FC2ブログ

気まぐれ釣り師の、底抜け冒険譚!

River of depths Shiga. ~JFF Nagano meeting 2014.~

7月5日

僕の所属している釣りクラブ「ジャパンフライフィッシャーズ」の長野ミーティングに参加するため、信州奥志賀へ行ってきた。

午前6時。 久しぶりにやらかした“朝寝坊”

目覚ましをかけた時刻より、1時間半遅れで目が覚めた。「何年振りだろう? 寝坊なんて・・・」

寝惚けた頭に“喝”を入れるために冷たい水で顔を洗い、身支度を整え、朝食の野菜サラダを胃袋に押し込み、午前7時に自宅を出る。

今日は朝っぱらに立ち寄る場所があったため、藤岡ICより上信越自動車道に8時頃に突入した。
途中、横川SAでトイレタイムをとり、それからはノンストップで信州中野ICまで突っ走った。

山ノ内町のコンビニで日釣り券と昼食のパンを2つ、焙じ茶を2本購入し、奥志賀林道へのんびりドライブ。

奥志賀へ

奥志賀へと続く3本のトンネルを抜け、奥志賀高原のホテル街を突っ切り、野沢温泉、切明温泉、秋山郷へと繋がる奥志賀林道に入って行く。

いつもの集合場所の雑魚川橋に到着したのは11時近かった。
今回の参加者は皆集まっていて、雑魚川橋には東京のYさんが居た。

暫くすると、長野CPのFさんが皆を連れて偵察から帰ってきて、皆それぞれ準備を整え、分散して行った。僕はYさんと入渓することにした。

橋の袂に車を停め、遊歩道の入り口まで徒歩で向かった。

久しぶりの雑魚川

実はここに向かっている途中、林道が崩落していたらしく、それの補修で工事をしていたんだ。
おかげで、少々濁り気味。 これくらいならば釣りにはなるだろうけれどね。

Yさんと

対岸の弛みを狙うYさん。 水量が少し多いみたいで苦戦している様子。

そんな中、僕は入渓して直ぐに今年の第1号をGet!

雑魚川いわな

22cmの雑魚川イワナ。 相変わらず綺麗な魚体。代々世代交代を続けてきた天然種だからね。 こんな魚がいつまでも絶えないでいてくれることを心から願っている。そのために僕らが手を貸さなければいけないんだ。

雑魚川いわなビューテホー

続けて2匹目。 流芯の中の僅かな弛みの中に今日は付いているみたい。ドリフトを丁寧にやらないとなかなか食いつかないね。

今日の僕はバラシ6本。(ってか、フライを見に来ただけで食つかなかったのね) Get3本。

僕のタックル

今日の僕のタックル。 久しぶりのチェストバッグと、古いノースランドの3番ロッド。 

今日の相方のYさんに絶対に釣って欲しかったのと、数日前に仕事中に痛めた右腕の激痛に耐えながらの釣りだったので、ちょこちょこ休憩を取りながら釣り上がった。休憩中はこんなことしていたの。

川辺の癒し

なんて言ったかなぁ? すっかり名前を忘れた花。 まぁ、暫しの癒しとなってくれる。

川辺の癒し2

花好きの僕は、こんな感じの小さい花が好きなんだよね。 もうそろそろ奥日光が良い季節になる頃だしね。

天気は、雨が降ったり止んだりの繰り返し。今日はレインジャケットしっかり着込んだから、その点は心配なかったよ。

降ったり止んだり

1時ごろ小休止。軽く食事をとり再び渓を遡る。が、濁りがやや強くなってくる。 そんな中、Yさんに待望の1尾。いや~ホッとした。25㎝位の綺麗なイワナだったよ。
で、その後は濁りが強くなりすぎて釣りにならず。5時頃に退渓。Yさんは温泉へ、僕はそのままペンションへ向かった。

国道403号がめちゃ混みだったので、小布施の街を迂回してくだもの街道を須坂市方面へ向かう。

僕がペンションに到着したのは6時30分を回っていた。

スタートライン

1年ぶりの峰の原高原ペンション「スタートライン」 今年もお世話になります。

到着後、早速お風呂を借りる。 ここのお風呂は麦飯石の水を使ったお風呂で体の芯からポカポカになるのね。

午後7時30分頃に晩御飯。 が、Yさんがまだ到着していない。

なので、先着組の僕たちは、先に晩の宴を開始したのね。

晩御飯美味しそ~

この日のメニュー。 山菜の天ぷら。僕の大好物。カツオの小鉢。野菜の煮物。どれも僕の好物。

炊き込みご飯

炊き込みご飯。

お魚もうま~い

なんかのお魚。種類聞くの忘れたけれど、これもまいう~!

愉快な仲間たち

愉快な仲間たち2


この後焼肉も登場し、仲間たちとの釣りやお化け話に花が咲く。で、Yさんもやっと到着。峠下の温泉でマッタリしていたんだって。 で、全員揃ったところで改めて労いの乾杯!

楽しい宴は深夜まで続いた・・・ だんだん眠くなってきちゃったけれどね。


つづきはまた明日ね。

おしまい

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://flyojisan1969.blog13.fc2.com/tb.php/284-ddb32824
<< Japanese Pompeii. ~JFF Nagano meeting 2014~ | TOP | Everyone gather! To Oku Aizu ~Next. >>