気まぐれ釣り師の、底抜け冒険譚!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Crimson foliage.

9月28日

毎年、この時期に必ず訪れる奥日光へ紅葉を見に行ってきた。

午前3時30分起床。 簡単な朝食(野菜サラダだけ)を摂り、身支度を整えて4時40分に自宅を出る。

途中コンビニでお茶と珈琲を購入し、国道122号線を北上する。


いつもの赤沼茶屋駐車場に到着したのは6時を回っていた。 まぁ、かなりのんびりと走って来たからね。

駐車場はこの時間ですでに半分以上は埋まっていた。かなりの観光客が来ているみたい。
支度をし、お気に入りのリュックにタオルと買ってきたお茶と珈琲を詰め込み、カメラの準備をして出動。
低公害バス乗り場には20人程が乗車待ち。 僕はその人たちをやり過ごし戦場ヶ原に向かって歩き出す。

向かうは小田代ヶ原。 僕の足でゆっくり歩いて30分強で到着する筈だ。

熊出るぞ

今年もかなりの目撃例があるようだね。 いきなり要注意の看板。 でも基本的に僕はここでは鈴無しで歩くのね。熊に会いに来ているようなものだし。


小田代ヶ原エリアの鹿避けゲートをくぐり、久しぶりの小田代ヶ原。

小田代ヶ原

草紅葉が絶好調だね。 スゴイ綺麗。 しかし、展望広場はカメラマンの巣窟。一番綺麗に見れる場所に三脚立てて陣取っちゃうから、他の観光客が景色を楽しめないんだ。 ハッキリ言って迷惑この上ない。 写真撮ったんならさっさと帰ればいいのにさぁ、いつまで経っても退いてくれないから・・・ いい写真撮りたい気持ちは解るけれど、アンタらだけの場所じゃあ無いってことくらい判るだろうにね。 

貴婦人

そんなカメラマンの脇から無理やり分け入って、御存知「貴婦人」を撮影。

三脚カメラマンに嫌そうな顔されたけれど、「文句あるんかい?」って顔で睨み返してやったよ。

端っ子の方で草紅葉の綺麗な風景を記録する。

小田代の草紅葉

このアングル、僕は好きなんだよね。 右側から大真名子、小真名子、太郎、山王帽子の日光連山。 大真名子と小真名子の間にちょこっと飛び出して見えるのが女峰山。

後から次々とやって来る観光客に迷惑になるので、早々に小田代ヶ原を後にする。
北側の木道の工事が終わったらしいので、北ルートへ。

新木道出来たよ

以前から比べると、格段に歩きやすくなった新木道。 が、これも途中まででした。その内に修理されると思うけれどね。


紅葉始まった

北ルートは木洩れ日の遊歩道。 ひんやりとした空気と秋の風が心地よい。

泉門池に出て、そのまま小田代橋方面へ。

橋を渡り、湯川沿いにアップダウンの多いエリアへ突入。湯滝を目指す。

小田代橋からのんびり1時間かけて小滝に到着。 数人の釣り人の姿を眺めながらだったのでかなりスローペースだったね。

小滝

小滝の滝壺のちょっと上に釣り人発見。 「そこからじゃ、釣れてもどうやってキャッチするのかな?」 楓の木の向こう側に見えるかな? 直感で「経験不足」って気がした。 熟練者なら釣れた後の事を考えるからね。 「いい釣りをね!」

またのんびりと歩き出す。で、20分程で湯滝に到着。

湯滝の紅葉

「ここの紅葉はもう少しかな?」 前回来た時は観瀑台の工事中だったけれど、修復完了した観瀑台は、ベンチも新しくなり、とてもいい感じ。

鱒の碑

鱒の碑も健在。 

のんびりせず、今度はレストハウスの駐車場側のコースから戦場ヶ原方面へ引き返す。

小滝の左岸側から再び北コースへ戻り、泉門池へ。ここで小休止。

お茶を一口飲んで、体が冷えないうちに再び歩き出す。

戦場ヶ原エリアへ突入。

今度は木道が平坦になるので歩きやすい。 途中、大学生らしきの団体とすれ違う。

「もう少しで“センモンイケ”だから、そこで休憩しよう」
「お前、結構詳しいなぁ」

って会話。  ・・・・・ センモンイケ? ちょっと予習が足りないんでないかい?

笑いを堪えながら、足元の吾亦紅の花の写真撮影。

吾亦紅ピンボケ

可笑しくて、手元が震えてピンボケになっちまった。 まったく。

その団体の後から、遅れて来た女の子に声をかけられる。「何を撮っているんですか?」

吾亦紅の花だよって教えてあげたら、本気で珍しがっていたけれど「見た事ないの?」って聞いたら、なんでも初アウトドアらしいんだ。 この機会に自然の素晴らしさをたっぷりと体感して欲しいね。

青木橋

青木橋。 川面の梅花藻もずいぶん増えてきたね。 30数年前に僕が初めて1人でここへ釣りに来た時は、梅花藻が密集して、川がエメラルドグリーンだったものね。 あの頃の湯川に戻るにはまだまだ時間が必要だ。

