気まぐれ釣り師の、底抜け冒険譚!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Astronomical observation.

8月22日

この日は、僕の長年の趣味の1つ「天体観測」のイベントが、『県立ぐんま天文台』で行われた。

デジカメで「月の撮影」が出来るイベントだった。


昼過ぎにこのイベントへの参加を勧めてくれた僕の相方を連れて、とりあえずは群馬北部の高山村方面へ向かう。

観望会は夜からなので、先ずは軽く腹拵え。 相方が「ヤマメが好き」と言っていたので、僕が時々立ち寄る養魚場へ向かう。

吾妻町箱島にある「あづま養魚場」

ここは群馬県でも有名な「箱島湧水」のすぐ下にある養魚場で、僕はここの川魚料理を頂きに時々お邪魔するんだ。

で、この日はすぐ近くまで来たので、ここへ立ち寄って「ヤマメ」と、ぐんまブランドの「ギンヒカリ」を食べてもらおうと思い連れてきたんだ。

あずま養魚場で


早速注文!

ギンヒカリのたたき

「ギンヒカリのタタキ イワナのイクラ和え」

これが絶品なんだ!  これを食べさせたかったの!

ギンヒカリのたたき2

予想していたけど、かなり気に入ってくれたようだったよ。 酒のつまみにも最高だし、そのままでも熱々のご飯が欲しくなってくる。

ヤマメの塩焼き

そして、「ヤマメの塩焼き」

箱島の名水で育ったヤマメは、川魚独特の臭みも無く、身はふっくらとしてとても美味。

ヤマメの塩焼き2

釣った魚をこういったアングルで撮影したりするけれど、焼き魚は初めてだなぁ・・・

美味いんだこれ

大変おいしく頂きました。


それから、開館時間まで時間を潰し、天文台へ向かう。

「県立ぐんま天文台」は、行ったことがある人は判ると思うけれど、ここは駐車場から天文台までの道のりが軽く「山登り」なんだよね。

一休み

ゆっくり登り、時々休憩。 登山慣れしていないので、ゆっくりのんびり登って行く。

ぐんま天文台

到着!  早速中へ・・・

ぐんま天文台2

が、なんとこの日は空には厚い雲が・・・ 月の観望は中止になってしまったのだ < ;`∀´>マジっすヵ!!

で、その代わりに「星の勉強会」が開かれ、約30分、星についての講義を聞いて来たよ。

2人して「なんだか大学時代の講義を受講しているみたいだね」なんて懐かしさを感じていたよ。

それから、館内の展示品や写真を見て回り、ここの主役の巨大望遠鏡を見に行く。

150㎝望遠鏡2

ぐんま天文台が誇る「150㎝反射望遠鏡」  主鏡の直径が150㎝あり、目で直接覗くことが出来る望遠鏡では世界最大クラスの巨大反射望遠鏡。

ここの主任のH研究員の「星の話」がまた面白くて、とても勉強になる。立ち話で30分以上聴き入ってしまったよ。

相方に悪いことしちゃったな・・・ かなり疲れちゃったみたいだった。ゴメン m(_ _)mスマン

それから、150㎝主砲の隣のお台場、いやいや・・・ 主鏡の隣のドームへ!


65㎝望遠鏡

こちらは150㎝のサブスコープ的存在。「65㎝反射望遠鏡」

150㎝砲よりは集光力は小さいけれど、その分視野が広いので天体観測にはこちらの方が見やすいんだって。

僕的にはこっちの方が「星、観てるぞ」って気がするんだよね。望遠鏡らしい望遠鏡だなって。

65㎝望遠鏡2

この、長~いアイピースが「ワンダーアイ」と呼ばれる装置で、車椅子の人や背の低い人、また極端に背の高い人でも、角度が自由に変えられるので、観測が楽にできるんだ。

65㎝望遠鏡鏡筒内

主鏡の内部。 いや~、いいなぁ! カッコイイなぁ! ・・・・欲しいなぁ。

研究員のHさんと

研究員のHさんと望遠鏡談義。 この人もまたいろいろと教えてくれるんだよね。


結局、この日は僕らが最後まで残っていたんだ。 閉館時間が来てしまったので、また次の機会に星観ようって事になった。

本館を出たら外は雨・・・ マジか?

