FC2ブログ

気まぐれ釣り師の、底抜け冒険譚!

Ghost Rider.

退院して10日経った。

体調はまあまあいい方かな。

仕事がしたい。 が、まだ復帰には時間がかかるよう。

時間ばかりが無駄に流れてゆく。


まぁ、仕方がないのだけれどね。気長に治せと言われているが、とにかく退屈だ。


とりあえず、療法士から言われている「リハビリ」のメニューだけは続けている。

笠懸ひまわり畑3

去年に続き、隣町の「笠懸ひまわり祭り」の会場。 実は昨日まで祭りだったのだけれど、今年は参加は辞退しました。で、今日は「祭りの後」ってことで訪れたのだけれど、今年のひまわりは先日の台風のおかげで6~7割が倒されていて、ちょっと残念な有様でした。

笠懸ひまわり畑4

ひまわりは好きな花なんだけれどね、こうまで倒されちゃうと観ていて辛くなる。

天を突き刺すように力強く伸びて欲しいのだけれどね。 まぁ、来年に期待!

今日はここから更にコースを延ばす。 自宅から6㎞程の場所に笠懸の丘陵地がある。そこを越えて新里町(同じ市内だけれどね)に向かう。

その途中、丘陵地のてっぺん辺りに規模は小さいけれど野池がある。

ここの野池って言っても、ただの農業用水池だけれど、隣には小さな公園が設備されている。

笠懸の野池

今日は釣り人が1人。地元のお爺さんがのんびりと釣り糸を垂れていた。

鮒とか小さな雑魚が釣れるのだけれど、以前はマナーの悪いバスマンが勝手にバスを放したらしく、かなり池の周りが汚れていた。ゴミは持ち帰ろうね。持ってきた時のほうが重いはずなんだから。地元の人たちのボランティアで綺麗な公園になっているんだよね。

もっとも、今はバスの姿も殆ど見えないけどね。水を抜かれたみたいだし。 ここの魚は、藻の繁殖を抑える為に放されているようだしね。

鳩がいたよ

足元の釣り台のパレットの上に鳩くんが休憩していた。


それから、丘の向こう側に向かいそこから2㎞弱の場所に。

桃井塚

以前紹介した「善昌寺」にある「新田義貞の首塚」

群馬の歴史ある私鉄の「上毛電鉄」。 その「新川駅」から赤堀町方面へ向かうと道路の左側にあるのがここ。

「村指定史跡 桃井塚」

指定された時はまだ「新里村」だったけれど、現在は「新里町」になってます。

で、この「桃井塚」は、1338年に越前藤島の戦いで、壮絶な最後を迎えた(自らの首を斬り落としたらしい)主君新田義貞。曝首となった主君の首級を密かに運んできた家臣の「桃井次郎尚常」がそれを善昌寺に届けた後、この場所で主君義貞公の後を追って自害したと伝わる場所なんです。

桃井塚3

写真にある灯篭は、文政7年(1824年)に奉納されたもので、「桃井宮」と刻まれているのが確認できるので、江戸末期にはここにお宮があったかもしれませんね。

桃井塚2

桃井塚4

これが桃井次郎が自害したと伝わる「腹切石」

90cm程の安山岩の石で、この石の上で主君の後を追い切腹されたという伝説が残っているんですね。合掌・・・


今日は午前中に、佐野市にある釣具屋へ行ってフックとボックスを調達し、帰宅後からリハビリサイクリングを始めたので、結構しんどかったけれどね。それでも体力を取り戻したくて頑張っちゃったよ。

それから、自宅近くの史跡や名所を巡ってみました。

愛宕神社

自宅から歩けば10分位の所に鎮座する「愛宕神社」 僕が毎年初詣する神社。

愛宕神社2

創建はいろいろと伝わっていて、万治元年(1658年)説、明暦2年(1656年)説、慶長3年(1599年)説とあり定かではないのだが、まぁ遠い昔からここに鎮座しているって訳だ。

祭神は「火産霊神 ほむすびのかみ」 別名では「迦具土神 かぐつちのかみ」「火之迦倶槌神 ひのかぐつちのかみ」などなど。

元は火の神様で、鍛冶や防火の神様。陶器業の守護神にもされていますね。

ここの神社では、万治元年に拝殿前の鳥居を建て、その遷宮式を行った時に奉納相撲が催された。

これが後に恒例行事になり「相撲の神社」として知られるようになりました。

幕末、慶応4年に当時の横綱 秀ノ山雷五郎の出した「四本柱免許状」(現在の公認競技場認定証)が保存されているらしい。

境内の土俵

で、これが現在の土俵。こうした土俵は市内に殆んど残っていない。僕が中学生の時(もともと柔道部)請われて相撲大会に出場した経験があったね。団体戦で関東大会出場権を獲得したけれど、同日に柔道の県大会が有ったので辞退したけれどね。

