジャケットのオジサンがJFFの大先輩「テヅカ・アート・クラフト」のテヅカさん。僕がいつもいろいろとお世話になっている方。今日の最大の目的の「テヅカ・ネット」を手に入れるために速攻でブースへ。

テヅカさんのブース

こちらはテヅカさんの奥様。 奥様お手製のヤマメストラップが可愛いんだ。今日は無かったけれどね。
で、このネットが目的の品。 「竹製品」って僕、好きなのよ! バンブーロッドはちょっとアレだけれどね・・・

噂のレインボー

これは出来たばかりの「レインボー君」 こんなのが釣れたら楽しいだろうな~。


続いて、場内を一回り。

T-Craftのブース

「T-Craft」のブース。 タイミング悪く、こちらのTさんに会えなかったんだよね。
こちらの「スタッグ」の加工技術は芸術品! 兎に角カッコいいんだ! スタッグのネットリリーサーが気になっていたんだけれど、今日は予算不足だったので次回の購入目的にしよう。ナイフもカッコよかったなぁ・・・
「あぁーキリがない・・・」

続いて何気に覗いた「アングル」のブース。

アングルのブース

結構話題になった、グラスの4P「FeelexⅠ・Ⅱ」 ブランクが綺麗。まだ使ってないけれどその内に買っちゃうかもね。

サンスイ本部ブース

「サンスイ」本部ブースで気になるバッグを発見! バッグフェチの僕には全部が魅力的なのよ!
メッセンジャータイプに食ついちまった!

CNDのブース

「CND」のブース。 今日はわんこは来てなかったな・・・ Nさんの愛犬君。人懐こくて可愛いんだけれど・・・ DHはどうも僕には馴染めない世界なんだけれど、来シーズンからは徐々に再燃させようと思っているんだ。

ハーディのブース

「HARDY」のブース。 ここのリールはやっぱカッコいいよね。 僕はオールドタイプが好みだけれど、新型の軽量ラージアーバーも注目している。強度が心配なんだけれど・・・

天龍のブース

「天龍」のブース。 僕のフライフィッシングのスタートがここのフライロッド「Fates」だった。バットパワーがあったので良く飛んだよ。


今日はルアーサイドの方も覗いてみた。実はこちらで僕の同級生がスタッフで来ていると言うので会いに行ってみたんだ。

手前のブースから覗いてみる。

一番手前のブースでこんな綺麗な方と出会った。

Aicaちゃんと一緒

初代アングラーズアイドルの「Aica」さん。 半年くらい前に彼女のCDを買ったばかりで、今日もここへ向かっている最中に車の中で聴きながら来たんだ。 まさか本人と会うとは思っていなかったよ。
一緒に写真撮ってもらっちゃった。緊張しているのか、顔が引き攣っている。情けなぁ~・・・

いろいろお話を聞いて、オリジナルステッカーを貰っちゃった。 Aicaさん応援しているよ~!

TIEMCOルアーブース

「TIEMCO」のブース。 東古屋SPが気になる。すげぇ釣れそうなカラーなんだ。
僕も以前はルアーもやっていたからね。今はフライ一辺倒だけれど、別にルアーをやらない訳じゃないんだ。両立するとどちらも半端になることが怖いので、難しくて面倒臭いフライ寄りになっているだけなの。

順番に見て回る。
すると、こんなキャラクターが目に付いちゃった。

三平くんルアー

「釣りキチ三平」君のスプーン。「これはいいなぁ!」 僕らにとって三平君は永遠の釣り友達みたいなキャラだからね。少年マガジンの連載が楽しみだったあの頃が懐かしい。
今でも、三平君には食ついちゃうんだよね。
こちらは「Try-Angle」のブース。

こんなリールもあったよ。

愛ちゃんリール

声優の「清水愛」さんのキャラクターがくっ付いたリール。この世界もここまで来るようになったかぁ・・・

で、こちらが本人。

Try-Angleのブース

清水愛さんご本人とスタッフのお兄さん。 面白い製品をプロデュースしてくださいね。

あとはぐるぐると見て回ったけれど、最近のルアーフィッシングの世界は進化しすぎていて今の僕にはちょっとついていけない感がある。 見ていて「すごいなぁ」って言葉が頭の中を過ることが何度もだよ。

