FC2ブログ

気まぐれ釣り師の、底抜け冒険譚!

To encounter a Japanese primrose Next.

前回の続きぃ~


小田代ヶ原でバスを下車し、北側ルートを進む。

DSCN0409.jpg

木道が歩きやすくなったので快適だ。 足元にはエゾハルゼミ君が日陰で休憩中。

DSCN0408.jpg

少々強めの風が大真名子山方面から吹き付けてきて、汗ばむ体を程よくCooldownしてくれる。

ゆっくり歩き、大自然の息吹を体一杯に浴びる。 最高に心地好い。気分爽快ってこのことだなぁ。

DSCN0417.jpg

「ナルコユリ」  よく似ている花に「アマドコロ」ってのがある。

DSCN0415.jpg

こりゃ何だ? 「タツナミソウ」に似ているけれど、なんだコレ? きちっと見なかったからよく判んないや。

それからいつもの小田代北側コースから、再び戦場ヶ原エリアに入る。

此処から泉門池までは小さな花の群生地を通過する。

DSCN0420.jpg

「ツマトリソウ」の小群生。 この季節の小さな彩。 真っ白だけれど、そこが綺麗なんだよ。

DSCN0423.jpg

こちらは「マイヅルソウ」 


泉門池に出て、戦場ヶ原を赤沼方面へ木道を進む。
実は湯滝方面へ進もうと思ったんだけれど、目測100人以上(20~30人くらいのパーティが数組)の小学生の集団。恐らくは修学旅行だと思う。そ奴等が湯滝方面へ向かって進んでいくところを目撃。「これは大渋滞必須だなぁ」ってことで、急遽予定変更って訳。


泉門池エリアから戦場ヶ原南エリアに入るとすぐ、こんな花を発見!

DSCN0424.jpg

まだこいつらが咲いているんだな。「シロバナノヘビイチゴ」 まぁこれは6月の下旬くらいまでは戦場ヶ原では咲いているから不思議はないか。 これ可愛い花なんだ。

今年はどうも2週間程花の季節が進んでいるようなんだ。 すれ違ったハイカーに「今年はズミがもう終わりかけてる」との情報を入手する。
「ズミ」の花を期待してここに来たって言うのに・・・

いつもならこの場所にこの花が沢山咲いているはずなのに、今年はこれも終わりかけてたよ。

DSCN0429.jpg

「イブキトラノオ」 これ一株しかなかった。

DSCN0427.jpg

「ウマノアシガタ」 これはまだまだ長く咲いていてくれる戦場ヶ原の彩。

DSCN0431.jpg

青木橋を渡り、この日の3つ目の目的地へ。


本当だ。「ズミ」が終わりかけてらぁ・・・

DSCN0425.jpg

DSCN0437.jpg


過去の台風の時に倒れた老木が、現在では戦場ヶ原の代表的オブジェになっている。

DSCN0436.jpg

で、その奥には・・・可愛い綿帽子がそよ風に揺れている。

DSCN0439.jpg

今が見頃の「ワタスゲ」の綿帽子。 花はもっと早い時期に地味に咲いているよ。黄色い花ね。

DSCN0442.jpg

男体山が見えなくなってやがる。 こりゃあ本当に崩れそうだな。 でも、綿帽子が見たくてつい足が止まっちゃう。

それから、「ワタスゲデッキ」に出る。

ここからが一番きれいにワタスゲの群生が見物できるんだなぁ。

DSCN0344.jpg

DSCN0444.jpg

DSCN0447.jpg

恐らくあと2週間程でこの辺りに「ヒメシャクナゲ」の小さな可愛い花が咲くと思うよ。 見つけるのが大変だけれどね。


戦場ヶ原を後にして、赤沼駐車場に戻り、車を「湯ノ湖」方面へ走らせる。 お腹が空いちゃったんだよね。


IMGP2474a.jpg

『湯元レストハウス』にてお昼ごはん。 FBで知り合ったFさんのところで、熱々の「ちたけ蕎麦」と「ホットコーヒー」を頂く。
僕、この「ちたけ蕎麦」好きなのよ~ん♡ めちゃウマ!

IMGP2471.jpg

で、ホット珈琲で超~マッタリ! 疲れがスーッと抜ける。

IMGP2468.jpg

湯ノ湖対岸の兎島では、DHフライマンが釣りをしている。全然掛かる様子はないけれどね。まぁこの日の天候が不順だからヒットさせるのは容易ではないかもね。気候が怪しすぎる&湖のスペイは水面に干渉し過ぎる。 と感じるのは僕だけか? 水面を荒らしちゃう気がするんだよね。 警戒心の強いトラウトなんだから、バシャバシャとラインで水面を引っ掻き回せば魚は沈んじゃうと思うんだけれどね。 キャストの面白さは僕も納得するけれど。

窓際に座っていたので、こんなのが目の前に迷い込んでくる。

IMGP2475.jpg

「ヤマキマダラヒカゲ」 この距離で見れるのは久しぶりだ。

食事を済ませ、Fさんと、Fさんの息子さんのKさんと暫し閑談。 また遊びに来ますね! ってことで、この日は撤収となりました。

帰りに、飲み物を買ってから金精峠越えで片品方面へ向かう。

IMGP2478.jpg

ビジターセンターで購入した「日光サイダー」 僕には少々甘すぎる。 で、あまり爽やかな感じはしないのでちょっと好みじゃないかな? 不味くはないけれどね。

で、予想通りに霧が出て来たよ。 まぁこれも県境のトンネルまでだろうけれどね。

IMGP2481.jpg


次は7月の頭に遊びに来たいね。

おしまい
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://flyojisan1969.blog13.fc2.com/tb.php/359-7efc9b9d
<< a Rain bringer came over. | TOP | To encounter a Japanese primrose. >>