気まぐれ釣り師の、底抜け冒険譚!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The weather forcast was wrong.

1月25日。


昨夜の天気予報では、今日は「ポカポカ陽気に近い暖かさになる」って話だったよね。

ところがだ、朝からどんよりとした雲に覆われていた赤城山を二階の窓から眺めて「気象予報士も当てにならんなぁ」と1つ溜息をつく。

午前11時頃、ポタリングに出発。

今日は目的地を定めず気ままにペダルを漕ぐ。取り敢えず西に向かった。

一般主要道路を外して、農道のような道を只管走る。

村主神社

上毛電鉄「粕川駅」の近くにある「村主(すぐろ)神社」

天正8年。甲斐の武田勝頼が信州の兵を従えて上州に侵攻する。「厩橋城」「大胡城」「伊勢崎城」を攻め落とし、そして「膳城攻め」の前、勝頼は全軍の兵馬をこの「村主神社」の前の泉のほとりで休ませたんだって。で、自らも馬を留め、持っていた梅の木の鞭を逆さに地面に刺した。それが芽を吹き1本の梅の木に成長したんだ。その梅の木は村主神社の境内に移され、『勝頼の逆さ梅』として現在まで残っている。現在は2代目とか3代目とか。

村主神社拝殿

拝殿でお参り。 願い事は「今日、もう少し暖かくならんものかね?」

そう、自転車で風を切って走っていると寒いのよ! 「暖かいわけと違うのかよ?」

拝殿の左隣に「御神木」の大杉の切り株。

御神木の根っこ

看板には、社殿は宝永5年(1708年)に再建されたと記録されていて、この御神木の大杉はそれよりもさらに古く天正8年(1580年)の武田勝頼の膳城侵攻の頃まで遡ると考えられているみたい。
かつてはこの神社の辺りは巨木が鬱蒼としていて、赤城山の山腹からも村主神社の場所が判った程だったらしいよ。
昭和43年。樹勢は衰え、他の巨木と共に伐採されてしまったとさ。で、この御神木の切り株が残されたって話。
切り株の周囲が約11mもあって、どうやら「日本一」みたいなんだよね。スゲェなぁ!

それからまた、適当に畑の中の道をウロウロしていたら広い車道に出た。で、その車道をさらに西に向かったら見覚えのある大鳥居が見えて来た。

赤城大鳥居

県道4号線にある「赤城神社の大鳥居」 富士見町まで来ちゃったよ。

赤城山山頂にある「赤城神社」の一の鳥居。高さ21.3m、柱間約14.0m、笠木巾28.0m、柱径1.7m。 天明4年に建設された旧鳥居は、かつてこの道路が有料道路だった頃に撤去されて、現在のは昭和43年に造られたもので、平成22年に塗り替えられたものだよ。因みに天明4年って浅間山が大噴火した翌年なんだよね。

そこから更に西に向かう。

ポストだらけ

前方にこんなものが見えてきた。

懐かしいタイプの郵便ポスト。それもこの数。 ここはかつては骨董品屋だったみたいだけれど、今は辞めちゃったのかな?人の気配が無い。

骨董屋さんの前

しかし、こんなモノ、買う人がいるとは思えないけれどね。この地区や、ここを通る人たちには名所的な「骨董屋さんの意味不明な郵便ポスト群」

米野って言う交差点を前橋市街方面へ下って行く。

途中の脇道で一休み。

下の方には県庁庁舎が見えるけれど、なんだかどんどん霞んで行ってる気がした。「ぜんぜんハズレじゃないか!」

前橋市方面

県庁庁舎見えた

「寒いなぁ・・・」 アンダーウェアに厚手のやつを着込んできて正解だったな。


原之郷って地区でこんなところに立ち寄る。

老農 船津伝次平墓所

群馬県民ならば誰もが一度は遊んだ事のある「上毛かるた」 県内の名所や史跡、有名人などが題材になっている「いろは歌留多」なんだけれど、その「ろ」の読み札の人物「船津伝次平翁」の墓所。

