気まぐれ釣り師の、底抜け冒険譚!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Be brought up well !

1月31日

今日は僕が所属している釣りクラブの集まりで、栃木県の鬼怒川まで行って来たんだ。

前日に降った雨やら霙やらなどの影響で、早朝の街は路面凍結。 ポストの新聞を取りに行って、玄関前で思い切り滑ったしね。

白いぞ~

わ鐡の駅に路面状況を問い合わせた結果、「日光足尾周りはデンジャラス!」って事なので、足利市から北関東道に乗っかって栃木県の壬生まで高速移動。そこから国道121号線から293号に乗り、徳次郎の交差点で119号に乗りそこから県道を通って集合場所の大渡まで。のんびりドライブで2時間20分。

日光市だよ

R122廻りなら早いんだけれどね~

橋の袂にある『船場亭』に本日の作業員が集結!

茅葺屋根と青空

お茶を頂いてから、早速現場に移動。4WD車に分乗して先ずは大谷川へ。

川の中へ

流石にこの季節の川の中は冷たい。ネオプレーンのウェーダー持ってきて正解だった。

昨年の秋に「WVB ウィットロック・バイパード・ボックス」を埋設して、今日は其れの回収だ!

クレイドルの中

大型のカゴ(クレイドル)の中には細かい砂砂利がかなり詰まっていた。で、肝心のお魚君達は?

クレイドル回収

敷き詰めた石を取り除きボックスの中を確認する。

御開帳

死卵が数個。それと蠢くシルエットが・・・

ヤマメの稚魚残ってた

居ました居ました! 体長1cm程の可愛らしいヤマメの稚魚達です。ボックスの中にまだ沢山残っていました。

死卵の数と稚魚の数を数えて、広い川に放してやる。「元気に育てよ!」

ここに埋設した5個のクレイドルを回収し、次の河川へ移動。


集合場所の「船場亭」へ一旦戻り、このお店の上流部の鬼怒川本流に埋設したボックスを回収しに徒歩で向かう。

鬼怒川常トロ周辺

いつもの鬼怒川ミーティングの会場方面も雪で埋もれている。やはりこの季節は減水しているなぁ。

回収作業なう!

鬼怒川本流

早速回収作業開始! 本流は先程の大谷川よりも水温が低い。ゴム手袋越しでもかなり冷たい。
気合を入れてみんなで大きな石をどかして、クレイドルを掘り起こして行く。

力を合わせろ

流失を防ぐためにかなり大きな石が置いてあるので、掘り起こすだけでも結構な力仕事となるんだよね。

カジカおった

クレイドルに敷き詰めた石の隙間にカジカ君が隠れていた。こいつらが結構な曲者で、ボックスから出てきた稚魚や、中には発眼卵まで食べちゃったりするらしいんだ。 こいつもカジカとしてはなかなかのサイズだね。僕の地元ではこのサイズは滅多に見かけないしね。

さかなおった!

ハイハイ! こちらにも残っていましたよ~ 可愛い姿が数匹。

こっちも残ってた

こんな感じですね。 中には砂と言うより泥が入り込んでしまって全滅みたいなのも有ったしね。僕が回収したクレイドルにはカジカの他にツチガエルも冬眠していたよ。 カエルは嫌いな生き物なので、可哀想だけれど流れの緩い場所へ放してあげた。もちろん掴んで優しくねぇ! 久しぶりにカエル触っちゃったよ。ヘンな感触・・・

埋設したクレイドルをすべて回収。 船場亭に戻る。

雪いっぱい

雪の河原を歩くのも久しぶり。 信州の解禁日を思い出すね。あの頃は若気の至りでかなり無茶やらかしたしなぁ・・・

雪冷たいよ

冷たくて気持ちいいよ。 ただ靴底のフェルトに雪がくっ付いて歩き辛い。

船場亭に戻り、動き辛いウェーダーを脱ぎ、記念写真を撮影して少し早目の昼御飯を船場亭で頂く。

舟場亭

ここは囲炉裏がいいんだよね~

囲炉裏を囲んで

囲炉裏を囲んで談笑。 やはりこの面子は釣りかグルメの話で盛り上がるね。

白菜のお新香

「白菜のお新香」 サッパリ美味しい。が、僕は漬物がダメなので2枚ほど頂きました。Drs.orderなんですよね~

芋串まいう~

「芋串」 ここでの定番メニュー。 これ好きなのよ。

力水

早速始まりましたよ~ 仕事の後の一杯は格別でしょう! 