で、同級生が居るブースまで着いたけれど、本人はちょっと不在。取り敢えずスタッフのお兄ちゃんに「よろしく」とだけ伝えて次を回る。

 一通り回り、同じ会員のOさんや、会長のNさんご夫妻、漫画家のSさん達と出会い情報交換や無駄話をしたりして、それからもう見るところが無くなった時点で帰ろうとしたら、地元漁協の組合長ご夫妻とバッタリ出会い、30分程お付き合いしてから会場を後にした。

年末のバーゲンセールにも思えるこのフェスタ。毎年楽しく過ごせるので気に入っている。普段釣りミーティング以外ではなかなか会うことのない会員の方達とも会えるしね。

で、今年の戦利品の数々。

本日の戦利品

「テヅカ・ネット」を2本。 「flux」の特価ティペット8、9、10X。 写真に写ってないけれど「SIMMSのWindstopper GuideBeanie」 暖かくていい。 「Gill」さんのブースで買った「ブルーギル用のバグキット」と僕の友人のトキシンさんのデザインの缶ケース。 北海道「Early Summer Anglers」さんのブースで手に入れた謎のフロータント。かなり強力みたい。で、Aicaさんに貰ったステッカー。

来シーズン楽しみ

また来年が楽しみだなぁ! 朝早かったから眠たいよ~!

おしまい

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村

Pottering-2

今年もいよいよ残すところあと1か月。

風もますます寒くなってきた。


12月3日。

今日は前橋のお客様の所に注文毛鉤を届けにひとっ走り!

鍋割山

いくらか霞んで見える赤城山麓の鍋割山。また鍋割高原まで遊びに行きたいなぁ。

上毛電鉄「膳駅」の先で俄か撮り鉄。

電車来た

この電車に乗って前橋市街に遊びに行くのも楽しい。空いている時は自転車乗せてもOKだからね。

粕川町で一休み。

粕川親水公園

粕川親水公園。 赤城山小沼を水源とする粕川の両岸に設けられた親水公園。散歩には丁度いい場所。

四阿で休憩中

上の四阿で一休み。ミネラルウォーターを一口。

橋の向こうは元気ランド

粕川に架かる「ささら橋」 この橋の向こう側には「粕川元気ランド」なる温泉施設が在り、平日休日共に多くの人達で賑わっている。

親水公園を抜け再び出発。

宮城小学校の前を通り、鼻毛石という交差点の手前でこんな場所に立ち寄る。

爪ひき不動

爪ひき不動尊

前橋市指定重要文化財。「爪ひき不動尊」
その昔、弘法大師空海上人が、東北地方に赴く際に赤城神社に立ち寄って、その時、自然の大石を見つけ後世のご利益を願って不動明王の像を彫ったという伝承が残っているんだ。

僕の守護本尊が「お不動様」なので、交通安全やその他諸々を願ってお参りをする。


それから、大胡町の「小坂子」と言う所のお客様の所へ品物を届け、お茶を一杯頂いてから帰路に着く。
途中、「道の駅 あいのやま」という施設でトイレタイムを取り、序でに一休み。

県道34号線を大胡駅方面へ。 で、またまた寄り道。

大前田栄五郎親分の墓

こちらは大胡町雷電山にある「大前田栄五郎親分の墓所」 このお墓は親分のファンの方々が建てたお墓だって話。群馬の観光マップにも載っている場所なのね。 因みに、前橋市大前田(旧宮城村大前田)に在るのが本当の墓所だって話だ。

上州の侠客「国定忠治」が慕い、若くして罪を犯した忠治を匿い、後に親分までの地位を授けた「大前田栄五郎」

映画とか、小説や舞台の演目にまでなった人物。新門辰五郎、江戸屋寅五郎と共に「関東の三五郎」と呼ばれた大人物。群馬では国定忠治親分の方がポピュラーな侠客かも知れないね。

