FC2ブログ

気まぐれ釣り師の、底抜け冒険譚!

Opinion.

今日は、小ネタ。

フライタイイングのお話。それも簡単なこと。

ご存じの通り、「フライ」って「偽物」「疑似餌」な訳だ。

で、その「偽物」を「本物」のように見せて魚を騙し、その気にさせて引っ掛けるという釣りが「フライフィッシング」な訳だ。

で、その「フライ」の目安をどの程度に置くのが良いのか? というのが現在、僕の追及する課題としている。

「偽物」「イミテーション」をどこまで本物に近付ければ良いのか? 本物に近付ければ近付ける程そのシルエットは繊細になって行くものと考える。
が、実際問題、流れに乗せて魚を誘っているつもりなのに、あろうことかフライではなく枯葉やゴミに興味を示す魚が居るということ。 完璧なコピーでもそういった経験をした釣り師は居るはず。

そこでだ、「本物に近付ける」と言う部分を切り捨てて、「本物に見えない」イミテーションを試したところ、釣果に左程の変化はないという結論を得た。

例えば「カディス」など。 ご丁寧にレッグやアンテナまで取り付けて丹精込めて作り上げたフライと、大体こんなもんだろう、とおおよそのシルエットとカラーのみを合わせたフライを流れに乗せてみたことがある。

双方とも反応を示し、同じような結果を齎してくれたんだ。 

美しいフライを、美しいキャスティングとラインコントロールで、綺麗に流し、美しいトラウトに出会う。これがフライフィッシングの醍醐味であり一番の楽しみだ。 が、最近の傾向として「フライ離れ」という言葉をよく耳にする。「何故?」と聞くと「タイイングが煩わしい」「釣りは好きだけれどフライを作るのが苦手」との理由らしい。 誰でも簡単に気軽にエントリー出来て、あっという間に釣りに参加できる「ルアーフィッシング」と違い、キャスティング、タイイング、フィッシングともそれなりにトレーニングをしなければ釣りに参加できないフライは「難しい」し、気軽に醍醐味を味わえない釣りというイメージがあるようなんだ。

しかも、「タイイング」毛鉤作りが最も「難しい」という意見が多いみたいなんだよね。

そこで、僕が考えている「毛鉤作りの法則」を述べてみよう。

コカゲロウ・イマージャー

「見た目で勝負フライ」というパターンをお勧めする。
「中身は考えず、見た目だけを似せる」「材料をとことん削ってケチなフライを巻く」「細かな部分は徹底して削除し、必要な部分だけを残す」 たったこれだけでフライ作りは飛び切り簡単になり、必要以外の部分を削除するため、材料が少なくて済むエコなフライを作れるんだね。

僕が今置いている課題では「材料は多くても4アイテム 基本3アイテム」マテリアルを3つ以上使わない。
少なくて2アイテムとしている。

メイフライ2

スレッドボディならばテールとウィングだけで、あとは形だけ似せれば良い。 テールを取り除けばウィングのみのフライが出来る。 だと、バランスが悪い。ならば半分水中に沈めてやれば安定する。

ADWのテールならば、そのままウィングを同時に形成してやればスレッドとADWのみでフライは完成する。

とことんまで簡素化してタイイングをもっと楽しく簡単にしてあげれば、量産も苦では無くなり短時間での準備も出来るんだ。

CDCダン

だからと言って、難しく面倒臭いフライが巻けない訳ではなく、あくまでも自身が使うフライだけに課している課題なので、他人に強要するつもりはない。 が、これをやってみると実に面白いもので、「どれをどこまで簡素化できるのだろう?」「限界はどこまでなのか?」という新たな楽しみ方が生まれるし、それで魚が釣れればそこに新たなパターンが出来上がる。

雑誌などで紹介されているプロタイヤーの仕上げた新パターンは見た目でも「これなら釣れる」と思わせてくれる。沢山のマテリアルを無駄なく使い本物のように仕上げてあるフライは芸術品のようでもある。
本当ならばこんなフライで釣れれば気分がいいのだと思う。

が、それとは真逆に「これでもフライか?」と疑問を抱いてしまうようなフライでも、要は「魚を一瞬騙せれば釣りは完成する」という僕の持論を実践してみたいんだ。


現在、寝ぼけているので少々支離滅裂な持論を述べてしまっているが、どんなフライにも言えることが「釣れないフライは失敗作」「釣れるフライがいいフライ」ということ。

どれだけ簡単で、どれだけ単純に作れるのか? そして、どこまで通用するのか? 今後もこの持論を追求していきたいと思っているんだ。

あっ、注文を頂いた仲間には、そんな貧相なフライは渡していませんので。きちっと作らせてもらってますよ。

おしまい

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント

はじめまして。袈裟丸山にぞっこん惚れ込んでいる日光市民の登山者です。
群馬側から遠望する袈裟丸山の写真をよく見掛けますが、一体どの辺りから狙ったものなのでしょう。
「ひまわり畑」がある辺りの住所を教えて下さいませんか?。
ハリーさん

コメントありがとうございます。
写真の袈裟丸山は、みどり市笠懸町の一般農道からの写真です。
「笠懸町ひまわり畑」は現在工事中ですが、ここの周辺から撮影しました。
場所は、「岩宿遺跡」より北北西に約400m程。 日光市からですとR122「みどり市大間々町6丁目」を直進していただけると県道69号線に繋がります。 「健康センター入り口」の一つ手前の信号(セーブオンが手前左側にあります)を鋭角に右折して頂けるのが解りやすいと思います。 この場所はハッキリとした住所がないので、ナビで検索する場合は「みどり市笠懸町吹上」で探してみてください。
早速ご回答頂きまして有難うございました。晴天を狙い近いうちに撮りに行きたいと思います。

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://flyojisan1969.blog13.fc2.com/tb.php/202-33fbbc84
<< Operation. | TOP | First Spring Storm. >>