山菜蕎麦温か~い

冷えた体には有難い「山菜蕎麦」 温かいよ! お腹一杯だよ。

作業的には埋設よりは楽な作業だけれど、この活動を続けていくことに意味があるんだよね。
僕らは釣り好きが集まった釣りクラブだけれど、ただ魚を釣るだけが目的のクラブじゃあないからね。
JFFは自然と釣りとお酒を愛する会員たちが集うクラブでね、自然を大切にし、魚たちが絶えない、いつでも魚たちが暮らしていける環境作りにも携わっているんだ。

ここだけではなく、他の地区でもこの活動を行っているから、今日もがある方はJFFにお問い合わせくださいね。

おしまい
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

a Ancient temple & World heritage.

1月24日

今日はお袋殿の接待。

前々から「行ってみたい」と言っていた場所へ、今日はご案内となりました。


妙義神社

上毛三山の一、松井田町妙義山。 四国の寒霞渓、九州の耶馬溪と並び「日本三奇勝」に数えられる群馬を代表する山。

白雲山の下に鎮座する『妙義神社』

遠い昔には「波己曽神社 はこそじんじゃ」と呼ばれていて、創建は宣化天皇2年(537年)と伝わっているんだ。

妙義神社2

「総門」   

元は白雲山石塔寺の仁王門だったらしいんだ。建造年は安永2年(1773年) 

妙義神社4

「波己曽社」

ここが以前の「妙義神社社殿」だったんだって。安永二年(1773)の建造。

妙義神社5

妙義神社のシンボル的石階段。 その上に見えるのが「随神門」 

この石段、かつてNHKの大河ドラマ「義経」のロケ地に使われた所。 タッキーやマツケンさん、上戸彩ちゃん、石原さとみちゃんらが撮影に訪れたんだよ。

妙義神社6

「拝殿」 

宝暦6年(1756)の建造。 神社ではお馴染みの権現造りの本殿、幣殿、拝殿のは美しい彫刻が施され、見ている者を圧倒する。
なんでも、日光東照宮を手掛けた彫刻師が彫り上げたものだと伝わっている。
ここの前に在る「唐門」もそうらしいよ。

冬場は石階段が凍結して事故が起こるので、現在の季節は立入禁止。で、迂回路から本殿北門から入ったのね。

で、参拝を済ませ、次に僕がここを訪れたときに必ず参拝する場所へ。といってもここの本殿の裏にあるんだけれどね。

妙義神社10

「天狗堂」 
心願成就の神様。 なかなかご利益のある社でここに来たら欠かさずお参りしているんだよね。


再び正面へ戻って「唐門」へ。

妙義神社8

この「唐門」の彫刻も素晴らしい。

ここ妙義神社の祭神は「日本武尊」「豊受大神」菅原道真」「権大納言 藤原親長」などなど。

平成19年の台風の被害で、土砂崩れが起き暫くの間参拝が出来なかったんだけれど、平成24年12月にようやく復旧。

以前僕が訪れたときには丁度その復旧工事の最中だったからね。久々に訪れた妙義神社は、拝殿、本殿の脇や裏にあった杉の古木など危険と見做されていた樹木を伐採したので、石階段の辺りもかつての鬱蒼としたイメージがなく、サッパリしたなぁって感じに見えたよ。


次に、お袋殿のリクエストで「富岡製糸場」へ。 道中、またまたお袋殿のリクエストで「磯部温泉」へ立ち寄り名物を購入。

富岡製糸場

皆さんはもうご存知だと思うけれど、2014年6月21日。第38回ユネスコ世界遺産委員会において、「富岡製糸場と絹産業遺産群」について審議され、世界遺産一覧表に登録記載されることになり群馬県に世界遺産が誕生したんだよね。