栄五郎親分の石像

こんな感じの小父さんだったみたいね。
25歳のとき久宮丈八を殺して全国指名手配となり、捕らえられ佐渡に流刑されるんだけれど「島抜け」の大脱走劇を展開。尾張に勢力を張り、尾張藩の庇護を受ける二足草鞋の大親分に伸上った。幕末に各地に族生した博徒同士の縄張り争いの仲裁役を生業とし、顔役として縄張りを貰っては勢力を拡大。関東地方から東海地方にまでその名を轟かせ影響を与えていたんだって。それから一貫してお上に立ち向かった武闘派博徒の「国定忠治」と違って二足の草鞋を使い分け晩年は故郷大前田に戻り、82歳の大往生を遂げた。博徒関係者が建立した墓碑に
「あらうれし 行先とほき 死出の旅」
の辞世が刻まれているんだ。

それから、県道3号線に出て桐生方面へ突っ走る。

帰りにいつもの鹿の川沼で一休み。 で、いつもの面々だ。

金剛寺君

毎度お馴染み「金剛寺君」

団吉

人懐こい「団吉くん」

海老君枯葉の上で休む

睡魔に負けた「河童海老ノ介」

寅二郎

食いしん坊「寅二郎くん」

ビビリのまめ吉

臆病者の「まめ吉くん」

いつもの「ねこのいる風景」でした。


12月4日

今日は地元クラブの会長とトレーニング。

渡良瀬川サイクリングロード。正式には「桐生足利藤岡自転車道」って言うんだけれど、面倒臭いので「渡良瀬サイクリングロード」って呼んでいる。

渡良瀬橋

足利市に入り、渡良瀬橋の先の河川敷公園で一休み。

それから中橋を渡り市街地へ入る。

足利学校入学

ちょっと入学してきました。 「足利学校」に立ち寄る。

方丈

昔はここで多くの学生が一生懸命勉強していたんだろうね。

日本で最も古い学校「足利学校」
創建については様々な説があって、奈良時代の国学の遺制説、平安時代の小野篁の創建説、鎌倉時代の足利義兼創建説など。
歴史が明らかになるのは、室町時代の永享11年(1439年)関東管領・上杉憲実が、現在「国宝」に指定されている書籍を寄進し、鎌倉円覚寺から快元上人を招いて初代の庠主(校長)に迎え、足利学校の経営にあたらせるなどして学校を再興してからなんだって。
1549年に、宣教師フランシスコ・ザビエルにより「日本国中最も大にして最も有名な坂東の大学」と世界に紹介されたのね。
江戸時代の末期に役割を終え、明治5年にその歴史に幕を下ろしたんだ。

何度かの火災による焼失を乗り越え、平成2年(1990)12月江戸時代中期の姿に復活し現在に至っている。

それからお隣の「鑁阿寺」へ。

鑁阿寺本堂

源姓足利氏二代目の足利義兼が、建久7年(1196年)に、邸内に持仏堂を建て守り本尊として大日如来を祭ったのが始まりと伝わっている。

足利義兼の話は、このブログでも度々紹介している。義兼と藤原忠綱のエピソード。この事件が切っ掛けで義兼は出家し法名を「鑁阿」と名乗ったことがこのお寺の由来だと伝わっているんだ。

大銀杏

境内の大銀杏。銀杏が実る時期はもう大変! 迂闊に木の下に入ると爆撃に会い、その匂いでたまらん思いを味わうことになるんだ。

それから、再びサイクリングロードに戻り葉鹿橋から松田町方面へ坂道を登って行く。

松田小学校の先の「十勝屋」さんというお蕎麦屋さんで昼食。もり蕎麦を頂く。ここのお蕎麦屋さんのお蕎麦は不思議な歯ごたえと喉越しがあって、なかなかに美味しいんだ。


腹ごしらえを終え、今度は来た道を下る。店内の暖かさと、坂を上って来た体の火照りが収まっていないから下って風を切ると寒いったらない! 

で、いつもの「ぽれ珈琲」さんで一服。

ぽれ珈琲のマスター

お店の焙煎マシーンとマスターのNさん。

今日はスペシャルブレンド

今日はお店オリジナルの「スペシャルブレンド」を頂く。

昨日は40㎞越え。で、今日は53㎞走った。流石に草臥れたので明日は用を済ませてからは作業に費やすことにしよう。

今夜は読書をしてから眠ることにする。

おしまい

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。