伝次平さんのお墓

「老農 船津伝次平翁」 天保3年にここ富士見村(現、前橋市富士見町)に生まれる。

明治政府の農業近代化政策で、東京駒場農学校(現在の東京大学農学部)が設立された時に農民でただ一人教員として採用された人。
その後、日本全国を回る「巡回指導者」となり、国内の農業の発展に生涯をささげた伝次平おじさんは、「奈良の中村直三」「香川の奈良専二」と共に『明治の三老農』と呼ばれ称えられたんだ。

明治5年。月の満ち欠けを基準とした「太陰暦」から、現在使われている「太陽暦」に変わり、同年12月3日を(明治6年)1月1日とし、長い間太陰暦で農業をしていた農民は作業時期が判らなくなっちゃったんだ。そこで、伝次平おじさんは、それが良く分かるように「太陽暦耕作一覧」を作ったんだ。

伝次平おじさんが残した言葉。
「農業は種まきや肥料を与える時が大切なように、人にも教えなければいけない時にきちんと教えなくてはいけない」

寺子屋「九十九庵」を開いていた伝次平おじさんのお父さんと同じように、伝次平おじさんも寺子屋の教師となって子供たちに勉強を教えていたんだよね。

1898年(明治31年)それまで全国を回っていた伝次平おじさんは、故郷の原之郷に戻り、その生涯を閉じられました。享年66歳。
農業県である群馬県が誇る大人物の一人、船津伝次平はここに眠っており、今でも農業の行く末を見守っているかも知れないな。
因みにここの墓所は群馬県指定史跡になってるよ。


老農ってのは、農業技術の改良、普及に努めた優れた指導者の総称。 伝次平が植樹した赤城山南面の30万本の松の苗は、現在も松の森となって僕らの町を見守ってくれているんだよ。


榛名山

榛名山も霞んでるし。 しかし寒いなぁ・・・ 汗かいたからどんどん冷えていく。そこから大胡方面へノンストップで突っ走る。

あいのやま公園で休憩

あいのやま公園のベンチで一休み。ミネラルウォーターがすごく美味しく感じる。

更に冷えてきたので、休憩5分で再び走り出す。自宅までノンストップでね!

今日の走行距離63.7㎞。 少し足が疲れた。

明日は午後から漁協の会議だ。 今夜はゆっくり眠れそうだな。

おしまい

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村 
スポンサーサイト

Have a good day's fishing.

1月20日。


「随分とのんびりしちゃったなぁ」としみじみ感じてしまうくらい、今年の初釣りは実にのんびりなスタートだった。

2014年。今年の初釣りに出掛けてきた。 同行は、饅頭フライマンさんとbb-manさん。

場所は「発光路の森フィッシングエリア」 このメンバーではこれで3度目。ここの魚は綺麗で味が美味しいみたいだからね。 僕的には、もう少しDeadfishの処理をしていただきたいのだが・・・

今朝は、粕尾峠越えで現場に向かったのだが、予想通りに足尾側は凍っていたよ。

峠凍ってる

ここ数日、雪が降ったりと天候が不順だったから「恐らくは凍っているだろう」と思っていたのだが、見事にビンゴだったよ。幸い、塩カルが撒かれていたので、全面アイスバーンって訳じゃなかったし、まぁこれくらいはどうと言う事じゃないし、ただ、スタッドレスがそろそろ御役御免な雰囲気だったから取り敢えずは慎重に!

鹿沼側は全く問題無し。


一部結氷してた

今年最初の「発光路」は、一部分が凍っていた。4号池だけは9割結氷で全く釣りにならない状態だったよ。

ここがオープンしたての頃だけれど、その年はめちゃくちゃ寒くて、朝一番にここに来た時は「今日は臨時休業」って事があったよ。すべての池が全面結氷でスケートリンクみたいな状況で「これじゃお金取れません」ってな具合で撤収したって思い出があったね。冬に訪れるといつもその日のことを思い出すんだよね。


今年の第1号

今年第1号のヤマメ君。午前9時スタートではライズは全く無しで、沈めるフライから始めたんだけれど、今日はGBが付いている黒っぽいフライが反応良かったよ。

ヤマメ綺麗

コンスタントに釣れるのはヤマメ君ばかり。 それはそれで嬉しいけれど、少し飽きてきたなぁ。
使用フライは僕のオリジナル「Gunbit」 昔かなりハマった『チェス』から頂いたネーミング。その名の通り「管釣りでの最初の一手フライ」 数釣り専用の特攻隊長! 実は久しぶりにこのフライ使ったんだよね~! 我ながら良く釣れた。

今日のメンバー

え~、今日のメンバーです。 途中からKANさんが合流。館林市でらーめん屋を営んでいらっしゃる方。
体が良くなったら食べに行くぞっ!

