FC2ブログ

気まぐれ釣り師の、底抜け冒険譚!

Cradle.

10月31日


久しぶりに怪我をした。

背中から臀部にかけて、それから右腕前腕部、あと首にダメージを負ってしまった。

仕事中に脚立(210cm)の上からバランスを崩して落下。
両手にポリカーボのパネルを持っていたため自由が利かず、立っていたところから真下に背中から落ちちゃったんだ。

なかなかデンジャラスな落ち方をしたにもかかわらず、お尻と背中にでかい痣を拵えたくらい。
落下して地面に叩きつけられた瞬間に受け身を取れたのが幸いだったね。柔道を続けていて良かったよ。
で、受け身を取った時に、コンクリート土間の角で受け身を取っちまったから、右腕にみっともない痣を付けちまって、
顎を引ききれなかったらしく、軽く鞭打ちの症状が出ている。 ただ、首が動いた時、瞬間的に脳が揺れたみたいで、軽い脳震盪を起こしたようで頭がクラクラする。
まぁ、柔道でも2mの高さから投げられるってのは限りなく稀だからね。 しかし痛かったよ。畳と違うからさぁ、衝撃がモロに体を突き抜けてったよ。 
気を付けなきゃね。

で、その日の夜。 久しぶりに大好きなオジサンに会いに行ったんだ。

年に1~2回くらいしか会えない人なんで、嬉しくて背中の痛みも忘れたくらいさね。

足利市の喫茶店で待ち合わせ。先に到着した僕はオリジナルブレンドをカフェプレスで注文。

暫くして到着したAさんは、相変わらずの溌溂としたテンションで元気一杯!

アメリカ、コロラド州のブリッケンリッジでお店を経営している人で、僕のフライフィッシングの良きアドバイザー。

時間を忘れて話に夢中になっちゃった。


11月1日

今日は、僕が所属している「ジャパン・フライフィッシャーズ JFF」の栃木地区でヤマメの発眼卵埋設作業に参加してきた。

集合時間よりも30分位早く到着したら、もう数名が到着していて、それぞれ支度をしていた。

軽くミーティングをして、いざ現場へ!

みんなして作業

作業を分担して、砂利選別班、魚卵処理班、などに分かれて作業。

やまめ発眼卵

ヤマメの発眼卵。これをウィットロック・バイパードボックスに同数量を納めて川床に埋設する。

やまめの揺りかご

大きめの駕籠(クレイドル)にWVBを数個入れて、川の流れなどで動かないようにさまざまな大きさの石で固定する。で、この砂利、小石集めがけっこう難儀するんだ。 

埋設完了

こんな感じに、川が減水しても大丈夫な場所を選択して埋設する。 で、発眼卵から孵化したヤマメの稚魚が成長して川に飛び出すって訳。 元気に育ってくれるといいね。

僕らはこうやって、釣るだけではなく魚族保護、環境保全などにも力を注いでいるんだ。

一通り作業を済ませ、ちょっと遅めのお昼ご飯。

囲炉裏暖かい

まだ冬になっていないといっても、川の中はかなり冷たい。水温を測ったら11℃。早春の水温に近いから、体はかなり冷えた。そんな状態の僕らにこの囲炉裏はとてつもなく有難い。
が、囲んでいるとだんだん暑くなってきやがって、昼飯に温かい蕎麦をオーダーしたことに少々後悔してしまう。

いも串まいう~

僕がオーダーした「いも串」 里芋を炭火で焼いて甘辛い味噌が塗ってある。これが美味しいんだ。

山菜蕎麦まいう~

で、これも僕がオーダーした「山菜蕎麦」 これが来た時にはすでに体はポカポカ。 しかもこいつが持てないほど熱々だったから平らげるのがきつかったよ。 暑くてさぁ・・・

食事を済ませて、これにて今日のミッションは無事コンプリート! 翌日のミニミーティングに参加するメンバーはそのまま別の場所へ移動したみたい。
僕は明日の予定があるのでそのまま帰宅。

みんなして作業するのは釣りをしているみたいで楽しいね。草臥れたけれど、気持ちのいい疲れだったよ。

だた、背中とお尻は痛かったけれどね。

おしまい
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://flyojisan1969.blog13.fc2.com/tb.php/293-8bf96960
<< My Favorite Singers Songwriter. | TOP | There is a lake of the mysteries. >>