気まぐれ釣り師の、底抜け冒険譚!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Everyone gather! To Oku Aizu ~Next.

昨日の続き~!

どこまで話したっけ?

まぁいいや、2日目~っ!

午前7時頃、起床。 1日目ではしゃぎ過ぎたせいかメチャクチャ眠い。こんなに寝覚めが悪い日は久しぶりだった。

窓の外はシトシト雨が降っている。「こりゃ釣りは無理かな?」って言葉が頭を過る。

8時頃朝食。1階の食堂へ集まり、みんなで朝ごはん!

朝ごはん

大好きな玉子焼き。 スープもトマト風味でさっぱりして美味しい。 ヨーグルトは柿のジャムがピッタリ合うんだね。
お腹に優しい、うめ~朝食だ。

モーニング珈琲

で、朝はやっぱりこれから始まるんだよね~。 珈琲は何処へ行っても欠かさないんだ、僕。


朝食を済ませ、身支度を整えて、会計を済ませ、この日の作戦会議は宿の玄関ポーチで。

作戦会議?

結果、殆どの方は帰路に着いたり、観光やショッピングを楽しむようだった。 で、僕とUさんだけがリベンジに向かったんだ。

宿の前で記念写真を撮り、2日間に渡るウェルカムミーティングは無事終了って事になった。

曜々君またね!

「曜々君、また遊ぼうね~! バイバイ!」


宿を後にして、僕とUさんは昨日と同じM川に入渓。 宿を出る前にオーナーから美味しい情報を頂いておいたので、今日はそこから渓に降りた。

僕は下流側に気になるスポットを見つけたので、下流へ釣り下がる。 Uさんは上へ。

入ってすぐに見つけた対岸の倒木の影。 倒木の手前側が流芯で、倒木の向こう側が弛んだプールになっている。
これは、プレゼン直後に強力なドラッグがかかるパターン。 しかもメンディングするには上流側に枝が飛び出ていて、攻略が面倒臭いパターンだった。

7Xのティペットにゴマメスペシャルの新型「ゴマメ・ギャンビット」を結び、やや下流側から河畔林の枝下と倒木との間にポッカリ空いたスペースにアップクロスでフライをねじ込む。

キャストする事5~6投、ゴマメに向かって魚影が浮上する。

綺麗なイワナ釣れた

綺麗なイワナ。 漸く人並みの魚に出会えたよ。 魚体の美しさに暫く見とれちゃった。

イワナ釣ったぞ

水と同じで透明感があるね。 こういう魚が住み続けられる環境を、僕ら川に関わる釣り人が率先して守って行かなければならないんだよね。 本当に素晴らしい。 いつまでも残して行きたいね~。

更に下流へ。 砂防堰堤の上に到着。

堰堤上のプールを覗くと沢山のイワナを目視確認出来た。 で、葦の茎が伸びる右岸側にライズを見つける。

ショートキャスト。フライ先行でライズポイントにゴマメを流し込む。 

放流モノかな?

釣れたのはコイツ。 20cmくらいの可愛いイワナ。 小振りだけれど嬉しい。

その後、暫く堰堤上のプールを小突いてみたが反応する魚は少なく、僕が先に飽きたので上流のUさんの所へ叩きながら釣りあがった。

で、次の堰堤の手前でUさんと合流。 2人で今日の目的ポイントの第3堰堤に到着。

僕は堰堤手前のプールで、深場に潜む奴らを意識して「ワイヤード・アント #16」 ティペットにショットを付けてアウトリガーで水底を探る。 で、数回流した後リーダーが不自然に止まった。 軽くロッドを煽ると小気味良い魚信。

釣れたのはコイツ。

ヤマメが釣れた

「??? ここってイワナの川って、オーナー言ってなかったかなぁ?」 
何故か釣れたのはヤマメ。 初日に「M川はイワナの川だから・・・」なんて聞いた記憶があったけれど、まぁこんなことも起るから自然って楽しいんだよね。 これも嬉しい!

結局その後は2人とも魚には出会えず、時間も昼をまわり雨も降りだしたので退渓することにした。

で、腹ごしらえに向かったのは、前日「ここは美味しいよ」と聞いていたお蕎麦屋さんへ!

入渓した渓の隣の川沿いにあるお蕎麦屋さん。「いせや」さんへ。 時間が少し遅かったけれど、開いててよかった!

いせやのお蕎麦

天もり蕎麦の普通盛りをオーダー。 Uさんは大盛りをチョイス。
風味がとてもいいお蕎麦。 天ぷらも丁度いい揚げ加減。 で、僕の大好物の山菜がおまけで付いてくる。
「キャラブキ」「ヤマウド」などなど。 医者に「塩分の取り過ぎに気を付けろ」って言われているので、つけ汁は極少々。
とっても美味しかったよ。 次回もココかな?

食後、お店を出てそこでUさんとお別れ。 2日間お疲れ様でした。また遊びましょうね!

帰りは途中まで、同じ道筋だったけれど、携帯に着信アリ。 僕が担当するミーティングの打ち合わせ連絡が宿泊施設の担当の方からの電話。 車を路肩に止めてしばし電話で連絡を取り合う。


帰宅途中、道の駅「田島」でお買いものとトイレタイムをとり、またのんびりと自宅までドライブを楽しんだ。

水の綺麗さ、魚の豊富さ、で、何より新しい仲間たちとの交流を充分に満喫できた奥会津ウェルカムミーティング。
本当に楽しかったよ! また参加したいね。

美しい自然に、きれいな魚たちに、愉快な仲間たちに感謝! みんなありがとう!

おしまい
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Everyone gather! To Oku Aizu.

久しぶりの更新!

