FC2ブログ

気まぐれ釣り師の、底抜け冒険譚!

Feel so nice!

12月11日のこと。

地元クラブ「わたらせネイチャリングアクト」の会長のお誘いで足利市までひとっ走り!

「行ってみたいお店があるんだ」ってことでお付き合い。

で、聞いてみたら、僕が以前良く行ったお店だったのね。

ラリグラスで一服

足利市葉鹿町で結構昔からやっている喫茶店「ラリグラス」 ネパールの言葉で「石楠花」のこと。

店のマスターが登山好きで、昔はアンナプルナとか登っているらしい。店内に写真が飾ってあるよ。

この日は「深入りブレンド」で一服。

帰りに渡良瀬川でこんな場面を目撃!

鮭の遡上

鮭ペアリング

もう、遡上は終わったと思っていたんだけれど、まだ居残り組が居たんだね。

こんな間近でこんな場面を見ることは、地元に住んでいる僕でもそう度々はない事で、この日は30分位かけてじっくり観察していた。


12月13日

常連さんからの注文フライ(管釣り用)を届ける序でに体力作り。

隣町の前橋市粕川町新屋って所まで。途中でまたこいつのある道を通るんだけれど。

アンパンマン

どー見ても「アンパンマン」には見えないんだよね~。 逆さに見ると結構際どいけれどね。

農道を直走り、地元の酒蔵の脇で一休み。

八坂神社

「柳澤酒造」は明治10年創業の酒造会社。 ここの看板商品の「桂川」は甘口のお酒で口当たりが良く飲みやすい日本酒なんだ。2005年に関信越国税局酒類鑑評会で「大吟醸桂川」が優秀賞受賞している。僕は甘口の日本酒も好きだけれどね。まぁ最近はお酒は断っているけれど。

で、そのお隣の八坂神社にお参りしてみた。

八坂神社鳥居

八坂神社拝殿

ちょこっとお参りをしてから、そこから直ぐ近くのお客さんの家へ毛鉤を届ける。それから大室公園へ向かった。

大室公園遊歩道

北門から園内に入り、満腹号を押して歩く。園内は自転車走行禁止だかんね!

風が冷たいし、だんだん強くなってきた。

大室公園

夕陽が綺麗。


帰りにはいつものコース。で、いつもの鹿の川沼で一休み。

権ノ介坂さん

この日最初にやって来たのは「権ノ介坂君」

満腹号の下で座り込みを敢行している。「おやつくれなきゃ、動かねぇ!」って背中が語っている。
生憎だけれど「マタタビ」しか持ってないんだよねぇ。

で、ちょいと見回すと桜の木の陰からミョ~な視線を感じる。

市原さん

ここの新顔の「市原さん」 通称刑事さん。 まだ馴染めていないようでちょっとビビり気味。

な~んかいつも「家政婦は見た!」風な登場の仕方をするんだ。なので市原さんと呼ぶ。

で、いつものこいつだ。 いつの間にか足元にやってくる神出鬼没な金剛寺君。

暇な人

こういう登場の仕方好きねぇ君は! まぁ愛嬌があっていいけれどね。


12月14日

今日は僕の所属しているジャパンフライフィッシャーズのメンバーの方達と「釣り納め」

場所は、僕にとっては今回で3回連続の「発光路の森フィッシングエリア」

僕は午前9時過ぎに到着。

券を買ってさっそくみんなと合流。で、釣り開始。 気になるのは前回から比べて気温も水温もかなり低いこと。
水が冷た過ぎて、おまけにドピーカン! 嫌な予感! 取り敢えず釣り開始だ。

釣り開始

が、予想通りの展開。 最初、ミッジピューパ♯22を結んで魚の頭上をピンポイントで狙ってみたが、全く水面に興味を示さない。 僕が到着する以前にNさんがドライで60㎝程の奴を仕留めているんだが、あっという間に状況が変わってしまい、ドライに反応なし。 仕方がないのでビーズヘッドニンフ♯18を結び直してサイトで構ってみる。