僕はここへはもう20回以上は訪れているけれど、世界遺産登録後は初めての来訪だったのね。
まぁ久しぶりって事もあるんだけれど、今日も結構な来客数だったみたいね。

富岡製糸場2

入場料を納めて早速場内へ。 ボランティアガイドの人達が何人も居たけれど、僕にはガイドは不要。
だって、大体の内容は判っているからね。

先ずは東繭倉庫へ。

富岡製糸場3

これは「フランス式の繰糸機」 元来の生糸生産の様式では『上州座繰り』という方法がとられていたのだが、この繰糸機の導入で生糸生産量と品質も向上したんだって。

富岡製糸場4

そして戦後に導入された「自動繰糸機」の導入で更なる生産量のアップにつながり、昭和62年の操業停止までの115年の間、製糸工場として活躍していたんだ。

富岡製糸場5

ここが有名な「繰糸場のトラス構造の小屋組み」


富岡製糸場6

「繰糸場」の裏手、「寄宿舎」

ここで働いていた工女さん達が生活していた建物。現在は内部拝観禁止。
実は世界遺産に登録されるずっと前には、中を見学できたんだ。厳重注意はあったけれどね「所々に床が抜けそうな場所があるから注意しろ。二階には絶対行くな」 確かにそうだったよ。外階段もブッ壊れそうだったし。
それに僕がここの中を見れたのは20年も前の事だからね。

富岡製糸場8

見学できる場所はそれほど多くはないけれど、じっくり見て回れば1時間以上は要するかもね。
皆さんもぜひ訪れてみて下さい。日本の産業の真実が見れるよ。

余談だけれど、ここ富岡製糸場は2011年10月から放送されたTBSドラマ「南極大陸」のロケ地にもなっているんだ。
ここの「ブリュナ館」や「東繭倉庫」が「樺太犬研究所」として使われ、木村拓哉君演ずる「倉持岳志」と山本裕典君演ずる「犬塚夏男」らが撮影に訪れたんだよ。

見学を終え、僕のお気に入りのお店へ。

製糸場の正門を出てすぐの右側のお店 「信州屋」さん

信州屋のシュウマイ

ここの「和風絹シュウマイ」が抜群に旨い! これを求めるためだけに僕はここを訪れるんだよね~ 
以前は持ち帰り専門だったんだけれど、数年前から店内にイートイン・スペースが出来て、店内にて蒸かしたてが頂けるようになったの。

信州屋のシュウマイめちゃウマ~

シュウマイにしっかりと下味が付いているので何も付けなくてもめちゃウマ! 
で、店内で頂いたのとは別にお土産に8個入りを購入。

次に、正門を出て国道254号方面へ進み2区画先の角にあるお店へ。

「富士屋軽喫茶店」さん  昭和30年から創業している昔ながらの食堂ね。
製糸場の工女さん達もたくさん訪れたお店で、中でも「あずきアイス」は工女さん達にも大人気だったメニューなのね。確かに美味しいよ。 流石に今日は食べなかったけれどね。寒いしさぁ

富士屋の雲呑

今日はあたたかい「ワンタン」をオーダー。 お袋殿は「焼きそば」を注文。
「ワンタン」も含めて、こちらの昔ながらの「中華そば」や名物の「カレーラーメン」も人気メニューだよ。

食事を済ませ、次に上州一の宮へ向かう。 富岡製糸場からは目と鼻の先だ。

貫前神社6

上野国一之宮 旧國幣中社 「貫前神社」

創建は安閑天皇元年(531年)。 碓氷郡鷺宮の物部姓磯部氏が奉斎。 醍醐天皇の延喜の制に名神大社に列なり上野國一之宮として崇敬を衆め、戦後、社格制度の廃止により「一之宮貫前神社」と称し今に至っている。

現在の社殿は3代将軍徳川家光の命により寛永11年に造営されたもの。全国でも珍しい正面参道を登り、総門を潜ったところで今度は石段を下りた所に社殿がある「下り宮」という配置になっている。

貫前神社3

祭神は 「経津主神 フツヌシノカミ」 「姫大神 ヒメオオカミ」  
経津主神は武の神様。天照大神の命で建御雷神と共に天孫の為、国土を奉らしめた神様。
姫大神は養蚕機織りの守護神と伝わっているんだ。

貫前神社5

こちらが本殿。 ここも日光東照宮に負けないくらい美しい彫刻が施されているんだ。 で、この本殿の裏手には藤原藤太秀郷公が奉納したと伝わる杉の古木がある。
秀郷公が平将門討伐に際に戦勝祈願に歳の数だけ植えた杉の木の内の1本が残っているんだ。 36本植えたらしいけれど、誕生日ケーキじゃあないんだからさぁ・・・天然記念物に指定されているよ。