今度の日曜日には、相撲大会が催される。ちびっこ相撲が可愛くて見ものなんだ! その為なのか、土俵の整備をしていた。


普段は気付かない場所も結構有って、自宅近くにもそんな場所が幾つか有るんだ。

そんな場所を見つけたり、紹介出来たらいいね。リハビリの序でに・・・

病み上がりでまだふらつきながら、町中をキコキコ愛車のジャック号で徘徊しています。幽霊みたいに・・・・

おしまい

でっかくて目立つバナー作ったよっ!

にほんブログ村



Escape.

2ヶ月以上もブログを更新出来なかった。

7月半ば位からに病院に掛かったりしていたが、まったく原因が掴めず・・・

8月の盆の頃、突然病状が悪化し、掛かり付けの医院で紹介状を出してもらい、大きな病院へ行く。

が、「即、入院!」の通告。

自分の体の状態が最悪の領域に届いている事を告げられた訳で、あのまま放っておけば今頃は僕はこの世から消えていたことでしょうね。

人が生きてゆく為に最も重要な「心臓」に欠陥が見つかった。

「これはえらいこっちゃ!」 ってな訳で今月の5日まで入院していた。

辛かったけれど、まぁ取り敢えずは生きてます。


退院後は、それまでの生活から全く違った生活に転換となってしまった。

「減塩 低カロリーの食生活」 お気に入りだった食べ歩きを封印。

外食生活を一先ず止め、コンビニの弁当や惣菜なども一切摂取せず。

1日の摂取カロリーを1400Kcalに抑える食生活に切り替えた。

まぁ、入院中もそれだけだったから、もう慣れたけどね。

おかげで体重が減った事。入院前から比べると20kg以上減ったものだから今まで着れた服がブカブカになっている始末。 

また新たに買い換えるようかな?


そんな訳ですが、まだまだ社会復帰には至らず、自宅でリハビリ。体力回復に勤しんでいます。

のんびりゆっくり回復に努めます。

で、毎日自転車とウォーキングやってます。

岡登用水3

ここが僕の毎日のコース。

岡登用水

自宅から5~6分の所にある「岡登緑道」

ここは小学生の頃、学校で習った「岡登用水」があるところ。

1688年頃、江戸初期にこの地を治めていた幕府代官『岡登景能 おかのぼりかげよし』が、開発のために着手した用水。 このためにこの辺りの農業は栄えたとのこと。

現在もその機能は健在で、しっかりと使われています。 仕様は現代風ですけど。写真は「岡登用水三又分水」


岡登緑道

それからここを西へ向かう。こんな感じで緑道が整備されていて、地元の人たちの憩いの場になっています。

岡登緑道2

岡登緑道3 

季節には、桜やハナミズキが咲いて綺麗。

ここの先に毎年行なわれている「ひまわり祭り」の会場があるの。今年ももうすぐ。ってか明後日の土曜日だ。


次に、この緑道の南側へ。

岩宿遺跡

ここは地元でも全国的にも有名な場所。

日本で最初に旧石器時代の存在が確認された遺跡である「岩宿遺跡」

岩宿遺跡2

1946年、研究者の相沢忠洋氏によってこの場所にある関東ローム層の中から黒曜石で出来た石器が確認された。 

岩宿遺跡3

隣に薀蓄の看板があるので、それ見てね。

で、もっと詳しく知りたい方は・・・

岩宿ドーム

岩宿遺跡の碑がある稲荷山の道を挟んだ向かいに「史跡岩宿遺跡保存観察施設」通称「岩宿ドーム」があります。

この施設の中には、相沢氏が多数の石器を発見した赤土層が展示されています。

興味のある方は是非、この国の太古の歴史に触れてみて下さい。お薦めです!


