FC2ブログ

気まぐれ釣り師の、底抜け冒険譚!

a Tyer's High! PART-Ⅱ

2月16日。

あっ、時計の日付変わったから17日だね。 日付跨ぎって事で。


一昨日に続き「赤城颪」が絶好調だった昨日。 午前中に近所のスーパーに買い物。食材を仕入れる。

帰宅後はいつものように作業机に向かう。 前日の「ミッジ」の続きで極小の世界にどっぷりと浸かっていた。

#29 ミッジアダルト

最近、目が良く見えなくなってきたような気がする。 どうやらそろそろ老眼が始まってきたような気配だ。 気のせいだとは思うのだが、尤も、タイイング中はメガネを欠かせない自分。乱視が入っているのでメガネ無しでは精密作業が困難なのだ。 あまり見せたくない僕のメガネ姿。以前友達から「助平そうに見えるぞ」と言われてから、それとなくコンプレックスを感じているのである。 気にしなければどうと言うこともないのだが、随分前に作った黒縁メガネはハッキリ言って「時代遅れのトンボメガネ」であり、かつて流行った「アラレちゃん」を彷彿させる。 が、作りに行くのが面倒臭いのでそのまま現在まで使っているわけだが、もういい加減新調しようかな?と思っていたりもする。 まぁ、どうでもいい事なんだけどね。

とりあえず「♯29 ミッジアダルト」を巻く。 風の無いプールでこいつらのハッチが有ればかなりの確率で美味しい思いが出来る・・・はず! と、今日までそう信じて毎年BOXに入れているのだが、あまり活躍の場が無いので今日は10本程巻いておいた。


#27 ミッジアダルト

同じく「ミッジ・アダルト ♯27」 こちらの方が出番は有るかな? 渡良瀬川では、割合的に少々大型の「ヤマユスリカ」が多い気がするのは僕だけだろうか? ちょっとばかりボリュームのあるユスリカパターンの方が良く釣れる気がするのね。


#18 アカマダラ・ソラックス

こいつは4月辺りから出番の多い「アカマダラカゲロウ」のパターン。 ボディにRIRを使っていて少しばかり太めのフライ。 ♯20のパターンも巻いておいた。 最近小型のハッチが時々あるので、この大きさも追加巻きしておいた。


#16 ヘアーウィング・ダン

僕の大好きなパターンで、特に遠征した時にはパイロットで使用する「ヘアーウィング・ダン」 こいつは♯16だったかな? シーズン中はグリーン系とクリーム系、ブラウン系など各色を♯18~#12までをほぼ1BOX分は巻いておいてある。今日は一昨年の残りの追加巻き。 それでも30本は巻いたかな?

#16 キール・カディス

「キール・カディス」 これも各サイズ、各色、で揃えてある。 フックポイントが上を向いているので水面下へのプレッシャーを極力抑えることができるね。 実際、このパターンに出てきた魚は8割は疑いなく食ついて来ているし、何を流してもシカトしてきたスレマスをこいつで仕留めた経験もある。 カディスパターンでは僕が最も信頼しているパターンかな。これもボディにRIRを使用。見てくれが綺麗なので良く使うのね。


フック買って来た

午後1時過ぎ。 少し遅い昼飯を食う。今日は「カレー風味 おっ切り込み」を作った。群馬の郷土料理「おっ切り込み」 子供の頃から大好きな煮込みうどん。 僕の場合は塩分を極力抑えて作るから味もかなり薄い。が、慣れてくればこれで十分美味しい。 写真は載せません。思いっきり雑に作った料理なので、見てくれが悪すぎてさぁ・・・

昼飯を食い終わってから、材料の買い出しに出かける。 

昨年から(と言っても昨年は殆ど釣りに行けなかったけれど)気に入って、僕自身が使うフライにはこればかり使っているのだけれど、「TMC112Y」の♯21が終わってしまった。 ついでに栃木の友達の所に用があったので道すがら立ち寄った佐野市のA釣り具にて100本入りを補充。おまけで「グースバイオット」のオリーブカラーも購入。 「グースバイオット」は僕の場合、大体1袋買うと半年くらいで終わっちゃうので良く買うマテリアルなんだよね。
友達からは「普通、こんなもの1年くらいじゃ終わらねぇぞ!」と言われる。 当たり前だ。こいつを使ったパターン。お前らが使っているのは僕が巻いたやつじゃねぇか! お前ら巻かないからだろう? 僕のBOXから度々姿を消すバイオットボディのフライ。 僕の地元の仲間が黙って拝借しているのを僕が知らないと思っているのか?

な訳で、何時も追加巻きを強いられる「ヘアーウィング・ダン」などのバイオットボディパターンなのである。


#15 ライトケイヒル

時々はこんな「トラディショナル」なパターンを巻くんだよね。 結構いい結果を出してくれるから気に入っている。 フライフィッシングの先人たちが考案したパターンこそ本当に信頼できるのかもしれない。 釣れなきゃ淘汰されているはずだものね。 今日は「ライトケイヒル」と「アダムス」と「マーロックス・フェイバリット」を各10本ずつ巻いてみた。 「マラードウィング」も終わっちまったよ。また買ってこなくちゃ。

#14 ヘアーウィング・パラシュート

で、さっきまで巻いていた「ヘアーウィング・パラシュート」

流速のある場所ではこいつの出番。 視認性が良く安定感も良好。 エルモンのハッチがあるときは良く使う。
で、こいつもちょくちょく僕のBOXから知らないうちに姿を消すのである。 まぁ、約1名を除き勝手に持っていく奴らはそれなりの見返り(現物支給だけれどね)を寄越すので、少々のことは目を瞑ることにしているけれどね。 少々の事じゃあねぇんだけどさぁ・・・ こう見えて、結構、面倒臭せぇんだけど! まぁ好きだからいっか・・・!


さて、今日は目を酷使しちゃったので疲れが溜まっている気がする。 だから、もう寝ます。またね!

おしまい

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://flyojisan1969.blog13.fc2.com/tb.php/197-2fe24d02
<< Preparation. | TOP | a Tyer's High! >>