歩きなれていない相方のペースで、ゆっくりと滑りやすい歩道を下って行く。 

車に到着した頃は、二人ともびしょ濡れ。 苦笑いだったね。  



8月23日

昨日の天文台の不完全燃焼を軽く引き摺りながら、相方を迎えに行く。

今日は「癒しの日」

先ずは、リーズナブルでのんびり出来る居酒屋へ。

早速、珈琲をオーダーする。

取り敢えず珈琲

大して美味くない珈琲を啜りながら、くだらない話をして、それから相方の身体のマッサージ。

凝りやすいのでね。 時間をかけてゆっくりと「揉み返し」を起こさない様に解して行く。


たっぷり2時間以上かけて、マッサージ。 僕にとってもいい運動になる。結構汗かくんだよね。

ノンアルコールだよ

一汗かいたところで、喉が渇いたので僕は「グレープフルーツ・ジュース」 相方は「カフェ・オレ」を。
序でに小腹がすいたので、「シーフードとアボカドのドリア」と「マルゲリータ・ピザ」をオーダー。

アボカドとシーフードのドリア

マルゲリータ

価格も価格なので、クオリティは低いけど、それなりの腹ごしらえにはなったよ。 最近は僕も量を食べれなくなってきているのでこれ位で丁度いい感じ。


腹ごしらえを済ませ、店を出て、話をしながらのんびりドライブ。


実は、前の日完徹だったのでなかなかハードだったけれど、相方が元気をくれるのでスゲェ助かっているんだ。

また、次の機会に星を観に行こうね! 美味しい魚もね!


おしまい
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

To a rainy summer resort.

8月20日

今日は、少々のろけ話・・・

僕の一番大切なあの子とドライブデート。 雨模様の軽井沢へ繰り出してきた。

お盆休みの残りの為か、平日の軽井沢銀座は人だらけ。 比較的空いている旧軽井沢方面の裏街道にある駐車場に車を停め、

彼女の手を取り、旧軽井沢銀座のお目当てのお店へ向かう。 間もなく車内にデジカメを忘れてきたことに気が付く。まぁいいか・・・

ゆっくり歩いて、お目当てのお店の前に・・・  

「今期の営業は終了いたしました」の張り紙が・・・ あらまぁ・・・  

前以て下調べをしてこなかった僕のせいだ・・・ m(__)m

彼女の体調を考慮して、すぐ近くの喫茶店へ突入!

「茜屋珈琲店 旧道店」

元々は神戸の珈琲屋さんで、ここのお店は出店してもう40年程になるとかで・・・

軽井沢茜屋珈琲でマッタリ

カメラを忘れた僕の代わりに、彼女が携帯で撮ってくれました。

温かい珈琲と、僕はチョコレートのケーキ。 彼女はさくらんぼのジャムがトッピングされた濃厚チーズケーキを。

茜屋珈琲でマッタリ

マッタリ・・・ 美味しい珈琲と、美味しいお菓子に満足! 店の雰囲気も悪くないし、マスターも人柄も紳士的でいいね。

店を出て、ポツポツと小雨が降ってきたので車へ。 短い滞在だったけれど、久しぶりの軽井沢の雰囲気を楽しめたよ。

次回は中軽井沢の友達のお店へ行ってみよう。

碓氷峠を下り、途中、旧道方面へ。

坂本宿を抜けて、僕の馴染みのお店へ立ち寄る。

玉屋さんで力餅買う

霧積温泉の入り口にある「玉屋ドライブイン」にて、馴染みの「峠の力餅」を購入。

まだ食べた事が無いと言うので、試食してもらった。 どうやら気に入ってもらえたようだ。


その後、車内で温泉の話になり、温泉饅頭の話題で盛り上がり、お互いの意見の一致で伊香保へ向かう。

伊香保清芳亭で名物の「湯の花饅頭」を購入。 それから、あちこち走り回り夕食は地元のレストランへ。


みどり市にある「ダンベーナ」という本格イタリアンのお店。 僕も時々おじゃましたことのある店。

法蓮草と鮭の自家製手打ちクリームパスタ

僕は「ホウレン草とサーモンのトマトクリーム・タリアテッレ」

帆立と生ウニのクリームパスタ

彼女は「帆立と生ウニのクリームパスタ」をオーダー。

最近はあまり量を食べられなくなってきたので、これくらいで丁度いいんだよね~

地元のイタリアンレストランで夕食

相変わらずこの地域ではトップクラスのクオリティ。 本格的なイタリアンのお店で、コース料理や、ワインのおつまみ系のメニューも沢山あるんだ。

互いに半分くらいをシェアして、美味しく頂きました。 で、この後出て来る一品が本当の目当てのモノ!

ゴルゴンゾーラのアイス

ここに来たら、最後の〆は特製のドルチェでしょう! 