続いて、バンバン釣りまくる!

サビサビヤマメ

冬のヤマメはこんな色が当たり前かな? サビサビのヤマメ君が沢山釣れたよ。

サクラマス釣れた

昼をちょびっと過ぎたころにユスリカのハッチが陽だまりで始まって、呼応するようにライズも疎らだけれどぼちぼち始まる。

ミッジ・アダルト#30にフライをチェンジ。ティペットを0.15号のフロロに変更しライズ退治に! で、最初に飛び出したのが小型だけれどスッキリと綺麗なサクラマス君。 手を水に浸して温みを取るんだけれど、あまりにも水が冷たい。30秒ほどで掌が痺れてくる。で、写真を撮るのに手が水に浸かっているとあっという間に感覚が無くなる。すげぇ冷たいよ~!


下の3号池に移動。

1時間程、レインボー君達と戯れる。

ニジマス釣れた

3号池の方が型のいい奴らがいっぱいいるから#3ロッドではやり取りが面倒くさい。 

大きめのサクちゃん釣れた

ひと際銀ピカが泳いでいたので、Gunbitに切り替えて狙い撃ち! で、出たのが40㎝くらいのサクラマス。今日一番綺麗なやつだったよ。

再び1号池に移動。山側に入る。 イワナ君を釣っていなかったので狙い撃ち。

ここで、禁断の「反則フライ」を投入! エッグフライがここでは使用禁止らしいので、まぁそういう場所専用に作ってあるのがコイツなんだけれど、本当はみっともないから使いたくなかったんだよね~。ミミズみたいだし、初心者や子供用に使わせるフライが偶々BOXに入っていたので、つい魔が差しちゃったのよ。 「教育的指導初号機」と名付けてある。

イワナ釣れた

反則フライ使っちった

でも、これで目標の30匹と3種達成。 バラシを入れると50匹近かったんじゃあないかな? 今日は食い込みがあまり良くなかったからね。 でもSatisfactionな1日でした。


おしまい

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村




Digresses.

1月19日。

昨日の昼頃、僕の所属している地元のフライフィッシング・クラブの会長から電話。
「いつものメンバーで出掛けないかい?」

って事で、いつものメンバーと自転車漕ぎ漕ぎに行ってきた。

僕と、会長のHさん。Hさん宅のお隣のR君と近所のFさん。で、途中合流のTさんの5人で渡良瀬川の土手を疾走。

隣町の足利市にあるお馴染みのお店で休憩。

つくしんぼで一服

「つくしんぼ」っていうお店。焼きそばと焼きまんじゅうのお店でなかなか美味しいよ。

おやつタイムだよ

みんなで焼きまんじゅう。 僕は家を出る前に昼飯食っちゃったので、2個だけお付き合い。それもかなりの薄味の奴を作ってもらってね。

焼きまんじゅうまいう~

味は薄いけれど、焼きたてはふっくら美味しいよ。

つくしんぼの焼きそば

このお店の焼きそば、量が多くて価格も手頃。近所の小学生達も良く訪れる。因みに写真は「焼きそば大盛り400円」 並盛で300円。焼きまんじゅうは1串150円。サービスでお茶を出してくれたりとても親切なんだ。
R君、焼きまんじゅう3串ペロッと食べちゃって、焼きそばもシェアして食べてた。細いのに良く食べるねぇ~。