山も色付いてきた

外山、前白根方面も色づいて来たね。

戦場ヶ原

奥の山が白根隠山だったと思ったなぁ。

男体山きれい

男体山、大真名子山、小真名子山。  この辺りまで来たら気温が上がり、汗ばんできたので着てきた薄手のフリースジャケットを脱ぎ、身軽になって散策を続ける。

戦場ヶ原の竜胆

戦場ヶ原の竜胆2

戦場ヶ原の木道の下にはリンドウの花が咲いている。 が、この時期は皆、紅葉を見に来ているので足元の彩に気が付いていない人が殆どだ。 せっかく来ているのに誰もが気付くことなく通り過ぎる小さな秋。 僕がしゃがんで写真を撮っていると、通り過ぎる人が驚いたように「こんなとこにリンドウが咲いてるよ~!」って言うんだよね。 奥日光の自然を楽しみに来ているのなら、こういう所にも目を向けないと勿体無いと思うんだ。紅葉なんて、どこ行ったって見れるでしょ?
でも、戦場ヶ原のリンドウはここでしか見れないんだからね。

日光の山々2

右から、大真名子、小真名子、太郎山、山王帽子山。一番手前の裾野が三岳。

湯川

僕の定番。湯川のベストビューポイント。ここからの湯川の風景が一番好きなんだ。

湯川2

川面に紅葉の色が映っていたよ。

稚魚いっぱいおった

で、その足元の溜まりに小さな命。 カワマスの稚魚が沢山泳いでいた。この川で誕生した小さな勇者たちはいつの日か出会う運命にあるのかな? なんて考えていた。 着実に続いている世代交代に感動を覚える。

で、その逆も然り。

釣り糸が

ルアーマンの置き土産。  「バカヤロ! 回収して行けっ!」 釣りは水の中に棲んでいる魚たちと戯れるスポーツです。木に引っ掛けるものではありません。 ってか、きちんと投げられるようになってから実釣に移行して欲しい。
まだまだだなぁ。木に引っ掛けるようじゃあキャストの練習不足でしょう。サミング出来なくてテンプラやらかすとこういうことになる。 これでまた釣り人の評判が悪くなる。
ここは国立公園なんだから、ゴミは捨てちゃいけないんだ。 こういうモノを回収して行くことも釣り人のマナーです。 ちょっとガッカリ・・・

木道を占領する三脚カメラマンや木道で並んで歩いてくる連中に嫌気がさし、早々に戦場ヶ原から撤収。

駐車場に戻ると、駐車待ちの行列。 折角来たんだから意地でも景色みたいんだろうね。 待っている車が多いので、さっさと赤沼駐車場を出る。

次に、毎年秋には必ず立ち寄る「さかなと森の観察園」へ!

入場料を支払い、ペレットを受け取る。 僕の場合はナイショのサービスされちゃうんだけれどね。

一気に紹介

観察園

「ニッコウイワナ」

観察園2

「レイクトラウト」の幼魚

観察園3

「カワマス」 ブルックトラウトの方が馴染みやすいかな? 僕は昔から「パーレットマス」

観察園5

ヒメマス 日光を代表する魚だね。婚姻色の“ブナ”が出ていて綺麗。

観察園14

こっちはその幼魚。 銀ピカで食べるととても美味しい。中禅寺湖畔のレストランで料理が食べれる。

観察園8

「チョウザメ」 これはベステル。 1980年に導入されたオオチョウザメの雌とコチョウザメの雄の交配種なんだって。

この日は僕の最近知り合ったTさんはお休みだったみたいでいらっしゃらなかったけれど、ここにはちょくちょく遊びに来ているんで、その時は会えるかな?

観察園7

ここの資料館に来るのが楽しみなんだ。 ここには奥日光の魚に関する歴史が詰まっているんだ。 歴史好きの僕には堪らないスポット。 

それから、入り口の脇にある「おさかな情報館」で遊ぶ。 お魚クイズってのがあって、ちょっとやってみたら課題が4つあってすべて全問正解しちゃった。 認定証ってものを発行してくれるみたいだけれど、恥ずかしいからやめた。
今度、友達の子供二人を連れてきたやりたいな。かなりお魚好きの中学生だからね。きっと興味持ってくれると思う。


久々の奥日光探訪(毎年何度も来ているから、探訪もなにもないんだけれどね)
今度はカラマツの落ち葉とカンボクの赤い実が生る頃に訪れてみよう。

おしまい
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村



スポンサーサイト

Accidental holiday.

9月25日

このところ仕事が忙しくて、なかなか更新できなかったんだ。

で、今日はいきなりの休日になったので、久しぶりに故郷の山へ出掛けてきたんだ。丁度、紅葉も始まった頃なのでね。

午前8時。 まったく見〆ない朝寝坊から今朝は始まった。
身支度を整えて、9時頃出動。

赤城山の麓、国道353号線のコンビニでミネラルウォーターと珈琲を仕入れていざ山頂へ向けて車を走らせる。


赤城山山頂。大沼(“おの”と読みます。“おおぬま”じゃないんだよね)から鳥居峠方面に上り、小沼(“この”って読むんだ)の駐車場へ。
車を其処に停め、準備を整えて、軽くストレッチ。 地蔵岳上り口へ。

久しぶりに味わう、いきなりの胸突き八丁。 木製の階段が延々と続く。

気温は高くも低くもなく、心地よい秋風が吹く中をゆっくりと山頂を目指し歩を進める。久しぶりの軽登山なので、歩けることが嬉しい。 天気も良く気分は最高だ!

