FC2ブログ

気まぐれ釣り師の、底抜け冒険譚!

Emotion.

これと言って具体的に感謝されるような事をした憶えはないのだが、国が勝手に決めた労働者諸君の為の休日だった昨日

ぼくの所属している渡良瀬ネイチャリングアクトが主催の「実釣の会」が、 11月23日 勤労感謝の日に開催された。

会場になった地元管理釣り場の「HOOK」  オーナーのKさんと僕ら会員はとても親しく、みんなKさんのことが大好き!

お馴染みのHOOK

午前11時に集合し、会員と先日の教室の生徒さん数人がそれぞれの場所に入り、実釣開始となった。

HOOKには、上池、下池が在り、上池は初心者向けの比較的釣りやすい魚が沢山入っている。

そして下池には、型は大きめだが、オモイッキシ難しい兵が揃っている。特にこの時期は更に偏屈具合に磨きがかかるのだ。

ニジマス釣れた

この日のヒットフライは、ブラウン系のソフトハックルで、サイズが#16~18くらいが、結構コンスタントに釣れていたが、とにかく掛かりが浅いので、彼方此方でバラシが続出していた。

僕はこの日は、ドライフライにとことん拘り、#18くらいから最終的に#26までサイズダウンして釣果につなげる事が出来た。

相変わらずここの魚はビューテホー! 型は並でもヒレピンだから引きが強いの。やっぱりトラウトゲームはレインボーが一番楽しいなぁ! 

しかし、この日は午後から風が出てきて、気温が一気に下がり状況が変わってしまい、渋さが加速してしまった。

Uさんの後ろ姿

僕の右隣で釣っていたバンブーロッドビルダーの巨匠 Nさんもかなり苦戦していた。 必殺のシマザキコイルもやや沈黙気味。手強いですなぁ・・・ でも、元気一杯のNさん。

ニジマス釣れた2

細身だけれどパワフリャなニジ君が遊んでくれます。 でも手強いよ! 恐らく、赤城界隈では最も難しい管釣りだと思う。でもその代わりスキルアップには最高の場所なの。僕はオフシーズンのミッジトレーニングに利用しているんだ。


僕の左隣で釣っていたSさんとTさんが面白いことをやっていた。

ダブルすれヒット

一匹の魚に“ダブルすれ掛り” これは珍しい! こんなことあるんだね。面白いなぁ!


それから、僕は超シブチンのお魚相手に悪戦苦闘! 結局ティペットを8X(これより細いものを忘れたの)まで落とし、フライを#26のミッジピューパに替えて釣るのだが、ここの魚はティペットがたとえ10Xでも視界に先に入ってしまうと見切ります。なので、狙った魚の目の前にフライ先行で落としてあげなければ、9割方「無視」されちゃうのだ。 腹が立つほど賢いよ~

かわいい目のニジ君

サイズを落とせば、こうやってヒットの繋がるのだけれど、それでもこの日は口の皮一枚か二枚程度。無茶苦茶渋いのだ。

細身だけれどパワフリャ

体の割には尾びれが大きい魚が多いので、#3ロッドだとロッドの曲がりが見れて楽しいのだ。

小さい毛鉤を必死に眼で追いかけていたので、この日は非常に眼にくる釣だった。 でも、久しぶりだったので思い切り堪能できたよ。

目が可愛い

参加してくれた生徒さんも、それなりに釣果に繋がった様でえがったえがった! これで、みんなハマるなぁ・・・

ここ「HOOK」は フライマンにとっては「道場」だと、僕は思っている。 投げれば何でも釣れてしまう場所が多い中、ここではキャスティングからプレゼン、フライ選択からセッティングまで考える事の出来る管理釣り場だ。試行錯誤の出来る釣り場って、僕らフライマンには最高の管釣りだと思うよ。
出鱈目に釣りまくったって、飽きちゃうものね。 

本当、この季節はここ「HOOK」はトレーニングにはお薦めだよ! また時間が出来たら行ってみよう!

結局、この日は暗くなるまで、お邪魔していた。ってか、オーナーと駄弁っていたのだけれどね。


この日で、本年度の渡良瀬ネイチャリングアクトの行事は終了となります。 また来年、面白企画を用意してお待ちしております。 皆さんお疲れ様でした。

でも、管釣りシーズンはこれからです。 みんな寒いけれど、バッチリ楽しみましょうね!


 では、おしまい

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村



スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://flyojisan1969.blog13.fc2.com/tb.php/130-85f1f95f
<< Glitter hillside. | TOP | a Cradle. >>