FC2ブログ

気まぐれ釣り師の、底抜け冒険譚!

HERO's.

11月27日 日曜日


午前7時起床。 朝食の「朝粥」を作り「あみの佃煮」と「ほうれん草とハムのソテー」で頂く。

身支度を整えて、出動。


宝珠寺山門

お隣、伊勢崎市にある「宝珠寺」というお寺。

ここには、伝説の武将「藤原秀郷公」の墓所がある。

「藤原秀郷公」 「俵藤太=田原藤太」とも言われ、天慶の乱で「平将門」を討ち取った伝説の武将ですね。

秀郷公墓所

本堂の裏手にある墓地内に秀郷公の墓所はあります。

こちらの五輪塔がそうだと伝わっています。

「藤原秀郷公  俵藤太」は、近江の国田原村の出身で、弓の名手として幼少より武勇の誉れ高い人物であると伝わっています。

瀬田の大橋の大蛇を踏みつけた伝説や、三上山の大ムカデ退治などの伝説がありますね。

秀郷公墓所2

三上山の大ムカデを退治した秀郷公は、約束により琵琶湖の竜王に招かれ「竜宮」にてもてなされ、竜王から黄金の鎧、これが「避雷矢」と伝わっています。 それから黄金の太刀、これが「毛抜形太刀」だとの説。そして黄金の鐘を贈られました。

ここ群馬にある、「俵藤太伝説」は、「赤城山の伝説」に繋がる所があって、調べているとかなり面白い繋がりに気付きますね。

「赤城の大ムカデと日光男体山の大蛇伝説」 

これも「大ムカデ」と「大蛇」が出てくるし、もしかしたらこの「赤城と男体山」の争いの話は、「秀郷公と日光の豪族」との戦いの話が着色されて出来たのでは? と解釈している学者もいます。僕もそう思っている人間です。

で、 秀郷公が行った「竜宮」 僕はこれが「赤城小沼(このが正式名称です)の竜女伝説」だと考えています。

伊勢崎市にはもう1つ「竜宮伝説」があり、地名にもなっていますね。


  
赤堀郷の長者で 赤堀道玄 という者が居り、16歳になる一人娘が居ました。

その娘が、赤城山に参拝に行きました。一行が山に登り始めると、黒雲が流れてきて辺りは嵐のように

荒れ模様になってきました。
  
と、娘が「水が飲みたい」と言って、小沼に差し掛かったとき

伴の者達を振り切り、沼に近付いたと思ったら、“ザブン”と沼に飛び込んでしまい姿を消したしまった。

お伴集が探し回ったが見つからず、そのうち辺りは荒れに荒れ、波立つ湖面から

「私は召され沼の主になります。両親によろしくお伝え下さい」という声が響いた。

娘はもともと小沼の主だった。

お伴の腰元たちは「このまま帰れない」と皆、小沼に入水してしまい「カニ」になってしまった。

このカニの事を「腰元ガ二」と呼んでいる。

赤堀の家ではその後、娘の命日に赤飯を炊いて重箱につめて沼に奉納することとなった。

奉納した重箱は波に引かれて沼の真ん中に流され、やがて空になって戻ってくる。その中には竜の鱗が一枚入っていると言う。
  
この事から、赤城山では16歳になる娘は登ってはならないという言い伝えがあり、登る時には
  
引き込まれないように小沼に身代わりとして鏡を投げ入れる。また、子ガニを巾着に入れて沼に放った。



という、言い伝えがあります。
 
他には、徳川家康の旗本に「小菅又三郎」と言う者が居て、その妻が赤城山に参拝に行くと、小沼の辺りで無数のムカデ襲われ沼に引き込まれた。その後沼の主「龍蛇」の姿になって現れた。

という伝説もあります。

で、ここが面白いのだが、 「小菅又三郎の妻」と言うのが「赤堀道玄の娘」である。ということ。と、「赤堀氏」が、「秀郷公の子孫」であるということ。

面白い繋がりなんですよね。


ここの宝珠寺の墓所には、その「赤堀道玄」と「小菅又三郎」のお墓もあります。


話が逸れましたが、秀郷公。

平安時代の武将で、朝廷の命を無視し自らを「新皇」と称し関東8ヶ国を荒らしまわった将門を、平貞盛公と合力し、下総の国 幸島で攻め滅ぼし、この功績により押領使(今で言う警察)から下野守を任され、武蔵守も兼任。従四位の下の官位を受けました。

栃木県佐野市にある 唐沢山城址。 ここには秀郷公が作った唐沢山城がありました。 今は、唐沢山神社となり、将門の乱を平定した秀郷公が祭られています。で、ここに黄金の鎧「避雷矢」の一部分が残されています。

「避雷矢」の鎧には、桐生市梅田地区に残された伝説で、「忠綱明神」に繋がっていまして、この「忠綱」が、伝説の猛将「足利忠綱公」で、忠綱公が使用していた鎧が「避雷矢」だとされています。

歴史伝説って面白いですよね。


次に、これは僕が歴史上の人物で一番好きな武将。

「源九朗義経」の伝説が残されている場所。

以前にも紹介したことがありますが、群馬にはまだまだ残されているんですよ。 「義経伝説」

今日は、その中で2つ紹介します。

伊勢崎市内に残されている場所で、「弁慶の掛矢清水」と言うのがあります。

弁慶の矢掛清水の地

現在は、その場所の指定しかされては居りませんが、ここに残されている伝説です。

義経一行が奥州に下る時、この付近で「喉が渇いた。水場を探すように」と命を受けた弁慶が、天に念じると

「立っている場所を叩いてみよ」というお告げがあり、七つ道具の一つの「掛矢」で地面を叩くと見る見る清水が湧いて出てきた。

と言う伝説が伝わっています。

今では、湧き水というより、「汚ねぇ用水路」が流れていますが・・・ 

郊外の静かな畑の中に、ここは在ります。


次に、掛矢清水の近くに在るのですが、「酒盛り地蔵」と言うのがあります。

これ、気をつけないと通り過ぎてしまいそうな、何の変哲も無い地味~な場所なのです。

酒盛り地蔵

ここには、ブロック塀で囲まれた中に、小さなお地蔵様が安置されていまして、ここに残されている伝説と言うのが

義経一行がやはり奥州に下る時に、地元の人々が一行を歓待する為、宴の席を設けました。 するとそこに一人の僧侶が現れ、一行と村人と一緒に宴に混ざり義経の前途を祝した。というもの。で、その僧侶と言うのが、化身した「勝軍地蔵菩薩」だったと伝わっています。

と言う事で、ここに地蔵菩薩を安置し奉ったということらしいですね。

酒盛り地蔵2

中を覗くと、ちょっと整頓が足りない気がするけども、正面に薀蓄の看板。その下に古くなりすぎて顔がハッキリ判らなくなった小さなお地蔵様が祀られていました。


まだ、この付近にはいくつかの「義経伝説」が残されています。

五目牛町の「牛石」や 正観寺の「馬殿塔」など。

また、機会があったら紹介します。


歴史伝説を追いかけるのは、実に面白いです。 

これからもどんどん行動範囲を広げて、追いかけてみようと思っています。

おしまい

 にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村 

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://flyojisan1969.blog13.fc2.com/tb.php/132-b15f4437
<< in Strong Wind. | TOP | Glitter hillside. >>