FC2ブログ

気まぐれ釣り師の、底抜け冒険譚!

a Cradle.

11月13日

今日は、僕が所属しているジャパンフライフィッシャーズの活動の1つ、「ヤマメ発眼卵放流」のお手伝いに行って来た。

場所は東京あきる野市に在る「養沢毛鉤専用釣り場」。

TPT.jpg

JFFでは「トラウト・プロジェクト・チーム」 TPTとしてオフシーズンの活動を各地にて行っています。

で、今日は東京での発眼卵放流に参加です。

みんなで作業開始

相変わらず、みんなしてガヤガヤと和気藹々と賑やかに行動開始です。


組み立てて行きます

TPTの発眼卵放流では「ウィットロックバイバートボックス」を使用しています。
これを消毒して、それから組み立てていきます。

数を数えて

次に、発眼卵を同数になるように数えます。
で、それを・・・

発眼卵を投入

ボックスの狭い方のコンパートメントに納めます。

こんな感じで

これで蓋をしっかりとロックしてセット完了。

小砂利を詰めて

それから、埋設場所に移動して、今度はボックスを更に大きな籠の中に納めて、周りに小砂利を敷き詰めてボックスを固定してゆく。この籠がチビヤマメ達のゆりかご「クレイドル」と言うのね。

準備完了

完了したのがこんな感じです。 これを河川内の水通しの良い場所に納め、大きめの石などで流失しないように固定して行くのね。しかも、隙間が大きくならないようにね。でないと、カジカやサワガニが、卵の中から稚魚が飛び出た時に流れ出る匂いの元に寄って来てしまうから、それらが入り込めないように、そして、孵った稚魚が外に出てゆける程度の隙間を作って、固定するのね。 けっこうコツがいるんだよ!

その証拠に、発眼卵を分けている間に匂いに誘われて集まってきた奴ら!

卵の匂いを嗅ぎつけて

レインボー君も登場

「あぶない! あぶない!」 水の中には危険がいっぱい! 来春、WVBの中から出てきたチビヤマメ君達には試練が沢山待っているんだね。 頑張って大きくなって僕らに逢いにおいで!



川を変えて埋設

今度は、別の川にみんなで移動して、今日最後の埋設作業。

この砂利を取り分ける作業が一仕事なのだ。 でも、みんなで力を合わせてひと踏ん張り!

本日最後の埋設完了

そして、最高の場所を見つけて、クレイドルを沈める。で、この上にリレーで石を積み重ねて作業終了!

乙彼~! いい汗かいたよ~っ! お疲れ様でした~!!

最後に、今日の記念写真を撮って解散となりました。


JFFでは、釣るだけではなく、こういったシーズンオフに魚たちを増やす為のフィールドワークを定期的に行っているんだ。 魚が居なくなってしまったらFFどころではないものね。

久々の養沢での発眼卵放流だったけれど、気持ちのいい疲れを堪能したよ。

最後に、今日の養沢の様子です。

秋の養沢

秋の養沢2

じゃあまたね!

おしまい

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント

遠路、お疲れ様でした!

天気も良くて、気持ちの良い日和に、気持ちの良い仲間と、良い時間過ごせました。

ありがとうございました!

また、遊んでね!
iwana_mさん

お世話になりました。
久しぶりに皆さんに会えて、嬉しくてはしゃいじゃいました。
仕事の都合がついたら忍野MTGにも参加したいです。
ここのところ、釣らしい釣りをしていませんので、
またみんなと遊びたいです。
ありがとうございました。またお手伝いに行きますね!
お疲れさまでした。
紅葉がものすごいきれいですね!
ときしんさん

この日はとても11月とは思えないような好天でした。
でも、紅葉は終盤を迎えていました。
お馴染みの管理棟前では、ライズもちらほらでした。
また機会がありましたら、ここで一緒に釣りしましょう!

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://flyojisan1969.blog13.fc2.com/tb.php/128-f4ac782f
<< Emotion. | TOP | Survivor. >>