FC2ブログ

気まぐれ釣り師の、底抜け冒険譚!

Late Autumn.

10月30日


現在、治療中の右膝の具合がとても良くなってきたので、リハビリを兼ねた運動を敢行してきた。

午前2時起床。 身支度を整え、2時50分に出動。

国道122号を北上する。 時間が時間なので対向車がほとんど無い。


午前4時20分。 奥日光戦場ヶ原の赤沼茶屋駐車場に到着。 温かいお茶を飲みながら一休み。

今夜は月が無かったので、夜空は満点の星空。大真名子山に北斗七星が昇る。

4時45分。愛用のリュックに朝食と飲み物。タオルなどを押し込み。ライトと小型クリップランタンを持って、真っ暗闇の戦場ヶ原へ歩き出す。

いつもの道標

大部分の人は無公害バスに乗り込んでしまうが、僕は勿体無いので歩きます。 ライトを消すと目の前には「闇」が広がる。 この時間帯は良く歩くので別にどうという事はないが、時々聞こえる鹿やその他の野生動物の声は、暗闇の中では少し不気味。 見慣れた道標さえ、暗闇では見え方も変わってくる。一瞬、人に見えた・・・

鹿ゲートを抜けて、小田代ヶ原へ入る。

奥日光の朝焼け

朝焼けに浮かぶ「大真名子山」

辺りがだんだんと明るくなってくると、目に見えるのは、日の出の瞬間を待つカメラマンの数。

気温は4℃。冬の気温の中、ずっと待っているカメラマンの根性には舌を巻くが、そこまで夢中になれるのは、僕らがフライフィッシングに夢中になっているのと同じようなものか・・・ 寒い中ご苦労さんです。

小田代ヶ原展望台には、バスで先乗りしていたカメラマンで一杯。

皆、寒くてブルブルしている中、歩いてきて体中ポカポカの僕が到着。一人だけ暖か・・・

小田代湖

前回、出現したのが2007年だったので、4年ぶりに現れた幻の湖「小田代湖」

今年の台風のような、雨がハチャメチャに多い年にしか現れない小田代湖。僕も久しぶりに見た。

しかも、この時間に見るのは、本当、久しぶり。 水面が凪ぐと湖面には「三岳」や「貴婦人」が逆さまに写り、とても綺麗。 それに、朝靄が幻想的な風景を生み出す。

貴婦人と小田代湖

おまけの「鴨」がいい味出してくれます。

カメラマンの隙間から「2~3枚撮らせて下さい」って具合に撮影させてもらい、20分ほど滞在し、再び歩き出す。

ヒロハツリバナ

道の脇に、「ヒロハツリバナ」の実が赤く色付いていた。

小田代ヶ原エリアを抜け、戦場ヶ原エリアへ。

戦場ヶ原の南端展望台で朝食。

僕の荷物

前の晩に作っておいた「おにぎり」 今日のは、胡麻と昆布のおにぎりと、梅干にぎりオン・ザ味噌。

人懐こいキツネ君との出会いもあった。恐らく、人間から餌を貰っていたのだろうが、本当はいけない事だから、野生動物には餌をあげないようにしてね。それに、野生のキツネは「エキノコックス」なんか持っている奴も居たりするから、絶対に触っちゃダメだよ。
 
食事中だったので、キツネ君の写真撮れなかった。

晩秋の戦場ヶ原

草紅葉ってより、もう殆ど枯れ草。が、それもまた一興です。 

来た道を戻り、湯川にかかる橋まで到着。

晩秋の湯川

静寂の湯川

釣り人のいない湯川も、結構いい雰囲気なんだよね。静だし。 でも、この季節はチョビッと寂しいかな?


車に乗り込み、「金精峠」方面へ。

金精峠へ

今現在、標高1000~1200m付近が紅葉のピークで、金精峠はもう冬支度でした。

峠を抜けて、群馬県片品地区に入る。 途中、丸沼を訪れる。

晩秋の丸沼

丸沼の釣りもラストスパートなものだから、この寒空の中、釣りファンが大勢居ました。みんな頑張っているなぁ・・・

で、ふと、見覚えのある車が・・・ 「どこかで見たことあるような気がする・・・ はて?」

僕の所属するJFFの会員の Yさん御夫妻でした。

「お久しぶりです!」

ご夫婦で同じフライフィッシングを嗜むYさん御夫妻とは、今年の長野ミーティング以来。

結構寒いですから、風邪をひかないように良い釣りを楽しんでください。

丸沼とダケカンバ

湖畔の「ダケカンバ」の木も冬支度でした。

この寒いのに・・・

こんなのを見ていたら、ますます寒くなってきた・・・  「200円」って、高ぇっ!


次に、老神温泉を過ぎて、薗原ダム方面から赤城山を目指す。

イロハモミジ

赤城山頂を越えて、南面道路へ向かう。 やはり標高1000m付近がいい色になっている。

が、今年は夏場の猛暑の為か、葉焼けが進んでいるようで、イマイチの紅葉に感じる。

なんとか色のいい奴を探してみる。

イロハモミジ2

赤城南面の紅葉

林の奥の、直射日光を免れた椛が、妥協して納得の色付きだった。

「枯れ木も山の賑わい」と言うのだから、納得してあげよう。  時期を過ぎてから訪れた僕にも問題があるんだけれどね。

苔 地味・・・

派手な紅葉ばかりじゃあ、マンネリになるので、最後に地味な奴をどうぞ・・・

今年最後の紅葉見物でした。

膝の具合も結構良いみたいだし、この調子ならばそろそろ管釣りに行けそうかな? 

無理は出来ないけれどね。


おしまい

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村





スポンサーサイト



コメント

膝の具合もよくなったようで、良かったですね!
でも、暗い山道は、、恐いかも。。。
丸沼のY夫婦って、、山ちゃんかな。。
なるほど、、そんな所に出没してたんだ。。。

iwana_mさん

なかなかスリルありますよ。真っ暗な山道。
まぁ、僕の場合、夜の山とか森の中は「虫撮り」に出かけますので
それ程「怖い」って感じないのです。
お化けとかもそうですね。慣れですかね?
それに戦場ヶ原はもっと慣れていますので・・・
湯川の例の子も目撃しましたし・・・

丸沼のYさんご夫妻。そのとおり山さんです。
見たことある車に、見たことあるお2人の後ろ姿。
やはりそうでした。エレキのバッテリーが重そうでした。
寒かったですが釣れたでしょうか? 気になります。
昨年JFFに入会したMさんを連れ、久し振りに丸沼を訪れたところでした。いや~、偶然ってあるものですね。朝でボケーっとしていたのですが、目が覚めました(笑)
釣果の方ですが、沢山とは言えませんが、ぽつぽつとニジマスが釣れましたよ。実は紅葉が見れるかとも期待していたのですが、少し遅かったようで残念。
でも、Jokerさんの美しい紅葉の写真を見て癒されました!
タカ&ノリ さん

先日は、本当に偶然でしたね。驚きました。
なんだか見たことのある車と、見たことのあるお2人の後ろ姿が
あったので、「おや?」と思っていました。
寒かったので「釣果はどうだっただろう?」と心配していましたが
レインボーに出逢えたとのことでホッとしています。
紅葉はあの日は標高1000~1200m辺りまででしたので
丁度、丸沼高原スキー場あたりがピークでしたね。
忍野MTGへは、都合がつけば行けると思いますので、
またその時にでも一緒に釣りしましょう。

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://flyojisan1969.blog13.fc2.com/tb.php/125-efd9d917
<< A Grow eggs. | TOP | Step. >>