これで今日の予定のコースが終了。午後3時を回っていた。

帰宅したのが5時ちょい過ぎ。 のんびりドライブだったしね。

今度は霧積温泉に行きたいだってさ。 いい場所だけれど山奥だから大変なんだよね~ 碓氷の熊野神社にも行きたいだって。 年金受給者は1年中暇だからね~ 駆り出される方が容易ではないんだけれど・・・


帰宅後、早速珈琲を淹れる。

おみやげ磯部せんべい

一服

磯部温泉の馴染みのお店「名月堂」さんで購入してきた チョコレートをトッピングした「ナッツチョコ」とホワイトチョコレートをトッピングした「抹茶ブランシュ」を頂く。今日の珈琲は「グァテマラ・ラ・クプラ」

酸味の少ないチョコ風味のバランスの良い珈琲。あっさりと軽い磯部煎餅にはピッタリなんだ。

で、晩御飯のおかずを一品追加。

おみやげ焼売

どうやら味を占めたらしいんだ。お袋殿のたっての希望で購入してきた「信州屋の和風絹シュウマイ」

白いご飯には最高に合う一品!  僕は2個食べただけで残りはお袋殿と愚弟の胃袋に収まりました。


その内、また「どっか連れてけ」指令が下るんだろうなぁ・・・

おしまい
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村


On the way home from work.

私事の仕事帰りにちょこっと寄り道をしてきたの。


信州の雪道から解放されて、国道18号を高崎方面へ走る。 雨模様のどんよりした空に、夕暮の逢魔ヶ刻が拍車をかける。

高崎市問屋町にある『WonderGOO高崎店』

今日はそこで地元FM局の M WAVE の公開収録があったのね。
正直言って、今日は間に合わないと思っていたんだけれど、私用が早めに終わり、国道も混んではいたが流れが順調だったおかげで「これは間に合うかもしれない?」

収録時間にどうやら間に合い、公開収録を楽しめたよ。

M WAVE公開録音

光が反射しちゃって見え辛いかな? 僕の一番の注目歌手 Emiiちゃん の番組ね。

しかも、今日のゲストがこれまた僕が密かなファンで5年くらい前から気に入っていた「クリフエッジ」ときたらさぁ!

M WAVE公開録音2

結構な人混みで、クリフエッジの3人をワンフレームに納められなかった。

右から Emiiちゃん、JUN君、SHIN君。で、その隣にDJ GEORGIA君が居るのね。

M WAVE公開録音3

30分程の収録だったけれど、今まで僕が知らなかった「クリフエッジ」の秘密を聞くことが出来たよ。

来週の放送でこの模様が公開されるみたいね。楽しみだ。
終了後に、Emiiちゃんとママさんにお会いできたしね。 応援してますよ~!

時間があったので、序でに新刊を買ってきたの。

新刊Get!

平谷さんの新刊。 早速今夜から読み更けよ~っと!

おしまい
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村

Anothre Japanese Pompeii.

まぁ、いろいろあってね。

新年早々、体調を崩したり初稽古で怪我したり、漸く調子が出てきたら仕事が始まらない騒ぎだ。

メーカーやら問屋やらの都合らしいんだけれど、今週末まで仕事が休みになってしまった訳だ。

ただボケ~っとしている趣味は無く、体が動くときには徹底的に動かすのが僕の性分なもので、今日も彼方此方動いて来たのね。

だいたい20年近く訪れていなかった場所、っていうか地元「群馬の秘境」なんて言われている場所があるんだけれどさ、まぁ単に人があまり訪れ無い所なんだけれどね。

場所は榛名山の中腹に存在する 『ガラメキ温泉跡』 

仲哀天皇が見つけたって言う伝説があるから、発見は2世紀頃って事かな? 遠い昔から存在していた温泉で、明治時代には温泉宿なんかも在ったらしいんだ。で、戦争でGHQに立ち退きさせられて廃れてしまったんだけれど、現在は源泉だけは残っているんだよね。
で、「久しぶりに訪れてみよう。 雪の中を歩いて来よう」なんて意気込んで出掛けたんだけれど、前もって情報収集しておけば良かったよ。