6月21、22日
僕が所属している釣りクラブ JFFの新会員歓迎のミーティングが奥会津で行われ、僕もそのサポートとして参加してきたんだ。

日光鬼怒川経由で山王峠を越え、会津田島から桧枝岐方面へ。自宅から寄り道しながらのんびりと3時間のドライブ。

やまゆきかわゆき

午前8時30分。 集合場所のペンション「やまゆきかわゆき」に到着。
オーナーのTさんは同じクラブの会員さんで、奥会津の渓に精通しているエキスパート。僕らの兄貴みたいな方で頼りになる存在。

早速の大歓迎を受ける。

曜々君と僕の手

ペンションの2代目看板犬。会津高杖地区の森林警備隊長“曜々 ヨーヨー”君。
ボーダーコリーの男の子。愛嬌が良くそれでいて警備隊長らしい警戒心の強さが持ち前のお客様係だ。

顔中涎まみれにされちゃったよ。

曜々君カワイイ

僕の愛車のタイヤの所でマッタリ中!

ペンションの近くではこんなモノと遭遇出来た。

ギンリョウソウ

「ギンリョウソウ」 葉緑素が無い腐生植物。針葉樹林なんかに多い面白い花。

ニッコウキスゲ

「ニッコウキスゲ」

ヒメギスベイビー

「ヒメギス」の赤ちゃん。

ヒメシジミ

「ヒメシジミ」 蝶好きな僕には堪らない出会いだね。 良く見かける蝶だけれど、この場所で出会うって事に意味があるんだ。

ヒメシジミ羽裏

翅裏はこんな感じね。

ルリタテハ

「ルリタテハ」 この蝶は綺麗なんだ。つい追いかけちゃったよ。


参加者が全員集合。作戦を練ってそれぞれチームに分かれ各河川に向かう。
僕はSさんとUさんと組み、有名河川のM川へ!

林道を上流へ進み、車を置いて徒歩で下流へ下る。

UさんとSさん

車を置いた地点から約1㎞弱下った辺りから入渓。

Uさん

Sさん

魚影はいっぱい。目視確認出来る。そして何よりも水がとても美しい。

3人で順番に攻め上がる。ライズは見えない。上流からはこんな奴が流れてきた。

オオマルハナバチ

「オオマルハナバチ」 クマバチに見えちゃうくらいのボリュームある丸こい花蜂の仲間。手で掬って岸辺の岩場に救出。
良く見りゃ可愛いバンブル・ビー君。


UさんイワナGet!

最初にUさんがイワナをGet!  渓の色に溶け込んだような綺麗なイワナ。

次にSさんがこの日一番の大物を釣り上げる。

Sさん尺イワナGet!

とても美しい尺イワナ! 顔がカッコいい! Sさんお見事です!

更に釣りあがるが、透明度が高く魚を見つけやすいが魚からも僕らを見つけやすいのか、なかなか釣れない。

そんな中、僕は水辺を彩る花に目を向けるんだ。

水辺の癒し

これは「カラマツソウ」かな? 可愛い花。

水辺の癒し2

「ニガナ」の花。

水辺の癒し3

これ、何だか忘れちゃったんだ。 とにかく可愛い花見つけた。

右岸側の岩盤の浅瀬に泳ぐ魚体を発見。 シメシメ・・・
#12のゴマメスペシャルをU字キャストでフライ先行で魚の鼻先に流すと、珍しく一発でフライに食ついた。

どぜういわな

が、手元に寄って来たのはこんな奴。 
鰭の先はとんでもなく鮮やかな朱に染まった魚体なんだけれど、渓流のイワナの特徴がまま出ている所謂「ドジョウ」だったのだ。 なんか悪いことしちゃったなぁ・・・ 即リリース。

暫く釣っていると、上空から“ゴロゴロ”と、お呼びじゃない音が鳴り響く。
で、あっという間に土砂降りの雨。 レインジャケットを車に忘れてきた僕は、速攻で木の下へ避難。

結局はずぶ濡れ状態。まるで沈したみたいだよ。

検討の結果一旦退渓。 林道へ上がる。 が、上がった途端雨が上がる。どうなってんだ?

で、下っている時にチェックを入れておいた淵の見えイワナにちょっかいを出すことにした僕はもう一度渓に降りる。

が、結果惨敗。ずぶ濡れの為体が冷えて集中力が持続できない。おまけに再びの降雨。

初日の釣りはこれにて終了。とてもじゃないがイブニングまで続ける根性を抱けなくなったのだ。

 ペンションに戻った僕らは、それぞれ別行動。2人は近くの温泉へ。 僕はペンションのお風呂へ。

ゆっくり冷えた体を温め、風呂上りは部屋のベットでゴロリと転がる。流石に草臥れた。

暫くすると、各所に分かれたみんなが帰って来る。 で、2階の一部屋を借りて夕食前の小宴会。


午後7時30分。
「夕食の準備できました~!」 オーナーの呼ぶ声にみんなして1階の食堂へ。

夕餉の準備できました

みんな着席し、オーナーの軽い挨拶のあと、「いただきま~す!」 楽しい夕餉の始まり。

晩ご飯まいう~

山の幸と川の幸がいっぱい。 ヤマメのから揚げ甘酢あんかけ。骨まで軟らかくて抜群にうめ~っ!

僕の大好物「コゴミ」 この季節に食べれたことに超・感動感激!

銘酒 飛露喜

オーナーTさんの一押し。幻の銘酒「飛露喜」 残念ながら僕はDr.Stopなので飲めなかったの。

食後は大好きな珈琲でマッタリ。

珈琲大好き

楽しい宴は夜遅くまで続く・・・


今日はここまで。 つづきはまた。

一旦おしまい
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。