FC2ブログ

気まぐれ釣り師の、底抜け冒険譚!

Heavens corridor.

7月8日

午前5時に起床。
今日は親父がゴルフに行ったらしく、この時間にバタバタやらかすものだから、半強制的に起こされてしまった。

で、珈琲を淹れてTVの気象予報を確認。

あとは支度やら何やらを片付けて、家を出たのは午前8時頃。

3週間前に訪れた時は濃霧の中、視界ゼロに近い状況でな~んにも見えなかったけれど、今日はどうやら午前中の雨の心配は無さそうだったので運動がてら再訪してみたんだ。

霧降高原キスゲ平園地

「霧降高原キスゲ平園地」  随分前(ガキの頃だな)に訪れた時にはリフトがあって、それに乗ってキスゲを見に行った記憶があるけど、現在はリフトは廃止になっているそうだ。で、代わりに「天空回廊」なる見ているだけでもウンザリしそうな階段が設置されている。

園地の鹿避けゲートをくぐり、先ずは遊歩道を登って行く。いきなり階段にアタックすると後半に苦労することを知っているからね。

アカバナシモツケ

それに階段を進んじゃうと、途中で出会える花を見逃すことになるんだ。 こんな奴らをね。

「アカバナシモツケ」

カラマツソウ

「カラマツソウ」

アヤメ

「アヤメ」 

ウラジャノメ

遊歩道のデッキの所に「ウラジャノメ」が仲良く並んでた。

コバギボウシ

「コバギボウシ」

暫く進んで、いよいよ悪夢の回廊にアタックを開始する!

天空回廊

歩きやすい分勘違いしそうなのだが、階段って想像以上に“足”に負担が来るものなんだよね。

まぁ、仕方がないからゆっくりとマイペースで昇り始める。

避難小屋の少し手前から一気に視界が開けて、今がピークの「ニッコウキスゲ」の花畑が目の前に現れる!

キスゲ平

「いや~、気持ちがいいねぇ!」 標高が高いから風が涼しい。16℃位かな? 

でも、脇に見えるのが「天空回廊」 名前はカッコいいんだけれどさぁ・・・ ちなみに、レストハウス前から1445段のまるで荒行のような階段なんだ。

日光市街地

後ろを振り返ると日光市街が見下ろせる。

空気がうまい

気分爽快! 空気が澄んでいてとても気持ちがいい。

少し脇道に逸れて花の会いに行く。

コメツツジ

「コメツツジ」

コオニユリ

「コオニユリ」

シシウド

「シシウド」


階段に戻って、気合を入れ直し只管挑んで行く!


400段目

「400段目」 残り1000段ちょい。 はぁ~・・・

暫くすると、勾配が一気に早くなる。 もともとはスキー場でこの辺りは上級者コースだったらしいから、傾斜角度が凄いんだよね。

キスゲ平2

で、この辺りが最もキスゲが綺麗に見渡せる所なんだ。 

でも、この有り様・・・

まだまだあるよ

ワイルドだろぅ? な~んて暢気なこと言っている場合じゃねぇって。

キスゲ平3

後はこんな感じ。 いい眺めだ! 

ニッコウキスゲ2

ニッコウキスゲ

「日光黄菅 ニッコウキスゲ」 ユリ科の花で、禅庭花とも言うのね。

ここまでで、かなりの疲労感があったね。

レストハウス方面

回廊の途中に設けられている展望テラスよりレストハウスを見下ろす。 帰りに珈琲でも飲んで行こう・・・


1000段目

・・・・・・うるせぇよ

ダラダラと歩を進め、それでもマイペースを維持して昇って行くと・・・

到着

着いた・・・ ハァ~しんどかった。  おめでとうって、それほど嬉しくも無いけどね。まぁ取り敢えずは到着です。

階段を昇り切ってすぐ横に展望台があるのだけれど、先着した人達で溢れかえっている。仕方がないので脇の遊歩道を登り丸山登山道方面へ向かう。

小丸山方面

丸山まで登ろうかと思ったけれど、前日までの雨で登山道がぬかるんでいた事と、今日の装備ではちょっと不安だったので、また次の機会にでも行ってみよう。

ここまで来ると風がひんやりしていてとても気持ちがいい。汗がスゥーっと引いていく感じがいいね。

30分位のんびりしてから、戻ることにする。

帰る

ここを訪れる度にいつも思うんだけれど、「なんで直線の階段にしたのかなぁ?」

ジグザグに緩い勾配で階段を作れば、少しは昇りやすいと思うのだけれどなぁ。

しかし凄い勾配だこと。 下りは膝にくるからゆっくりと下りて行く。


避難小屋まで下りて、少しだけ遊歩道側を歩く。

歩道に沿って張ってあるロープに可愛い奴がいたよ。

ミヤマクワガタ

ミヤマクワガタ君。 久しぶりに出会ったねぇ。 最近は僕の地元にはクワガタ自体が居なくなっちゃったからね。

少しだけスキンシップ。

ミヤマクワガタ2

ガキの頃を思い出すね。 あの頃はコイツを飼っていることが自慢だったからね。もっとも、飼い方を知らない奴はすぐにダメにしちゃっていたけれどね。 指先に乗せてみる。何だか懐かしい思い出が脳裏を過る思いだ。

ヒカゲチョウ

「ヒカゲチョウ」

フキバッタ

「フキバッタ」 なんだか昆虫モードに入ってきたぞ。

ヒメキマダラセセリ

「ヒメキマダラセセリ」

タケカレハの幼虫

出ました! ケムシ男にはたまらん存在!(誰がケムシ男だって?)
「タケカレハ」のモスラ。 

ヒナバッタ

「ヒナバッタ」

虫たちも気持ちいいんだろうね。元気に動き回っていたよ。
実は、この直ぐ後に目の前を「アサギマダラ」が飛び抜けて行ったんだ。早朝で翅が湿っている状態だったら写真に収められたんだけれどね。流石に飛んでいる状況と、場所が場所だけに追いかけることは出来なかったよ。

天気が良ければ

天気が良ければもっと景色がいいんだけれどなぁ。梅雨時は仕方がないな。

ヤマキマダラヒカゲ

「ヤマキマダラヒカゲ」

漸く回廊を制覇して、レストハウスに到着 ・・・・・腹減ったなぁ。

珈琲を飲もうとしていたのだけれど、ここまで来たらお腹が空いていることに気が付く。時間を見たら間もなく正午だったので、早めの昼食を頂くことにした。

寒ざらし蕎麦

今日は「日光名物 寒晒し蕎麦」を頂く。

これがまた美味しいんだ!

お昼ご飯

ぶっかけ蕎麦なんだけれど、僕は濃い味が苦手なので蕎麦つゆはほんの少し。 そば自体の甘味が強いから何もつけなくても美味しい。 じっくりと堪能しましたよ!

そば茶

で、そば茶でマッタリ。 ゴチでした!

さてと、帰ろ・・・ 雨も降ってきちゃったしね。

次に来た時には、丸山から八平ヶ原方面を歩きたいね。

おしまい
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村


 

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://flyojisan1969.blog13.fc2.com/tb.php/341-1af492f4
<< Little Mermaid. | TOP | the Light of a Firefly. >>