FC2ブログ

気まぐれ釣り師の、底抜け冒険譚!

Let' Go!

11月18日。


今日は、魚釣り。時間に余裕があったからね。

早朝の草木ダム

午前5時、自宅を出発。 草木ダムでトイレタイムとコーヒーブレイク。

モーニング珈琲

缶コーヒーで我慢。 本当はドリップで行きたかったけれど・・・


日光市足尾町から鹿沼市へ抜ける峠道に突入。

夜明け前の峠越え

早朝の峠道、人っ子1人居ないし、野生動物も夜勤を終えて住処へ帰っている頃だろう。 この峠を通るのも久しぶりだ。3年くらいはご無沙汰だったかもね。


発光路

集合場所の「発光路の森フィッシングエリア」 30分前に到着。

ここに来るのも5~6年振りかも? 本日の同行は、饅頭フライマンさんとbb-manさん。

今日のメンバー

朝は激シブ。 沈めた方が効果的だったね。 シンキングラインで沈めて数匹ヒット。

準備万端

ガイドを修理したばかりの僕のハンドメイドロッド。今日はテストを兼ねてのシェイクダウン。まだエポキシが乾いてないかな?

僕としては上で食わせたい。 手を変え品を変えしながらドライに偏った釣りを展開する。

饅頭フライマンさん

饅頭フライマンさんはシンキングラインでコンスタントにタナを変えて釣っていく。

onoさん釣ったど

bb-manさんはサイトで岸際の深場でウロウロしている奴らをやっつける。

僕はいろんなことをやっていて、だんだんオカシクなってくる。で、下のサイトポンドでヤマメをヒットさせる。

ヤマメ釣れた

綺麗なヤマメが釣れた。 ・・・ん? こりゃOBだわ!

変なとこ刺さってる

口の脇ッちょに掛かっていたよ。これはノーカウントだね。

そうこうしているうちに、あっという間にお昼だ。

腹が減ったわけだよね。 クラブハウスに行き、山菜うどんを頂く。が、食べ終わった後に「写真忘れた」だ!

にゃんこ眠い

隣のテーブルのベンチに、ここの招き猫。暖房の効いている室内で気持ちよさそうに気絶していた。


bb-manさんが所用で半日上がり。 午後は僕と饅頭フライマンさんの2人で頑張った。

陽が高く上がり、気温水温ともに僅かだが上昇したようでライズが頻繁になってきた。

フライを#18のフローティングピューパのレッド(管釣り専用)の奴に変えた途端、立て続けにヒット。

岩魚釣れた
 
綺麗な岩魚

イワナ釣れたよ

イワナが3連発。つづけてレインボーとヤマメがコンスタントに釣れる。っていうか、表層でウロウロしている奴を狙って、顔の前30㎝位のところに落としてやるとなかなかいい反応を見せてくれるんだよね。

で、のんびりと17~8匹釣って、今日は満足。 お互いに楽しく釣りが出来た。


午後3時に今日は終了。 僕はオールリリース。魚持ち帰りの饅頭フライマンさんは捌きに向かう。

手が空いたのでちょっとお手伝い。が、ここの据え付けの包丁、全然切れない。刃先に指を乗せて滑らせても“スパッ”ともいかない。だから捌くのが怖いし危ない。包丁は切れないとかえって危険なんだよねぇ。ありゃ研がなくちゃ、いつか誰かが怪我するぞ!

それから、帰路に就く。 僕は途中、佐野市の友達のところへフライを届けに寄り道するので、田沼町で別れる。

で、フライBOX を丸ごと預け、それから帰宅した。

今日は寒いと思ったけれど、意外といい天気だったから釣りやすかったよ。
もう少し活性が良ければもっと楽しかっただろうけれどね。

今日は、bb-manさん、饅頭フライマンさん、御二方との2度目の釣行だった。 来春はまた川に行きましょうね。
楽しかったです。お疲れ様でした。

  
帰宅後、1時間くらい寝ちまった。さすがに草臥れちゃったよ。気持ちのいい疲れだけれどね。

おしまい

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント

昨日は、お疲れ様でした。
魚が、とても美味しかったですよo(*⌒―⌒*)o
子供達も、喜んでくれました(*^^*)
岩魚有り難うございます。
また、行きましょう(*^ー^)ノ♪
饅頭フライマンさん

お疲れ様でした。水がきれいな場所なので魚の味も一味違うでしょう。
僕はサクラマスは出ませんでしたけれど、サクラは引っ張りの方が有効的でしたね。
また遊びに行きましょう。次は別の場所に行きたいですね。
あっ、お土産いつもありがとうございます。お袋がよろしくお伝えくださいと申してました。

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://flyojisan1969.blog13.fc2.com/tb.php/256-e3c63c56
<< a Festival in honor of Ebisu. | TOP | O・TO・KO MATSURI. >>