それから、「つくしんぼ」の道路反対側、少し先に進んだところにあるこれまたお馴染みの「ぽれ珈琲」さんで珈琲ブレイク。

外のベンチで珈琲タイム

この日は表のベンチで一服。店内は狭いからね。 ブレンド珈琲を頂く。

ぽれ珈琲で一服中

風もそれほど強くなかったし、サイクリングには丁度いい天気だったね。

R君爆走中

帰り道でR君とデットヒート! さすがに若さには敵わないね。オッチャンタジタジ・・・

午後5時過ぎに帰宅。

ひとっ風呂浴びて、晩飯食べてからいつもの日課「毛鉤巻き巻き」

来月のクラブ総会のオークションに出品予定の完成フライ、3BOX完成。後1つ2つ巻けるかなぁ? 外注が入らなければ2BOX位はイケそうだなぁ。

オオクマHWダン

「ヘアーウィング・ダン」 このパターンも僕のお気に入りのフライパターンで、僕的には実績のあるフライ。
これは、オオクママダラやオオマダラなどにマッチさせたもの。 ボディにRIR(ロードアイランド・レッド)を巻いてある。綺麗な模様が出るから僕は気に入ってるんだ。

ヘアーウィングは巻き終わったから、次はどうしようかな? 思い切ってトラディショナルパターンにしてみようか?
それとも、管釣り用のエッグを大量生産しようか? ミッジ・・・は目が疲れるから今回はパスしよう。 ウェットも時間が掛かり過ぎるからパスかな? 
何にしても、巻くのが楽しいから苦には感じないしね。僕のF.Fはタイイングが70%。後はオマケみたいなものだしね。

しかし、いつも思うのだけれど、僕のブログって「フライフィッシング」のブログなんだけれど、アーカイブを覗くと釣り殆どやってないような気がするなぁ・・・ ポタリングは大好きだけれど、ブログまで横道に、それもかなりかけ離れてもはや“迷子”になっているぞ・・・ 
まぁ、深く考えないようにしょうかな・・・

さて、今宵も作業に取り掛かるとしようかな!

おしまい

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村

a Gentle Wind?

1月16日。


今日は午前中に近所のスーパーマーケットに食材の買い出し。

11時頃にいつも毛鉤を発注してくれるオジサンの家まで管釣り毛鉤40本を届けに満腹号で出動する。
リタイアされて気ままな年金暮らしのお客さんで、天気のいい日には赤城山界隈の管理釣り場に出没する釣りキチおじさん。この方、フライもルアーも嗜まれる方なのですが、極度の老眼の為にタイイングが厳しいと申されます。
数年前に赤城の『管釣り銀座』の某釣り堀でお会いしてから、僕のフライをえらく気に入って頂き、以来、僕が専属の巻き師をしております。


で、自宅を出て、いつものコースから前橋市内を目指す。
の、前に鹿ノ川沼の土手に出てみた。 今日は幾分穏やかな気候なので奴らが動き回っているんじゃあないだろうか?


・・・いた。

久々の登場

相変わらずカメラを向けると“あっち向いてホイッ!”な金剛寺君。 「大丈夫だよ、魂は抜けないから」

ゴロゴロ

暖かな陽だまりでゴロゴロ。 枯葉だらけになっちゃった。カメラを仕舞うとじゃれて来るんだなこいつは。


それから、赤堀町を抜け大室小学校の脇から、国道50号線と県道76号線の間の町道を西に向かう。

陸運局の前を抜け、西片貝町に着いたのは午後12時30分頃。 注文の品を届け、お茶を一杯頂いてから県庁方面に向かう。

中央前橋駅の前を通り、表町から国道17号線方面へ。

県庁前を左に折れ、群馬大橋を渡り対岸の利根川サイクリングロードに入る。

利根川CR県庁前

利根川沿いはなかなかに強い風が吹いていたが、煽られるほどじゃない。自転車転がすには丁度いいくらいかな?

それから、1つ上流側の中央大橋に出てグリーンドーム方面へ。

グリーンドーム前橋

中央大橋の上からグリーンドームと利根川を眺める。「さすがに今日はDH練習組は居ないなぁ」風強かったしね。


ルナパーク

僕的には“懐かしさ日本一”と感じている昔懐かしの遊園地「ルナパーク」

前橋市大手町にある公園で、こじんまりとしているけれど昔から前橋市民の、特に子供達には最高の憩いの場なんだよね。僕も子供の頃に来た憶えがあるよ。 地元の「桐生ヶ岡遊園地」とは違った趣のある遊園地なんだ!