鹿ノ川沼

ここ岩宿遺跡のすぐ隣に、「鹿ノ川沼」があります。

周囲には遊歩道や公園、広場などが整備されていて、地元の太公望や近くの保育園児などが遊びに来ています。

鹿ノ川沼2

今日も大勢の釣り人が遊びに来ていました。ここではヘラブナや鯉が対象魚ですね。

鯉が泳いでた

こんな奴ら。

鹿ノ川沼隣のコスモス畑

この鹿ノ川沼のすぐ下。国道50号側に小さなコスモス畑があります。

鹿ノ川のコスモス畑

コスモスも僕の好きな花。 メキシコ原産のキク科の一年草。日本には19世紀に渡来しました。花言葉は「乙女の心」 

ジャックフラッシュとコスモス

自宅から一番近くにあるコスモス畑で、小さいけれど気に入っている場所なの。


寄り道や休憩を入れながら、大体1時間位で回れるコースかな?

これから毎日自宅周辺を回るつもり。 まだ50%位しか回復していないので・・・

早く復帰したいなぁ・・・


おしまい

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村



Recovery.

3月24日


久しぶりの更新となりました。


実は、今月の初旬体調不良でダウン!

絶え間なく痙攣性の咳が連続して襲ってきて、気管が詰まり呼吸が苦しく夜も咳の為寝ることも儘ならず、風邪薬を服用するも全く効果がない。

「これはおかしい」と言う事で、近くのクリニックに検査に伺う。

検査の結果「百日咳」の細菌に感染している事が判明。

「百日咳」は「風邪」とウィルスが別なので通常の風邪薬では効果が得られないんだ。

なもので、診察も別部屋。隔離されているようなもの。

抗生物質を中心に様々な薬で細菌を殲滅してゆくので、毎日薬漬け。

薬やってます

で、これが最後の薬。 薬のおかげで今では夜もぐっすりと眠れるようになりました。

だって、絶好調の時には5日間で睡眠時間が10時間に達していなかったものね。

「咳」よりも「睡眠不足」が辛かった。 まぁ、お蔭さまでかなり回復! 

もうすぐ僕の解禁日が訪れます。


なもので、このところ仕事以外では外出も控え、「なんちゃって自宅療養」していました。

で、することといったら、お馴染みの毛鉤作りと読書くらい。 ただ毛鉤作りも結構しんどかったね。

なにしろマスクをしながら、咳き込みながらなので、息苦しくてなかなか捗らないし、たまにマスクを外した瞬間に咳が出ると「オウンゴール」決まっちゃうしね。そりゃ手こずりました。ダストボックスは常に綺麗にするべきだという教訓ですね。

が、それなりになんとか作り上げた一部を!

F・ニンフ 黒系

「手抜きフローティングニンフ」

僕のオリジナルの手抜きフライ。フローティングニンフで、面倒な部分を省略したもの。マテリアルも3アイテムのみ。量産出来てよく釣れるの。 ウィングケースもテイルも、魚を騙すにはディテール的に問題の無い部分だと僕は思っている。人に渡すフライには取り付けますが・・・

フタバ・ハンギング・DD

「フタバ・ハンギング・DD」 フタバコカゲロウの吊下がりフライ。

渡良瀬川では、ハッチするもサーフェスフィルムを破れず流下してしまうことがしばしば有るのね。そこで、この吊下がりタイプの出番なのだ。渡良瀬名物「裏ハッチ」対応フライ! フロータント処理を施すのはCDCの部分のみ。

ヒラタコエグリ #18

「小型カディス」 渡良瀬では早期に出現する「ヒラタコエグリトビケラ」に対応。 他に黒系のカディスが出てくることもあるよ。ピューパパターンもあると有効かもね。

スパダン

「スパークルダン」 これはアカマダラカゲロウに合わせたもの。 4月~5月にかけてのパイロットフライ的存在。作るの簡単だしよく釣れる。 時にはこれ1本で満足いく結果が得られる事もある必携パターン。

オオクマ・パラシュート

「オオクママダラ・パラシュート」 もう少しボリューミーに作っても良いかな? の大物キラー?的フライ。

ハッチ時間は少ないけれど渡良瀬ではこれも重要な位置づけのフライ。 フローティングニンフパターンも必携!

オオクマは流下しながらのハッチだから、パラシュートのように水面で安定するパターンや、フローティングニンフみたいに水面に浮上しイマージングガスを孕んでいるようなパターンが有効なんだよね。

僕は春はこの「オオクマ」の釣りがお気に入り。よく見えるし、かかれば魚も型が良いしね。


毛鉤はもう充分なほど巻いてあるのだけれど、やはり「癖」というか「日課」のようになっているんだよね。

「巻かないと落ち着かない」っていうか「一日が終わらない」感覚かな? 少なくても10本以上は毎日タイイングしている。ほぼ365日毎日。

「貯まる」訳だ。 余計なフライ。 友達から注文があったりするけれど、それ以外はクラブのオークションに回したりね。 で、自分が使うフライはあまり無かったりしている。 

ただ、「釣り」よりも「毛鉤作り」の方が好きだからね。割り合いで6:4くらいかな?