僕と彼女の好みは一緒で「ゴルゴンゾーラ・ジェラート」

バニラの甘味と、ゴルゴンゾーラチーズの風味と濃厚な味と塩味が絶妙なドルチェ。 

ゴルゴンゾーラのアイス2

これ、大好きなんだ~  彼女曰く、「売り切れが多くてなかなか食べれない」とのこと。今日はラッキーだったね♡

ゴルゴンゾーラのアイス3

写真撮るのに真剣な御嬢さん。 

これと、ホット珈琲をラストオーダー。 大変おいしく頂きました。

「またどこかへ出かけたいな」 

OK! いつでもどこへでも連れていくよ~! 

雨男だけれど、その辺は大目に見てくれ~


おしまい
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村 

KA・WA・GA・KI

8月1日


今日は地元のイベントのお手伝いに行って来たんだ。


子供たちに伝統の釣法を伝授してきた。

釣り教室

僕たちが子供の頃によくやっていた「ピストン釣り」  僕らが憶えた頃は「あんま釣り」と呼んでいたね。


簡単でお手軽で、とてもシンプルな釣り方だけれど、魚たちとふれあうには最も手っ取り早い釣り方だろうね。

釣り教室3

漁協で用意した釣竿。 参加してくれた子供たちに釣り方を組合長がレクチャー。 それから、川の中に突入!

ピストン釣りの第一歩は、先ず川に入ること。 今日の流れは少々の増水気味。 僕らには大したことないけれど、小さな子供達にはちょっとキツイかな? 僕が川に入って真っ先に感じたからね「この押しは子供には酷だ」

ということで、なるべく緩やかな流れに子供達を入らせる。 

釣り教室10

当然、僕らスタッフと、引率の父兄の方々が子供たちのバックアップに着く。 

地元の高校生達で結成されているジュニアリーダー組織「桐生市こども会リーダースクラブ ~KLC~」の高校生達も参加。

釣り教室11

川の中の滑る所で苦戦しているみたい(笑)

竿1本に糸と鉤だけのシンプル仕掛で、魚を誘って釣り上げる。 川に中に立ち、竿を水中に沈め、魚の泳層に仕掛けを流し、竿を前後に押し引きして釣り上げる。 やってみるとこれが僕ら大人でも夢中になれるんだ! 魚がかかった時のブルブルッっという感触は子供の頃を記憶を呼び戻してくれるんだ!

釣り教室4

彼方此方で「釣れたぁ~!」の叫び声! 子供たちの嬉しそうな顔! この瞬間が見たくて、僕らスタッフも真剣になる!

釣り教室9

隣の女の子が、とても綺麗なオスのオイカワを釣り上げる! 
「とっても綺麗なヤツが釣れたぁ~!」  僕も久しぶりに見た、完璧なオスのオイカワでした。 やったね!

釣り教室5

「ちっちゃいけれど、釣れました~! 嬉し~❤」 いい表情です! 

みんな釣りが好きになってくれたらいいね。 陸上に暮らす僕らとは、全く違った環境で生き抜いていく魚たちにふれあうには、釣りを覚えることが一番だからね。

釣り教室6

僅か2時間弱の短い時間だったけれど、魚に会えてよかったね。 みんな怪我も無く(ドボンは数名いたみたいだけど)終了できました。

釣り教室8

真夏の炎天下。 強い日差しの中、夢中で魚たちに挑み、ふれあい、川の中で水遊び。

僕らが「川ガキ」だった遠い昔を思い出させてくれたイベントでした。


おまけ

サワートレッカー新調

愛用の 「mont-bell サワートレッカー」 新調しました。

実はこれの2012年モデルを愛用していて、とても気に入っていたんだけれど、経年劣化と使用頻度の多さから遂に修復不可能なほどダメージを受けてしまって、引退となってしまった。 で、先日同じモノの2015年モデルを入手。 本日シェイクダウンとなった。

履き心地はそれ程の差は無いかも。 強いて言えばソールがやや柔らかくなったかな? もともと柔らかいソールなので川底を歩くには底石を掴む感覚が非常に良く感じられるんだ。 ウェットウェーディングには僕はこれを一番気に入っているんだよね。

贅沢を言えば、シューレースのホールが剥きだしなのがちょっと・・・ 12年モデルはホールがアッパー部分の内側に収まっていたので、シューレースの締め込みには不便だったけれど、耐久性には信頼感があったんだ。 でも今モデルは剥きだしなのが気になる。 まぁこれから使い込んでみてからどうなるかだよね? 軽量でしかもリーズナブルな「mont-bellサワートレッカー」 これからも愛用して行くつもりだよ。

あと、スパッツが失踪しちゃってたから、また新調しようか考え中。あれも随分使い込んだからなぁ・・・


おしまい
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。