飛行機楽しそうだね

入園料は無料。乗り物も超リーズナブル。小さいお子さん連れのご家族にはお薦め。で、僕ら世代にもノスタルジーを感じるにはお薦め。
詳しくはこちらをクリック⇒『るなぱあく

千代田町に入り、弁天通をスルーして広瀬川沿いの道に出る。
それから、中央前橋駅へ。

この電車に乗るのは久しぶり。高校の時以来だから20年以上経つね。

中央前橋駅改札

上毛電鉄は自転車もそのまま載せて乗車できるので、自転車乗りにはとても重宝する電車なんだ。

イベントで日本最古の車両「デハ101」や「104」が臨時運行したりと鉄道マニアにはなかなかに愛されている上毛電鉄。詳しくはこちら⇒『上毛電鉄
 
上毛電鉄乗車中

早速、愛車を車内に・・・  暖房が利いているのでヌクヌク。少し眠くなっちゃったよ。

車内暖かい

車内はこんな感じ。 僕は自転車搭載なので後方車両へ。ってか、2両編成だしね。思いっきしローカルしてます。
何故か隣に座って来た女子高生としばしお話し。 彼女も自転車に乗るのが趣味なんだとさ! 
高校2年生の彼女。まぁ良くしゃべること! 元気がいいのか、知らないおじさんに対しての危機感が無いのか、とにかく彼女のマシンガントークにはタジタジになってしまったよ。 垢抜けない感じが結構可愛らしかったからいいとしましょう。何気に「川島海荷ちゃん」に似ていた。写真OK? か聞いてみたけれど、「恥ずかしいからNO!」だって。その仕草もなんか可愛いかったね。 ヤバい方向に行きそうだったよ。アブネェ・・・

大胡駅までワープ

大胡駅で降りた僕。 マシンガントークの彼女の盛大なバイバイに見送られて・・・ ちょびっと照れちまったぜぃ!

ワープしたので帰りは軽快! のんびりとテンポ良く帰路に着きましたとさ。

おしまい

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村

One week progress.

明けましておめでとうございます。 今年も僕のくだらない独り言にお付き合い下さいませ。


1月12日。
3連休の真ん中。 年が明けて、もう十日以上経つんだね。

さて、僕の今年最初のイベントは風邪をひいたこと。年明け早々に止まらないクシャミに四苦八苦し、熱は出なかったものの、知らず知らずのうちに垂れてくる鼻水に悪態を吐きながら2014年が始まった。
元日の深夜から調子に乗って「巻き初め」とか言ってタイイングに勤しんだせいだ。 それほど寒くは無かったのに、少し体調が優れずにいたのだが、更に初漕ぎとかほざいて寒空の中満腹号で飛び出したモノだから、体調不良に拍車をかけてしまったのである。「焼きが回ったかな?」 新年から間抜けなことをやってしまったものだ。

巻き初め

まぁ、こんな薄着で夜中に作業してれば風邪もひくわなぁ! 


今年の初詣は、三夜沢の「赤城神社」へ。 風が強くて杉葉の絨毯爆撃を受けたが、ひと通りの願掛けは終了。社務所のバイトの巫女さんが可愛いのがこの神社の特徴・・・ってなに色気づいているんだか。

毎年正月3日には、足利市の「八雲神社」へ初詣に訪れていたのがけれど、ご存じの通り「八雲神社」は、平成24年(2012年)12月9日の未明に、どこぞの大馬鹿者の呆れた所業の為に炎に包まれてしまった。 後日、八雲神社の残骸を見て思い切り落ち込んだことを憶えている。 現在、足利市では「八雲神社復興再建」に向けて寄付金を募っている。
1日も早い「八雲神社復活!」を願っている。


8日。今年の初漕ぎに出掛ける。
メンバーは、地元クラブの会長Hさん。と、Hさん宅のお隣のR君。中学2年生の少年。 途中合流したのがクラブの会員のTさん。そして僕の4名でお隣の足利市方面へサイクリングロードを漕ぎ漕ぎしてきた。

初乗り

Tさんは自転車に乗り始めてまだ数か月。長距離と高速クルーズはきついのでのんびりクルージング。

僕が学生時代に良く通っていた喫茶店で休憩。

休憩中

足利市葉鹿町にある「カフェ・ラリグラス」 登山好きのマスターが経営する喫茶店。
カウンターには古いDutch Coffeeの器具が置いてある。懐かしい雰囲気が僕の好み。

ミックスサンド

僕はブレンドコーヒーをオーダー。 で、R君はコーヒーが苦手なのでコーラとサンドウィッチをオーダー。食欲旺盛な中学生。こんな量はペロッと食べちゃったよ。

で、Hさんはナポリタンをチョイス。

ナポリタン

流石、昭和の男! パスタも箸で食う!


