FC2ブログ

気まぐれ釣り師の、底抜け冒険譚!

a Nervousness.

7月21日。

相変わらずの体調不良。 一進一退ってところ。

12日に、総合病院で検査をしてきた。

CTや胸部レントゲン撮影で、体の中を透視されて隅々まで覗かれたって感じ。あまりいい気分ではない。

おまけに、熱中症の初期症状まで鎌首を擡げやがって、散々な思いを味わってしまった。

毎日薬漬け。 

呼吸器系の薬

熱中症の薬

自宅近くの耳鼻科でも診察。 耳鳴りと眩暈に終日襲われて、結果「熱中症」にも掛かっている事が判明。

まぁ、昨年のLEVEL2から比べれば大したことは無いが、この症状は舐めると命に係わるから油断できない。

ここ最近、体調が優れないのが極端に判るようになってきた。

「歳なのかなぁ?」

まぁもっとも、僕も既に人生の半分くらいは生きているんだから当たり前なのだろうけれどね。


そんなわけで、もう2週間近く仕事ができない状態。

「仕事してぇ・・・」「体、動かしてぇ・・・」

本当、毎日イライラしている。 が、それを誰かに、何かに当たっても仕方が無いことは承知しているので、ジッと我慢している。

おまけに、「釣りなどもってのほか」とばかりにDr.Stopまで発令してしまい、来月予定していた仲間達との釣りの予定までキャンセルせざるをえなくなってしまった。 まったく勘弁してもらいたい気分だ。

楽しみにしていたのになぁ・・・

結局、自宅療養と通院でこのところ時間を費やしている。


そんなわけで、毛鉤作りと読書やDVD観賞や音楽鑑賞の時間がたっぷりと取れるようになる。


読書大好き

沖縄在住の友人の奥様がご自身のブログにアップされた事がある小説。

僕がこの小説を最初に読んだのは、中学生の頃。

ファーストインプレッションは「このおっさん、めちゃくちゃカッコイイ!」

僕の人生で最初の「ハードボイルド」との出会い。主人公のフィリップ・マーロウの渋さ、そして揺るぎない決断力に、「男の中の男」と言う熱い生き方を思い知らされた、「THE Long Goodbye」

それからは、RAYMOND CHANDLERのファンになったことは言わずもの。

昔、購入した一冊は、経年劣化と度重なる読み返しでボロボロになった。

で、再購入をと本屋に行ったところ、なんと新装にて発行されていた。もう、即購入!

そして、「3匹のおっさん」

これは、日本のハードボイルドなおっさん達の熱くてお節介な痛快活劇!

「おもしれぇ!」

これは、僕らと僕らよりも年代が上の方達にお薦めの一冊。とにかく愉快な三人のおじさんたちの活躍げきなの。


月曜日からは仕事に行けそう。

そんなわけで、週末も大人しく過ごす羽目になりそうです。

動けないから、体重が少し戻っちまったよ。

まいったぜ・・・

で、釣りの方は・・・

今年はこれで納竿になりそうだね。 水辺は禁物との令状を突きつけられてるからね。

今夜は、気晴らしに「Blizzard of Ozz」でも聴きながら寝ようかな・・・

久しぶりにOzzy小父さんの歌が聴きたくなった。 Randyのギターもいいなぁ! 「TRIBUTE」にしようかな?

この間買ったばかりのライブアルバム。

てなわけで、「Crazy Train」を聴きながら、今日はこの辺で。


・・・おまけ・・・

先日、体調が良かった時に参加した長野ミーティングの時に、雨の中出逢ったこいつ。

ミヤマカラスアゲハ

急に襲ってきた土砂降りの雨の中、雨で羽根が濡れて上手く飛べなくなり、僕の体の下に逃げ込んできたミヤマカラスアゲハ君。

跳ね返る水滴でピントがややずれてしまったけれど、10分近く雨宿りしていたね。

その後は道の反対側の茂みに逃げ込んでしまったけれど。無事だったかな?


な訳でして、おしまい。

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント

大丈夫ですかぁ??
調子が良かったら、遊びに来て下さいね。
お大事にしてくださいね!!
あまり無理しないで・・・
饅頭フライマンさん

面目ありません。 気をつけていたのですが、やらかしちゃいました。
まだ、仕事に復帰できていませんで、毎晩襲ってくる
激しい咳と戦っております。 なものですから、眠いッたらありません。
幼少の頃手術した扁桃腺の切除痕あたりから出血していまして、
それが、喉に絡むんですね。
血が止まれば復帰できると思います。
と言う訳でして、つりは今シーズンは終了せざるを得ません。
あとは、オフシーズンの管釣りでしょうか。

また、調子のいいときにお邪魔します。
ご心配頂きましてありがとうございます。

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://flyojisan1969.blog13.fc2.com/tb.php/159-860ccb6b
<< Escape. | TOP | NAGANO Meeting 2012. >>