ゲート降りてる

榛名湖畔側から県道28号線へ入ろうとしたらゲートが閉まっていて入れない。

全面通行止め

全面通行止めだとさ! 参ったなぁ・・・  ここから下りて黒岩風穴に向かう林道に入りたかったのに。

土砂崩れらしい

どうやら土砂崩れが発生したらしい。これじゃあ無理だよね~

仕方がないので、計画変更で「関東ふれあいの道」をちょこっと歩いてみたんだ。

取り敢えず歩こう
写真は「ゆうすげの道コース入り口」

湖畔の宿記念公園まで移動し、天神峠登山口から山中へ突入する。
雪が積もっていたのでなかなかの運動量だったね。
やっぱりスノーシューを買い直すか・・・

天神峠から氷室山、天目山を経て七曲峠へ。 軽アイゼンだけではやっぱり歩き辛かったよ。
2時間半くらいかな? 歩き回って、湖畔のお土産屋さんで一服。

甲子亭で休憩

伊香保側から登って来て、一番手前にあるも土産屋さん「甲子亭」さん

ホットココア
 
冷え切った体にホットココアは染み渡るね~ ポカポカしてくる~

夢二の歌碑

お店の前に在る「竹久夢二の歌碑」

ここ榛名湖畔に僕の高校時代の同級生がいるんだけれど、考えてみたら今日は平日なんだよね。
会いに行ってもきっと居ないだろうから、そのまま山を下りる。

メロディーライン

TVのCMで話題になった「静かな湖畔」のメロディーライン。 地元の人間にとっては喧しいだけって話だよ。
確かに車内に響いてくるメロディーは鬱陶しいだけだし・・・

このまま帰るのもつまらないので、あまり知られていない遺跡を訪れることにした。


県道33号から15号に出て、水沢観音の前を通り、お馴染みのおもちゃ博物館の前を通り県道25号に出る。ここは昔から三国街道って呼ばれている道。北上すれば新潟県に入る国道17号線に合流する。
で、その三国街道を子持町方面へ北上し、国道17号と353号がゴチャゴチャと入り乱れるところまで出る。

子持中学校方面へ狭い道を登って行くとその場所に到着する。

黒井峯遺跡

「国指定史跡 黒井峯遺跡」

以前紹介した「日本のポンペイ」嬬恋村鎌原地区。 天明3年に起こった浅間山の大噴火。俗に言う『浅間焼け』で起こった大火砕流は93戸あった村落をそこに暮らす587人の村人達ごと飲み込み、466人の尊い命を奪い去った国内でも最大の火山災害だ。
それと同様に火山の噴火で村が全て飲み込まれてしまった場所が群馬県にはもう一つ存在する。それは鎌原村の悲劇よりもはるか昔の事。今から1500年ほど前の話。
それがここ「黒井峯遺跡」なんだ。

現在の渋川市子持町北牧地区。 ここは6世紀初頭の古墳時代の村落遺跡で、谷を挟んだ西組遺跡とまとめて黒井峯村と呼ばれていたんだ。

6世紀に起こった榛名山二ツ岳の噴火「渋川テフラ噴火」の際、降り注ぐ軽石や火山灰で村の家屋や田畑が埋め尽くされてしまったんだ。
テフラってのは火山灰や火砕流堆積物、火砕サージ、スコリア、軽石など堆積物の総称のことね。
その時は火砕流などの被害はなかったらしいんだ。で、村は再建されて、再び元の生活が始まった。
ところがそれから数十年後に起こった6世紀中頃の「伊香保テフラ噴火」で、再び二ツ岳が牙を剥いたんだ。

黒井峯遺跡2

黒井峯遺跡3

「伊香保テフラ噴火」は縄文時代以降の国内で起こった軽石噴火の中で第10位に位置する大規模な噴火で、その以前に発生した「渋川テフラ」を遥かに超える、約9億トンの噴出量と推測されている。

榛名山

写真中央に見えるのが榛名山二ツ岳。
黒井峯遺跡はこの二ツ岳から北東10㎞に位置するんだけれど、降り注いだ軽石を含めた火山灰などが2mにも達したんだ。家や畑はあっという間に埋め尽くされて、黒井峯の村落は消滅してしまったんだよね。