地蔵岳

目指すはここね。 時間的の半日くらいの行程なので、地元赤城山は丁度良いんだ。

中腹からの景色もいい。

小沼と長七郎山

いくらか雲が出てきたけれど、景色は最高。 下に見える小沼には面白い伝説が残されているんだ。

山頂に近付くと、賑やかな声が聞こえてくる。

「ヤッホー! ヤッホー!」

山では定番のフレーズ。 何故? みんなして聞こえもしない山びこを期待するのかが判らん。 どこの山に行っても一度はこのフレーズを耳にするなぁ。 不思議だ・・・

地蔵岳山頂
地蔵岳山頂に到着。 駐車場からここまで30分程度。気楽なトレッキングには丁度いい。

で、ヤッホーの主はこの子達。

子供たちでいっぱい

他にもいっぱい小学生が登山に来ていた。 写真の子達は比較的礼儀正しく、大人しかった子達。
この子たちの手前に見えるのが、地蔵岳山頂にある一等三角点本点。因みに群馬県内にある一等三角点本点はここ地蔵岳のモノのみなんだ。補点は他にもあるんだけれどね。確か県内は10か所じゃあなかったかな?

人数多いぞ

何処にも居るんだ。 お茶目な子がね。

みんな元気な子達で、疲れを吹き飛ばしてくれたよ。

山頂レーダー

山頂レーダー2

市街地からも見える地蔵岳山頂のアンテナ群。 手前が雨雲観測レーダードーム。 奥がマイクロ回線中継施設。
雨雲レーダーって国交省の施設だったんだね。

子供たちが陣取ってしまっていたので、少し距離を置く。

赤ずきん君

地蔵岳の山頂に鎮座しているお地蔵様。 僕はずーっとこのお地蔵様が地蔵岳の名前の由来だと思っていたんだけれど、その真相は未だ不明なんだ。 因みに僕はこのお地蔵様の事を「赤ずきん君」と呼んでいる。

向こうが静かになって来たので、再びビューポイントへ移動。

山頂の石塔
 
石塔前で小休止。 持って来た珈琲を半分飲んで一息。

大沼と黒檜山

眼下には大沼。 向かいの山は赤城山最高峰「黒檜山」 この黒檜山だけは桐生市なんだ。だから桐生市の最高峰になった訳。それまでは根本山だったんだけれどね。町村合併による最高峰交代劇。

霞んで見づらいけれど、黒檜のずーっと奥に尾瀬燧ケ岳と至仏山も見える。尾瀬も行きたいなぁ。

喧しいヤッホー共から遠ざかるため、さっさと下山。

一気に県道まで下りて、小沼に降りる。

湖面キラキラ

湖畔林は紅葉の始まり。葉が色付き始めてダケカンバの白い木肌が目立つ。

小沼湖畔で休憩

ベンチで休憩。残りの珈琲を飲みながら、長七郎山へ向かうか、覚満淵に降りるか、それとも黒檜山へ挑むか考える。

時間的な問題から、覚満淵へ。

覚満淵

覚満淵に到着。

草紅葉が綺麗。 

竜胆

リンドウ この花好きなんだぁ。 種類がいっぱいあるので判別は僕にはちょっと難しいけれど、これはオヤマリンドウかアサマリンドウ辺りだと思うんだけれど、取り敢えずリンドウってことで。 花言葉は「正義」

ワレモコウ

ワレモコウ  こう見えてバラ科の花。 漢字では「吾亦紅」と書くよね。他に「吾亦香」とか「我毛香」とも書くんだ。 花言葉は「感謝」「愛慕」

食事中でした

アザミの花にセセリチョウが止まって食事中でした。 これはオオチャバネセセリかな? 顔が可愛いんだ。

アキノキリンソウ

アキノキリンソウ  別名「アワダチソウ」  昔は薬草としても用いられていたそうだよ。アメリカではネイティブアメリカンがガラガラヘビに咬まれた時に磨り潰して傷口に塗る軟膏にしたらしい。 花言葉は「安心」「予防」

ヒョウモンチョウ

ヒョウモンチョウも居た。もうすぐ蝶の季節も終わるね。 写真は「クモガタヒョウモン」の女の子。前翅の先端の白い点が見分けるポイント。

覚満淵2

覚満淵で、僕が一番好きなビューポイント。空が快晴青空だったらもっと綺麗な草紅葉が撮れたと思う。

覚満淵の草紅葉

また来年もあるしね。 ってことでこの日はこれで撤収。
週末は日光にでも行こうかな? 天気が良ければの話だけれどね~。 久々の更新でした~!

おしまい
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。