気まぐれ釣り師の、底抜け冒険譚!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The wind is against.

12月24日

クリスマスイブ。 キリストの誕生日の前夜を祝うお祭りだね。

もっとも、実際のキリストの誕生日ってはっきりしていないって話は有名だけれどね。
4世紀半ばに、コンスタンティヌス帝統治下のローマでキリストの誕生が12月25日に定められたって話だしね。
僕個人としてはかつて「ディスカバリーチャンネル」でやっていた「キリスト誕生日4月17日説」の方が面白いと思うんだけれどね。永遠の謎の人物イエス・キリスト。2000年にわたり人々から信仰されてきた聖人の誕生日。
お祝いもせず僕は赤城颪の吹き荒ぶ中を直走る。

田中橋方面

渡良瀬川の土手の上。 いつものサイクリングロードは赤城山から吹き降ろす名物「赤城颪」が絶好調!
「行きは良い良い帰りは怖い」がこの季節のサイクリングロードなのだ。
その通りで、行きは追い風なのでスイスイとクランクも軽快に回る。

遠くに筑波山

川崎橋の手前、進行方向の遥か先には筑波の山も見えてきた。あの山に行ったのも何年前になるかなぁ? そのうちまた遊びに行きたいな。

富士山も寒そう

西の方角には世界遺産の姿も。 やっぱ寒そうだなぁ・・・

橋の向こうは佐野市

渡良瀬川大橋に到着。ここは館林市瑞穂野町。対岸は栃木県佐野市。

水が旨い

一休み。風は冷たかったけれど、冷たいミネラルウォーターは丁度いい。

問題はここからだ。

追い風で楽したツケを払うか、市街地方面に逃げて信号のオンパレードの中をダラダラ戻るか・・・

悩んだ時間5秒。「向かい風上等!」 来た道を戻ることにした。この選択が正解だったのか間違いだったのかは想像に任せます。

赤城に怪しい雲

「こりゃぁ堪えるワイ!」久々に味わう赤城颪の洗礼。 今日のはまだまだ軽い方だけれど、自転車が煽られる。ギアを1つ落としても一番重いギアで走っているような感覚。

福猿橋で横風を受けてコケそうになった。アブナイアブナイ!

鯉泳いでた

橋の上から水面を眺めたら大きな鯉が5匹くらいかな? 泳いでいたよ。ここからならばフライで遊べそうだね。あっ、僕、この辺りの漁業券持ってないや。

赤城がやばい事に

松田川の合流点付近。 遠くに眺める赤城山がどんどんヤバい風になってきている。
「あの雲はいただけないんだよなぁ・・・」
足工大のハイブリット発電の風車も音を立てて回転しているし、風がどんどん強くなってきている。

「えぇいっ! ヤライデカッ!」

一気に自宅まで突っ走ってやった。 

今日の走行距離61.3㎞。 風が無けりゃもちっと楽だったかもね。

帰宅後、冷えた体を風呂で温め、それから毛鉤製作。

裏ハッチ・ダン

これも僕の切り札フライ。 渡良瀬名物「裏ハッチ」対応フライ。 この後はソラックスパターンを巻いてみようかな。


おしまい

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

凄いですねぇ~(*^ー^)ノ♪
次は、自転車で遊びに来てください(笑)

釣れそうなフライですね♪
饅頭フライマンさん

そうですね。考えてみればあそこから近いんですよね。
もしかしたらお店まで行っちゃうかも知れません。結構堪えますけれど。

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://flyojisan1969.blog13.fc2.com/tb.php/265-7a118b72
栃木県佐野市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。
<< Count Down. | TOP | Feel so nice! >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。