FC2ブログ

気まぐれ釣り師の、底抜け冒険譚!

SA・MU・I.

11月9日

急に冷え込んだね。 今朝は寒くて目が覚めた。手足の先が冷えて痛い。

「寒み~っ!」

昨日はポカポカしていたのにね。秋の空は目まぐるしく変わりやすいって実感する。

昨日はこんな奴まで顔を出したのにね。先日注文を受けた「管釣りフライ40本」をお客様のところへ直接お届けするついでに自転車で走ってきたんだけれどもね。

オケラの幼体

このところよく目撃する「螻蛄」 こいつはまだ赤ちゃんだね。
農道をチョコチョコ横切っていたので、手に乗せて畑の脇に移動してやる。小さいから触るときは慎重にね。


殿様飛蝗いっぱいいるよ

いつもの「殿」 まだまだ草叢から飛び出してくる。

ウラギンシジミ

この辺りでは滅多に見かけない「ウラギンシジミ」 ゼフィルスの丘に行けば偶に飛んでいるんだけどね。
僕もそんなには出会うことがないので、ちょっと嬉しい。

道路の端に居たので、そっと手に乗せて花壇へ移動。

手乗りウラギンシジミ

なんか弱弱しい。おそらく車の起こす風に煽られちゃったのかも知れないね。ここは大型トラックも頻繁に通るから。

花壇へ移動

狭い花壇だけれど、ここなら安全だからね。がんばれよ!


季節外れのアジサイ

なんか、どういうわけか知らないけれど「アジサイ」が一つだけ花をつけていたんだよね~? 季節外れでしょう・・・

粕川のサイクリングロードを伊勢崎市内まで行ってきたんだけれど、途中でここに立ち寄る。

お寺で休憩

上州観音霊場三十三ヵ所の14番札所「天増寺」

天増寺は伊勢崎藩初代藩主の「稲垣長茂」が建立した曹洞宗のお寺で、稲垣家代々の当主が眠っている。「天増寺殿快厳当慶居士」と法名を刻した墓が墓地のほぼ正面に立っているんだ。

お墓参り

本堂の左後ろ。戦国末期に造立されたと伝わる小さな宝筐印塔があるんだけれど、これが悲劇の主の那波小太郎18歳、小次郎16歳兄弟の墓。

墓地の横にある立て看板には事の顛末が詳しく書かれている。

 「天正18年4月26日のことである。 このとき赤石城主・那波顕宗は、秀吉の命で小田原の北条攻めに加わった上杉景勝の陣中に出向いて留守であった。 赤石城には那波小太郎宗昌・小次郎宗繁の2人の兄弟が、母と幼い弟とともに留守を守っていた。 ところが粕川の左岸(東岸)に不穏の動きありとの報告が届き、兄弟は直ちに一手の軍勢をひきいて出向いていった。 この敵の名も勢力も詳しいことは何ひとつ伝わっていない。
しかしこの時の戦いで小太郎小次郎の兄弟は、花も蕾の18歳16歳の若い生命を粕川東岸に散らしたのであった。 里の人らは二人の死を悼んで2つの塚を築いて弔ったが、いつしか1つの塚は失われた。 後に天増寺が建てられてその塚も寺の中となった。 墓は宝筐印塔というもので形式手法ともに戦国末期のものである ・・・・・」

てな事が書かれている。 ここには何度か訪れたことがあるが、この小さな墓を参る度に「戦国時代の虚しさ」を思い起こさせられるんだ。 尾張の織田信長が 舞った「幸若舞 敦盛」

 「思へばこの世は常の住み家にあらず 草葉に置く白露、水に宿る月よりなほあやし
  金谷に花を詠じ、榮花は先立つて無常の風に誘はるる南楼の月を弄ぶ輩も 月に先立つて有為の雲にかくれり
  人間五十年、化天のうちを比ぶれば、夢幻の如くなり一度生を享け、滅せぬもののあるべきか
   これを菩提の種と思ひ定めざらんは、口惜しかりき次第ぞ」

という節を好んでいたけれど、50歳まで生きることすら難しい時代だったんだよね。戦の悲惨さ、虚しさを実感できる場所。

百舌鳥おった

今年も鵙がやって来た。もうすぐ冬が来るね・・・ な~んて思っていたのが昨日の事。一気に冬到来みたいな天気になっちゃった今日。寒いはずだよね。


で、帰りにはいつものベンチで給水休憩。 で、やはりこいつらはやって来る。

甚五郎くん

「甚五郎くん」 日光東照宮の「眠り猫」の彫刻に似ているのでコイツの名前は「甚五郎」
性格、ただの食いしん坊。それ以上でも以下でもない。

ウブカタさん

「生形さん」 僕の知り合いのおじさん「生形さん」によく似ているのでそう名付けた。本人が聞いたら気を悪くするだろうから彼には口が裂けても言えない。色黒なところがクリソツ。ウヘヘッ!

ミネラルウォーターを飲みながら沼で釣りをしているおっさん達を眺めていたら、左足に重さを感じる。

枕にするな

「オマエなぁ! 枕にしてんじゃあねえよっ!」

金剛寺君がいつの間にか僕の靴の上に頭を乗せて寝てやがる。本当に図々しいっていうか、馴れ馴れしいっていうか、懐いちゃって困ったちゃんなんだよね。毛がくっ付くからさぁ・・・

帰宅後は、少し遅めの昼飯を摂ってから館林市へ向かった。

僕のお袋さんのリクエストで「餡子もの」を購入しに「大島まんじゅう屋」さんへ。


で、昨日のおやつはこれ。おやつって言うか晩飯後のデザートみたいになっちゃったんだけれどね。

食後のデザート

「スィートポテト」と「あーもん」は僕が食べたかったの。それと「どら焼き」などを購入。
お土産で沢山の「人参」と「きゅうり」まで頂いちゃいました。いつもありがとうございます。


で、今日のお昼ご飯に頂いた人参で「にんじんしりしり」を作って食べたの。美味しかったよ。


おしまい

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント

ご来店有り難うございます。
いつも、子供達にお土産有り難うございます(*^ー^)ノ♪
来るのを、楽しみに待って鱒よ\(^-^)/
饅頭フライマンさん

こちらこそいつもお土産を頂いちゃって感謝しています。
頂いた人参ですが、「きんぴら」や「しりしり」などのように細切り、ささがきにして熱を加えると
柔らかく食べられました。 明日、ジュースにしてみますね。
ありがとうございました。 月曜日空いていますけれど、釣りにでも行ってみますか?
ハヤ釣りかフナ釣り。お手軽フィッシングでも!

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://flyojisan1969.blog13.fc2.com/tb.php/253-5e8a6104
<< Repair. | TOP | Pottering. >>