9日。
この日は単独で利根川へサイクリング。

途中、世良田東照宮へ立ち寄り、願掛け。 実は僕、願い事それぞれで神社を選択しているんだけれど、これってあまりいい行ないじゃあないんだよね。神様に対して浮気は御法度、って聞いたことがある。 もっとも、僕自身が神様をあまり信じていないからどうでもいい事なんだけれどね。でも少しだけ信じている部分もあるから初詣は人並みには行っているんだよね。 
で、東照宮へは「戦勝祈願」って訳じゃないけれど、「運気向上祈願と厄災除け」に毎年訪れている。

世良田東照宮

東照宮って言うと、「日光東照宮」が日本で一番有名だよね。世界遺産だしね。 が、僕的にはって言うか、群馬県民ならばここ「世良田東照宮」こそが世界遺産になっても不思議ではないと思っている筈。・・・多分。

何故ならば、ここが徳川氏発祥の地なんだ。 徳川400年の歴史はここから始まったと言っても過言ではないんだ。

って、いちいち説明するのも面倒なので、詳しくは 世良田東照宮 で見てね。良く解るから。

で、参拝してから御守りを受ける。
今年はこんなやつを受けてみた。

東照宮笛守り

「笛守り」 魔除け厄除けの笛らしいのだけれど、きっと役立つときは「熊除け」になるだろうと思う。
11日。
この日は8日のメンバーとFさんという70越えのオジサンも加わっていつものサイクリングロードへ繰り出す。

今日は5人で漕ぎ漕ぎ

Fさんのロードが殿。僕らのスローペースに合わせるのが大変そうだった。しかし齢70越えとは思えないほどパワフルなオッチャン。

この日は小俣町にある、最近のお気に入りのお店「B級グルメ館」と言うお店に立ち寄り休憩する。

僕は超薄味の「焼きまんじゅう」 みんなはノーマルの「焼きまんじゅう」とR君とHさんは「富士宮やきそば」を。Fさんは、この寒いのに「ソフトクリーム」をオーダー。Tさんは「揚げたこ焼き」。

焼きまんじゅう

フワフワの「焼きまんじゅう」 僕は塩分制限をしているので味噌は一度塗りで出してもらった。でも美味しいよ。

帰りものんびり。って言うか、慣れていないTさんに合せてあげないといけないのでスローペースなんだ。この日も2回コケちゃったからね。

足並みあわせ


この日は帰宅してから、毛鉤製作にスパートをかける。もちろん、僕が所属しているジャパンフライフィッシャーズのオークション出品のためのモノ。

一応だけれど、早春用が1BOX。ニンフが小さいので1BOX。

ニンフは今年はこんな奴を出すつもり。

ヒラタニンフ

「ヒラタカゲロウ」のニンフ。 渓流でヤマメ君達が一番好きなヒラタカゲロウの幼虫、「カメチョロ」とか「チョロムシ」 僕の地元では「ゾロ」って呼んでいたけれど、これが良く釣れるニンフなんだよね。

エルモンニンフ

「エルモンヒラタカゲロウ」のニンフ。 少々大きめのニンフ。 この手の「クリンガーニンフ」は僕自身の釣りでも素晴らしい結果を残しているので、自信を持って出品できるね。 もっとも、うちのクラブのメンバーはドライフライの釣りの方が好きな人ばかりだからなぁ~?

スイマーニンフ

人気があり、簡単に巻ける「フタバカゲロウ」系のニンフ。「スイマー」タイプは、ニンフとしては一番利用されているんじゃあないだろうか? 春先、一番早く使われるパターンだしね。

ニンフ巻いた

こんな感じで今年は出します。


さて、今年はこんな感じでスタートしましたが、今年も身近な冒険を繰り広げたいと思っております。

2014年もよろしくお願い申し上げます!

寒桜

東照宮の境内に咲いていた「寒桜」です。

おしまい

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。