黒井峯遺跡4

もともと、この周辺は軽石の採掘場だったらしく、昭和57年にこの遺跡が発掘された時は当時の生活の様子がほぼ完璧な形で保存された状態だったらしい。考古学的にも一大発見で、日本中を驚かせた事件だった。僕も憶えているしね。

その当時の様子がここには展示されているよ。

嬬恋村鎌原の悲劇と唯一違っていたのは、「伊香保テフラ噴火」の時、黒井峯村落では軽石の降下が主だった噴火で、火砕流や熱雲などは到達しなかった為、住民たちには非難する時間的な余裕が有ったので死者は殆ど居なかったんだって。

黒井峯遺跡5

遺跡周辺をちょこっと歩いてみたけど、現在は完全に埋め立てられていてただの原っぱ。

それから国道353号に出て、赤城山方面へ。

途中でこんな場所に立ち寄って来た。

名犬牧場

国道353号線富士見町にある 『世界の名犬牧場』

以前はここよりもう少し下の道の反対側に在ったんだけれどね。暫くぶりにわんこ達と戯れてきたよ。

名犬牧場2

建物もとても綺麗になった。

早速入場料を支払い場内へ。 ここの入場料がわんこ達のご飯になるんだよね。

ポメ君とスピッツ君

ポメ君と日本スピッツ君。

わんこいっぱい

なんかいっぱいいてわけわからん状態の犬舎。  

なんかつまらなそう

つまらなそうにしていたのが、ラブ君。 呼ぶとノソ~っと面倒臭そうにやって来る。

ビーグル君

フェンスを乗り越えて脱走しそうな勢いのビーグル君。

柴犬

動き回ってジッとしてくれない柴君。ピントが・・・

犬舎から外のドッグランの方に行ってみる。

ゴールデン君

今日は寒かったよな~ 昨日が大寒だったし、今朝は榛名湖が全面結氷していたしね。

表で寒そうにしていたゴールデン君。

その隣ではとっても器用な奴が・・・

眠そう

眠そうっていうか、立ったまま寝ていた柴君。 お前変わった奴だなぁ・・・

バーニー

僕の大好きな犬種のバーニーズマウンテンドック。 もの凄い無理な姿勢で振り返ってくれたんだけれどね。

バーニー君

こちらもバーニー君。なんかつまらなそうだね。

脱走するつもりか?

再び犬舎に戻る。

「お前、本気?」 その内に飛び出すぜコイツ。

それから、一番見たかったところへ。

子育てルーム

「子育てルーム」
ここで産まれた子犬たちが見れるんだ。

昨年産まれた子達

今日は2部屋でした。 先ずはコーギー君の赤ちゃん。

昨年12月に産まれた4頭なんだって。 お母さんのお乳を飲んだ後みたいで、みんなスヤスヤ眠っていたよ。

ここでは大声やカメラのフラッシュは絶対に厳禁! 子犬たちにストレスを与えてしまうからね。室内も薄暗く、遮るガラスはマジックミラーになっているんだ。 

コーギーの赤ちゃん

「どんな夢を見ているんだろうね?」 気持ち良さそうに静かに眠っていたよ。 

もう一つのケージにはこの子達がお食事中でした。

お食事中でした

シェルティーの赤ちゃん。 

ここでは小さな小さな命の営みを見学が出来るんだ。 みんな一生懸命に生きているんだね。
見ているだけで、とっても優しい気持ちになれるんだ。

また会いに来るからね~


予定変更ばかりのお休みだったけれど、それなりには収穫があったね。

明日はどうしようかな? 夕方は出掛ける事が出来るけれどね。

おしまい
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村

a Holiday.

1月13日

先週土曜日に仕事に出たので、1日ズラシの三連休の最終日。

今日、午前中に長野県御代田町に住んでいる僕のお客様のお宅へお届け物にお邪魔して来て、それから軽井沢の釣り友達が経営しているCaféでLunchと洒落込んできた。

shaker.jpg

Coffee House Shaker

マスターのKさんは、元JFFの会員の方でフライフィッシングを含めたアウトドアライフのエキスパート!