まだいくらか咳が出るし、体調も万全という訳ではないので、もう暫らくの辛抱だな。

まぁ魚は逃げないし、釣り場も近いし、ヤマメ君達にはいつでも会えるからね。

あと1週間の我慢だね。


おしまい

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
 
 

Recuperate.

8月7日

先週の火曜日。午後から仕事が休みになり、それ以前に故障していた古傷の治療に行って来た。

右膝は、10代の頃に柔道で痛めてから今日まで何度も故障してきた。

ここで、きちっと治しておこうと思い自宅近くの整形外科に出向いた。で・・・

2ヶ月に亘って治療していく事となる。自分の膝のレントゲン写真を見てへこむ。

膝関節が相当に「いって」いるのだ。ここで治さんと、将来「歩行困難」若しくは「車椅子」になってしまうかも・・・

初診が終わり、痛む膝を引き摺りながら帰宅。

翌日、膝の炎症が酷くなり痛みも増す。 結局仕事には行けず、一日中アイシングしていた。

丁度、週末は仕事がなかったので、ずっと自宅療養していた。

でも、腹が減ってはフライは巻けず・・・

水曜日は自宅近くにあるチェーン店「こだわりらーめん しせん」へ。

カメラを忘れたので写真は無いけれど、ここは僕のかつての同級生の親父さんが経営者。メニューが豊富で、毎月「3」のつく日は「餃子が半額」 良心的で結構うまい! 「イカゲソ揚げ」は外せない。

で、それから土曜日。

週2回の「昼らーめん」

この日は、我が愚弟と地元でも「旨い」と評判のらーめん屋へ向かう。

おかだのらーめん

隣町みどり市に在る「手打ちラーメン おかだ」

ツルツル熟成太麺と、柚子の香りがほんのりのあっさりスープが特徴。

おかだのラーメン2

僕は「醤油ラーメンの大盛り」。 愚弟は「塩チャーシュー麺」 ここのラーメンは醤油も塩も味噌もどれでも勧められる美味しさ。

1週間に2回の昼らーめんは久々だったね。

先週金曜日から今日の日曜日まで、地元では夏祭りが開催されていたが、流石にこの足では出向く気にはなれなくて、結局今年はパス。ってか、あまり興味がないからどうでもいいのだけれどね。人ごみはあまり好きじゃあないし・・・

で、飯以外ではほとんど引き籠り状態。DVD観たり、フライ巻いたりすることが少ないから退屈。

暑いし・・・ こんな物食べてた。

白くま 冷たいぞ

こんな物暫らくぶりに食ったよ。甘すぎて飽きた・・・

で、療養中は殆ど毛鉤作りしてたなぁ・・・

エルクヘアカディス・チャート

「エルクヘアカディス」のチャートリュース#10  完全にテレストリアルを意識したパターン。
先日、片品の「菅沼」でレインボーを釣ったヤツがこれ。

ピンクカディス

・・・は、その「ピンク」に仕上げたヤツ。 これは・・・冗談で作ったヤツ。管釣りなら釣れるんでないかい?

ラムズウールカディス

「ラムズウール」で仕上げたヤツ。 これ、意外と釣れるの! 僕の好きなパターン。フロータントも殆どいらないし、手入れが楽なんだ。

ラムズウールカディス・グリーン

で、これは色違いで、よりテレストリアルを意識しているパターン。かつて南信州でバカ釣りしたことのある頼もしい夏の切り札。

ピーコック・パラシュート

これは定番だよね。「ピーコックパラシュート」 これは、季節を問わず常にボックスに入っているかな? 季節柄サイズは変えているけれど、この季節は#12を基本に上下2サイズは作りますね。

時間が有り余っていたから、かなり気合の入ったタイイングが出来たよ。4日間で計250本近く巻いたみたい。
「TMC」と「Gama」のケースが合わせて12箱空いたからね。

もうお腹一杯・・・ 暫らくはバイスと向き合いたくないかもね。

明日からは、頑張って仕事だ! 足はまだ痛むけど、バリバリ働くぞ!!


おしまい

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村

<< 前のページ