最初は反応するけれど、口を使ってくれない。

四苦八苦するうちに、1度だけ掛かったんだけれど、掛が浅くナチュラルリリースをしてしまった。
「う~ん、今日は結構手強いみたいだぞ!」
おまけに強い風が吹き始め、谷あいに在る釣り場では風が回ってしまい在らぬ方向から突然強風が吹きつけてくる。「釣り辛い」状況が続く。相変わらずノーフィッシュ。おかしなこともあるもんだなぁ?

少々早めの昼ご飯を摂ることにする。

いつもの山菜うどん

Yさん、Nさん、Sさんはカレーをオーダー。僕はいつもの山菜うどん。ってか、ここで食べられるものと言ったらこれしかないから仕方がないだけのことなんだ。食事制限は外食ではかなり面倒臭い。

昼飯を食べ終わって、午後の部の前に珈琲タイム。

珈琲タイム

今回の珈琲は僕の馴染みのお店「伊東屋珈琲」さんの「Xmasブレンド」 

珈琲淹れてます

今日のマスターはYさん。 周囲に珈琲のいい香りが漂う。

苦みが少なく、まろやかでいてコクがある。とってもおいしい珈琲だ。


午後の部。 僕は1号池をちょこっと突いてみた。

風がそれほど当たらない場所を見つけて、ビーズヘッドニンフを魚の鼻面に沈めてサイトフィッシング。
が、イマイチ活性が低い。掛かることは掛かるのだが、威勢がない。もうちょっと元気よく引っ手繰って欲しいものだ。

虹鱒釣れた

最初は小型のレインボーが釣れた。続いて釣れたのが、

岩魚釣れた

ここのイワナは色が綺麗なんだよね。 イワナ君です。

それから、サイトエリアへ移動。

そこで連発!

綺麗なヤマメが釣れたよ

やまめ釣れた

ヤマメ君。こいつらもとっても綺麗な魚体。でも、だんだん冬が本格的になって来たみたいだね。幾らかサビが出始めているよ。

サイトエリアの対岸際に、一回り大きな魚体が見えたのでそいつを構ってみたら一発で食ついてきた。
やはりちょっぴり大きな魚体。ティペットを8Xにしていたのでやり取りは慎重に。幸いエリアには動き回れる通路が出来ているので久しぶりにお魚と追いかけっこを楽しむ。

40㎝位かな

大体40㎝位はあるレインボー君。太いから寄せるのに手間取ったけれど、今日1番のでっかいやつ!

それから、その隣のポンドで銀色に光る目立つ奴を見つける。サクラマスだろうね。

そいつの鼻っ面に必殺フライを沈ませてやると、シメシメ! あっという間に食ついてくる。

サクラマス釣れたよ

銀ピカのサクラマス。 小型だけれどね。これで3種類。動き回るからピンボケになっちゃう。

ヤマメだよ

本日のラストはヤマメ君。 川は禁漁だけれど、こういう場所でこいつらに会えるのは嬉しい。

タイムリミットの3時になったので、僕だけ先に上がらせてもらった。

帰りは粕尾峠越えで帰宅。 朝は路面凍結したんだろう。峠の足尾側には塩カルがぶちまけてあった。

粕尾峠から日光方面

日光方面は寒そうな雲が湧いていた。

男体山

男体山山頂には雪が残っていたよ。 
「あの様子じゃあ戦場ヶ原は真っ白なんじゃあないだろうか?」 なんて思いながら国道122号線で帰路に着いたよ。
僕の場合、釣りは単独が多いんだけれど、仲間と賑やかに釣りを楽しむってのもいいものだよね。
また遊びに来たいな。

おしまい

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://flyojisan1969.blog13.fc2.com/tb.php/264-f160f419
<< The wind is against. | TOP | KO・BA・NA・SHI. >>