昨年は結局1度もお店に行けなくてね。行こう行こうとは思っていたんだけれど、なかなかタイミングが合わずちょっと残念だったんだ。
で、今日は偶々隣町に所用があったので久しぶりにお邪魔できたんだ。

shakerでご飯

今日は、中煎り珈琲とフレンチトーストを頂いて来た。 店内に飾ってあったベストが気になっちゃってね。次回遊びに行ったときに購入しちゃおうかなと思っている。

今度、時間が会ったら一緒に釣りしましょ!ってことで、今日はその後の予定があったのでお店を後にした。

浅間山見えた

車窓から眺める浅間山。 長野県側からの山の様子も僕は好きなんだ。
かつては「魔の山」なんて呼ばれたこともあったけれど、時には恐怖を、時には恵みを与えてくれているんだ。

雪の心配は無し

道路は雪の心配はなかったよ。


国道18号碓氷峠バイパスを下り、安中市板鼻から高崎市剣崎町から県道26号線へ出て榛東村上野原で伊香保方面へ。

また行ってきたよ

先ずは伊香保の町中へ向かい、お遣い物の「湯の花饅頭」を購入し、再び来た道を戻り昨年暮れに遊びに行って来たこちらへ。
「伊香保おもちゃと人形自動車博物館」

再びの来訪! 

早速館内へ!

おもちゃ博物館

「昭和のゴミ箱」

家にもあったなぁ。 この自転車も懐かしい。 ブレーキがロッド式。

射的屋さんでお遊び

前回、覗かなかった「射的屋さん」

今日はお馴染みの「スマートボール」と一緒にこちらも楽しんできたよ。
僕、これには自信があるんだ!

コルク鉄砲

レトロなコルク鉄砲。 いや~ 懐かしいねぇ~

Get!

5発全弾命中! で、こちらを貰っちゃった。 あと二つは偶々来ていた親子連れのおチビちゃん姉弟にあげちゃった。
なかなか楽しかったよ。
スマートボールの方もまた前回と同じで「ペーパーローリング」を貰った。あと1個入れば景品グレードアップだったけれどね。
隣に座った女の子は 「これ何ですか?」って言ってた。 そりゃあそうだよ! どう見ても平成生まれの女子大生みたいな子だったもの。 でも、けっこうハマっていたみたいだよ。

アイスクリームマシン

昔の「アイスクリーム製造マシン」  写真の黒い蓋を開けて、中の洗濯器みたいなドラムの中にアイスクリームの材料を入れてガシガシ掻き回していたのを微かな記憶にで憶えているんだ。

おみくじマシン

「おみくじの自販機」 これも昔見た事ある。どこの神社だったかは憶えていないけれど、子供心に「やってみたい」ってず~っと思っていたなぁ。

黒でんわ

所謂「ジーコロ電話」 僕んちにもあったよ。引っ越すまでずっと使っていたから、昭和64年まで我が家の黒電話だったんだ。 ちなみに機械だけはまだ我が家の倉庫に仕舞ってある。


昔のミューシリン

昔の「ミューシリン」を発見! こんな昔からあったんだね。 今はコイツの子孫にお世話になっているよ。正にロングセラー!

昭和のコーラ販売機

これも憶えてる! 瓶コーラの冷蔵庫。 正面右側の縦長のBOXで栓を抜くんだよね。 懐かし~
冷蔵庫内のラインナップはコカコーラ、ミリンダ、スプライト、ファンタ、7UP、プラッシー、サンキストレモン、カナダドライ、
チェリオ、Drペッパー、パティオ、森永ツイストetc・・・ 懐かしいなぁ~ あの頃1本60円だったなぁ。今では倍以上だものね。

ゴジラ

ゴジラVSメカゴジラ

こちらも懐かしい映画のポスター。 しっかり憶えていますよ~! 僕が初めて観たゴジラ映画は実はこれだったのね。
「ゴジラVSメガロ」だったのだ! その後は再上映で「キングコングVSゴジラ」日米の大怪獣の競演。流石に内容までは思い出せないけれどね。 あっ、自宅にDVDがあったんだ! まだ封を開けていなかったぞ。

ワイン工房

こんなのを眺めていると、飲みたくなって来るよね。 だけれど今の僕は主治医に禁酒令を出されている状態なんだなぁ~
ワインは好きなんだけれどね。 僕の部屋に足利市のワイナリーのヤツが寝かせてあるんだけれど、開封できるのはいつの事やら・・・


とりあえず、今日はこちらの館長さんに会いに来ただけだったので、ザーッと見学しただけ。館長のYさんにも会えたしね。

今日1日、車に乗っていた時間の方が長かったなぁ。 ひとまずは今日の予定は終了ってことで帰路に着く。

帰りの車内、っていうかこのところ彼女の歌しか聴いていないんだよね。

僕のお気に入り


癒しの歌姫の歌を口遊みながら帰りものんびりドライブでした。

おしまい
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村

The first explosion 2015.

毎度おなじみの決め台詞!

明けましておめでとうございます。 本年もゆる~くお付き合いください。

と、進歩の無いご挨拶をしたところで、今年最初の底抜け大冒険! な~んて全然冒険してないんだけどね・・・

年越し読書

元日は殆ど動かなかったね。 大晦日から年明けは読書で過ごしたしね。


 2日に隣町のホームセンターで仕事で使う道具を買い込んだくらいで、後はDVD観たり、毛鉤を巻いたりしていたね。群馬の冬は赤城颪との戦いだからね~。

巻き初め

で、取り敢えずの“巻き初め” 今年の巻き巻きはLCパラシュートからスタート。この日は30本程でお終い。

で、3日の午前中は親戚の家に挨拶回り、午後は道場へ顔を出し、初稽古。 やはりブランクって怖いね~
体が動かないんだもの。 あっ、昨年の12月頭から隣町の小さな町道場へ時間のある時にお世話になっているんだ。
道場主が友人なんでね。体を動かしているの。


4日。 この日は初詣。

初詣は赤城神社

2015年最初の初詣は「三夜沢赤城神社」

まぁ、毎年初詣はここからなんだけれどね。

赤城神社

お馴染みの神社は、正月5日ってこともあって、元日程の混みあいは無かったよ。元日は阿呆臭くなるほどの人混みだからね。

面白いおチビちゃんが居たぜ。 2礼2拍手をほゞ同時にやっていたよ(笑)
頭下げながら拍手かましてたし・・・ 可愛かったなぁ

社務所でお守り購入

社務所で御守りを受ける。 今年は「健康守り」と従姉の姉さんの倅が受験生なので「合格祈願」の2つ。

今年のアルバイトの巫女さんが、スッゲェ可愛かったぜ! しゃべり方もしっかりしていたし、あの子のレベルなら芸能界OKだと思うけれどね。


5日。今日は恒例の初釣り。場所はお馴染みの「群馬フィッシングセンター中之沢」

2015年 初釣り

今夜、出掛ける用があるので今日は時間券で4時間だけ楽しむことにする。

タックルは自作の7’6” ♯4のグラスロッドに7fのファールドリーダーと6Xティペットに「たまごっち」を結びのんびりインジケーターフィッシング。所謂フナ釣りで楽しむ。

2015年 第1号

2015年。っていうか、毎年第1号はニジマスが釣れるんだよね~  お魚君! 今年もいっぱい遊んでおくれ!

サクちゃん釣れた

サクラマス君。 僕が作る「たまごっち」 まぁ、何の変哲もないエッグフライなんだけれど、少々改良してあってね。エッグってよりもブドウ虫に近い形状なんだよね。しかも自前染色なので恐ろしく釣れるの。店では売っていないカラーだからさ、沢山テストしてやっとたどり着いた「馬鹿でも釣れる」パターン(笑)

開始から23匹釣れるまで完全無欠のワンキャストワンヒット!

サクラマス釣れた

いい加減飽きてきたので、12時頃からティペットを8X足してミッジング。

にじます釣れた

真っ赤っかの管釣りミッジ♯26を結んで、暫く遊んでいた。 今日は風はあったけれど、風が止むとポカポカしていたのでね、以外にも上で出てくれたので楽しかったよ。

それから再び沈めてインジケーターフィッシング(ミッジは目が疲れる)

これまた僕のオリジナルニンフ「ギャンビット#12」を結んで爆釣!

ラストフィッシュ

内容的には3時間30分の今年の初釣りだったけれど、合計でピッタリ50匹の魚たちに遊んでもらったよ。


僕の休みはあと1日。今年は過去から比べると短い正月休みだったけれど、7日から仕事初め。今年もバリバリ働くぜぃ!

今年はどんな1年になるんだろうか?? 

みんな、今年も頑張ろうね!

おしまい
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。